スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

107688_66.jpg


「山吉由利子グループ展」

http://www.dolsballad.co.jp/index.html
参加者:山吉由利子/影山多栄子/立川好江/松田珠江

06/9/23 - 10/1 開催期間中無休

10:00~19:00(平日) 10:00~18:00 (土・日・祝日)

at: ドルスバラード京橋店

東京都中央区京橋2-9-1 桃六ビルB1

map→http://www.dolsballad.co.jp/index.html


山吉由利子個人サイト

http://yamayoshi-doll.com/

スポンサーサイト

06tower_dm.jpg


「タワー - 内藤多仲と三塔物語 - 展」

http://www.inax.co.jp/Culture/

06/9/1-11/18

at: INAXGALLERY

〒104-0031
東京都中央区京橋 3-6-18  INAX銀座ショールーム 9F
TEL : 03-5250-6530

銀座線「京橋」徒歩1分
有楽町線「銀座一丁目」・都営浅草線「宝町」徒歩3分
JR「有楽町」駅徒歩7分


open: 10:00-18:00
休廊日 : 日祝日


東京タワー、名古屋テレビ塔、二代目通天閣。これら三都市を象徴する三塔はいずれも、内藤多仲という一人の建築家によって設計されました。

内藤多仲は、日本の耐震構造理論を飛躍的に成長させた立役者であり、戦前に六十以上の塔を設計した「塔博士」と呼ばれる人物です。東京大学を卒業後、早稲田大学で教鞭を取り、歌舞伎座をはじめ数多くの建築構造設計にも携わりました。


展示会場では、同一人物によって設計されながら、約五十年かけて都市とともに成長し、それぞれに都市の個性を発揮するようになっていった三つのタワーの姿を、写真と模型、図面等を中心にご紹介します。また、三塔の設計者であり「耐震構造の父」として名をはせた内藤多仲の人となり、功績を貴重な資料とともにご覧いただけます。


「Petite Ecole exhibition ~エコール人形展~」

期間:9月15(金)~24日(日)OPEN:11:00~20:00
場所:アニエスベー青山店(入場無料)

東京都渋谷区南青山5-7-25 ラ・フルール南青山
TEL 03-3797-6830

地下鉄表参道駅B3出口より左手のすぐの道を左折し直進、つきあたりを右折して直進左手

主催:アニエスベー
協力:キネティック、ピグマリオン

・吉田良プロフィール
人形作家。写真家。
72年に東京写真専門学 校卒業した吉田は、被写体として人形を作ったことがきっかけで独学で 人形作家の道を辿ることになる。同じ頃、伝説の作家と言われる天野可淡と制作を共にするようになり、次々と作品集を発表。89年に発 売された作品集「KATAN DOLL」は写真家として参加し、センセーションを巻き起こした。代表作に吉田良少女人形写真集「アストラル・ドール」などがある。

img44a1d8ed49ca2.gif


「レオナルドのもう一つの遺産」展

http://i-foster.jp/modules/tinyd0/index.php?id=33

2006年8月23日(水)―9月24日(日)[会期中無休]

会館時間 10:00~16:30 ※入館は閉館の30分前まで

at:明治大学博物館(御茶ノ水駅お茶の水出口より徒歩1分)

料金 一般・大学生600円(前売500円)、小中高生400円(前売300円)


世界に2点しかないレオナルドの手稿(ファクシミリ版)を中心に展示。明治大学図書館所蔵の貴重本(パチョーリ、アウグスティヌス)も展示。

1. アトランティコ手稿
 アトランティコ手稿はレオナルドの現存手稿のほぼ五分の一に当たる。自然科学的、機械工学的な素描・素画が中心に描かれています。現存するレオナルドの手稿の中では一番大きいものです。

2. トリヴルツィオ手稿
 Valtuiriusの軍事論等を写したもので、ラテン語の学習帳として使用されていました。

3. 鳥の飛翔に関する手稿

4. パリ手稿
A、B、C、D、E、F、G、H、K、L、Mの計11冊

5.解剖手稿
 1485年から1515年に描かれた物。主に人体の解剖について描かれています。

6.ウィンザー紙葉
 1475年から1519年に描かれた物。主に、美術関係の素描が描かれています。

7.アランデル手稿
 1478年から1518年のあいだに描かれた物。力学、数学、幾何学について描かれています。

8.フォスター手稿
 求積法、工具、装置、おもり、天秤、人物のプロフィールなどについて描かれています。

9.マドリット手稿
 スペインで1965年に発見されたものです。

10.ハマー手稿(レスター手稿)
 72ページからなるレオナルド晩年の手稿です。


おふだ -ベルナール・フランクコレクション

9/12 - 10/22

at: 町田市立博物館

開館時間 午前9時~午後4時30分

休館日 月曜日(祝日のときはその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)。ほかに、展示替えのときは休館します。

map → http://www.city.machida.tokyo.jp/shisetsu/cul/d_cul02_y/cul02/index.html


フランス人日本仏教研究家で、日仏会館館長、コレージュ・ド・フランス教授などを務めた故ベルナール・フランク氏が、1950年代初頭の初来日時から収集されたおふだの数々の中から約300点を選び前後期の2期にわけ紹介します。

同氏収集の資料の大半は自ら各地社寺を訪ね集めたといいます。

フランク氏は、これらおふだの画像分析を行い日本人の宗教心意に迫りました。


参考URL:

國學院大學COEプログラム
「フランス パリのコレージュ・ド・フランスにおけるベルナールフランク護符コレクションを中心とする、護符調査 」

http://21coe.kokugakuin.ac.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=139


9603227_78.jpg



駕籠真太郎監督作品 『パラノイアストリート・管の町』 上映情報


9/3 16:30 開場 17:00 start

at: 江古田・フライングティーポット

Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7榎本ビルB1
03-5999-7971

map →http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/9564/joueikai.html

:入場無料 ドリンク等注文

:18:50頃より上映予定 (約10分)


ph_0610_2.jpg



生誕百年記念 竹中英太郎と妖しの挿し絵展
  ~エロティシズムとグロテスク
      ・・・闇にきらめく妖美の世界~


弥生美術館
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

“あなたの挿し絵は妖気に充ち充ちている。”

竹中英太郎が、出版社へ持ち込んだ挿し絵はそう評されました。

幼少時より活動館や芝居小屋の絵看板を師に独学で修得した英太郎の絵は、エロティシズムとグロテスクさを湛え、あやかしの世界を紡ぎだしています。
 
挿絵画家としてデビューした英太郎は、江戸川乱歩・夢野久作・横溝正史らの怪奇・幻想的探偵小説を妖しく煌く挿し絵で彩り、その絵は昭和エロ・グロ・ナンセンスという時代に生き、時代を呼吸する人々に熱烈に受け入れられました。

そして探偵小説のみならず、時代小説、現代小説と多彩な作品の挿絵を手がけ、一躍挿絵界の寵児となりました。
 
竹中英太郎の生誕百年を記念する本展では、彼の挿し絵原画を中心に、当時の『新青年』『文芸倶楽部』『主婦の友』等の掲載雑誌や装幀本、戦後の肉筆作品などの資料により、その多彩な挿し絵世界をご紹介します。

あわせて、同時代に活躍した橘小夢、水島爾保布、月岡夕美、内藤良治等の作品も展示し、大正末~昭和初期の妖しくも美しい挿し絵世界へご案内いたします。


会期: 2006年9月30日(土)~12月24日(日)
開館時間: 午前10時~午後5時
(入館は4時30分までにお願いします)
休館日: 月曜日(祝日にあたる場合は翌火曜日)

料金: 一般800円/大・高生700円/中・小生400円
(竹久夢二美術館もご覧いただけます)
お知らせ: ギャラリー・トーク
11月12日(日)午後2時より行います。

198654604_119.jpg


◆恋月姫人形展「少女娼館」

「夜想」はこの度、浅草橋に新拠点を構えました。
「夜想」に関連した展覧会、イベントなどを行っていきます。
11月グランド・オ-プンに先立ち、プレオープンイベントとして、
恋月姫展を開催いたします。

新作イリュミネ-ル10体、ハニエルたち、
そして、新作ヘッドのスペシャル・コンセプトド-ルが、
和の世界であなたをお迎えします。
染めから特注された引着を纏い、
赤の襦袢をなまめかす、恋月姫の人形たちを、是非ご覧下さい。

◆日時:2006年9月9日(土)~18日(月)
◆オープン時間:11:00~19:00(会期中無休)
◆第1会場:ルーサイト・ギャラリ-
台東区柳橋1-28-8
電話:03-5833-0936
◆第2会場:yaso mattina(ヤソウ・マッティナ)
台東区柳橋2-18-11 パラボリカ・ビス 2F
電話:03-5835-1180
◆料金:第1・2会場共通券=1000円(缶バッチ付)

◆9月10日・17日(日)15:00~恋月姫サイン会
◆9月16日(土) スペシャルイベントあり。
詳細は
http://www.2minus.com http://www.2minus.com

夜想・特装本としてはじまった恋月姫・コンセプトド-ルも100体を完売いたしました。
これを記念して新ヘッドのスペシャル・バ-ジョンを展示します。
コンセプトド-ルは、これが最後の展示、リリ-スとなります。
ぜひ、お見逃しないようにごらん下さい。

07168575.jpg

楠本まき選集 (全5巻)

祥伝社 刊
8月8日第一巻発売 定価:¥1260-

以下隔月にて発刊される予定
描きおろし口絵 著者による作品解説付き

第一巻「Kの葬列」
第二巻「T.V.eye / 乾からびた胎児」
第三巻「Kissxxxx前編」
第四巻「Kissxxxx後編」
第五巻「致死量ドーリス/他短編」


出版元サイト内「チラッと立ち読み」
http://www.shodensha.co.jp/fc/comics/tatiyomi/fc_tati_n58_kusumotosen1.html



flyer2-thumb.jpg


「世界のウェブアニメーション」 ─ 前衛・幻想・抽象

8/27(日)開場18:30/開演19:00

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F
tel.03-6825-5502
fax.03-3485-8785

MAP 及び詳細
http://www.uplink.co.jp/factory/log/001362.php

『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』の著者であり、“ネットワーカー”として知られるばるぼら氏の最新刊『ウェブアニメーション大百科』の刊行記念イベント。

一般的なアニメーションの歴史とは別の軸に存在し、評論家にはほとんど無視され続けてきた、これまで語られることのなかった世界中のウェブアニメーションの重要作品をまとめて上映。

今現在ウェブ上で起こっているアニメーションの美しい革命をこの機会にぜひご覧下さい。


909463_118.jpg


「Ecole  エコール」

2006年 秋 シネマライズ他 全国順次ロードショー予定

公式web site
http://www.ecole-movie.jp/

・粗筋

深い深い森の中に建つ、お城のように大きなお屋敷。

そこは6歳から12歳までの少女たちが暮らしている、外界から遮断された謎めいたスクール。彼女たちはみな棺に入れられ、そこに運び込まれる。

年齢ごとに7色のリボンでグループに分けられ、自然の生態を学び、ダンスの稽古をして6年の時を過ごすのだ。

最年少のイリスが入学すると、年長のビアンカたちは森の赤の劇場で紳士淑女にダンスを披露し、外界へ送り返される。

しかし、彼女たちが次にどこへ向かうのか、誰も知らない。


(8/10現在 公式サイトはトップ画像のみです)

Irina20Ionesco[Eva5].jpg


「Eros & Khaos, X氏写真コレクション展」

http://blog.livedoor.jp/tokinowasuremono/(8/6 付)


9/6-9/9

at: GALLERY ときの忘れもの

東京都港区南青山3-3-3 青山CUBE 1F

tel. 03-3470-2631 詳細地図


某X氏のコレクションが一堂に介し展示・販売されます

リスト:

Hans Bellmer
Robert Doisneau
Steve Gardner
Akira Gomi
Takashi Homma
Irina Ionesco
Yousuf Karsh
Frances Murray
Herb Ritts
Janet Russek
Edward Steichen
Yoshihiko Ueda
Joel-Peter Witkin
Syotaro Akiyama

商品画像
http://www.tokinowasuremono.com/e/X-photo/index.html



g8_0608W4.jpg



「ミステリーワールド展」


毎年恒例の東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)の展覧会は、今年で12回を迎えます。毎年様々なテーマで開催しておりますが、今年は「ミステリー」です。名探偵、怪盗、スパイ、など、ミステリーをイメージしたイラストレーションを150名の作家が描きおろします。会場では、作家のミニエッセイも紹介し、作品は販売もいたします。イラストレーションファンだけでなく、ミステリーファンにも楽しんでいただける展覧会になることと思います。


■会 場
クリエイションギャラリーG8
〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F Tel 03-3575-6918

■会 期
2005年8月21日(月)~9月15日(金)
11:00a.m.-7:00p.m.(水曜日は8:30p.m.まで) 
土・日・祝日休館 入場無料

http://www.recruit.co.jp/GG/exhibition/2006/g8_0608.html




情報提供thanks: 夜雀亭 様

唐組第38回公演『透明人間』

うだる夏、時を駈ける男の衣装を踏め!
その水色の透けた皮膜と牙に気をつけ、じっと……

■作・演出
唐十郎
■出演
唐十郎、十貫寺梅軒(客演)、鳥山昌克、久保井研、辻孝彦、
稲荷卓央、藤井由紀、赤松由美、丸山厚人、多田亜由美、
木宏、植野正士、岡田悟一、気田睦、野村千絵、他
■スタッフ
宣伝美術:合田佐和子
作曲:石川鷹彦
版下作成:森崎偏陸
舞台美術:劇団唐組
制作:劇団唐組制作部
■公演場所(紅テント)
◎吉祥寺
 =井の頭恩賜公園内・三鷹の森ジブリ美術館横木もれ日原っぱ
 10/8(日)、9(月祝)、14(土)、15(日)、21(土)、22(日)
◎池袋
 =雑司が谷・鬼子母神
 10/27(金)、28(土)、29(日)
■開演時間
 毎夕19:00開演(開場18:30)
■入場料
 自由 前売3,500円 当日3,600円
 ※入場整理券(前売券と引換)及び当日券は、
 午後1時より受付にて発行。
 ※独立した幼児以外の幼児は入場できません。
■チケット発売開始日
 9/3(日)
■チケット取扱
 唐組 03-3330-8118
 電子チケットぴあ 0570-02-9999・9988
 イープラス http://eplus.jp/
■問合せ
 唐組 TEL.03-3330-8118
■物語
「水を恐がりますので、水を遠くにやって下さい」
町内に狂犬がいるという噂は、こう書かれた小旗を手に、
犬に付き添う一人の男が発端だった。
保健所員・田口はその噂を調査してゆくうちに、
その男・合田と犬の時次郎が棲む焼き鳥屋にたどりつく。
しかし、元軍用犬調教師・合田が時次郎の保護を拒む中、
ついに少年を咬んでしまったのは、時次郎ではなく、
合田のかつての同僚の息子・辻という男のほうであった。
犬に魅せられ、「モモ」と名付けた犬と
「水中花の誓い」を交わした亡き父の遺志を継ぎ、
辻は焼き鳥屋で働く「モモ」という名の女を世話し始める。
父の形見の革ジャンを着て……。
「僕だって分かんないよ。なぜ、あいつを助けたのか、
でも、五月雨の歌を聞いちゃったせいなんだ。
夜のひさしに当たる五月雨は、誰の涙かっていう。
--あれは透明人間が歌っていたんじゃない。
孤独な男の歌だった」

初演から16年、珠玉の名作『透明人間』に唐自ら手を加え、
状況劇場の名怪優・十貫寺梅軒を、咬まれた少年役に配し、
この秋、三度よみがえる!! 
舞台は煙立つ煙立つ焼き鳥屋。薄紅色の水中花に宿る記憶が、
時代を越えて、夏の雨と共にあふれ出す--。



mixi[唐十郎] コミュニティより
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9171315&comm_id=24127

fryer.jpg



舞踏家・大野一雄生誕100年祭

大野一雄写真展  『秘する肉体(からだ)』


http://kazuoohno-exhibition.com/01_exhb_info_01.html

展覧会会場 : コニカミノルタプラザ  ギャラリーB&C

東京都新宿区新宿 3-26-11 新宿高野ビル4F


問い合わせ : TEL 03-3225-5001 FAX 03-3225-0800
展覧会日程 : 2006年10月14日(土)から23日(月)10:30~19:00(最終日は15:00)


世界の大野一雄を見たことがありますか?
舞踏<BUTOH>という言葉を世界中に広めた
大野一雄の踊りを見たことがありますか?
魂のエネルギーが昇華して 蓮のように花開くのを見たことがありますか?

この展覧会は、一人の老人に魅せられた
47人の写真家の時空と空間を超えたコラボレーションです


デビュー以来、舞踏家大野一雄はその年齢に刻まれた肉体ゆえに、またその言葉ではかたりつくせない溢れんばかりの身体表現ゆえに、世界中の多くの人々を魅了してきた。

中でも写真家にとっては大野一雄の存在・魂のエネルギーそのものが被写体を超えて自分自身の芸術表現の一端となり、実に多くの写真家が大野の前でシャッターを切ってきた。一度舞台を体験すると、踊る者も観る者も二度と同じところへは戻れない。

この写真展は、ただ大野一雄の過去の一点を示すための者ではなく、大野舞踏の再生を100点の写真で試みようというものである。大野一雄に魅せられた47人の写真家が一同に会し、大野一雄の100歳のお誕生日祝いとして感謝を込めて「大野一雄写真展」を開催する。




中村明日美子オフィシャルサイト
期間限定ギャラリー「夏休みビヨリ。」


8/1 - 8/31

http://www.asumiko.com/2006_special/summer/index.html



Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。