ヴァニラ画廊

7月3日(月)~7月15日(土)

■写真家プラショーの世界展
■「19世紀末のアルカディア」


入場料:800円

ウイルヘルム・フォン・プラショウ(Wilhelm Fon Pluschow)/略歴

 1852年8月18日、北ドイツのウイスマルに7人兄弟の長男として生まれる。
父親は市の役人だった。1870年代はじめに家を出てイタリアに移住、ローマのワイン商で数年働いた後、1890年代はじめにナポリのマルゲリ区に写真館を開く。

 1880年代からイギリスの写真誌「The studio」に、古代ギリシア、アルカディアの牧童を彷彿させる擬古典的モチーフのヌード作品が度々取り上げられていたが、1993年のロンドン王立写真協会の展覧会に参加して一躍注目の写真家となった。その後ローマに写真館を移し、ヨーロッパやアメリカの詩人、作家らインテリ好事家たちの賞賛の対象となる“アルカディア的ヌード写真”を撮り続けた。

 シチリア島で少年写真を撮っていた写真家グローデンは従兄弟にあたり、彼に写真を教えたのがプラショウではないかと言われている。晩年はドイツに戻ったが、詳細は知られていない。1930年に他界。

 グローデン、ガルディとともに“19世紀末裸像写真”の3大巨匠と呼ばれる。ことにプラショウは近年欧米での再評価の機運が高まっている。


http://www.vanilla-gallery.com/gallery/Pluschow/Pluschow.html
スポンサーサイト



トーキングヘッズ叢書(TH Series)No.27
   奴隷の詩学~マゾヒズムからメイド喫茶まで


A5判224ページ
定価:1500円(税込)
発行:アトリエサード/発売:書苑新社
ISBN:4-88375-077-9

沼正三、マゾヒズムを語る
性的人間、卯月妙子
ブルーノ・シュルツ マゾヒズムの図像術
ハンス・ベルメール 欲望の解剖学
女犬幻想
家畜人ヤプーの世界
江戸川乱歩における猿轡とロープの幻想
マゾッホのM人生

7月13~14日ごろから店頭に出回る予定


「トーキングヘッズ叢書」「タナトス6」の公式サイトは
http://www.a-third.com
=================
http://www.a-third.comで取扱書店をご確認ください。通販も受け付けています。
===================83563924_55.jpg





Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login