スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社みたま祭 :7月13日(水)~16日(土)
 
場 所:  千代田区九段北3-1-1 靖国神社

内 容: 参道両側に各界名士執筆のぼんぼりや献灯がかかげられ、日本舞踊・能などの奉納があり毎日22時まで参拝できます。

交 通: 地下鉄・九段下駅 徒歩5分

問合せ: 靖国神社 TEL 03-3261-8326

スポンサーサイト

ヴァニラ画廊

7月3日(月)~7月15日(土)

■写真家プラショーの世界展
■「19世紀末のアルカディア」


入場料:800円

ウイルヘルム・フォン・プラショウ(Wilhelm Fon Pluschow)/略歴

 1852年8月18日、北ドイツのウイスマルに7人兄弟の長男として生まれる。
父親は市の役人だった。1870年代はじめに家を出てイタリアに移住、ローマのワイン商で数年働いた後、1890年代はじめにナポリのマルゲリ区に写真館を開く。

 1880年代からイギリスの写真誌「The studio」に、古代ギリシア、アルカディアの牧童を彷彿させる擬古典的モチーフのヌード作品が度々取り上げられていたが、1993年のロンドン王立写真協会の展覧会に参加して一躍注目の写真家となった。その後ローマに写真館を移し、ヨーロッパやアメリカの詩人、作家らインテリ好事家たちの賞賛の対象となる“アルカディア的ヌード写真”を撮り続けた。

 シチリア島で少年写真を撮っていた写真家グローデンは従兄弟にあたり、彼に写真を教えたのがプラショウではないかと言われている。晩年はドイツに戻ったが、詳細は知られていない。1930年に他界。

 グローデン、ガルディとともに“19世紀末裸像写真”の3大巨匠と呼ばれる。ことにプラショウは近年欧米での再評価の機運が高まっている。


http://www.vanilla-gallery.com/gallery/Pluschow/Pluschow.html

トーキングヘッズ叢書(TH Series)No.27
   奴隷の詩学~マゾヒズムからメイド喫茶まで


A5判224ページ
定価:1500円(税込)
発行:アトリエサード/発売:書苑新社
ISBN:4-88375-077-9

沼正三、マゾヒズムを語る
性的人間、卯月妙子
ブルーノ・シュルツ マゾヒズムの図像術
ハンス・ベルメール 欲望の解剖学
女犬幻想
家畜人ヤプーの世界
江戸川乱歩における猿轡とロープの幻想
マゾッホのM人生

7月13~14日ごろから店頭に出回る予定


「トーキングヘッズ叢書」「タナトス6」の公式サイトは
http://www.a-third.com
=================
http://www.a-third.comで取扱書店をご確認ください。通販も受け付けています。
===================83563924_55.jpg


「上田風子展 秘密の花園」

期間/2006年6月23日(金)~7月2日(日)  
場所/福原画廊
東京都中央区銀座7-5-15 銀座鎌田ビル2F
11:00 AM ~7:00 PM

『ディオニュソスの宴 ~ひと夜限りのカーニバル~』

http://hinsinodorei.akazunoma.com

公演日時/2006.6.28(水) 開場19:00・開演19:30
料金/3000円 (予約・前売)、3500円 (当日)
会場/ストアハウス http://www.storehouse.ne.jp/

美と秩序と制御の「アポローン神の世界」に対し陶酔と快感と狂気の「ディオニュソス神の世界」を瀕死の奴隷的解釈で表します

猟奇的な表現もございますが理性的な判断等を手放し狂気と聖なるエロスの混在をお楽しみ頂きたく願う次第でございます

*御予約は以下、「チケット予約フォーム」よりお願いします。
  http://formmail.jp/00056232/


KONNO MAYUMI SOLO BUTOH DANCE
[今野眞弓独舞公演] 銀鼠の空から
  


2006年7月8日(土) PM7:00~(開場PM6:30)

料金 \1,500

<スタッフ>
照明   神山貞次郎
音響   内山有希夫
美術   丸井徳子
舞台監督 相澤 哲

会場  Brick-one
東京都文京区千駄木5-15-7 
03-3828-4854
http://brick-one.com/

<今野眞弓プロフィール>
横須賀生まれ。
81年SDC舞踏研究所入団。87年よりソロ活動を開始をする。
88年舞踏新人シリーズ「花水疱」。以降毎年公演を行う。
99年篠井世津子振付による「INTUITIVE DANCE」。
99、01年北辰舞踏派参加。03年には薩摩琵琶・塩高和之との共演による秋田県象潟での「音・舞コンサート」を主催。
05年まで武蔵野魚協参加。現在ソロ活動中。
舞踏の他「魔笛」「リゴレット」などのオペラにも出演。


写真暗黒舞踏史~舞踏への長征~

実行委員:大野慶人・麿赤兒・笠井叡・細江英公

第一期 1959~1972
 舞踏創生期から叛乱の肉体へ

 10 四季のための二十七晩・vol.1
   2006.6/29~7/8
11 四季のための二十七晩・vol.2
   2006.7/27~8/5


新宿花園ゴールデン街gallery&Bar nagune
tel:03-3209-8852
http://www.nagune.jp/

写真暗黒舞踏史特設ページ
http://www.nagune.jp/ankokubutohshi/index.html



ニコラ・テスラ生誕150年記念イベント 稲妻をわが手に


交流と無線で世界を制した
世紀の天才テスラの
すべてをあかす記念イベント

2006年9月16日(土)
午前10時~午後4時
川崎市産業振興会館ホール
参加料 予約2000円 当日2500円
定員300名
※定員になり次第締切

記念講演
--------------
「無線送電の夢」(仮題)
 松本 紘(京都大学理事・副学長)

パネル討論
--------

「メディア的想像力をめぐって」
 小泉成史(科学ジャーナリスト)
 巽孝之(慶応大学教授)
  他、現在交渉中

実験・パフォーマンス

----
「世界最大級テスラコイル実演」
 薬試寺美津秀(テスラコイル・パフォーマー)
「テスラの夢」オリジナルスライドムービー
「コロンブスの卵」テスラ実験再現
 その他、ビデオ上映、発明品・模型展示、パネル展示等

懇親会 会費2000円(会費は当日払い)

主催
テスラ生誕記念イベント実行委員会+テスラ研究所






Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。