スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国書刊行会 特典付オカルトフェア開催 15/12/25-

postcard1.jpg

『国書刊行会 特典付オカルトフェア開催』

http://www.kokusho.co.jp/news/2015/12/201512241246.html?platform=hootsuite

15/12/25-
(開催期間は店舗によって異なる 要問い合わせ)

-
◆開催店舗:
 【12月下旬~】
   書泉グランデ4F(東京都)
   書泉ブックタワー8F(東京都)
  ブック・デポ書楽(埼玉県)
  MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店(北海道)
   ブックマンズアカデミー前橋店(群馬県)
 【翌年2月上旬~】
   丸善津田沼店(千葉県)
ほか、順次追加予定。
◆応募方法:書籍に巻いてあるフェア専用帯についている応募券1枚を、フェア棚に設置の
        応募はがきに添付して小社までお送り下さい。
        小社謹製「エクトプラズムポストカード」をプレゼントいたします(順次発送)。
《小社謹製「エクトプラズムポストカード」》
 下記の2セット各4枚、全8種類ございます。
 応募はがきに、第一希望のセット名を明記下さい(無記入の場合はランダムなります)。
 先着順、無くなり次第終了ですので、お早めにどうぞ。 
       A.驚愕のAセット                   B.衝撃のBセット
--
 ◆対象書籍:『新装版 ジャックウェバーの霊現象』(新刊)
          『新装版 神殿伝説と黄金伝説』(新刊)
          『新装版 霊的治療の解明』
          『詩的で超常的な調べ』
          『新装版 神秘のカバラー』
          『法の書』
          『新装版 トートの書』
          『新装版 777の書』
--

・上部参考画像 エクトプラズムポストカード「A.驚愕のAセット」
・その他詳細 上記URL先参照

スポンサーサイト

トレヴァー・ブラウン&三浦悦子 記念展示 15/12/24 - 12/28

151218_2.jpg

『トレヴァー・ブラウン&三浦悦子 記念展示』

http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/480

15/12/24 - 12/28

--
・作品展示
・作品販売
・書籍販売(サイン本、特装本あり)
・CD販売
12月28日18時~
トレヴァー・ブラウン
三浦悦子
松永天馬
3者合同サイン会
(同会場にて開催)
--
入場無料
28日18時~のサイン会のみ要参加券
※会場の書籍購入時に配布
--

at : 三省堂書店池袋本店 書籍館4階イベントスペース「Reading Together」
東京都豊島区南池袋1-28-1
tel.03-6864-8900
map

・その他詳細上記URL先参照

「一鬼のこの現代緊縛入門 初級編」DVD発売記念イベント ゲスト:一鬼のこ 七菜乃 15/12/26 18:00-

gb_12261800_main-466x700.jpg

『「一鬼のこの現代緊縛入門 初級編」DVD発売記念イベント ゲスト:一鬼のこ 七菜乃』

https://www.shosen.co.jp/event/26260/

15/12/26  18:00-

--
参加特典
▼対象商品1枚購入で
・サイン
・握手
・3ショット撮影1枚(お客様のカメラでスタッフが撮影します)
・生写真 来場者の方を一鬼のこさんが縛ります。(POP緊縛)
▼対象商品2枚購入で
・緊縛実演&講習会・モデル:七菜乃(約15分~30分間)
・グループ撮影
(当日の流れ)
最初に全参加者の方を対象にサイン会・3ショット撮影を行います。
続いて、2枚購入の方を対象に緊縛実演&講習会、グループ撮影を行います。
--

at : 書泉グランデ神保町
東京都千代田区神田神保町1-3-2
tel.tel.03-3295-0011
map

・予約方法詳細 上記URL先参照

感染症フェア2015-2016 15/12/14 - 16/02/29

『感染症フェア2015-2016』

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=10958

15/12/14 - 16/02/29

--
今、注目の『感染症』書籍を集めた専門医学書出版社の7社合同企画です。
--

at : ジュンク堂書店池袋本店 医学書フェア棚
東京都豊島区南池袋2-15-5
tel.03-5956-6111
map

PLAYBACK~アレクセイ・ゲルマンの惑星 15/12/26 - 12/28

151213_2.png

『PLAYBACK~アレクセイ・ゲルマンの惑星』

http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000059

15/12/26 - 12/28

--
アレクセイ・ゲルマン、映画術――『神々のたそがれ』メイキング・ドキュメンタリー
ロシア・ソ連映画最後の巨匠アレクセイ・ゲルマン監督による遺作『神々のたそがれ』。ストルガツキー兄弟(タルコフスキー『ストーカー』原作)のSF小説「神様はつらい」を原作に製作期間15年をかけて制作された。本作はその撮影現場を捉えたドキュメンタリー映画。あの怪物的作品はどのように作られたのか?ゲルマン監督の現場での姿に、その異様なる才能の一旦が垣間見られる、貴重な作品である。
--
監督: アントワーヌ・カタン、パヴェル・コストマロフ/出演:アレクセイ・ゲルマン、レオニード・ヤルモルニク、スヴェトラーナ・カルマリータ、ウラジーミル・イリイン他
2012年/スイス/カラー/70分/配給:アイ・ヴィー・シー
--
■アフタートーク
12月26日(土) 21:00の回上映後 ゲスト:中原昌也さん(ミュージシャン・作家)、Atsuoさん(Boris/ミュージシャン)
12月28日(月) 21:00の回上映後 ゲスト:沼野充義さん(ロシア文学者・東京大学教授)、奈倉有里さん(ロシア文学研究・翻訳家)
--

at : ユーロスペース
東京都渋谷区円山町1‐5
tel. 03-3461-0211
map

日本ジュール・ヴェルヌ研究会「EXCELSIOR! vol.10」特集:八十日間世界一周 

151213_1.jpg

『日本ジュール・ヴェルヌ研究会「EXCELSIOR! vol.10」特集:八十日間世界一周』

http://tacoche.com/?p=12030
(タコシェブログ記事)

¥1500+税

--
【内容】
日本ジュール・ヴェルヌ研究会の十周年に寄せて
Pour commémorer le dixième anniversaire de notre association
特集:八十日間世界一周
Dossier I : Le Tour du monde en quatre-vingts jours
特別寄稿 アウーダのために――『八十日間世界一周』の文学思想史序説 巽孝之
La lettre à Aouda : un essai sur l’histoire de la pensée littéraire, à propos du Tour du monde en quatre-vingts jours / Tatsumi Takayuki
読書会『八十日間世界一周』
Table ronde : relire Le Tour du monde en quatre-vingts jours
エドゥアール・カドル――ある「一発屋」の肖像 倉方健作
Édouard Cadol et son « one-hit wonder » : Les Inutiles / Kurakata Kensaku
『八十日間世界一周』に魅了されて 戸越隆之
Fasciné par Le Tour du monde en quatre-vingts jours / Togoshi Takayuki
『八十日間世界一周』(創元SF文庫・田辺貞之助訳)に出てくる宝石たち 戸倉博之
Les bijoux dans Le Tour du monde en quatre-vingts jours / Tokura Hiroyuki
ワンスアポンな横浜ミステリー ドクター夢ッ破
Il était une fois … ou mystères de Yokohama / Docteur Mucha
ジュール・ヴェルヌと小説における時空間イメージ試論 島村山寝
Essai sur Jules Verne et l’image de l’espace-temps dans le roman / Shimamura Sanshin
プルーストと『八十日間世界一周』――あるいは「四八時間世界一周」としての『失われた時を求めて』 荒原邦博
Proust et Le Tour du monde en quatre-vingts jours ou A la recherche du temps perdu comme Tour du monde en quarante-huit heures / Arahara Kunihiro
演劇の開化とジュール・ヴェルヌ――川島忠之助・依田学海・川上音二郎の系譜、そして長田秋濤の影 藤元直樹
La modernisation du théâtre japonais et Jules Verne : lignée de Chunosuke Kawashima, de Gakkai Yoda et d’Otojiro Kawakami et ombre de Shuto Osada / Fujimoto Naoki
特集2:小説以外のジュール・ヴェルヌ
Dossier II : Jules Verne non-romancier
本邦初訳 ジュール・ヴェルヌ『折られた麦わら』 櫛木千尋(訳) 石橋正孝(解題)
Les Pailles rompues / Kushiki Chihiro, Ishibashi Masataka
再録 ヴェルヌ「青少年時代の思い出」とヴェルヌ伝説 私市保彦
Souvenirs d’enfance et de jeunesse de Jules Verne et la légende vernienne / Kisaichi Yasuhiko
自由投稿
Contributions diverses
ヴェルヌと鉱物――神秘の島編 長田直華
Verne et minerai : L’Ile mystérieuse / Osada Naoka
黄昏の邂逅 島村山寝
Une rencontre au crépuscule / Shimamura Sanshin
六助とソランジュの「魅惑のヴェルヌ」 いかにして、われわれは〈驚異の旅〉日本語版を実現させるか? 第五回『セザール・カスカベル』と『フランスへの道』 ソランジュと六助
Verne attirant ou pas encore traduit, dialogue par Locusuke et Solange : Comment réalise-t-on la version japonaise de la collection de Voyages extraordinaires? épisode 5. César Cascabel et Chemin de France / Locusuke et Solange
特集3:〈驚異の旅〉全リスト
Dossier III : La liste de tous les Voyages extraordinaires
入会案内・活動報告
Adhésion / La vie de l’association
編集後記
Editorial
A5判310pages
--

予告




   151212_1.jpg







真冬の幽霊画展 15/12/11 - 12/19

151211_1.jpg

『真冬の幽霊画展』

http://www.syukado.jp/feature/2015/12/yurei.html

15/12/11 - 12/19

--
恐怖が生む 「日本の美」。
現代日本画家 池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの新境地。身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともにお届けします。
--

at : ぎゃらりい秋華洞
東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F
tel.03-3569-3620
map

黒の魅力展 15/12/15 - 12/26

151206_1.jpg

『黒の魅力展』

http://www.tokinowasuremono.com/index_j.html

15/12/15 - 12/26

at : ときの忘れもの
東京都港区南青山3-3-3 青山CUBE 1階
tel.03-3470-2631
map

「ニッポンの、みせものやさん」上映 15/12/05 - 12/11

misemonoyasan.jpg

『「ニッポンの、みせものやさん」上映』

http://www.ks-cinema.com/movie/misemonoyasan/

15/12/05 - 12/11

--
熱烈な要望にお応えしてアンコール上映決定!
さあ、寄ってらっしゃい みてらっしゃい
「見世物小屋」って知ってますか?昔はいろんなお祭りや縁日で見かけた「見世物小屋」最後の一軒と言われる見世物小屋一座との10年間にわたる交流と姿を記録したドキュメンタリー
--
監督 奥谷洋一郎
制作データ 2012年/日本/デジタル/90分
配給 スリーピン
--

at : 新宿K'sシネマ
東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F
tel.03-3352-2471
map

「アリス・イン・ドリームランド」 15/12/19公開 

1448927903.jpg

『「アリス・イン・ドリームランド」 15/12/09公開』

http://aliceindreamland-movie.com/

15/12/19 -


監督 蜂須賀健太郎 / 人形 清水真理 / 音楽 黒色すみれ arai tasuku

--
現在最も注目されてる人形作家・清水真理と、映画『サンタクロースがやってきた』が話題となった監督•蜂須賀健太郎がおくる映画『Alice in Dreamland アリス•イン•ドリームランド』。これは球体関節人形を撮影し、コンピュータ上でフラッシュ技法とカット・アウト技法を併用して作った独創的なアニメーション映画です。
登場するメイン・キャラクターはなんと20体以上、すべて手作りの人形たちです。主人公アリス、姉の他、白うさぎ、イカレ帽子屋、ねむりねずみ、ライオン、ユニコーン、ハンプティ・ダンプティなどなど『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』で、おなじみのキャラクターばかり。
声の出演は、アリス役に『ラブライブ!』『宇宙戦艦ヤマト2199』の内田彩、相棒の白うさぎ役に『うたの☆プリンスさまっ♪シリーズ』『進撃の巨人』の下野紘、対する闇の役に『おじゃる丸』『DD北斗の拳』の一条和矢。他に勝田詩織、橋本まい、川口翔、松下悠矢、佐藤俊輔、山口立花子、赤山健太などの豪華人気声優群が出演。
主題歌は、映画『花宵道中』テーマ音楽 『ラピスラズリ』や、10周年記念アルバム『Cosmopolitan』など、「オルタナティヴミュージック」と高く評価される黒色すみれ。音楽はダークな世界観を得意とする作曲家arai tasuku。
さらにこの作品は、プレスコという手法により、先に声優たちが演じるのを録音、それにあわせてアニメーション制作が進められました。
映画の資金調達は、昨年より並行してクラウド・ファンディングでも行われ、高い目標金額にも関わらずそれを上回る金額が達成、作品への関心度の高さがうかがわれます。
--

at : 新宿K'sシネマ
東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F
tel.03-3352-2471
map

第89回西荻ブックマーク 『黒鳥館戦後日記』をよむ 中井英夫と戦後文学 15/12/13 17:30-

151201_1.jpg

『第89回西荻ブックマーク 『黒鳥館戦後日記』をよむ 中井英夫と戦後文学』

http://nishiogi-bookmark.org/2015/%e7%ac%ac89%e5%9b%9e%e8%a5%bf%e8%8d%bb%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af-%e3%80%8e%e9%bb%92%e9%b3%a5%e9%a4%a8%e6%88%a6%e5%be%8c%e6%97%a5%e8%a8%98%e3%80%8f%e3%82%92%e3%82%88/

15/12/13  会場受付:17:00 開演:17:30 (19:00終了予定)
参加費:無料(予約制)  定員:20名

--
12月より西荻各所で開催される中井英夫展。
西荻ブックマークでは、関連イベントとして生前に親交のあった文芸評論家の東雅夫氏をお招きし、彼の残した『黒鳥館戦後日記』の魅力や、戦後文学や戦後文化との関わりなどについてお話しいただきます。
--
東雅夫(ひがし・まさお)
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。アンソロジスト、文芸評論家、怪談専門誌「幽」編集顧問。ふるさと怪談トークライブ代表。早稲田大学文学部日本文学科卒。1982年に研究批評誌「幻想文学」を創刊、2003年の終刊まで21年間にわたり編集長を務めた。近年は各種アンソロジーの企画編纂や、幻想文学・ホラーを中心とする批評、怪談研究などの分野で著述・講演活動を展開中。2011年、『遠野物語と怪談の時代』(角川学芸出版)で、第64回日本推理作家協会賞を受賞した。評論家として「ホラー・ジャパネスク」や「800字小説」「怪談文芸」などを提唱。NHKテレビ番組「妖しき文豪怪談」「日本怪談百物語」シリーズ等の企画監修や、「幽」怪談文学賞、「幽」怪談実話コンテスト、ビーケーワン怪談大賞、みちのく怪談コンテストなど各種文学賞の選考委員も務める。
著書に『文学の極意は怪談である』(筑摩書房)『なぜ怪談は百年ごとに流行るのか』(学研新書)『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)ほか、編纂書に『文豪怪談傑作選』(ちくま文庫)『伝奇ノ匣』(学研M文庫)『てのひら怪談』(ポプラ文庫)の各シリーズほかがある。
--

at : ガレリア青猫
東京都杉並区西荻南2-21-8
tel.03-3247-2236(開廊中のみ)
map

・申込方法他詳細上記URL先参照

朗読とトーク:『エウロペアナ 20世紀史概説』を読む、語る 15/12/14 19:00-

europeana.jpg

『朗読とトーク:『エウロペアナ 20世紀史概説』を読む、語る』

http://tokyo.czechcentres.cz/literarni-vecer-europeana-jp2/

15/12/14  19:00-

篠原琢(東京外国語大学教授・訳者)、阿部賢一(立教大学准教授・訳者)
朗読:唐ひづる(朗読家)、マルケータ・ゲブハルトヴァー(東京外国語大学特任講師)

--
第一回日本翻訳大賞を受賞したパトリク・オウジェドニーク著『エウロペアナ 20世紀史概説』(阿部賢一・篠原琢訳、白水社、2015年)。 同賞の受賞を記念し、翻訳のお二人をお招きして、日本語とチェコ語での朗読を交えながら、様々なキーワードを切り口に『エウロペアナ』の世界を語り合います。
--

at : チェコ大使館 映写室
東京都渋谷区広尾2-16-14
tel.03-3400-8122
map

・申込方法他詳細上記URL先参照

WABP「絵本」特集 「むかしの絵本としかけの世界」 15/12/02 - 16/01/05

『WABP「絵本」特集 「むかしの絵本としかけの世界」』

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=10819

15/12/02 - 16/01/05

--
丸善3階ワールド・アンティーク・ブック・プラザにて、古書の特集展示販売を開催いたします。
おかげさまでプラザは今年で開店5年目をむかえることができました。今月は古書として残りにくい子ども用の絵本、なかでも「しかけ絵本」をご紹介します。いろんな細工をほどこしながらも、子どもたちの日常的な玩具として楽しんで使われ、壊れる宿命にあって、今に残る希少な世界の絵本。ディーン社、メッゲンドルファー、クバシュタなど歴史的なしかけ絵本を取りそろえて展示販売いたします。
販売商品一例
1. (立体のぞき絵)「リージェンツ・パークの風景」(London, 1825)
2. ディーン社「うごくハバードおばさん」初版(London, 1857)
3. ディーン社「人形劇場パンチとジュディ」初版(London, 1870s)
4. ディーン社「ブラインド式しかけ絵本」(London, c1890)
5. メッゲンドルファー「芸術家肌のネコとアトリエ」(Chicago, 1890s)
6. メッゲンドルファー「バラの王女さま」第2版(Esslingen, n.d.)
7. (トイ・シアター)「中国の影絵、万国博覧会」(Paris, c1900)
8. 「近代の乗り物-鉄道・車のしかけ図解書」(Leipzig, c1900)
9. (ガラススライド)カラー影絵 8枚セット(n.p., n.d.)
10. (しかけ絵本)ザイトマン=フロイト「魔法のボート」英語版(Berlin, 1933)
11. (しかけ絵本)ムナーリ「ジジがなくした帽子はどこ?」初版(Verona, 1945)
12. (飛び出す絵本)クバシュタ「マルコ・ポーロの旅」英語版(London, 1962)
「絵本」特集展示会期第一週、12月4日(水)には、武蔵野美術大学 美術館・図書館の本庄美千代氏によるギャラリートークも開催いたします。(参加無料)お気軽にお申込みください。詳細はこちら:www.yushodo.co.jp/pr036
--

at : 丸善 日本橋店 3階WABP
東京都中央区日本橋2-3-10
tel.03-6214-2001
map




アトリエ展 15/12/10 - 12/25

151128_1.jpg

『アトリエ展』

https://www.facebook.com/archeologie.compose

15/12/10 - 12/25

--
芸術家の仕事場=ATELIER(アトリエ)には創造のエッセンスが散りばめられています
今回はATELIERという空間そのものに焦点を当てた展覧会を開催致します
主催:Archèologie/ATELIER
出展作家:静 伊豫田晃一 
--
・Arche'ologie
それぞれの時代においてのArt of Design and Manufacturingの本質を追求し、創造する。
インテリアデザイン/スタイリングやショップディレクション、オリジナル家具・什器製作などのデザイン。
ハイエンドなインダストリアルアンティークからデザイナーズモダンアイテムを取り扱い空間表現として造り上げている。
http://www.archeologie.jp/
・伊豫田晃一
テキスタイル・装飾品のデザインをはじめ書籍の装画や挿絵など多方面で活動中。
銅版画・水彩・油彩・彫金・オブジェなど様々な技法で制作している。
http://koichiiyoda.com/
・静
ミュージシャン、フォトグラファー、ナレーター、モデル。
4歳からクラシックバレエを習い始め、演劇的なジャズバレエではヨーロッパ公演に参加。空間表現、演出の喜びを知る。
ナレーターとして数々のコマーシャルのナレーションを担当(カネボウ、資生堂、東京建物等)
2015年6月"by your side"をリリース。iTunesワールドチャート1位。
同年"seaca"始動。
http://seaca-silent.com/
--

at : Archèologie
東京都中野区弥生町1-20-7
tel.03-6276-5323
map

日本蒸気博覧会 × 『スチームパンカーズJAPAN完全装備読本』 出版記念イベント 15/11/27 - 11/29

151127_1.jpg

『日本蒸気博覧会 × 『スチームパンカーズJAPAN完全装備読本』 出版記念イベント』

http://www.japan-steampunk.com/#!steampunk-anexevent/c1mkb

15/11/27 - 11/29

--
日本のスチーパンクカルチャーシーンをクローズアップした”スチームパンク愛好家必携の 書”がマイナビ出版より発売決定!
新刊『スチームパンカーズJAPAN完全装備読本』(11月28日一般発売)の発売を記念して、 スチームパンク展示即売会『日本蒸奇博覧会』が新宿マルイアネックスで期間限定ショップとして開催します!
関東方面の皆様大変長らくお待たせしました!!
スタッフ一同蒸奇満タンでお届けする3日間、どうぞご期待ください。
--
◆開催概要◆
スチームパンクにゆかりのある作家による期間限定ショップ!
歯車アクセサリーや手作り時計、ガジェット、ゴーグル、レザー装備品
造形作品まで書籍に掲載されたアイテムや新作が登場します。
いつもの装いにワンポイント添えてみたらまた新しい世界が見えるかも…★
--

at : 新宿マルイアネックス 7F イベントスペース「リーフテラス」
東京都新宿区新宿3-1-26
tel.03-3354-0101
map

・その他詳細 上記URL先参照

「スーベニア」水落 彩 個展 15/11/28 - 12/06

151125_1.jpg

『「スーベニア」水落 彩 個展』

http://www.g-hana.jp/2015/11/-souvenir.html

15/11/28 - 12/06

at : ギャラリーHANA 下北沢
東京都世田谷区北沢3-26-2
tel.03-6380-5687
map

「メリエスの素晴らしき映画魔術&月世界旅行」上映 15/12/14 - 12/25

jhgfv.png

『「メリエスの素晴らしき映画魔術&月世界旅行」上映』

https://yujiku.wordpress.com/1214%e6%9c%88%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%81%ae%e7%b4%a0%e6%99%b4%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%8d%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%ad%94%e8%a1%93%ef%bc%86%e6%9c%88%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%97%85%e8%a1%8c/

15/12/14 - 12/25

at :ユジク阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐ケ谷北2-12-19-B1
tel.03-5327-3725
map

・日程他詳細 上記URL先参照

セルフポートレイト七菜乃写真展  「裸体というドレス」 Nudity, my dress 15/12/18 - 12/27

151124_2.jpg

『セルフポートレイト七菜乃写真展  「裸体というドレス」 Nudity, my dress』

http://jinbochogarou.com/index.html

15/12/18 - 12/27

--
白くか細いその体躯で既成の美や権威に一人対峙し、七菜乃はアンチテーゼをその耳元に囁く。「そんな馬鹿なことを」と思っていると、「裸は私の衣装のひとつ」だと言い放つ彼女に、いつの間にか私達は狭量な常識を解体されていた。「裸体というドレス」を纏って私達の価値観を前時代的にしてしまったのだ。彼女は「今」のエロスを指し示すのだ。
村田兼一(写真作家)
--

at : 神保町画廊
東京都千代田区神田神保町1-41-7安野ビル1F
tel.03-3295-1160
map

銀座メゾンエルメス 「Dr.パルナサスの鏡」上映 15/12/05 - 12/27 隔日

151124_1.jpg

『銀座メゾンエルメス 「Dr.パルナサスの鏡」上映』

http://www.maisonhermes.jp/ginza/movie/archives/13006/

15/12/05 - 12/27 隔日

--
ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2015年は『フラヌール - いつでも、そぞろ歩き。』をテーマにお届けいたします。
12月は、鬼才、テリー・ギリアム監督が自身の人生を投影したダーク・ファンタジー『Dr.パルナサスの鏡』です。
『Dr.パルナサスの鏡』
The Imaginarium of Doctor Parnassus by Terry Gilliam
不死と引き換えに、最愛の娘を悪魔に差し出す契約を交わしてしまったパルナサス博士。タイムリミットは3日後。博士は記憶喪失の青年トニーとともに、鏡の迷宮で最後の賭けに出るが……。
トニー役のヒース・レジャーが撮影中に急逝。製作の危機を救ったのは、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルら友人たちだった。彼の役を引き継いだ3人の個性が、ギリアムらしいギミックやイマジネーションをいっそう引き立てている。
2009年/イギリス=カナダ/124分/カラー/35mm
監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン
撮影監督:ニコラ・ペコリーニ 
編集:ミック・オーズリー
音楽:マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ 
オリジナルデザイン&アートディレクション:デイヴ・ウォーレン
出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド、ヴァーン・トロイヤー、トム・ウェイツ
配給:ショウゲート
--

at : メゾンエルメス10階 ル・ステュディオ
東京都中央区銀座5-4-1
tel.03-3569-3300
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

LIBRAIRIE6/シス書店 第40回企画~ 山下陽子「未踏の星空」作品集出版記念展 15/12/05 - 12/20

151122_2.jpg

『LIBRAIRIE6/シス書店 第40回企画~ 山下陽子「未踏の星空」作品集出版記念展』

http://librairie6.exblog.jp/22506375/

15/12/05 - 12/20

--
※作家在廊日は5日(土)の初日のみとなります。

◎作品集「未踏の星空」発売
【普及版】山下陽子作品集/未踏の星空2013年‐2014年 限定1.000部 ¥2.700(税別)
    エディション・アクネ刊 2015年12月5日発売
【特装版】山下陽子作品集/未踏の星空2013年‐2014年 限定30部
    オリジナル・コラージュ・フォトプレート・グラヴュール2葉 ¥43.000(税別)

山下陽子は兵庫県生まれ。
1993年、山本六三氏に師事して銅版画を学ぶ。1998年、大阪・加藤京文堂での初個展「イマージュの小部屋」以後毎年作品を発表し続け、現在は東京・LIBRAIRIE6にて定期的に個展を開催。銅版画のほかコラージュ、オブジェ作品を制作、近年はコラージュを写真製版した銅版画(コラージュ・フォトプレート・グラヴュール)、版画・コラージュ・オブジェの混合作品など、手法の境界を越えた独自の創作を展開。本の挿画の仕事も多く、自身のプライベート・プレス Éditions Haquenéeからは、ヴィリエ・ド・リラダン『白鳥殺害者』、ポール・エリュアール『花と果実の紋章』をはじめ、銅版画による挿画収録の限定本などを刊行。

今企画では、作家が2013年より一貫したテーマとしてきた「未踏の星空」作品の集大成として作品集を出版致します。出版記念展として新作コラージュ・新作オブジェを30点ほど展示致します。是非、ご高覧頂ければ幸いです。
--

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
tel.03-6452-3345
map

・その他詳細 上記URL先参照

M!DOR! exhibition「phantasmagoric」 15/11/21 - 11/29

151122_1.jpg

『M!DOR! exhibition「phantasmagoric」 』

http://midoritomita.blogspot.jp/2015/11/mdor-exhibitionphantasmagoric.html

15/11/21 - 11/29

at : 8 (eight)
東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブⅡ 2F
tel.03-6416-3834
map

貳來展 Ziqu Exhibition #5 15/12/15 - 12/24

151121_2.png

『貳來展 Ziqu Exhibition #5』

http://zqill.blogspot.jp/2015/11/ziqu-exhibition-5.html

15/12/15 - 12/24

--
不完全な真空に無限を囲う

開かれた口へ爪先を落とし 煙る聲は甘い夢
緩やかに滴る生命に浸り 閉じる瞼の鍵を飲む
--

at : The Artcomplex Center of Tokyo 2F/ ACT3
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

Chienoix「ふぃらめんと」 15/11/24 - 11/29

151121_1.png

『Chienoix「ふぃらめんと」』

http://www.galerielemonde.com/#!schedule/c16uv

15/11/24 - 11/29

at : L’illustre Galerie LE MONDE
東京都渋谷区神宮前6-32-5 ドルミ原宿201号
tel.03-6433-5699
map

桑原弘明展 scope 15/12/14 - 12/26

151116_2.jpg

『桑原弘明展 scope』

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201512kuwabarahiroaki.html

15/12/14 - 12/26  

--
作品公開:13:30 / 15:30 / 17:30
※上記の時間に合わせ、スタッフが作品に付いてご案内いたします。
--

at : スパンアートギャラリー SPAN ART GALLERY
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
tel.03-5524-3060
map

ひらのにこ+ギャラリーコレクション 15/12/18 - 12/27

151116_1.jpg

『ひらのにこ+ギャラリーコレクション』

http://jiromiuragallery.com/

15/12/18 - 12/27

at : みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
tel.03-6661-7687
map

トークショー 篠原勝之(ゲージツ家クマさん)×桑原茂夫(カマル社主宰/アリス研究家) 15/11/25 open 19:15 / start 19:30

151115_3.png

『トークショー 篠原勝之(ゲージツ家クマさん)×桑原茂夫(カマル社主宰/アリス研究家)』

http://posterharis.com/

15/11/25  open 19:15 / start 19:30
料金 ¥2,000  (トークショー料金¥1,500 +展覧会チケット¥500)

--
状況劇場のポスターを数多く手がけた、おなじみ「ゲージツ家のクマさん」こと篠原勝之と、「ジャパン・アヴァンギャルドーアングラ演劇傑作ポスター100」(PARCO出版)の編者でもあるカマル社主宰/アリス研究家の桑原茂夫によるトークショー。制作秘話をはじめとした貴重なお話を伺います。
--

at : ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル 103号
tel.03-5456-7218
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

セミ博士の別室ーー加藤正世博物学コレクション 15/11/14 - 11/30

151115_2.jpg

『セミ博士の別室ーー加藤正世博物学コレクション』

15/11/14 - 11/30

--
 昔、学校の夏休みの宿題に昆虫採集や植物採集をした経験はおありでしょうか。植物を乾かす新聞紙の交換を忘れてカビを生やしたり、せっかく作った昆虫標本をゴキブリに食べられたりといった経験をお持ちの方も多いことと思います。
 加藤正世は、大正から昭和にかけて活躍した「セミ博士」として有名ですが、セミだけではなく、昆虫全般さらには植物についても造詣が深く、一般書や雑誌を通してその知識の普及に努めました。昭和の初期、一大昆虫ブームが起こりましたが、その仕掛け人の一人が加藤正世なのです。
 加藤が残した標本は膨大です。セミ類を含む半翅目はもとより、チョウ類、甲虫類などの昆虫類、クモ類、甲殻類、あるいは鳥類、爬虫類、ほ乳類、貝類の標本も多数収集しています。特筆すべきは植物標本で、幼少期から青年期までを過ごした東京・芝、大正末から昭和初期を過ごした台湾、帰国後に暮らした東京・石神井公園などで数多くの標本を採集しています。
 現在、練馬区立石神井公園ふるさと文化館にて加藤正世の昆虫コレクションに焦点を当てた「蝉類博物館」展が行われています。そこで、東京大学総合研究博物館小石川分館では、本館で実施しているリカレント教育事業「学芸員専修コース」の一環として、加藤の昆虫以外のコレクションを中心とした共同企画展示を同時開催することとなりました。
 身の周りにある自然への好奇心、新しいものを手に入れたときの感動を持ち続けた一人のコレクターによって採集された標本の数々をご覧ください。そして、ともすれば日常の忙しさで忘れかけている、子どもの頃に持っていた好奇心を思い起こしていただければ光栄です。
池田 博(東京大学総合研究博物館・准教授)
矢後 勝也(東京大学総合研究博物館・助教)
--

at : 東京大学総合研究博物館小石川分館
東京都文京区白山3-7-1
tel.03-5777-8600(総合研究博物館テレホンサービス)
map

・その他詳細 上記URL先参照

KYOTARO展「きのこの国のアリス」 15/12/11 - 16/01/11

151115_1.jpg

『KYOTARO展「きのこの国のアリス」』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/10/kyotaro_kinoko.html

15/12/11 - 16/01/11

--
SPECIAL EVENT
■飯沢耕太郎 トークショウ「アリスと芋虫ときのこ」
日時:12月13日[日]start17:00
料金:前売予約 1,500円/当日 2,000円
■紅日毬子 朗読劇
日時:12月19日[土]、12月20日[日] 各日start18:00
料金:前売予約 2,000円/当日 2,500円
□各日上演後、アフターお茶会開催
アフターお茶会料金:1,000円
定員:各日30名
--

at : parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・レセプション 12月11日[金] 19:00〜

高畠華宵 刀剣乱舞展 15/12/25迄

151114_1.jpg

『高畠華宵 刀剣乱舞展』

https://twitter.com/yayoi_yumeji/status/665336425395519488?ref_src=twsrc%5Etfw
(twitter/‏@yayoi_yumeji)

15/12/25迄

at : 弥生美術館 3F
東京都文京区弥生2-4-3
tel.03-3812-0012
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。