スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラインマイスター:16世紀前半ドイツにおける小画面の版画家たち 12/06/13 - 09/17

120430_2.jpg

『クラインマイスター:16世紀前半ドイツにおける小画面の版画家たち』

http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2012klein.html

12/06/13 - 09/17  当日一般 ¥ 420

--
版画制作が興隆した16世紀前半のドイツでは、優れた腕を持つ版画家たちが数多く活躍していましたが、そのなかより葉書大からときに切手大の小さな版画をつくる作家たちが登場します。バルテルとゼーバルトのベーハム兄弟やゲオルク・ペンツ、ハインリヒ・アルデグレーファーら、そうした版画家たちは、小型の作品サイズにちなみ、クラインマイスターと呼ばれることとなりました(クライン/kleinは、ドイツ語で「小さい」の意)。
クラインマイスターたちの作品は大きな人気を博し、ヨーロッパのみならず、17世紀初頭にはインドにまで伝播していたことが確かめられます。その成功の理由は、緻密な線で構成された小さな画面が当時の収集家たちに愛好されたことなどに加え、主題の面白さにも求められるでしょう。クラインマイスターたちは、収集家たちの趣味に応え、伝統的な聖書主題にとどまらず、新奇な主題や大胆な表現も積極的に取り上げました。そして、古代神話や寓意、歴史、農民や兵士の姿のほか、ときにエロティックなものなども小画面に描き出したのです。
今回の展示では、当館が所蔵するクラインマイスターたちの版画をご覧いただきます。また、彼らの小型版画の制作に大きな影響を与えたとされるアルブレヒト・アルトドルファーの作品をも併せて展示します。小さな画面に当時の時代の空気を感じ取っていただければ幸いです。
--

at : 国立西洋美術館
東京都台東区上野公園7番7号
tel.03-5777-8600
map

・上部参考画像
 ハインリヒ・アルデグレーファー《死と司教》:連作『死の力』より 1541年 G.2000-0048

スポンサーサイト

蹂躙史エピトマイザブックレット・アンコール記念 沙村広明 原画+ジークレー展【蘇る虞美人】 特別展示:森馨人形作品 12/05/28 - 06/02

120429_1.jpg

『蹂躙史エピトマイザブックレット・アンコール記念 沙村広明 原画+ジークレー展【蘇る虞美人】 特別展示:森馨人形作品』

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20120528.html

12/05/28 - 06/02

--
「蹂躙史エピトマイザ展」では、最終日を待たずに完売してしまったブックレットですが、このたび収録作品とページ数を増やし、判型を大きくした改訂特別版を発行いたします。
これを記念して、沙村広明の原画+ジークレー版画の展示を開催致します。
今回の展示では、画集「ろくでなしの恋」収録の原画や、今回描き下ろしの作品を含め沙村広明の責め絵のジークレー版画を展示します。
「蹂躙史エピトマイザ展」で好評を博した、森馨の人形作品も展示しますので前回見逃した方も、ぜひこの機会にお越しください。
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階
tel.03-5568-1233
map

・アンコール改訂特別版:ブックレット発刊
 『蹂躙史エピトマイザ-ある幻想の娼館』 限定版/2.800円(税別)A4版・44頁カラー

キノコナイト~不思議かわいい奇妙な世界~ 12/06/23

120428_2b.jpg

『キノコナイト~不思議かわいい奇妙な世界~』

http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_120406203899_1.htm

12/06/23  Open 17:00 / Start 18:00 / End 20:30 (予定)
        前売券 ¥2000 (飲食代別途) 当日券/¥2500
出演者  飯沢 耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家) 堀 博美(きのこライター)
      とよ田 キノ子(きのこグッズコレクター、グラフィック・ウェブデザイナー)
--
地球上の菌類は100万~150種と想定され、現在明らかになっているのは、そのうちの5%にも満たないというまだまだ謎の多い生きものです。微生物とあなどるなかれ、面積にして890ヘクタール・推定年齢は2400歳!なんていうきのこもいるんです。世界最大&最長寿の生きものが、実はきのこだなんて、驚きませんか?
その他にも、絵本や物語に登場するメルヘンでかわいいきのこ、ゲームに出てくる魔法のきのこ、映画に出てくるちょっと不気味で怖いきのこ、古くから呪術や儀式で使われているきのこ、そして、食卓を飾る美味しいきのこ。
きのこは、色も形も様々で、小さくもあり大きくもある、関わりがないようでいて実は私達の生活にも深く関わっている存在なのです。今回のキノコナイトでは、きのこグッズ、きのこ映画、きのこ文学、きのこ音楽、きのこアート、きのこ公園などを中心に、文化の中に生えている様々なきのこを採取し、その魅力に取り憑かれた3名がきのこにまつわるアレコレを語ります。
きのこを通して見てみると、なんだか違う世界が見えてくる…
そんな不思議で、楽しくて、かわいくて、ちょっと奇妙なきのこの世界へご案内します。
--

at : TOKYO CULTURE CULTURE 東京カルチャーカルチャー
東京都江東区青海1丁目3-11Zepp Tokyo2F
tel.03-3599-2390
map

・上記URL先 該当イベントイープラスチケット窓口案内あり

堀江ケニー個展「恍惚の果てへ」 12/05/08 - 05/20

120428_1.jpg

『堀江ケニー個展「恍惚の果てへ」』

http://omega-swiez.co.jp/algea-blog/?p=950

12/05/08 - 05/20  入場料:無料

--
オメガアルゲア併設ギャラリーで、堀江ケニー個展「恍惚の果てへ」が開催されます。同個展に合わせて写真集「恍惚の果てへ」(アトリエサード刊)が先行発売されます。
今回の展示では、堀江ケニー氏の幻影的作品を集めた待望の写真展となり、凝った展示が予定されています。また、親交の深い「鳥肌実」氏のトークショーや、堀江ケニー氏がバンド「Beyond Ecstasy」とセッションするライブなど、会期中イベントにもぜひご注目ください。
会期中はオメガアルゲアで先行販売される新写真集「恍惚の果てへ」(個展特別限定版あり)はもちろん、写真集「タコさっちゃん」のサイン本や、オリジナルプリントのポストカードも販売されます。併せてご高覧くださいますよう、お願いいたします。
--
【同時開催】鳥肌実トークショウ「恍惚の果てへ」(予約制)
堀江ケニー氏と親交の深く、アーティスト写真も撮影する「鳥肌実」氏のトークショウが行われます。鳥肌氏独演のほか、ケニー氏との対談も予定されております。
日時:5月13日(日)20時開場、20時30分開演
料金:指定席:3,500円(1ドリンク付・先着20名)/立見・桟敷席:3,000円(1ドリンク付・先着20名)
予約:オメガアルゲアにて承っております。03-6454-0510までご連絡ください。
注意:なお、料金は当日会場受付にて頂きます。開場時間までにお並びくださいますようお願いいたします。お並び頂けていない場合、権利を他の方にお譲りする場合がございます。予めご了承ください。
--
【同時開催】堀江ケニーとBeyond Ecstasyライブ
堀江ケニー氏とバンド「Beyond Ecstasy」のライブ演奏を見ながら、個展を楽しむ機会を設けました。こちらは予約の必要はございません。ぜひお友達お誘い合わせのうえ、お気軽にお越しください。
日時:5月18日(金)20時開場、20時30分開演
料金:1,500円(1ドリンク付)
--

at : OMEGA ALGEA オメガアルゲア
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1
tel.03-6454-0510
map

・予約方法等詳細 上記URL先参照

ペイ*デ*フェ 球体関節ストッキング発売日 12/05/04 13:00

『ペイ*デ*フェ 球体関節ストッキング発売日』

http://ameblo.jp/pays-des-fees/entry-11233894267.html
(ペイ*デ*フェ デザイナー 妖精りむblog 12/04/26記事)

発売日 12/05/04(金・祝)13:00
球体関節ストッキング  1足¥2,650

--
中野ブロードウェイ4階、ペイデフェにて発売します!
ゴールデンウィークのブロードウェイは、混雑が予想されます。球ストにお並びの皆様は、ペイデフェ扉向かって左から壁に沿って詰めてお並びください。
球ストは作家さんの手作り、少量生産のため、ペイデフェではお取り置きや通販はできません。ご了承ください。
--

at : ペイ*デ*フェ
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ4階464-1
tel.03-5318-9439
map

『秘密の現実』EXPOSITION RÉALITÉ SECRÉTE 展 12/04/30 - 05/05

120425_1.jpg

『『秘密の現実』EXPOSITION RÉALITÉ SECRÉTE 展』

http://ifaakaiinn.blogspot.jp/2012/04/exposition-realite-secrete.html
(IFAA NEWS 4/15記事)

12/04/30 - 05/05

マルセル・ベアリュ/ドミニック・デソルジュ/ユーグ・ジレ/井関 周/田中 章滋/大森 伸樹/浅野 信二/古賀 郁/佐々木 六介/中嶋 清八/トオル ノガワ/伊豫田 晃一

at : 銀座西欧ギャラリー (スパンアートギャラリー企画)
東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル7F
tel: 03-5524-3060
map

・レセプションパーティ 5月3日(木)18:30~21:00
・Exposition Program Special 5月3日(木)開演17:00~より 入場料1,500円
 Le Concert de Piano par Naoko Shibuya
 「水蜘蛛」抄・マルセル・ベアリュに捧ぐ
 作曲・台本 Naoko Shibuya 朗読 MADOKA /Dominique Desorges /Shoji Tanaka

「海の百合/コーダー(終章)」展 12/06/01 - 06/18

exyyra.jpg

『「海の百合/コーダー(終章)」展』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/06/coda.html

12/06/01 - 06/18

みつばち@BabyBee × Lhiannan:Shee/LIEN   入場料:500円

--
幻想小説の名作でもあり、雑誌『夜想』を作り出したとも言えるマンディアルグの『海の百合』——もう一度、懐に慈しみたいという思いにとられ、『海の百合』をイメージして人形をカスタムしたり、ぬいぐるみを作ったりという企画をみつばち@BabyBeeとLIENに提案しました。
展覧会『海の百合』は、郷愁的な想いを遥かに越えて、みつばち@BabyBeeのキュートでエロチシズムを醸し出すサビーヌ(衣裳・Lhiannan:Shee)とLIEN のドールのボディにぬいぐるみの頭を組みあわせた不可思議な魅力をもつ作品群を生み出しました。
未来に向けた作品を作ってくれた作家たちをレスペクトして、前回の展覧会をさらにパワーアップし展開した『海の百合/コーダー(終章)』展を開催します。
みつばち@BabyBeeは、サビーヌ以外の登場人物からひとりずつ異ったメイク、異った服の3体をリリースします。衣裳は、前回と同じくLhiannan:Sheeです。
Lhiannan:Sheeはカフェで衣裳を含めたアクセサリーなどの展覧会を行います。
前回の『海の百合』展で LIEN / Rico*(vanilatte) / michiru(babydow) の三人のコラボレーション作品は、ぬいぐるみと人形との不思議な融合を生み出しました。
そして『海の百合』を一つのイメージに結実させたLIENのぬいぐるみは、創作の幅の可能性を確かなものにしました。
LIENは、前回の意欲作をさらに展開させた海の百合の作品を3体発表します。
さらにドールとぬいぐるみの居る空間で、声優・石野竜三が、『海の百合』の朗読・パフォーマンスを行います。
--
『海の百合』朗読・パフォーマンス
■演出・構成 今野裕一 ■出演・朗読 石野竜三 ■テキストレジメ 石野竜三+今野裕一
日程 09日[土]19:00 10日[日]15:00/19:00 15日[金]19:00
   16日[土]19:00 17日[日]15:00 
■各回・限定30名 ■料金 2000円
--
トークショウ 今野裕一 石野竜三 みつばち@BabyBee 他
■6月17日 17:00 ■料金 1500円
--
★限定チケット(マンディアルグ『猫のムトンさま』付)1000円
ペヨトル工房が1998年に刊行した『猫のムトンさま』がついたチケットです。
アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ■著
ピエール・アレシンスキー■挿画
黒木實■訳
★経年変化で、カバー、帯など焼けていますが、古い本ゆえ、ご理解下さい。

『猫のムトンさま』1600円+入場料500円のところ、1000円のお得なチケットです。
本がなくなり次第終了です。
Online Shopでお求め頂くか、パラボリカ・ビスまでお問い合せください。
Online Shopの発送は5月上旬より。只今ご予約受付中です。
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・各イベント予約方法等詳細 上記URL先参照

山岸凉子原画展 開催中 - 12/04/29迄

120424_1.jpg

『山岸凉子原画展』

http://www.libro.jp/news/archive/002553.php

開催中 - 12/04/29迄

--
『日出処の天子 完全版』(メディアファクトリー)完結を記念して山岸凉子さんの原画展を開催致します。
生の原画の迫力を是非ご覧下さい。
--

at : 西武池袋本店書籍館4階リブロコミック売場
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 書籍館・別館
tel.03-5949-2910
map

竹宮惠子東京個展「双樹」 12/04/28 - 05/05

120423_3.jpg

『竹宮惠子東京個展「双樹」』

http://tra-pro.com/newsblog/newsblog/NEWS_Blog/entori/2012/4/28_dong_jing_ge_zhan_shuang_shu.html

12/04/28 - 05/05

--
2000年より京都精華大学にて教鞭をとっております関係で執筆時間がままならないため、せめて原画を観ていただく機会を、ということで個展開催を重ねてまいりました。年2回京都と東京での開催ですが、昨年で10周年に至り、代表作である『風と木の詩』を展示いたします。
作品内容: 風と木の詩 原画および複製画 約100点
--

at : 文房堂ギャラリー
東京都千代田区神田神保町1-21-1
tel.03-3291-3445
map

PINA BAUSCH TRIBUTE 映像と音楽で綴る 舞踊家ピナ・バウシュの軌跡 12/06/30

120423_1.jpg

『PINA BAUSCH TRIBUTE 映像と音楽で綴る 舞踊家ピナ・バウシュの軌跡』

http://ints.co.jp/pina-bausch/index.htm

12/06/30 Open 14:30 / Start 15:30  チケット料金:¥4,900 (全席指定・税込)

--
世界中で愛され、惜しまれながらも2009年にこの世を去った天才舞踊家ピナ・バウシュ―
その命日6月30日に生前彼女が立ったステージで行われる特別追悼公演。
ピナ・バウシュ作品に数々の楽曲を捧げ、生前最も親交の深かった音楽家の一人 三宅純による劇中使用曲他の生演奏に加え、ピナ演出・振付作品映像の特別スクリーン上映を行います。
--

at : 新宿文化センター大ホール
東京都新宿区新宿6-14-1
tel.03-3350-1141
map

・チケット取扱他詳細 上記URL先参照

NHK総合 タイムスクープハンター「見せ物 カッパ珍騒動!」 12/04/24 22:55-

『NHK放映 タイムスクープハンター「見せ物 カッパ珍騒動!」』

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-04-24&ch=21&eid=1709

NHK総合 
放送日 :2012年 4月24日(火) / 放送時間 :午後10:55~午後11:25(30分)

番組内容
シーズン4・第4回。時空ジャーナリストの沢嶋雄一は明治時代に人気を博した見せ物小屋を取材する。珍品や奇妙な出し物で人々を驚かせていた。カッパの見せ物とは何か?
詳細
シーズン4の第4回。今回の取材対象は「見せ物小屋」。明治時代、見せ物は大衆の娯楽として人気を博していた。柄本順三郎と七郎の兄弟は、ダジャレの見せ物を得意としていたが客入りが悪かった。そこで兄は等身大の河童(カッパ)の着ぐるみで人々を驚かそうというアイデアを思いつく。そして興行を実施しようとした時に予想外のことが起き、町じゅうの騒ぎに発展してしまう。そのドタバタぶりを沢嶋(要潤)が冷静にリポート。
出演:要潤, 杏

清水真理 個展 Metamorphose ー変容ー ~傷みが悦びに変わるとき~ 12/06/11 - 06/23

120501_3.jpg

『清水真理 個展 Metamorphose ー変容ー ~傷みが悦びに変わるとき~』

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20120611.html

12/06/11 - 06/23 入場料 ¥ 500

--
8年ぶりとなる写真集発売と、
それを記念する新作を含む個展を開催します。
●イベント 『メフィストフェレス・船本恵太の暗黒人形アニメとファントグラム魔術ショー』
 6月16日(土)17時開場予定 30人限定 2500円
 メフィストフェレスに扮する船本恵太氏が、当日会場で人形達の霊を呼び覚まします。
 19世紀末ヨーロッパの人々を驚嘆させた幻影劇場を人形アニメの上映とともに再現します。
 上映作品 「鏡を通り抜け、そこで少女が見たものは」他人形アニメ作品
 ファントグラム・・川村徹雄氏考案の、立体映像撮影・上映可能なシステム
●写真集発売 清水真理人形作品集「Miracle~奇跡~」2012年6月初旬発売予定
 A6版 カラー64p 発行=アトリエサード/発売=書苑新社 予価=税込2940円
 詳細は www.a-third.com
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階
tel.03-5568-1233
map

追悼 大野一雄2012 Keep on dancing! 12/05/26 - 06/01

120421_1.jpg

『追悼 大野一雄2012 Keep on dancing!』

http://www.mmjp.or.jp/pole2/onokazuo-2012.html

12/05/26 - 06/01

大野一雄追悼上映2012
上映作品
『ひとりごとのように』2005年/100分/カラー/DVCAM 5/26,29,6/1 各日21:00
『魂の風景~大野一雄の世界』1991年/75分/カラー/16mm 5/27,30 各日21:00
『O氏の肖像』(『KAZUO OHNO』と2本立て)1969年/65分/モノクロ/DVD版 5/28,31 各日21:00
『KAZUO OHNO』(『O氏の肖像』と2本立て)1995年/15分/カラー/35mm   5/28,31 各日21:00

at : ポレポレ東中野
東京都中野区東中野4-4-1/ポレポレ坐ビル地下
tel.03-3371-0088
map

・5月26日(土)上映後 大野慶人(舞踏家) スペシャルステージ
 5月30日(水)上映後 平野克己(『魂の風景〜大野一雄の世界』演出) 舞台挨拶
 6月1日(金) 上映後 大津幸四郎(『ひとりごとのように』監督・撮影) 舞台挨拶

宇野亜喜良個展 白い祭 ― La Fete Blanche ― 12/05/22 - 06/03

120420_1.jpg

『宇野亜喜良個展 白い祭 ― La Fete Blanche ―』

http://www.span-art.co.jp/exibition/201205span_unoakira/index.html

12/05/22 - 06/03

at : Span art gallery スパンアートギャラリー
東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
tel.03-5524-3060
map

高松和樹「距離感主義 ~不安カラ逃レル方法~」 12/05/25 - 06/16

120419_5.jpg

『高松和樹「距離感主義 ~不安カラ逃レル方法~」』

http://www.gallery-tomura.com/news.html

12/05/25 - 06/16

--
2009年以来の3年ぶりの個展を開催いたします。今回は100号の大作をメインに30号前後から10号程度の小品までを展示いたします。
--

at : ギャラリー戸村
東京都中央区京橋2-8-10 丸茶ビルB1F
tel.03-3564-0064
map

・上部参考画像 「絡めとりにやってきました。」
2011年 162x130cm ターポリン、ジクレー、アクリル絵具 アクリルガッシュ、メデューム

寺嶋真里監督 Zaroff 3周年記念映像作品『つつがなき遊戯の秘蹟』上映 12/05/02 , 05/05

120418_3.jpg

『寺嶋真里監督 Zaroff 3周年記念映像作品『つつがなき遊戯の秘蹟』上映 』

http://honey-terashima.net/index.php?option=com_content&task=blogcategory&id=1&Itemid=2

12/05/02 am11:00- , 05/05 pm5:45-  料金[1回券]¥ 1200

イメージフォーラム・フェスティバル2012 エマージング・リズムス
Bプログラム“エクスペリメンタル・ガール”内上映
スケジュール詳細 http://www.imageforumfestival.com/images/iff2012.pdf

at : 新宿パークタワーホール
東京都新宿区西新宿3-7-1
tel.03-5322-6640
map

・京都巡回あり @京都シネマ 06/20(水)pm7:00-
・チケット他詳細上記URL先参照

Les Filles dans miroire・鏡の中の少女たち 12/05/18 - 05/24

120416_2.jpg

『Les Filles dans miroire・鏡の中の少女たち』

http://kseraphim.exblog.jp/18139094/
(seraphim.diary / Six morceaux d'ailes 12/04/15記事)

12/05/18 - 05/24

イリナ・イオネスコへのオマージュ ドレス・帽子・コサージュ・タブロー・写真・鏡
参加アーティスト
イリナ・イオネスコ/かわい金魚/川村和枝/Sacherie/SERAPHIM/中村幸子/野村直子/ヒロタサトミ/リルガ

at : プランタン銀座・ギャルリィ・ドゥ・プランタン
東京都中央区銀座3-2-1・本館6階
tel.03-3567-0077
map

・会期中イベント各種有り 詳細上記URL先参照

魔法藥局カニバル2012(改) 12/05/05 ,06 ,12

120416_1.jpg

『魔法藥局カニバル2012(改)』

http://www.cafesaya.net/cafeguide/cafeevent/1183

12/05/05 , 05/06 , 05/12  各日 13:00 - 18:30  予約有

--
中世の薬局の棚に並んでいそうな藥壜や標本をイメージしたオブジェ的藥の販売会を開催します。
メニューも怪しげ。カラーコードはブラッドレッド。
宵にはアルコール入りの魔法藥カクテルも準備しています。
新作の「コビトの薬草」や復活の「治癒の石」。
また、魔法藥局をステルクララに登場させることにした記念の妖精の落とし翅魔法藥局的標本など。
ドールセットエリアには理科準備室のドールセットを設置。
理科準備室といっても、パリのデロールの店(火災前)をイメージした理科的教材室です。
魔法藥局アイテムに加え、理科準備室の人骨模型(40cm)やミニチュア蝶標本、ミニチュア理化学用品などを、いろいろご用意してみなさまのご来店をお待ちしております。
なお、ドールセットや店内の撮影は可能ですが、セットにドールを置いての撮影はできません。
ドールを置いての撮影は5月19日・20日のドールカフェにて可能です。
詳細は天氣後報をご覧ください。
--

at : cafeSAYA
東京都北区神谷3-37-1
fax.050-3737-4575
map

・予約方法他詳細上記URL先参照

FANTASTIC ART SHOW TOKYO 2012 幻想芸術展-東京- 12/04/30 - 05/05

120414_1.jpg

『FANTASTIC ART SHOW TOKYO 2012 幻想芸術展-東京-』

http://ifaakaiinn.blogspot.jp/2012/04/fantastic-art-show-2012-2012.html

12/04/30 - 05/05

at : Salon de G
東京都中央区銀座6-4-6 646ビル9階
tel.03-3571-5837
map

・4/30(月)レセプションパーティー 別会場 19:30より
・4/24 - 4/29、京都展示あり 詳細上記URL先参照
 

東洋大学創立125周年記念事業 図書館特別展示「存在の謎に挑む 哲学者・井上円了」 12/05/30 - 06/05

694c7c637ba65cea791f1b40eba05ab3.jpg

『東洋大学創立125周年記念事業 図書館特別展示「存在の謎に挑む 哲学者・井上円了」』

http://www.toyo.ac.jp/event/detail_j/id/5317/

12/05/30 - 06/05  入場無料

--
【テーマ】
 「存在の謎に挑む 哲学者・井上円了」
【展示構成】
 第1章 学祖井上円了の目指したもの ―哲学と教育に捧げた生涯―
 第2章 不思議庵主人・井上円了 ―迷信打破の黎明―
 第3章 東洋大学の「知」の資産 ―貴重古典籍への誘い―
--

at : 丸善 丸の内本店 (丸の内OAZO)4階 ギャラリー
東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾショップ&レストラン1-4F
tel.03-5288-8881
map

オペラ「蝶々夫人」 岡村喬生完全改訂版公開リハーサル 12/04/24

『オペラ「蝶々夫人」 岡村喬生完全改訂版公開リハーサル』

http://www.iicbelgrado.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=449&citta=Tokyo

12/04/24 18:30 - (open18:00)  チケット ¥3000- (全自由席)

--
ルイジ・イッリカ(1857-1919)とジュゼッペ・ジャコーザ(1847-1906)が台本を執筆し、ジャコモ・プッチーニ(1853-1924)が作曲したオペラ「蝶々夫人」は、世界中で多くの人に親しまれています。現在、上演されている原作台本(リコルディ・パリ版)は、イッリカ、ジャコーザ、プッチーニ、3人の日本観に基づいて書かれたものです。岡村喬生氏は、長年にわたり「蝶々夫人」の研究を続け、日本の本来のすがたを取り入れ、原作台本の台詞を一部変更した版を完成させました。この度、第58回プッチーニ・フェスティバル(2012年夏)に向けて、岡村氏による完全改訂版の「蝶々夫人」の公開リハーサルが行われることになりました。
演出: 岡村喬生
キャスト: 二宮咲子(蝶々さん)、末広貴美子(すずき)、高橋淳(ごろー) ほか
※今回のリハーサルはピアノ伴奏で、衣装と舞台装置は本番のものとは異なります。
--

at : イタリア文化会館 アニェッリホール
東京都千代田区九段南2-1-30  
tel.03-3264-6011
map

『地獄門』デジタル復元版特別上映会  12/04/28

120412_2b.jpg

『『地獄門』デジタル復元版特別上映会』

http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2012-4tokubetsu/index.html

12/04/28  0:00pm-/4:30pm- 2回上映  一般 ¥ 500

--
本特別プログラムでは、2011年にフィルムセンターと角川映画株式会社が共同でデジタル復元を行った『地獄門』(1953年)の上映を行うとともに、今回の復元を監修した森田富士郎キャメラマンと、復元作業を担当した株式会社IMAGICAの三浦和己氏をお招きして記念のトーク・イベントを開催します。
★トーク・イベント(無料) 2:10pm-
ゲスト:森田富士郎(撮影監督/『地獄門』デジタル復元監修) 三浦和己(株式会社IMAGICA)
--

at : 東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール
東京都中央区京橋3-7-6 
tel.03-5777-8600
map

特別展「生きる形」 12/04/20 - 09/01

120412_1.jpg

『特別展「生きる形」』

PDF http://www.um.u-tokyo.ac.jp/itoh/2012ikirukatachi.pdf

12/04/20 - 09/01

監督 遠藤秀紀 松岡象一郎 山田昭順

at : 東京大学伊藤国際学術研究センター (近日開館)
東京都文京区本郷7-3-1
tel. 03-5841-0779
map

ポール・デルヴォー 12/09/12 - 11/11

120409_4.jpg

『ポール・デルヴォー』

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/goriyo/H24nenkan_schedule/index.html

12/09/12 - 11/11  一般観覧料 ¥ 900

--
ポール・デルヴォー(1897年~1994年)は、現実を超えた世界を描き出したシュルレアリスムを代表するベルギーの画家です。うつろな瞳の裸婦、夜汽車(よぎしゃ)、骸骨(がいこつ)、神殿などのモティーフが時間の止まった空間に閉じ込められたかのような、幻想的な作風で知られています。これまでほとんど紹介されることのなかった初期や晩年の作品も合わせて、画業の全貌をご覧いただきます。
--

at : 府中市美術館
東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
tel.042-336-3371
map

・上部参考画像 ポール・デルヴォー ローの婦人

「動物相/Fauna」展 12/04/25 - 05/27

120409_3.jpg

『「動物相/Fauna」展』

http://librairie6.exblog.jp/15676406/

12/04/25 - 05/27

--
動物相(fauna)とは、ローマ神話の豊饒と大地の女神 Faunusに由来し、ある特定の地域と時間における動物を表す集合的な用語です。今企画展では、LIBRAIRIE6に於ける動物相として11作家による動物作品をご紹介致します。
出展作家は、赤木仁/牛尾篤/大月雄二郎/岡上淑子/勝本みつる/北川健次/合田佐和子/野中ユリ/山下陽子/山本六三/Nadine Ribault(50音順)
※大月雄二郎によるネコの油彩作品/山下陽子による動物相コラージュ/合田佐和子によるドヌーブとリャマのコラージュ作品等、各作家の様々な技法で制作された新旧作品による25点ほどの展示です。是非ご高覧頂ければ幸いです★
--

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
tel.03-6452-3345
map

芸術家の肖像 - 写真で見る19世紀、20世紀フランスの芸術家たち 04/14 - 06/24

120409_2.jpg

『芸術家の肖像 - 写真で見る19世紀、20世紀フランスの芸術家たち』

http://mitaka.jpn.org/ticket/120414g/

04/14 - 06/24  一般 ¥ 600

--
写真術は19世紀前半に発明されて以来、その技術は驚くべきスピードで発達しました。「見たまま」を写し取る写真の登場は、当時の画家たちに多大な影響を与えるとともに、普段私達が目にする機会が少ない彼らの姿や制作の様子を記録としてとらえました。
今回ご紹介するフランス近代を代表する芸術家たち40名の肖像写真100点は、フランス在住のコレクターが所蔵するもので日本では初公開となります。これらの中にはナダールやエティエンヌ・カルジャといった黎明期の写真家たちのセルフポートレイトをはじめ、戸外で制作するミレーやモネの姿などが含まれ当時の画家の制作状況を知る上でも大変貴重な写真です。
19世紀のヨーロッパは政治や文化の主導権が市民層へと移り、芸術家たちは既存の価値から新しい時代の美を創り出そうと様々な試みを行いました。それまでアトリエの中だけで制作されていた絵画が戸外で直接写生が行われるなど、画家の制作スタイルも次第に変化していきます。彼らの写真からはその容貌だけでなく制作風景や日常の表情、さらに作品の裏に隠れた生身の人間としての姿が浮かび上がってきます。アングルからブランクーシまで、激動の19-20世紀を生きた芸術家たちの不敵で魅力的なまなざしを通じて〈もうひとつのフランス近代史〉をご覧下さい。
撮影された芸術家たち:
ドミニク・アングル、ウジェーヌ・ドラクロワ、シャルル・ボードレール、カミーユ・コロー、ポール・セザンヌ、クロード・モネ、オーギュスト・ルノアール、サラ・ベルナール、アンリ・ルソー、アンリ・マティス、コンスタンティン・ブランクーシ ほか
--

at : 三鷹市美術ギャラリー
東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL(コラル)5階
tel. 0422-79-0033
map

・上部参考画像 シャルル・ボードレール 撮影:エティエンヌ・カルジャ

夜想+ピグマリオン・人形展 12/04/27 - 05/20

120409_1.jpg

『夜想+ピグマリオン・人形展』

12/04/27 - 05/20  入場料 ¥500

--
吉田 良
陽月
麻花/愛実/ホシノリコ/神宮字 光/金森ユメ/木立真佐美/小骨/クロ/牧野正幸/MANI/マルヤマミホ/長尾都樹美/成/野口由里子/蓮華 /櫻井紅子/赤色メトロ/蘇武/橘 明/田栗未結/玉置千春/土谷寛枇/y/八裕 沙/珠子
--
ベルメールに影響を受けて始まった日本の球体関節人形は、天野可淡、吉田良の時代に作家の感覚や感情をより多く表現することで大きな変化をとげた。ドールスペース・ピグマリオンは、感覚豊かな多くの作家を輩出し続け、そして吉田良が『吉田式球体関節人形制作技法書』によって技術を惜しみなく公開することで、創作人形の幅は限りなく拡がりを見せている。
ピグマリオンの作家たちは、吉田良におもねることなく、時代に迎合することなく、それぞれの個性を輝かせている。その自由奔放さゆえに時代を反映し、個人の心奥を映す。グロテスクやエロス、心の傷までを顕した人形たちの存在は、まちがいなく、人形創作の次世代のメインストリームを形成してくだろう。
夜想は、創作人形はもちろん、工芸の人形からファッションドールまで、球体関節をもつ人形/ドールたちがもつ多様性の方向性、可能性を見つめていきたい。ドール/人形とよばれるものたちの、あるいはクリーチャーの形をしているものたちの、また新たな変化が始まる予感がするから。人形は何度も姿を変え役割を変え季節を巡らせていく。季節は人形によって変貌を遂げるのだ。
コミュニケーション不全の、そして女性や女性の人形に向き合えないピグマリオン・コンプレックスの時代に、強い意志と感覚をもって作られた人形たちの、果たすべき役割は大きい。 [夜想編集長・今野裕一]
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・5月6日[日] 18:00 start 吉田良トークショウ「人形と写真」
 ゲスト●陽月 司会●今野裕一 ●予約・前売り:2000円/当日:2500円 (いずれも展覧会入場料込)
 予約方法等詳細 上記URL先参照

・LIEN×hardpain-mini『TRansience』展と入場料共通
 ● 4月30日 会場:ルーサイトギャラリー
 ● 5月1日~5月14日 会場:パラボリカ・ビス(2F・cafe)

月蝕歌劇団 2012年5月ゴールデンウィーク連続実験室公演 05/03 - 05/06

120405_3.jpg

『月蝕歌劇団 2012年5月ゴールデンウィーク連続実験室公演』

http://freett.com/gessyoku/

--
「白夜月蝕の少女航海紀」

毎夜 喫茶店にいる少女の目的は? 指名手配の犯罪者とは?
回転木馬共和国とは? 怪人二十面相の噂はなにか?
そして少女の恋人は?
高取英が21歳の時に喫茶店で上演することを計画して書いた処女戯曲。
その臨場感は他ではめったに味わえない! 必見!
5月3日(木・祝)14:30/17:00/19:30
5月4日(金・祝)14:30/16:30
作・演出◎高取英・音楽◎J・A・シーザー
出演◎しのはら実加・倉敷あみ・白永歩美・沙夜・落合美香・佐々木隼世・
伊沢涼子・友利栄太郎・岡崎哲也(特別出演)・阿部能丸
ほか月蝕歌劇団
*出演者は都合により出演できなくなることがあります。ご了承ください。
予約・前売\3,200 エクリプス\3,100 当日\3,400
--
白夜月蝕の少女航海紀シリーズ「回転木馬共和国の逆襲」

昨年、震災、原発事故後に書下ろし上演され
話題をよび、「朝日新聞」などでも上演後紹介された
「白夜月蝕の少女航海紀シリーズ」の最新作、
再び!!
回転木馬共和国を率いたヒロインじゅんの戦い第一弾!!
本編と一挙上演!
5月5日(土・祝)14:30/17:00/19:30
5月6日(日)14:30/16:00
作・演出◎高取英・音楽◎J・A・シーザー
出演◎しのはら実加・倉敷あみ・白永歩美・沙夜・落合美香・佐々木隼世・
國崎馨・佐倉萌・阿部能丸
ほか月蝕歌劇団
*出演者は都合により出演できなくなることがあります。ご了承ください。
予約・前売\3,200 エクリプス\3,100 当日\3,400
--

at : 新宿5丁目・風紋
東京都新宿区新宿5-15-2
03-3354-6696
map

・特典付きスペシャルチケットあり 詳細上記URL先参照

クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち 2012年夏ロードショー予定

120405_1.jpg

『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/12_crazyhorse.html

2012年夏ロードショー予定  R15+
監督:フレデリック・ワイズマン
キャスト:フィリップ・ドゥクフレ、クレイジーホースダンサーたち 他
2011年/フランス・アメリカ/134分 配給:ショウゲート

--
これまでに「BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界」(95)、「パリ、オペラ座のすべて」(09)と、ダンスをテーマにしてきた巨匠フレデリック・ワイズマンが次にカメラを向けたのは、「クレイジーホース」のエンタテインメントショー。新しいリズム、ダイナミックなテンポ、そして魅惑的な振り付け。女性であることを限りなく追求した先にある、ダンサーたちの完璧なボディと緻密に計算された音と光の演出。そのパフォーマンスのみならず、リハーサル・メイクアップ・衣装・オーディションなど舞台裏での準備やクラブの運営を一分の隙もなく切り取り、スクリーンに映し出す。いつしか観客はまるでそこを訪れたかのような錯覚に陥り、幻想的な世界へと誘われる。
本作でも登場する新作演目“DÉSIRS”では、有名振付師フィリップ・ドゥクフレが伝統的でありながら斬新な演出で、ショーの可能性を広げた。常に進化しながら人々を魅了し続ける「クレイジーホース」。その全貌がスクリーンで明らかになる!
--

at : bunkamura ル・シネマ
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」劇場上映決定 12/06/29 - 07/14(上映詳細スケジュール不明)



『「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」劇場上映決定』

http://www.bakuon-bb.net/2012/

12/06/29 - 07/14 (上映詳細スケジュール不明)

第五回爆音映画祭リクエスト投票にてノミネートされておりました「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」は、
1位通過を果たし、劇場上映されることが決定致しました 上映日時等詳細は後日更新致します
御投票ありがとうございました

at : 吉祥寺バウスシアター
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
tel.0422-22-3555
map

・4/7 06:45追記
HPに「只今上映素材確認中の為、リクエスト上映作品の正式発表まで今しばらくお待ち下さい。」との文言が追加されました
・4/11 09:30追記
HP上にて正式にリクエスト上映決定のコメントが入りました




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。