スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本 彌 孵花展【Fuka – ten】 開催中 - 12/07/01迄

120628_2.jpg

『山本 彌 孵花展【Fuka – ten】』

http://galeriemalle.jp/archives/category/all-schedules/exhibit-of-the-week

開催中 - 12/07/01迄

at : GALERIE Malle
東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
tel.03-5475-5054
map

スポンサーサイト

チャールズ・ラトウィジ・ドジスン教授の憂鬱 少女アリスとルイス・キャロルの不思議の国 12/07/03 - 07/15

120628_1.jpg

『チャールズ・ラトウィジ・ドジスン教授の憂鬱 少女アリスとルイス・キャロルの不思議の国』

http://galeriemalle.jp/archives/2449

12/07/03 - 07/15

宇野亜喜良 北見葉胡 城芽ハヤト 中村幸子 野村直子 吉田尚令
特別出品参加:中原淳一

--
イギリスの数学者にして、作家でもあるチャールズ・ラトウィジ・ドジスンがルイス・キャロルの筆名で1865年に出版した「不思議の国のアリス」。そして、「鏡の国のアリス」。 少女アリスが白うさぎを追って・・・。
未知の世界への好奇心を駆り立てるこの物語の世界観を6人の作家が描いた作品展。
--

at : GALERIE Malle
東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
tel.03-5475-5054
map

丸尾末広サイン会 12/07/29 14:00-

120627_1c.jpg

『丸尾末広サイン会』

http://www.libro.jp/news/archive/002686.php

12/07/29  14:00-

--
7月25日(水)発売予定の『無惨絵 新英名二十八衆句』(エンターブレイン刊、税込3,990円)の刊行を記念して、丸尾末広先生のサイン会を開催いたします。
サイン会参加整理券は同書をリブロ池袋本店でお買上げの先着100名様に配布致します。参加整理券ご希望の方はリブロ池袋本店書籍館4階コミック売場レジにてお買い上げ時に係員にお申し付け下さい。
※サイン会参加整理券は本が入荷次第、発券させていただきます。
※サインは整理券1枚につき1冊です。整理券はお一人様1枚までとさせていただきます。
--


at : リブロ池袋本店
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店書籍館4階 リブロコミック売場特設会場
tel.03-03-5949-2910
map

堀江ケニー写真展 時代へ 12/08/23 - 08/28

120626_1.jpg

『堀江ケニー写真展 時代へ』

http://www.house-of-zaroff.com/ja/gallery_2nd/20120823/index.html

12/08/23 - 08/28

--
※8月25日堀江ケニーバンドによるミニ・ライブ開催!
時間:午後7時開場、7時半開演 料金:¥2,000 1ドリンク付
要御予約 Zaroffまで TEL:03-6322-9032
--

at : 画廊珈琲 Zaroff
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
tel.03-6322-9032
map

アートとファッション、雑誌「ヴィジョネア」の挑戦 Art and Fashion an Experiment of “VISIONAIRE” 12/09/18 - 12/01

120625_1.gif

『アートとファッション、雑誌「ヴィジョネア」の挑戦 Art and Fashion an Experiment of “VISIONAIRE”』

http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/1481

12/09/18 - 12/01

--
ニューヨーク発の実験雑誌「ヴィジョネア」。
アートからファッションまで多彩なコラボレーションによる挑戦的なブックデザインを紹介。
--

at : 武蔵野美術大学 図書館 展示室
東京都小平市小川町1-736
tel.042-342-6003
map

お知らせ

120625@6b.jpg





今日 ヴリル協會は六周年を迎えました

明日からは七年目の更新となります





渡部雄吉写真展 「Criminal Investigation」』  12/06/26 - 07/08

120624_1.jpg

『渡部雄吉写真展 「Criminal Investigation」』

http://tapgallery.jp/exhibition/201206watabe.html

12/06/26 - 07/08

--
1958年、茨城県で発生したバラバラ殺人事件の捜査の取材を特別に許可された渡部雄吉は、二週間、張り込みや聞き込み捜査に密着し、まるで フィルム・ノワールの世界のようにベテランと若い刑事のコンビを撮影した。その作品は、当時の雑誌に数ページ発表された後、長い眠りにつくことになった。 
そして50年の時を経た昨年、プリントは海を渡り、遠く離れた フランスから写真集として出版された。
作品の雰囲気とマッチした古びた捜査資料を思わせる素晴らしい装丁で、世界中に大きな反響を巻き起こし、ついにはInternational Photobook Awardにノミネートされ、最終の一般投票で最優秀賞に選ばれた。 
本展は、保管されていたフィルムから新たにプリントしたものを展示する。 
--

at : TAPgallery
東京都江東区三好3-2-8
tel.03-3643-6885
map

寺山修司幻想写真館『犬神家の人々』 12/08/04 - 09/02

120623_2.jpg

『寺山修司幻想写真館『犬神家の人々』』

http://posterharis.com/2012_08_inugami

12/08/04 - 09/02  入場料 : ¥300

--
詩人、歌人、劇作家、映画監督、小説、評論、作詞、競馬エッセイなど、
様々なジャンルを駆け抜けた寺山修司の写真家としての活躍を紹介します。
写真家の森山大道、立木義浩、篠山紀信、沢渡朔、鋤田正義、須田一政らと交流を続けていた寺山は、
1973年、突然カメラマンになろうと決意し「アラーキー」こと荒木経惟に弟子入りしました。
寺山の写真は日常の中から真実を切り取る作業ではなく、限りなく嘘の世界を創り込むことで生まれます。
1974年には、ギャルリーワタリ(現:ワタリウム美術館)で初の写真展「寺山修司幻想写真館 犬神家の人々」を開催。
偽絵葉書シリーズは、東京ビエンナーレに出品。寺山の最初の写真集『犬神家の人々』(読売新聞社)は1975年に発表。
1976~1978年にはヨーロッパ各地で「寺山修司◎幻想写真展」を開催、大きな反響を呼びました。
そうした寺山修司による「幻想写真」の数々を公開いたします。 
--

at : ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル 103号
tel.03-5456-7218
map

・上部参考画像 「偽絵葉書シリーズ」1976

追悼会「東郷健を偲ぶ」 12/07/01 17:00 - 21:00

120623_1.jpg

『追悼会「東郷健を偲ぶ」』

http://togoken-memorial.com/index.html

12/07/01  17:00 - 21:00 (open16:45)
参加費/一般自由席 5,000円 特別予約席 7,000円
(タイ料理を中心としたビュッフェとフリードリンク付き)

--
“せめて自らに恥じなく眠りたい”と言いつづけた無頼の活動家・東郷健が、この4月1日、永い眠りにつきました。
差別される存在と して、時には差別する人間として、同性愛などの問題に向かいつづ けた東郷氏ついておもう会が、表参道のCAYにて催されます。
“星と空とのただ中に、ちいさき者の何を争う”のか!?と、冷酷 な資本競争と戦争を心の底からうらみ、“人を愛せないことこそも っとも恥ずかしいことなのだ”と
私たちになげかけた東郷の声をこ んな時代だからこそ、いま受け継いでいかなければならないと思い ます。
パフォーマンスあり、ライヴあり。充実の4時間をぜひ堪能 ください。
--
17:00 ~ 映画上映『雑民の詩』(東郷健監督作品)
18:00 ~ トーク「東郷健とは何であったか?」
19:10 ~ ドラマリーディング『エミリアの夏』
(太田竜作、東郷健事務所プロデュース『蒼の中の点と線』より)
構成・演出: キタムラアラタ 出演: 近藤弐吉、ひろ新子、石川ゆうや他 20:20 ~ ライヴ『薔薇門』
(寺山修二作詞、J.A.シーザー作曲、東郷健出演の歌)
構成: ソワレ/出演: シモーヌ深雪、ソワレ他
*当日、若干の変更をさせて頂くこともあります。
--

at : CAY(カイ)/スパイラルB1F
東京都港区南青山5-6-23 地下1階
tel.03-3498-5790
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

デヴィッド・リンチ展“David Lynch”』 12/06/27 - 07/23

120622_1b.jpg

『デヴィッド・リンチ展“David Lynch”』

http://www.hikarie8.com/artgallery/2012/04/post-1.shtml

12/06/27 - 07/23

--
 「イレイザーヘッド」「ツイン・ピークス」「マルホランド・ドライブ」等の映画で知られる映画監督デヴィッド・リンチ。映画のみならず、絵画や写真、アニメーションや立体作品など、様々な方法で独自の表現活動を続けています。2007年に開催されたパリのカルティエ現代美術財団での個展は大成功を収め、日本では1991年、東京の東高現代美術館にてペインティングとドローイングの展覧会を行っています。8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryの展示では、水彩、ドローイング、リトグラフを中心とした彼の最近の作品をご紹介致します。
--

at : 8/ ART GALLERY
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F
tel.03-6434-1493
map

・「デヴィッドリンチ展」関連イベント ーデヴィッド・リンチ短編映像 限定上映
 07/13 , 07/14 詳細上記URL先参照
・上部参考画像 Hand of Dreams ©David Lynch, courtesy Item

コレクター気谷誠の眼 鯰絵とボードレール展 12/06/23 - 09/09

120621_2.jpg

『コレクター気谷誠の眼 鯰絵とボードレール展』

http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2012/namazue/index.html

12/06/23 - 09/09  一般 ¥ 700

--
このたび寄贈を受けた気谷誠(1953-2008)コレクションのなかから、氏自身研究者として知られ、個人コレクションとしても出色の、地震を起こした大鯰の姿を多数描いた鯰絵や、明治期の銅版画など約40点を厳選して展示します。
 さらに、19世紀フランスの詩人シャルル・ボードレール(1821-1867)と同時代に生きた銅版画家シャルル・メリヨン(1821-1868)の研究者でもあった気谷氏が愛蔵した19世紀の西洋版画などを約30点、それに加えて、気谷氏と交流を深め、ともにメリヨンを考察し、そこから触発、創作された木口木版画家柄澤齊(1950-)の作品群も展示します。本展は、鯰絵と西洋版画に造詣の深かったコレクター気谷誠の世界を紹介する展覧会です。
--

at : 神奈川県立近代美術館 鎌倉
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53 
tel.0467-22-5000
map

・上部参考画像 《鯰を押さえる鹿島大明神》安政2(1855)年頃 当館蔵(気谷コレクション)

近現代のブックデザイン考 I 書物にとっての美 A Thought on Modern and Contemporary Book Design I - Aesthetics for Books 12/10/22 - 11/17

120620_4.gif

『近現代のブックデザイン考 I 書物にとっての美
 A Thought on Modern and Contemporary Book Design I - Aesthetics for Books』


http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/1488

12/10/22 - 11/17

--
日本の近現代における優れたブックデザインを通覧。活版印刷にはじまる本の要素と構造、その表現の魅力を読み解く。
--

at : 武蔵野美術大学 美術館 展示室2
東京都小平市小川町1-736
tel.042-342-6003(美術資料担当)
map

ギャラリー大作戦4 〜こどものための、ヴンダーカマー〜 12/07/08 - 07/16

120620_3.jpg

『ギャラリー大作戦4 〜こどものための、ヴンダーカマー〜』

http://daisakusen.jimdo.com/ギャラリー大作戦とは/ギャラリー大作戦4/

12/07/08 - 07/16

at : CCAAアートギャラリー ギャラリー1・ギャラリー3
東京都新宿区四谷4-20
tel.03-3359-3413
map

スパンアートギャラリー版画コレクション展 Span art gallery print collections 12/07/10 - 07/21

120619_1.jpg

『スパンアートギャラリー版画コレクション展 Span art gallery print collections』

http://www.span-art.co.jp/exibition/201207collection/index.html

12/07/10 - 07/21

アルフォンス・イノウエ 大島哲似 金子国義 蒲地清爾 清原啓子 胡子修司
高田美苗 辻憲 中村宏 坂東壮一 バイロス フックス ブルノフスキー 横尾忠則 他

at : Span art gallery スパンアートギャラリー
東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
tel.03-5524-3060
map

・常設展示では、牧村慶子の水彩イラスト、土井典の仮面を展示

トーク・ライブ 無礼講哲学カフェ:性の主体化――サディズム、マゾヒズム、そしてドゥルーズ 12/07/24

『トーク・ライブ 無礼講哲学カフェ:性の主体化――サディズム、マゾヒズム、そしてドゥルーズ』

http://zaitsu.blog137.fc2.com/blog-entry-86.html

12/07/24  OPEN18:30 / START19:30
予約¥1,500/当日¥1,800(共に飲食代別)

財津理(ざいつおさむ 法政大学教授、思想研究家)
千葉雅也(ちばまさや 慶應大学非常勤講師 哲学研究者・批評家)

--
サディズム、マゾヒズムとは何か。
女性と男性の区別の根拠はどこにあるのだろう。
女性の身体、男性の身体の区別にどんな意味があるのか。
この二元性の揺らぎは?
ホモセクシュアリティとヘテロセクシュアリティの区別とは?
明確でないセクシュアリティとは?
性の喜びと苦しみは?性的実践は必要なのか?
「欲望」って、そもそも何だ。
この問いをめぐって、20世紀の思想は様々に七転八倒してきた。
哲学や精神分析、ジェンダー・セクシュアリティ研究の成果は、たくさん積み上がっている。
それらを参照しながらも、今夜は、改めて「欲望」という概念をめぐり、徹底的に「悩み直して」みたい。
--

at : ネイキッドロフト
東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F
tel.03-3205-1556
map

・予約受付 店頭電話&web予約 http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/

大細密展 12/07/03 - 07/08

120618_1.jpg

『大細密展』

http://www.gallerycomplex.com/c/daisaimitsu/index.html

12/07/03 - 07/08

at : The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT3、4、5
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

・交流パーティー 2012年7月7日(土) 17:00-19:30
・上部参考画像 新田 美佳 http://nini.chakin.com/

鳩山郁子『ゆきしろ、ばらべに―少年傑作集―』発売記念サイン会 12/07/01

120617_1text.jpg

『鳩山郁子『ゆきしろ、ばらべに―少年傑作集―』発売記念サイン会』

http://www.ohtabooks.com/press/2012/06/15183658.html

--
鳩山郁子さん待望の最新作『ゆきしろ、ばらべに―少年傑作集―』の発売を記念して、浅草橋のパラボリカ・ビスさんにてサイン会を開催いたします。
鳩山郁子サイン会「ゆきしろ、ばらべに -少年傑作集-」発売記念
◆2012年7月1日[日]
◆13:00/15:00/17:00
(各回定員30名)
◆1700円(書籍代・展覧会入場料込)
◆要予約
--
ご予約の方は、会場にて同時開催中の「林美登利による 鳩山郁子『カストラチュラ』トリビュート展」にもご入場いただけます。
また、新作「ゆきしろ、ばらべに」の原画展示も予定しております。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・予約・問い合せ パラボリカ・ビス迄

LOGOS洋書バザール’12 SUMMER 12/06/28 - 07/10

120616_1.jpg

『LOGOS洋書バザール’12 SUMMER』

http://www.parco-art.com/web/logos/exhibition.php?id=496

12/06/28 - 07/10

--
恒例! 洋書LOGOSが選りすぐった洋書約6000冊を特別価格で放出する、冬の洋書バザールを、ロゴスギャラリーで開催いたします。「ほしかったけど手が出なかった」という意中の洋書を、破格値で手に入れるチャンスです。ぜひご来場ください。
●「Visionaire SPECIAL OFF」 Visionaireバックタイトルを、限定数のみ格安で販売いたします。早い者勝ちです!
●「POSTCARDセール」 ポストカードがよりどり5枚で¥315! 
*各企画とも数に限りがありますので、なくなり次第終了いたします。
--

at : LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコパート1 / B1
tel.03-3496-1287
map

『タイポグラフィ・ハンドブック』刊行記念 〈タイポグラフィ〉と〈typography〉の世界へ、ようこそ 活字好き・フォント好き、大集合! 12/08/02 19:30-

『研究社『タイポグラフィ・ハンドブック』刊行記念
〈タイポグラフィ〉と〈typography〉の世界へ、ようこそ 活字好き・フォント好き、大集合!』


http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html#20120802_talk

12/08/02  19:30-   定員40名 入場料 ¥ 1000(ドリンク付) 予約あり

講師 小泉 均(グラフィックデザイナー・タイポグラファー)

--
〈タイポグラフィ〉の世界にすでに慣れ親しんでいる方、あるいはその世界に魅せられ、もっと深く知りたい、しっかり学びたいと思っている方へ
毎日手にしている仕事の書類、インターネットのテキスト処理、プライベートでアルファベットを使用したいとき、あるいは外国語を専門に扱っているプロフェッショナルマターなど、実は〈タイポグラフィ〉はとても身近にあります。しかし、その世界を深めるには〈typography〉のしっかりとした知識が必要です。今回、研究社から新しく出たタイポグラフィの本は、100冊を超える海外のアルファベットの今昔指南書から優れたところだけを正確に抽出し、1テーマ、1見開きで、わかりやすく示した、日本人のための画期的なタイポグラフィのハンドブックです。30年間、地道に向かい合ってきた著者が、視点を変える多くの興味深いエピソードを交えながら、このハンドブックを片手に、〈typography〉を繙きます。
--

at : ジュンク堂書店 池袋本店 4階カフェ
東京都豊島区南池袋2-15-5
tel.03-5956-6111
map

・予約方法等詳細上記URL先参照

中川多理・人形展『薄明穹』 12/06/22 - 07/17

120614_1.jpg

『中川多理・人形展『薄明穹』』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/06/hakumeikyuu.html

12/06/22 - 07/17  入場料 ¥ 500

--
町は二層の水のなか
そこに二つのナスタンシヤ焔
またアークライトの下を行く犬
さうでございます
このお児さんは
植物界に於る魔術師になられるでありませう
月が出れば
たちまち木の枝の影と網
そこに白い建物のゴシック風の幽霊  ̶宮沢賢治
--
同時開催:
マンタム個展『夜 歩く犬―崩れた塔に向かう郷愁(ノスタルジア) 』
林美登利による 鳩山郁子『カストラチュラ』トリビュート展
amnesiA&paramnes展示販売会(6月30日~7月17日)
--
夜の空にかかる三日月を「黄水晶(シトリン)の薄明穹(はくめいきゅう)」と詠んだ宮沢賢治の、生涯二度に渡る災害の、それゆえに土と鉱物と天体を見た精神は、今、もっともわたしたちに重なり合うものかもしれない。
白い海、方舟、そして薄明穹へ 中川多理の人形は確信をもって彷徨っている。
新作をもって時代を問う中川多理の2012年。
--
白い海から出帆し方舟がたどり着く薄明穹の湾に、
届けられる人形の魂の欠かけら片。その白の残照。
●予価:8000円~15000円(中川多理オリジナル箱入り)
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

SFファン交流会6月例会「近代日本奇想小説史 スペシャル篇」』  12/06/30 14:00 - 17:00

20110118G020.jpg

『SFファン交流会6月例会「近代日本奇想小説史 スペシャル篇」』

http://www.din.or.jp/~smaki/smaki/SF_F/

12/06/30  14:00 - 17:00  参加費:¥500(菓子、ドリンク代)

ゲスト: 横田順彌(作家) 北原尚彦(作家、古書収集家)
--
最近のSFも楽しいですが、昔の小説にもSF要素のたっぷり詰まった面白い作品が沢山あります。古典SF研究を続けられていた横田順彌さんが、『近代日本奇想小説史明治篇』で第三十二回SF大賞特別賞を受賞されました。ファン交六月例会では横田さん、古書収集家の北原尚彦さんをお招きして、古典SFの魅力についてお伺いします。
--

at : 氷川区民会館
東京都渋谷区東2-20-18
tel.03-3409-1195
map

・事前申込み不要

マンタム個展『夜 歩く犬―崩れた塔に向かう郷愁 』 12/06/22 - 07/17

120613_3.jpg

『マンタム個展『夜 歩く犬―崩れた塔に向かう郷愁 』』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/06/mantam_inu.html

12/06/22 - 07/17  入場料: ¥ 500

--
その犬は夜を食べる/折れた鼻で夜を嗅ぎだし夜を食べる
夜になるたびに犬が吠え始め/なにもない砂漠に月が影を落とす/誰もいないそこには/盗むものさえいないというのに/小さな銀のピンを砂のナカに落としてしまうのだ
犬は長い時間をかけようやく夜を食べ尽くしそれでやっと「朝」が来たのだ
(マンタム)
ホフマンの小説に、マイリンクの小説に描かれた、世界が今、
パラボリカbisの新ギャラリーに登場する。
時代を誤って生まれてきた、孤高の錬金術師マンタムが、
最大規模の術を行使して命を吹き込んだ、自動人形、自動機械、キメイラの数々。
--
同時開催:
中川多理・人形展『薄明穹(はくめいきゅう)』
林美登利による 鳩山郁子『カストラチュラ』トリビュート展
--
紅日毬子朗讀劇
【幻想第四次の記憶】̶銀河鐵道の夜を讀む̶
◆2012年6月24日[日]
◆open18:30/start19:00
◆予約・前売り:2000円/当日:2500円 (いずれも展覧会入場料込)
ご予約・詳細についてはこちら
本原章一 ソロダンス
『庭園のaube ̶かつての栽培と飼育̶』
◆2012年7月7日[土]/7月8日[日]
◆open19:00/start19:30
◆予約・前売り:2000円/当日:2500円 (いずれも展覧会入場料込)
ご予約・詳細についてはこちら
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・各イベント予約方法等詳細 上記URL先参照

LES LIBERTINS 3rd. 12/06/19 18:00 - 23:30

120613_1.jpg

『LES LIBERTINS 3rd.』

http://omega-swiez.co.jp/algea-blog/?p=1029

12/06/19 18:00 - 23:30  料金:¥2,500/1drink付

--
亀井徹!御茶漬海苔!有末剛!駕籠真太郎!
オメガの伝説的イベントが帰ってくる。
豪華出演陣でLES LIBERTINS 3rd.(リベルタン)開催決定!
ギャラリーとメインフロアを利用した複合アートイベント。
ライブペインティング、パフォーマンスなど盛り沢山でお届けします。
平日の夜なのに超豪華ブッキング続々決定中。
あなたも時代の最深部にお立ち会いください!
--
■LES LIBERTINS(リベルタンとは)
LES LIBERTINS(リベルタン)は、オメガアルゲアが独自にオーガナイズするイベントです。アンダーグラウンドシーンを牽引する豪華なキャストと、ドラスティックな演出が特徴です。第二回にはイラストレーターとしてのみならず、舞台芸術でも定評を得た「宇野亜喜良」さんが構成・美術を担当する舞台「伯爵令嬢小鷹狩掬子の七つの大罪」のプレビュー試演、宇野さん自身もトークショーで参戦。一鬼のこ緊縛ショー、アビエタージュファッションショーなど、豪華な出演陣が注目されました。
今回は約3年ぶりの開催。更にアート志向の強いイベントに生まれ変わりました。ぜひお楽しみくださいませ。
第二回の模様は以下より(動画は年齢制限食らってます)
http://www.youtube.com/watch?v=9BF5hePRcR0

※華やかなパーティです。お洒落してお越しください。
※ドラッグ、泥酔、未成年の飲酒・喫煙絶対NG。必ず写真付きIDをご持参ください。
※店外でたまっての会話・ご飲食・喫煙はご遠慮ください。近隣は住宅街なのでご迷惑になります。
※当イベントはご予約の必要はございません。
--

at : OMEGA ALGEA オメガアルゲア
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1
tel.03-6454-0510
map

清水真理人形写真集「Miracle~奇跡~」発売 & 個展「Metamorphoseー変容ー ~傷みが悦びに変わるとき~」会場風景画像 【プレゼント企画有り】

120611_3.jpg
Miracle~奇跡~ (清水真理人形作品集)


失礼致します

先日アトリエサードより発行された、清水真理さん8年ぶりとなる人形作品集 「Miracle~奇跡~」 の、帯文裏面におきまして、高原英里様(作家)や樋口ヒロユキ様(美術評論家)など著名な皆様に並んで、恐縮ながら自分のコメントが使用されております(ちなみに表面は松岡正剛氏です)


120611_2.jpg


印刷された自分の文章をみるのは、はなはだ面映ゆく、なんだか申し訳ないような気持ちでいっぱいなのですが、ヴィレッジヴァンガードや大手書店等に置かれているそうですので、もしお見かけの際にはお手にとっていただければ幸いに存じます

また、あわせて本日(6/11)より銀座ヴァニラ画廊にて清水真理個展「Metamorphoseー変容ー ~傷みが悦びに変わるとき~」が開催されております

120611_1b.jpg
(ギャラリー撮影許可済)

画像ではごく一部しか写っておりませんが、実際には数多くの作品が展示されております
展示期間は6/11-6/23(入場料¥500)、平日12時 - 19時 土曜・祝日12時 - 17時(6/17日曜日・特別営業)です
そして6月16日(土) には【メフィストフェレス 船本恵太の暗黒人形アニメとファントグラム魔術ショー】というイベントが企画されているそうですので、ご興味おありの方はコチラをご参照ください


【プレゼント案内】

上記にてご紹介致しましたMiracle~奇跡~ (清水真理人形作品集)のサイン本を、1名様にプレゼント致します
件名を「プレゼント応募」とし、お名前(HN可)・返信用メールアドレスをご記入の上 oculolinctus@gmail.com までご送信くださいませ
6/17 23:00(受付終了しました) を締切とし、抽選の結果、ご当選された方にのみご連絡をさせていただきます
(数日経ってもご返信いただけない場合、権利が次の方へ移ることがございます あらかじめご了承くださいませ)

ご応募お待ちしています

Emeth 球体関節人形・絵画5人展 12/07/11 - 07/15

120610_1.jpg

『Emeth 球体関節人形・絵画5人展』

http://emeth5.blog.fc2.com/

12/07/11 - 07/15

雨沢聖 / 荒井黒陽 / 小林絵美 / 神宮字光 / 槙宮 サイ 

at : NOEMA images STUDIO
東京都港区西麻布4-11-7 秀和西麻布レジデンス1F
tel.03-5427-1177
map

・公式Blog http://emeth5.blog.fc2.com/blog-category-3.html

「粟津潔のグラフィズム - 劇的なるポスター」展 12/06/15 - 07/16

120609_4.jpg

『「粟津潔のグラフィズム - 劇的なるポスター」展』

http://posterharis.com/2012_06_awazu%20poster

12/06/15 - 07/16  入場料 ¥300

--
ポスターハリス・カンパニーの現代演劇ポスターコレクションから、粟津潔の1950~1970年代の代表的な演劇ポスター約40点を展示します。
新協劇団『ネクラソフ』村上知義演出(1956)、演劇実験室◎天井棧敷『犬神』寺山修司 作・演出(1969)、人間座『骨餓身峠死人葛』(1970)、文学座『おさい権三』(1973)など、新劇からアングラ劇団まで幅広く手がけています。
それらのポスターは演劇と同様、時代の証言者として、現在もメッセージを発信し続けています。
その後多くのアーティストに影響を与えた、粟津潔のポスター作品をぜひご覧ください。          

【 特別展示 】
粟津潔と寺山修司の仕事、美術を担当した演劇実験室◎天井棧敷公演『犬神』、寺山修司監督映画『田園に死す』などの美術資料、渋谷・天井棧敷館デザイン原画や、寺山修司著作の装丁本なども合わせて展示します。
--

at : ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル 103号
tel.03-5456-7218
map

・ギャラリートーク
 6月23日(土) 13:00~ 及部克人(東京工科大学デザイン学部デザイン学科 教授)
 ポスター展入場料にて参加可
・上部参考画像
 文学座「飢餓海峡」1977 水上勉 作 / 木村光一 演出

Takorasu World 展 Takorasu Steam World 2012 -Wayou- 12/06/27 - 07/02

120609_2.jpg

『Galleryやさしい予感5周年特別企画
 Takorasu World 展 Takorasu Steam World 2012 -Wayou-』


http://www.yokan.info/karennda.htm

12/06/27 - 07/02

--
「機械仕掛けの街たちを、時に遠くから創造主のように眺め、時にこの世界の住民となり街中を旅してみる。するとなぜだろう、この空想世界に懐かしさを感じ郷愁すら覚えるのである。恐らくこれがCGなどにより造られた世界では、その感覚は無いのだろう。この世界が(驚異的な事に)、一人の人間がボールペン1本に全身全霊を注ぐことで生み出された、究極のアナログ世界であるからではないだろうか。TAKORASUが誰の手にも汚されずに築いているこのピュアな世界。私たちが子供の時に、確かに在ったであろう純粋さが、ここにある。」
(Galleryやさしい予感 大藤有弘)
--

at : Galleryやさしい予感
東京都品川区上大崎2-9-25
tel.03-5913-7635
map

スパンアートギャラリーショップ 山本じん 銅版画21作品 販売

120608_3.jpg

『スパンアートギャラリーショップ 山本じん 銅版画21作品 販売』

http://www.span-art.co.jp/artists/yamamotojin/index.html

上部参考画像

etching 21. 無邪気な興味IV

1984年 エッチング 
ED3/35 限定一枚

Sheet JPY 26,250 (tax in)
With Flame :
typeA JPY 32,250 (tax in)
typeB JPY 29,250 (tax in)

・注文方法他詳細 上記URL先参照

ZAHIR 12/07/19 - 07/31

120608_2.jpg

『ZAHIR』

http://www.house-of-zaroff.com/ja/gallery_2nd/20120719/index.html

12/07/19 - 07/31

--
~虎であり、天球儀であり~
完全視野協会・GANZFELD・GEMEINSCHAFT
(浅野信二・古賀 郁・鈴木陽風・田中章滋)
絵画・書・オブジェ 展
(21日と最終日31日は18:00まで)

ZAHIR(ザーヒル)とは貨幣であり、虎であり、天球儀であり、石理であり、井戸の底であると、ボルヘスは美しくも透明な一篇の物語を捧げて語った。
眼球そのものがひとつのカレイドスコープに変じる幻惑的な世界は、未成の視覚に新たな項目をもたらすだけであろうか。
キメラ的な視覚は、見えざる物の脅威を倍化するにすぎないのだろうか。

完全視野協会・GANZFELD・GEMEINSCHAFTとは
http://ifaa.cc/artist/zahir/setumei.html

*会期中イベント*
「星霊体の夕べ」
(書によるデカルコマニー公開実験/詩の朗読)
07/21 (Sat.) ... open 19:15 / start 19:30
¥1,500 (1drink付) 要予約 Zaroffまで(03-6322-9032)
--

at : 画廊珈琲 Zaroff ザロフ
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
tel.03-6322-9032
map

私の劇場2012 -とある国の物語- The tale of a wanderful land 12/06/25 - 07/07

120608_1.jpg

『私の劇場2012 -とある国の物語- The tale of a wanderful land』

http://www.span-art.co.jp/exibition/201206watashinogekijo/index.html

12/06/25 - 07/07

イヂチアキコ / 真条彩華 / 木原美沙紀 / たま / 成田朱希 / 丹羽起史 / 長谷川友美 / 花輪和一 / 深瀬優子 / 矢倉屋佳弥 / 横田美晴

at : Span art gallery スパンアートギャラリー
東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
tel.03-5524-3060
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。