スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銅の不思議な世界2012 coppers早川展 12/02/29 - 03/06

120229_1.jpg

『銅の不思議な世界2012 coppers早川展』

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-maruzen_marunouchi.html#maruhon20120229_gallery02

12/02/29 - 03/06

--
"銅の細胞を持つ生物たちが住まう世界"をコンセプトに、一貫して銅を基本素材としてユニークな作品群を制作し続けている親子ユニット。独自の世界観を会場で感じてください。
--

at : 丸善丸の内本店4Fギャラリー B
東京都千代田区丸の内1-6-4
tel.03-5288-8881
map

スポンサーサイト

オダニミユキ個展「DOLL HOUSE」 12/03/20 - 04/08

120228_1.jpg


『オダニミユキ個展「DOLL HOUSE」』

http://www.juniemoon.jp/workshop/detail.php?fg=gl&id=38

12/03/20 - 04/08

at : 代官山Junie Moon
東京都渋谷区猿楽町4-3 鈴円代官山ビル1F
tel.03-3496-0740
map

・03/20 ワークショップ『ねずみの王様ヘッドドレスと立派なおひげ』開催
 詳細URL http://www.juniemoon.jp/workshop/detail.php?fg=ws&id=49

鉄川与助の教会建築 -五島列島を訪ねて- 展 The Church Architecture of Yosuke Tetsukawa 12/03/08 - 05/26

120227_2.jpg

『鉄川与助の教会建築 -五島列島を訪ねて- 展
 The Church Architecture of Yosuke Tetsukawa』


http://inax.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_002061.html

12/03/08 - 05/26

--
長崎には禁教と迫害の時代を乗り越え、明治から昭和にかけて数多くの教会が建造された。
その中でも生涯にわたって教会建築に魅了された、五島列島出身の棟梁・鉄川与助(1879-1976)の様々な教会建築の軌跡を、特徴をとらえた豊かな写真とともにご紹介する。
--

at : INAXギャラリー gallery 1
東京都中央区京橋 3-6-18 INAX:GINZA 2F
03-5250-6530
map

講演会「服飾/メディアと都市生活 -都市の生活における服飾とメディアの関係-」 12/03/05 18:00 - 20:00

120227_1.jpg

『講演会「服飾/メディアと都市生活 -都市の生活における服飾とメディアの関係-」』

http://www.bfri.bunka.ac.jp/news.php?year=2012#53

12/03/05  18:00 - 20:00

北山晴一(大阪樟蔭大学教授)×生井英考(立教大学教授​)
入場無料 申し込み不要 定員100名

at : 日本女子大学目白キャンパス東京都文京区目白台2-8-1
tel.03-3943-3131(大学代表)
map

樋口良澄著『唐十郎論 逆襲する言葉と肉体』刊行記念「劇震、唐十郎と語る」 12/03/12 19:30-

『樋口良澄著『唐十郎論 逆襲する言葉と肉体』刊行記念「劇震、唐十郎と語る」』

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html#20120302ikebukuro

12/03/12  19:30-
定員40名  入場料¥1000
唐十郎(劇作家・演出家・俳優) × 樋口良澄(編集者・評論家)
--
『下谷万年町物語』、『風のほこり』、そして4月唐組公演の新作『海星』。
1月初頭から唐十郎戯曲の公演は次々と続く。1960年代から紅テントをひきいて100本以上の戯曲を発表、劇作家・小説家・演出家・俳優としても活躍する。
この世界にもまれな鬼才を『唐十郎論』で鮮やかに読み解いた樋口良澄が、唐十郎本人を招き、現在の状況と表現をめぐって徹底的に語り合う。
いま、演劇とは?言葉と肉体はどこにあるのか。東日本大震災以後をどのように語りうるのか。閉塞する現代日本の中で、表現することの可能性はどこにあるのか。
現在を生きる手ごたえを熱く語り合う、必見の一夜となるでしょう。
--

at : ジュンク堂書店 池袋本店
東京都豊島区南池袋2-15-5
tel.03-5956-6111
map

・予約方法等詳細上記URL先参照

クルゥド Ⅰ・Ⅱ 柴田祥子  | 写真展 12/03/02 - 03/17・03/13 - 04/01

120223_5.jpg
120223_4.jpg

『クルゥド Ⅰ・Ⅱ 柴田祥子 | 写真展』

http://www.gallery-maki.com/2012/02/12/crude1-2/

--
柴田祥子 写真展「クルゥド Ⅰ・Ⅱ 」は、ギャラリーマキ(「クルゥド Ⅰ 」)と、Gallery SHUHARI(「クルゥド Ⅱ 」)の二箇所で行われます。
「クルゥド Ⅰ 」は、闇の中の静かな世界であるのに対して、「クルゥド Ⅱ 」では日常見る風景に舞踏家たちの姿を重ねて写した、躍動感ある写真です。
二箇所での会期は重なる期間もあり、からだと視覚に沈んでは浮かび上がる、それぞれの展示を是非お楽しみください。
--

クルゥド Ⅰ  12/03/02 - 03/17
at : ギャラリーマキ
東京都中央区新川1-31-8 ニックハイム茅場町402号室
tel.03-3297-0717
map

クルゥド Ⅱ  12/03/13 - 04/01
at : Gallery SHUHARI
東京都新宿区四谷3-13 大高ビル3F
tel.03-5269-1436
map

「蹂躙史エピトマイザ」特別イベント 12/03/20 Open 17:30 / Start 18:00

120223_3.jpg120223_2.jpg

『「蹂躙史エピトマイザ」特別イベント』

http://www.vanilla-gakuen.com/kouza/1203-2/ept.html

12/03/20  Open 17:30 / Start 18:00
授業料/3.500円 1ドリンク付 定員30名

--
これは、この世の物語に非ず。
人より多く穿たれた穴のために蹂躙される女たち。形骸の檻に残された少女達の静かな叫び。
これは、何処か遠く、或いは見えぬほど近くにある秘めやかな悲劇。
ただ二人の目撃者が、その全てを要約する。
●トークショー:沙村広明(漫画家)・森馨(人形作家)・ゲスト宮田徹也(日本近代美術思想史研究)
●「蹂躙史エピトマイザ」パフォーマンス:春風るな
--

at : 銀座ブラックハート
東京都中央区銀座6-3-16泰明ビル地下2階
tel.03-5568-7714
map

・予約フォーム 上記URL先参照


フィティッシュ系アパレル展示会 INFAMOUS COLLECTIONS 12/02/23 - 02/25

120223_1.jpg


『フィティッシュ系アパレル展示会 INFAMOUS COLLECTIONS』

http://infamouscollections.com/

12/02/23 - 02/25  入場無料(一般入場可能)

出展ブランド
abilletage / Kazumichi Maruoka / Kiphi Create / P.P★★★CRYSTAL / PROPAGANDA by AIXO/AIXO / Scarlet Amour / ET ALORS? / Venus Prototype Latex

at : 原宿スタースペース表参道4F
東京都渋谷区神宮前6-3-10
tel.03-5468-5933
map


Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち 12/02/25 - (終了日未定)



『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

http://pina.gaga.ne.jp/top.html

12/02/25 - (終了日未定) 

監督 : ヴィム・ヴェンダース
出演者 : ピナ・バウシュ、ヴッパタール舞踊団ダンサー

①10:00~11:50 ②12:15~14:05 ③14:30~16:20
④16:45~18:35 ⑤19:00~20:50 ⑥21:15~22:59

at : ヒューマントラストシネマ有楽町
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア・イトシアプラザ4F
tel.03-6259-8608
map

・全国にて順次ロードショー 上映館上記URL先参照


オメガアルゲア 投げ銭パフォーマー募集

120220_1.jpg

『オメガアルゲア 投げ銭パフォーマー募集』

http://omega-swiez.co.jp/algea-blog/?p=827

以下点線内文章 上記URL先より転載

--
金土日祝の18時〜24時のあいだ、お好きな1~2時間をお使い頂き、貴方のパフォーマンスをご披露頂きます。箱代やノルマはありません。ギャラはお客様から頂く投げ銭とし、音楽を演奏したい人やパフォーマンスをしたい人と、聞きながら・鑑賞しながらご飲食をしたい人を繋げていく試みです。

飲食を妨げないものということで、アコースティック、イージーリスニング、朗読、トークライブ、手品、緊縛ショー、ポールダンスやエアリアル、ライブペインティングなど、様々な可能性が考えられます。アイデア次第で上記と異なる内容でも積極的に試して頂きたいと思っています。いろいろな挑戦を受け止め、様々なパフォーマーの方々と、オメガアルゲアという特異な空間の可能性を模索して行きたいと考えています。

曜 日:金曜日、土曜日、日曜日、祝前日
時 間:18時〜24時で1~2時間程度
ノルマ・場所代:なし
ギャラ:投げ銭
スペース:椅子ゆったり2人分くらい。できるかぎり応相談。
お客様:チャージ500円、お飲み物400円〜、ミュージシャンへの投げ銭(任意)
NG:音が大きすぎるもの、スペースを多くとりすぎるもの、床や本棚を汚すようなものなど、飲食をする空間として常識的範囲内でかなり自由な感じ。
--

at : OMEGA ALGEA オメガアルゲア
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1
tel.03-6454-0510
map

・連絡先及び空き状況 上記URL先確認


ジュンク堂新宿店洋書コーナー閉店SALE  12/02/21 - 03/20

『ジュンク堂新宿店洋書コーナー閉店SALE』

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-shinjuku.html

12/02/21 - 03/20

7階洋書コーナーの対象商品40%OFF

at : ジュンク堂書店新宿店
東京都新宿区新宿3-29-1 新宿三越アルコット
tel.03-5363-1300
map


第31回エコール・ド・シモン人形展 12/03/08 - 03/20



120217_2.jpg


『第31回エコール・ド・シモン人形展』

http://www.kinokuniya.co.jp/label/20120126120000.html

12/03/08 - 03/20

at : 紀伊國屋画廊 (紀伊國屋書店 新宿本店 4階)
東京都新宿区新宿3-17-7
tel.03-3354-740
map


「parcels」小包、ちいさな贈りもの。 12/02/17 - 02/26

120217_1.jpg

『「parcels」小包、ちいさな贈りもの。 』

http://www1.odn.ne.jp/graveuryy/information2.html

12/02/17 - 02/26

--
異国からの贈りもの/parcelsとのテーマから、
山下陽子氏のボックスオブジェとkataokaによる新作ジュエリーによる、
コラボレーション展示が行われます。
--

at : kataoka/ jewelry and objets d'art
東京都目黒区中根2-3-15 KIビル1C
tel.03-6421-4573
map


松島智里コラージュ展 12/03/05 - 03/10

120216_1.jpg

『松島智里コラージュ展』

http://angel.ap.teacup.com/simon/659.html
(四谷シモン・人形日記記事02/14)

12/03/05 - 03/10

at : Gallery K
東京都中央区京橋3-9-7京橋ポイントビル4F
tel.03-3563-4578
map


スパンアートギャラリー アルフォンス・イノウエ蔵書票入荷

120214_2.jpg


『スパンアートギャラリー アルフォンス・イノウエ蔵書票入荷』

http://www.span-art.co.jp/artists/alphonseinoue/index.html

上部参考画像  想い 94×103 1995 JPY 10,000 yen

at : Span art gallery スパンアートギャラリー
東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
tel.03-5524-3060
map


谷敦志写真展「春、咲き、朽ちゆくエロスの花々」 12/02/28 - 03/11

120213_3.jpg


『谷敦志写真展「春、咲き、朽ちゆくエロスの花々」』

http://omega-swiez.co.jp/algea-blog/?p=802

12/02/28 - 03/11  入場料 ¥500

--
谷敦志の代表作とも言われる同シリーズは、関西圏で発表されたものの、人気のため既に完売間近。当廊がファイナルエディションで確保いたしました。春、咲き、朽ちゆくエロスの花々。お誘い合わせのうえ、足をお運び頂ければ幸いです。
全作品edition15/15、六ッ切、各31,500円(税込)
また同展示では、1点物となる巨大なパネル出力も展示されます。
--

at : OMEGA ALGEA オメガアルゲア
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1
tel.03-6454-0510
map


大黒堂ミロコレクション展「Books」 12/02/21 - 02/26

『大黒堂ミロコレクション展「Books」』

12/02/21 - 02/26

--
漫画家・小説家・イベントオーガナイザーとして暗躍する大黒堂ミロ氏。
今回は氏の膨大なコレクションの中から、「サブカルアート稀観本」をテーマに、展示・販売を行います。本好きの方、アート好きの方、お見逃し無きよう、お友達お誘い合わせのうえお越しくださいませ!
--

at : OMEGA ALGEA オメガアルゲア
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1
tel.03-6454-0510
map

・トークショー&ポールダンスショー
 2月25日(土)17時〜2,000円/1Dゲスト:ポールダンスKYOKO
 予約方法他詳細 上記URL先参照



小川香織展ー森、秘密、そして少女達ー 12/05/22 - 05/27

120213_1.jpg

『小川香織展ー森、秘密、そして少女達ー』

https://twitter.com/#!/KaoriOgawa1020/status/168899304260501504/photo/1
(twitter/KaoriOgawa1020)

12/05/22 - 05/27

at : ぎゃらりー遊
東京都北区赤羽西1-35-8レッドウイングビル
tel.03-6808-7575
map


第二回退廃芸術展 −ハルノイタズラ−』 12/03/22 - 03/27

120212_1.jpg


『第二回退廃芸術展 −ハルノイタズラ−』

12/03/22 - 03/27

at : 画廊珈琲 Zaroff
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
tel.03-6322-9032
map

・多摩美術大学耽美部による作品展


往年の名作映画・幻の予告篇上映会 12/02/25 - 03/20

120211_1.jpg

『往年の名作映画・幻の予告篇上映会』

http://www.books-sanseido.co.jp/blog/jinbocho/2012/02/post-501.html

12/02/25 - 03/20

--
映画の公開にあたって制作、編集される予告篇は、通常映画の公開終了と同時に廃棄されます。
しかし、この予告篇の編集者が日本における予告篇制作の草分け的人物だったことから、日活映画学院などでの講義の際に教材として使用し、記録用に保存しておりました。
これらのフィルムは、保存・継承のためにその後NPOに寄贈され、日本に現存する唯一の予告編フィルムとなります。
『駅馬車』や『モダン・タイムス』、『第三の男』、『禁じられた遊び』など、アメリカ・ヨーロッパ映画の名作・傑作の貴重な予告編が半世紀の時を超えて三省堂書店に蘇ります。

アメリカ映画
「駅馬車」(1951)「リオ・グランデの砦」」(1951)「チャップリンの独裁者」(1960)「黄金の腕」(1956)「モダン・タイムス」(1972)
ヨーロッパ映画
「禁じられた遊び」(1953)「第三の男」(1952)「居酒屋」(1956)「悪魔のような女」(1955)「汚れなき悪戯」(1957)
--

at : 三省堂書店神保町本店 8階イベント会場
東京都千代田区神田神保町1-1
tel.03-3233-3312
map

・トータル上映時間 約40分


Nightglow 2012 12/04/13 - 04/25

120210_4.jpg

『Nightglow 2012』

http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_120413taniguchi.html

12/04/13 - 04/25

at : Bunkamura Box Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

アンティーク博物画・ボタニカル展 12/02/24 - 03/07

120210_1.jpg

『アンティーク博物画・ボタニカル展』

http://www.parco-art.com/web/logos/exhibition.php?id=461

12/02/24 - 03/07  入場無料

--
【稀覯本、古書】 約50冊 ¥5,000~
ウィリアム・カーティス『ボタニカル・マガジン』 ショーメトン編 ¥200,000
『薬草植物誌』(トゥルパン画)、ジェームス・サワビー著『イギリス植物誌』
ウィリアム・ジャーディーン『ナチュラリスト・ライブラリー』他
【額入り図譜】 約40点 ¥10,000~
【マット入り、厚紙入り図譜】 ¥500~¥100,000 約400点
本格派額入り図譜から小型のかわいらしい額のボタニカル、お手頃な¥500からの厚紙入りの図譜を大放出します。
【グッズ】 クリアファイル、絵葉書、 ルドゥーテ・バラシリーズグッズ(ハンドタオルなど)
【関連書籍】 『ルドゥーテ』、『植物画の歴史』など
--

at : LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコパート1 / B1
tel.03-3496-1287
map

・上部参考画像 『ディドロ―自然史』1774年パリ刊行(キリン)

幻想の書架「マンディアルグ/海の百合」展  André Pieyre de Mandiargues“Le Lis De Mer” 12/02/25 - 03/19

120209_2.jpg

『幻想の書架「マンディアルグ/海の百合」展  André Pieyre de Mandiargues“Le Lis De Mer”』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/02/mandiargues.html

12/02/25 - 03/19  入場料 ¥500

ボナ・ド・マンディアルグ
みつばち@Babybee / LIEN / Rico*(vanilatte) / michiru(babydow) / P.P★★★CRYSTAL(AEG)

--
創刊から三十余年、「マンディアルグ+ボナ」特集でスタートした夜想が、
パラボリカ・ビスの『幻想の書架』の会場で「マンディアルグ/海の百合」展を開催します。

『海の百合』に描かれた、儀式に向う少女の感覚は、マンディアルグの作品に共通したテーマのひとつです。
少女の儀式とそれにともなうフェティシズムという男性垂涎の感覚が、
70年代の澁澤龍彦や生田耕作ではなく、10年代の女性作家によって読み解かれると、どうなるのか興味深いところです。
女性たちの少女に対する視線には、明らかにゲンズブール的な男性要素も含まれているからです。
どちらか一方的な感覚でない少女の描き方、それが10年代以降の少女表現であるように思います。
夜想はまた幻想文学に新たなアプローチをしたいと思います。
会場にはボナ・ド・マンディアルグの絵画、マンディアルグの初版本、サイン本など、ゆかりの品々も展示されます。
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・同時開催 カイジュウブルー展「昭和異空間設計 なつかしさの現在時」
REAL HEAD/kaoriko/トキメキ帝国の桃色ガブリエル/リフレッシュメント/
奇譚デザインファクトリー/TORAVOLTA/MICO E/JIRO ...etc.

・上部参考画像
●みつばち@Babybee doll:Visuadoll/(株)WiZ ●P.P★★★CRYSTAL(AEG)
●「ベッドの向かいで、ローソクが炎をまっすぐに立てて燃えていた。」
(detail) Outfit:Rico*(vanilatte)/Face:LIEN


沙村広明×森馨展覧会 『蹂躙史エピトマイザ』―ある幻想の娼館― 12/03/12 - 03/24

120209_1.jpg

『沙村広明×森馨展覧会 『蹂躙史エピトマイザ』―ある幻想の娼館―』

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20120312.html

12/03/12 - 03/24  18歳未満入場不可

--
これは、この世の物語に非ず。
人より多く穿たれた穴のために蹂躙される女たち。形骸の檻に残された少女達の静かな叫び。
これは、何処か遠く、或いは見えぬほど近くにある秘めやかな悲劇。
ただ二人の目撃者が、その全てを要約する。
――――――――――
産門が腹部にある、少女の姿をした地球外生物…
その設定から、漫画家・沙村広明と人形作家・森馨が紡ぎだす、とある未来のとある娼館の物語。
哀憐の美の極北に立つ二人の作家のコラボレーションがヴァニラ画廊で展開されます。
痛ましくも魅入られずにはいられない世界観を是非ご高覧下さい。
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階
tel.03-5568-1233
map

・特装版:ブックレット発刊 『蹂躙史エピトマイザ-ある幻想の娼館』
限定版/2.100円(税込) B5版・32頁カラー・作家サイン入り


竹田団吾衣裳作品展2012/L.E.D. 12/02/23 - 03/05

120208_2.jpg


『竹田団吾衣裳作品展2012/L.E.D.』

http://www.dangoten.com/

12/02/23 - 03/05

【東京展】「DARK&SHINE」  入場無料
展示数30点予定/東京展のみ2011年制作の衣裳作品のみ

at : 紀伊國屋画廊 (紀伊國屋書店 新宿本店 4階)
東京都新宿区新宿3-17-7
tel.03-3354-740
map



丸尾末廣原画展&版画・グッズ販売 開催中 - 12/02/19

120207_2.jpg


『丸尾末廣原画展&版画・グッズ販売』

http://www.libro.jp/news/archive/002362.php

開催中 - 12/02/19

at : 西武池袋本店書籍館4階リブロコミック売場
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 書籍館・別館
tel.03-5949-2910
map



ペイ*デ*フェ 2012 コレクションショー「虫」  12/03/25

120207_1b.jpg


『ペイ*デ*フェ 2012 コレクションショー「虫」』

http://pays-des-fees.com/

12/03/25   開場・開演 14:00  終演    17:30
入場料     前売り・当日ともに\2,000(+1D \500)

--

不条理で奇妙なペイ*デ*フェの世界。
それを虫を媒体として表現したテキスタイルの作品を発表します。
約1年ぶりとなるコレクションショー。
豪華キャスト・モデルたちによるショー、
特別な一日をどうぞご堪能ください。

[model]
さち(黒色すみれ) / 街子 / さやか / 玉虫ナヲキ / あきこ / まゆ / 他
[cast]
マメ山田 / 本原章一 / 博美 / 大島朋恵 / 他
[音楽]森川誠一郎 [照明] ユキミドリ [ヘアメイク] GOLDSHIP [演奏] 青い月と赤い薔薇
[DJ] Zinny Aerodinamica (Club WALPURGIS) / SHO (PLA S TICZ O O MS)
[VJ] 顔がない
[演出・デザイン・構成] りむ

--

at : 渋谷TRUMPROOM 5階(6階VIPルーム)
東京都 渋谷区 神南1-12-14 星ビル
tel.090-9323-2870
map



赤木仁「夜見るモノ」展 12/02/15 - 03/11

120206_3.png


『赤木仁「夜見るモノ」展 』

http://librairie6.exblog.jp/15268692/

12/02/15 - 03/11

--

赤木仁は、1957年石川県生まれ。
画家/金子國義に師事し1988年に独立。
展覧会を中心にフリーランスでエディトリアルの仕事にも携わる。
またコシミハルのADなどを経て、時には文章など色々な表現方法で作品を発表している。
1993年初個展「箱」以来、10才までの銅山跡での体験を神話化した作品を描き続けている。

今回の「夜見るモノ」展では炎に乗り青空に浮かぶ目玉の「天目(テンモク)」シリーズ15展と「羽衣」「頭いっぱいの鹿」他、
赤木仁が「夜見るモノ」をイメージした旧作約20点の油彩画に加え立体作品「頭いっぱいの鹿」を2点展示致します。是非ご高覧頂ければ幸いです★

--

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
tel.03-6452-3345
map



飯村隆彦「日本のダダと土方舞踏」展 12/02/10 - 02/12


120206_2.jpg


『飯村隆彦「日本のダダと土方舞踏」展 』

http://librairie6.exblog.jp/15258800/

12/02/10 - 02/12

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
tel.03-6452-3345
map


・上部参考画像
 飯村隆彦映画作品:土方巽暗黒舞踏「バラ色ダンス」より土方巽と大野一雄
 ©Takahiko iimura



ヘレン・ファン・ミーネ 「Dogs and Girls」 12/02/10 - 03/31



120206_1b.jpg
『ヘレン・ファン・ミーネ 「Dogs and Girls」』

http://www.gallerykoyanagi.com/exhibition.html

12/02/10 - 03/31

at : ギャラリー小柳
東京都中央区銀座1-7-5 小柳ビル8F
tel.03-3561-1896
map






Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。