091021_2.jpg


『小巻 個展 「 High Heels 48 」』

http://www.gallery-dazzle.com/schedule/41.html

09/11/10 - 11/15

at : GALLERY DAZZLE
東京都港区北青山2-12-20 #101
tel.03-3746-4670
map


・OPENING PARTY  09/11/10 18:00 - 20:00



スポンサーサイト





091021_3.jpg


『ミステリー文学資料館開館10周年記念展示 『新青年』の作家たち』

http://www.mys-bun.or.jp/news/index.html#20091016_02news

開催中 - 2010/02/13迄

--

大正9年(1920年)1月、博文館から創刊された雑誌「新青年」は、戦前の江戸川乱歩、横溝正史、小栗虫太郎、夢野久作など数多くの探偵作家が活躍した雑誌として知られています。最初は若者の修養雑誌として編集されたこの雑誌はミステリーに詳しい編集長森下雨村の手で、次第に戦前の探偵作家の登竜門に生まれ変わって行きました。

 そこに発表された長編の名作の多くは戦後再刊され、短編も何冊ものアンソロジーに収録されています。そういうわけで、雑誌の名前はミステリー・ファンの間ではよく知られていますが、この雑誌は、現在では所蔵している図書館が限られており、たとえ所蔵していても、そのほとんどがマイクロフィルムでの閲覧しか認めていないので、現物を目にする機会は非常に限られています。

 ミステリー文学資料館では、特別コレクションとしてこの「新青年」400冊を極美本で所蔵するとともに、一部を1階の開架書棚に配置し来館者が手に取って読めるようにしていますが、今回の館内展示は、資料館のコレクションをもとに、当時の雰囲気を伝えるモダンな雑誌の表紙、探偵趣味の濃厚な挿絵などのほか、同誌に連載された小栗虫太郎の『黒死館殺人事件』、横溝正史の『鬼火』などの初版本、また、同誌の編集長を務めた作家水谷準の日記などを展示しています。

 文字通り幻の雑誌でもある戦前の探偵小説雑誌「新青年」の魅力的な世界をどうぞお訪ねください。

--(点線内文章 上記URL先より転載)

at : ミステリー文学資料館
東京都豊島区池袋3-1-2 光文社ビル1F
tel.03-3986-3024
map





091021_1.jpg


『Eily K Jammy's Performance and Exhibition 'Unknown'』

http://eilykjammy.nobody.jp/news-unknown.html

Performance: 09/11/15  0pen 18:40 / Start 19:00
          前売 \1800 当日 \2000 1d付

Exhibition:   09/11/11 - 11/16

at : UPLINK GALLERY and FACTORY
東京都渋谷区宇田川町 37 - 18 トツネビル 1階
tel. 03 - 6825 - 5502
map

・予約方法等詳細 上記URL先参照

・公式サイト http://eilykjammy.nobody.jp/





Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login