スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

buntag.jpg


映画「ボクサー」上映

http://www.cinekita.co.jp/index.html
1977年/東映/94分
監督・脚本:寺山修司 脚本:石森史郎/岸田理生 撮影:鈴木達夫 音楽:J・A・シーザー

06/10/21 - 10/27

at : シネマアートン下北沢

世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁2F
 京王・小田急線下北沢駅南口から徒歩5分
 スズナリ横丁2F
 TEL.03-5452-1400  map

足の悪い天馬(清水健太郎)は、チャンピオンになることを夢見てジムに通っているが、初試合に敗れたためジムは彼を見捨てる。天馬はあきらめきれず元東洋チャンピオンの隼(菅原文太)にコーチを頼む。
見世物小屋のような食堂、元ボクサーたちへの鎮魂など寺山ワールドにおける菅原文太が見られる異色作。


スポンサーサイト

吉田式球体関節人形制作技法書

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894254603

ホビージャパン ¥ 2,800 ASIN: 4894254603

出版社/著者からの内容紹介

球体関節人形の草分け的存在であり作家、そしてあの天野可淡の
人形写真を手がけてきた写真家でもある吉田良。その吉田氏が自身の人形教室ピグマリオンで培ってきた授業内容がここに完成しました。何度も繰り返して開く事を考慮し、背にはホローバック(広辞苑などで採用される開きやすい仕様)を採用。

紙も眼に優しいトーンを選び、教材として、美術書として妥協のない内容となっています。月刊ホビージャパンで連載された内容を大幅に改修、追加し、今までになかった“資料性”を重視した人形写真を数多く収録。

季節に彩られた吉田氏の作品グラビアも収められており、巻末には手に入りづらいドール関係の素材を購入できるショップリスト付き。ドールファン、そしてドール、人体フィギュアの創作を志す者待望の書です。

ギリヤ-ク尼ヶ崎氏 2006年度関東公演情報

10/8(日) 午後2時開演 雨天決行
西新宿三井ビル55ひろば

青空舞踏公演「祈りの踊り」

演目・1.夢 2.白鳥の湖 3.じょんがら一代
   4.念力 5.老人 6.よされ節 7.うかれおわら
   8.ねはんじょんがら 9.念仏じょんがら

化け物の文化誌展(仮称)

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/

10/17 - 11/12

at : 国立科学博物館

9:00 ~17:00 (入館は16:30 まで)
金曜日のみ9:00 ~20:00 (入館は19:30 まで)
毎週月曜日休館

〒110-8718
東京都台東区上野公園 7-20  詳細→map

天狗や人魚の「ミイラ」を目玉とし、江戸時代から現代に至るまでの妖怪学資料を多数展示。


詳細記事→[excite news]
http://www.excite.co.jp/News/society/20060919183746/Kyodo_20060919a490010s20060919183746.html

1408.jpg


鴻池朋子個展「惑星はしばらく雪に覆われる」

http://mizuma-art.co.jp/news_j.html

06/10/25 - 11/25 11:00AM~7:00PM (日・月・祝日休廊)

at : ミヅマアートギャラリー
 東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F
 tel:03(3793)7931


malformedmen_poster.jpg


「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」海外版DVD

東映 1969、カラー
製作 岡田茂
天尾完次
監督 石井輝男

時々新文芸座などで上映される作品なのですが、内容が内容だけにビデオ・DVD化は不可能だろうなと思っていたら海外版で売り出すようなことを言ってます

http://www.panikhouse.com/blog/the_big_announcement.html

エキサイト翻訳かけただけなんで詳細がよくわからないのですが、近日中に発表するから待っててネ!ということの模様

情報が入り次第お伝え致します


--
以下Wikipediaより引用

・『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(えどがわらんぽぜんしゅう きょうふきけいにんげん)は、1969年10月31日、東映配給網により劇場公開された怪奇映画。主演吉田輝男。監督石井輝男。製作東映。江戸川乱歩の『パノラマ島奇談』と『孤島の鬼』をベースに、『屋根裏の散歩者』などの諸作品をミックスしたストーリー。但し、江戸川乱歩全集とはいうものの、全ての乱歩作品が登場するわけではない。
諸事情により地上波では一度も放送されたことが無く、またビデオ化などもおこなわれていないために知名度は高くないが、一部ではカルト映画として根強いファンを持つ。

・ビデオ化について

本作品は、1993年3月にビデオ化の告知がなされたものの、直前になって諸事情により発売中止となったために、いまだにビデオやDVD化はおこなわれていない。 なお、ビデオ化の際に少量のサンプル版が作られて配布されたことが知られており、オークションなどに出回っている本作のビデオやDVDは、このサンプルの海賊版であると思われる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E4%B9%B1%E6%AD%A9%E5%85%A8%E9%9B%86_%E6%81%90%E6%80%96%E5%A5%87%E5%BD%A2%E4%BA%BA%E9%96%93

--

shikinou_1.jpg



四季の能装束展-実りの季-

http://www.waseda.jp/enpaku/special/2006shiki.html

06/ 09/25 - 10/22 (10/9,10,21 休館)

at : 早稲田大学演劇博物館 2階企画展示室Ⅰ・Ⅱ

開室時間:月・水・木・土・日 10:00~17:00
     火・金 10:00~19:00

〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学内
TEL:03-5286-1829(事務所直通)
FAX:03-5273-4398
E-MAIL:enpaku@list.waseda.jp

map→http://www.waseda.jp/enpaku/access/index.html


日本を代表する伝統芸能である能においては、簡素な舞台とは対照的に、役者が身につける装束は絢爛豪華な装いで伝統美を感じさせます。中でも女性役に用いられる唐織は、金箔銀箔を織り込んだ美しい文様が使われ、豊かな色彩とあいまって見る人に感銘を与えます。

演劇博物館では2002年に「能にみる日本の女性像」展を開催し、能装束の華麗な美しさにより、多数の来館者の好評を博しました。このたび、近世以前の能装束復元に取り組まれている山口能装束研究所所長の山口憲氏のご協力により、展覧会を開催いたします。

四季それぞれを表現する能装束の中から「実りの季」をテーマにすえ、能面・腰帯等も展示いたします。この機会にぜひご覧ください。。

--

関連演劇講座
「四季の能装束-実りの季」

日時:2006年10月20日(金)14:40~16:10
会場:早稲田大学大隈記念タワー(26号館)地下1階 多目的講義室
講師:山口 憲 (山口能装束研究所所長)
※入場無料・事前予約不要

--



goodso009.jpg


寺山修司お面

1998年に青森にて「一日だけの天井桟敷」という野外演劇イベントが行われ、その際お客さんがこのお面を着けて市内をウロウロしたというもの。

これが現在「TERAYAMA LAND」にてオンラインショッピング可能となっております。価格¥500。


「エキサイトニュース」9/19 10:00
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091158487448.html

「TERAYAMA LAND」
http://www.famousdoor.co.jp/terayama/



情報提供サンクス: 夜雀亭 様

otokonooshare.jpg


「おとこのおしゃれ」展

http://www.bunka.ac.jp/museum/yotei.htm

10/18 - 12/20

at : 文化学園服飾博物館

〒151-8529東京都渋谷区代々木3-22-7
新宿文化クイントビル1階

map →http://www.bunka.ac.jp/museum/gaiyou.htm
TEL 03-3299-2387/FAX 03-3299-2602

ここ数年、身だしなみに気を配る男性の姿を多く目にするようになりました。本展では、日本、アジア、アフリカ、ヨーロッパの各地の男性の服飾を紹介し、地域性や時代、身分によって、それぞれに育まれた独特の美意識を探ります。

(画像:スーツ アビ・アラ・フランセーズ 1780年代 フランス)


ユリイカ 2006年9月臨時増刊号

総特集=稲垣足穂   (9月21日 発売予定)


【新発見作品 10篇】 (資料提供=高橋信行・金光寛峯・加藤仁)
誇大妄想十一編 / 学生論を読みて / 青谷のおち葉
桑畑のなかの村 / 姉さんと私 / 雲を消す話 /鳩座から来た人
ロング君とショート氏の話 / 赤と青 / 椿實の快速調


タルホ座新星群――稲垣足穂 新発見作品・解題 / 垂野創一郎


【鼎談】
彼等、すなわち足穂とその眷族 / 加藤郁乎+松山俊太郎+渡辺一考


【対談】
オマケ派宣言 / 荒俣宏+あがた森魚 司会=香川眞吾


【インタヴュー】
「ハイゼンベルク変奏曲は、足穂さんの実験第一号だった / 松岡正剛 
聞き手=ばるぼら


http://www.seidosha.co.jp/index.php?cmd=read&page=published&word=%B0%F0%B3%C0

b9e1a296.jpg

「ユメ十夜」

配給:日活株式会社 10min x 10話

10/21 - 29に行われる東京国際映画祭の招待作品
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/special_screenings/ss007.html
一般公開はその後順次の模様

監督:実相寺昭雄/市川 崑/清水 崇/清水 厚/豊島圭介/松尾スズキ/天野喜孝&河原真明/山下淳弘/西川美和/山口雄大

出演: 小泉今日子/松尾スズキ/うじきつよし/中村梅之助/山本耕史/市川実日子/大倉孝二/阿部サダヲ/TOZAWA/石原良純/sacha/秀島史香/藤岡 弘/緒川たまき/ピエール 瀧/松山ケンイチ/本上 まなみ/石坂浩二/戸田恵梨香


100年前から届いた「余は吾文を以て百代の後に伝えんと欲する野心家なり」(1906年10月22日森田草平宛書簡より)という漱石の挑戦状を受け、美の世界が広がる不朽の幻想小説「夢十夜」の世界を、天才・異才監督たちが、大胆な推理、解釈、そして奔放なイマジネーション、ファンタジックな映像を駆使し、解き明かしていく豪華絢爛迷宮エンタテインメント。


脚本での注目は 第一夜:久世光彦と第九夜:漫☆画太郎 でしょうか

「4+1」展 -似非機械-

http://www2.tky.3web.ne.jp/~aokigaro/

9/19 - 9/30

11:00~19:00 日祭12:00~18:00 会期中無休

at : 青木画廊

東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル
03-3535-6858 fax 03-3567-3944

第2の自然を創出し続ける呪物作家中村宏(来訪者)によって投げかけられた命題に、4名のレギュラーメンバーが、それぞれの”ヰタ・マキニカリス”に導かれるまま、中村とともに宿題を提出する。
その命題は(似て非なるマシーン)似非機械”である。

市川伸彦、川口起美雄、多賀 新、建石修志、ゲスト/中村宏


egg.jpg


「丸尾末広フェア」

http://www.tacoche.com/

9/9 - 9/22

at : タコシェ
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
tel 03(5343)3010
営業時間 12:00~20:00(年中無休)

map →http://www.tacoche.com/shoukai/map.html

「薔薇色ノ怪物」改訂版の発売を記念し、店内にて書き下ろし色紙・短冊・ネーム放出品などを展示・販売。
また同時に丸尾末広Tシャツや各種DVD等も販売しています。

因みに画像の色紙は \70000- でした。



20060908075251.jpg


少女革命ウテナ 「薔薇の刻印指輪」再販希望

「たのみこむ」
http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=38527

販売当時四種類あったそうです (価格)

薔薇の刻印 (1200)
黒薔薇の刻印 (1200)
純銀製完全予約生産の薔薇の刻印 (5000)
劇場版薔薇の刻印 (2500)

hitogataten.jpg


「人・形」展

http://www.nonc.jp/hitogataten/hitogataten.html
10/4 - 10/10 09:00 - 21:00 (最終日16:00閉場)

at: 丸善・丸の内本店 オアゾ 4Fギャラリー
map→ http://www.oazo.jp/04_access/04_access.html

:入場無料


■ひとがたの不思議、楽しみ、美しさ ─ 創作人形とフィギュアが共に作り出す世界

人形を創るということは人間の本能的な楽しみなのかもしれません。
特に日本は人形の歴史も古く、伝統に培われながら様々に変化し、現在の人形マーケットでは東洋、西洋を問わず人形の制作方法や素材を取り入れ、興味深い作品が輩出されて活気付いています。

しかしながら、活気付く一方で人形がパターン化しており、ある特定のファンのみを満足させているのが現状です。

そこで私たちは人形を見る人たちに本来の人形、「ひとがた」の楽しさをアピールし、また人形ファンへも本来の楽しさを再認識していただこうと考えました。

『人・形展』では、フィギュア造形作家と人形作家の中間を模索すべく、それぞれの分野で活躍する作家陣39名による100点あまりの作品を展示販売いたします。(一部の作品につきましては非売品とさせていただきます)



10104329_70.jpg


『CINEMA CAF-CONS×絵本カーニバル×たべるトンちゃん
 昭和初期の短編アニメセレクション』


都内3箇所で戦前映画の黄金時代につくられた昭和初期の短編アニメを集めた上映を行います。

映画上映の他にも昭和初期の絵本の展示・販売、スペシャルゲストを迎えてのライブパフォーマンスなど、盛り沢山な内容でお送りします。

それぞれのお店雰囲気全体を味わいながら、単純だけど
あなどれないレトロな作品の数々をお楽しみ下さい。

----------------------------------------------

★杉並区・阿佐ヶ谷
最寄り駅【JR阿佐ヶ谷駅】

 日時: 9月17日(日)・24日(日)
 16:30~、18:00~ 二回上映
 料金: 1500円(1ドリンク付)
 
●場所: 夜の喫茶店 よるのひるね
http://members.jcom.home.ne.jp/yoruhiru/
 〒166-0001東京都杉並区阿佐谷北2-13-4 一階
 携帯用MAP:http://mrd.yahoo.jp/map/148k2tjg5d86uk
 営業時間内受付19:00~2:00 月曜定休
 アクセス: 中央線阿佐ヶ谷駅北口ロータリー左手
 不動産屋の角より入り 郵便局の五メートル先。(駅から徒歩三十秒)

■問い合わせ先
 03-6765-6997
 E-mail:yoruhiru@jcom.home.ne.jp

■(イベント内容)
 
<昭和アニメ上映 >
1・魔法のペン 2・ちんころ平平玉手箱 3・花と蝶
          休憩
4・蜂のお国 5・茶目子の一日

●販売:初山滋作 『たべるトンちゃん』
●絵本カーニバル展示

---------------------------------------------

★中野区・中野
最寄り駅【JR中野駅】

・日時: 9月27日(土)
 13:00~、19:00~二回上映
 料金: 前売2000円 当日2200円
 (自家製ベーグルサンドとちょこっとデリ付)
●場所: CAFE AND GALLERY ウナ・カメラ・リーベラ
 http://www.unacame.com/index.html
 〒164-0001
 中野区中野2-12-5 メゾンリラ101
■問い合わせ先
 TEL:03-5340-8292
 e-mail:info@unacame.com
 MAP:http://www.unacame.com/access.html
 
■(イベント内容)

<昭和アニメ上映>

1、魔法のペン 2、ちんころ平平玉手箱 3、花と蝶
         休憩
4、蜂のお国 5、茶目子の一日 6、茶釜音頭
 
●販売:初山滋作 『たべるトンちゃん』
●絵本カーニバル展示+『手作り絵本のグループ展』
 http://www.geocities.jp/jamjamusic/index.htm
 30冊~50冊の絵本が集まります。  
 期間・9月18日~24日(火曜定休日)

---------------------------------------------
★台東区・谷中 *クロージングイベント!!
最寄り駅【東京メトロ千代田線千駄木駅】【JR西日暮里駅】

・日時 9月30日(土)

 第一部 16:30開場 17:00開演
 第二部 19:00開場 19:30開演

・料金:前売1800円 当日2000円(要1オーダー)
 第一部のみ、小学生以下無料(要予約)

●上映会場: 間間間(さんけんま)『喫茶めめ』
 〒110-0001 東京都台東区谷中5-2-29
 携帯用MAP:http://mrd.yahoo.jp/map/14a4v0v6iai6j3
■問い合わせ:090-9881-8468(重松)

■(イベント内容)
●上映作品:
○団子兵衛捕物帖・開けごまの巻 1952年 監督:大藤信郎
○べんけい対ウシワカ ・1939年 監督:政岡憲三
○茶目子の一日 。1931年 作者:西倉喜代治

●スペシャルゲスト:
・うさぎや(ネオチンドンユニット) ライブ
・山田広野活弁上映 『茶目子の一日』
オリジナル活弁バージョン特別上映!!
(活弁:山田広野 音楽:うさぎや)


●販売:初山滋作 『たべるトンちゃん』




「幽霊卍展」

子ごろし、親ごろし、人ごろし。-ああ-この世の無えん地獄。
あえぎ、苦しみ、はらせぬ怨みに佇む霊魂。寂しき旅路へと逝った死人たち。
呪いと怨念の魂がいま亡霊となって、私たちの心の奥底を揺さぶる。


9/9(土)~10/9(月) 13:00~19:00

at: マリアの心臓

map http://mariacuore.com/map.html

料金 1,000 [子供 \500] 火曜休館

*9/9は演奏会のため、人形観覧のみは18時までとなります。

【幽霊絵師】宇野亜喜良・山本タカト・横井まい子・天野翼・成田朱希・ 玉村のどか・天野麻衣・山口椿

【妖鬼人形師】恋月姫・小山哲生・堀井孝雄・初代永徳斎・天野可淡 他

†caccinica演奏会†
9/9(sat),open19:00/start19:30
\2,800 (人形観覧料込み)

幽霊の妖気漂う密室の中で、チェロが加わり一層深みを増した音色に酔いしれませう。

*15時よりチケット販売開始いたします。

03-3780-9818
info@mariacuore.com
マリアの心臓


--
以上mixi内「マリアの心臓」コミュより転載 一部補足致しました
不都合ありましたらば御一報くださいませ

http://mixi.jp/view_event.pl?id=10049297&comm_id=294537

cf.jpg

「鴻崎正武個展」

9/21 - 9/30

at: ギャラリーアートポイント
 
東京都中央区銀座8-11-13 エリザベスビルB1F
tel:03(5537)3690




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。