スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~地域を知る江戸川乱歩講座~「江戸川乱歩と池袋の31年」 12/12/04,12,18

121130_1.jpg

『~地域を知る江戸川乱歩講座~「江戸川乱歩と池袋の31年」』

http://www.toshima.ne.jp/~taimei/ibento.htm

12/12/04 ,12 ,18

--
乱歩を祖父に持つ講師とともに、旧江戸川乱歩邸を見学。31年間を過ごした池袋という地域から、乱歩の作品と意外な素顔を読み解く。
第1回:12月 4 日(火)フリーターから大作家へ
第2回:12月12日(水)江戸川乱歩と池袋
第3回:12月18日(火)大衆文化としての江戸川乱歩作品
時間:午後1時30分~午後3時
会場:みらい館大明(第2回は旧江戸川乱歩邸集合)
定員:20名(先着順)
受講料:2,500円(3回)
講師:平井憲太郎氏 落合教幸氏
--

at : みらい館大明
東京都豊島区池袋3-30-8
tel.03-3986-7186
map

・上記電話番号にて受付

スポンサーサイト

楊洲周延『東錦昼夜競』-歴史・伝説・妖怪譚 12/12/01 - 12/20

121128_1.jpg

『楊洲周延『東錦昼夜競』-歴史・伝説・妖怪譚』

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H2412Yoshuchikanobu.html

12/12/01 - 12/20  一般 ¥ 700

--
 楊洲周延(ようしゅう・ちかのぶ)は、明治時代を代表する浮世絵師の一人です。洋装に身を包んだ明治の美人たちや、徳川幕府の大奥の女性たちを描いた作品で広く人気を博しました。
周延の没後100年となる今年、本展覧会では、周延が明治19年(1886)に制作した「東錦昼夜競(あずまにしきちゅうやくらべ)」を紹介いたします。神話の時代から江戸時代にかけて、さまざまな歴史故事や伝説、あるいは妖怪譚などを題材としたシリーズで、全50点、一挙の公開となります。
また、同時代に制作された月岡芳年の晩年の代表作「月百姿」から30点を合わせて展示いたします。周延と芳年、二人の人気浮世絵師が歴史や伝説、妖怪譚にどのように取り組んだのか、その個性の違いもご堪能いただけることでしょう。
--

at : 太田記念美術館
東京都渋谷区神宮前1-10-10
tel.03-5777-8600
map

・上部参考画像 楊洲周延「東絵昼夜競 玉藻前」

近藤ようこ展 12/11/30 - 12/09


『近藤ようこ展』

http://www.seirinkogeisha.com/event/index.html

12/11/30 - 12/09

--
新刊、坂口安吾原作『戦争と一人の女』の発売を記念して、マンガ原稿と描き下ろしイラストの原画展が開催されます。初の個展でありまた新刊のマンガ原稿も展示されるという、非常に貴重な展覧会です。
会場では前日発売の新刊、既刊本(サイン入り!)も販売しますので、是非お立ち寄り下さい。
--

at : ビリケンギャラリー
東京都港区南青山5-17-6-101
tel.03-3400-8814
map

言語・文化センター 公開シンポジウム「欲望と表現」2012バタイユ没後50年 ポスト・バタイユ思想の展開  12/12/01 , 12/02

『言語・文化センター 公開シンポジウム「欲望と表現」2012バタイユ没後50年 ポスト・バタイユ思想の展開』

http://www.hosei.ac.jp/NEWS/event/121108_03.html

12/12/01 , 12/02  12時30分開場/13時開演 予約不要 入場無料

--
ジョルジュ・バタイユ(1897~1962)の没後、彼の思想は現代思想の担い手たちにどのように継承されていったのだろうか。バタイユと彼らに共通の重要テーマ「欲望」と「表現」から、前衛の思索を探る。
■第1日 12月1日(土)
1)日本人の継承 酒井健 「三島由紀夫と岡本太郎:歴史性と演劇性」
2)モーリス・ブランショ 門間広明 「バタイユとブランショ:「経験」をめぐって」
3)ミシェル・フーコー 市川崇 「知の限界を問う欲望-フーコーによるバタイユ読解-」
4)ジャック・ラカン 十川幸司 「「原光景」あるいは世界の外に触れること」
■第2日 12月2日(日)
1)ピエール・クロソウスキー 大森晋輔 バタイユとクロソウスキー:『わが隣人サド』をめぐって」
2)ジャック・デリダ 岩野卓司 「くそ真面目なバタイユ:ジャック・デリダ「制限経済から普遍経済へ ある留保なきヘーゲル主義」の可能性と限界」
3)ジャン=リュック・ナンシー 西山達也 「バタイユとナンシーにおける思考とイメージ」
4)ジョルジュ・ディディ=ユベルマン 江澤健一郎 「バタイユとディディ=ユベルマン:不定形と徴候」

at : 法政大学 市ケ谷キャンパス 外濠校舎 4階 S407教室
東京都千代田区富士見2-17-1
tel.03-3264-9240
map

(via:twitter/kosho_kitora)

東雅夫トークショー「黒鳥忌の日におくる幻想文学講義」 12/12/10 start:19:30

『東雅夫トークショー「黒鳥忌の日におくる幻想文学講義」』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/12/kokutyoki_genso.html

12/12/10 start:19:30  料金 ¥ 1500
出演/東雅夫 聞き手/今野裕一

--
先日の『江戸怪談文学談義』の際に急遽決定いたしました!
ちくま文庫「世界幻想文学大全」の完結を記念し、「幻想文学」元編集長が夜想編集長をナビゲーション。
黒鳥忌の夜に語り尽くす。
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・予約方法 上記URL先参照
世界幻想文学大全 幻想文学入門 (ちくま文庫)
 世界幻想文学大全 怪奇小説精華 (ちくま文庫)

読書の秋2012 メビウス追悼『アルザック・ラプソディー』上映会 12/12/10 19:00-



『読書の秋2012 メビウス追悼『アルザック・ラプソディー』上映会』

http://www.institut.jp/ja/evenements/12358

12/12/10 19:00-  入場無料

--
今年惜しまれつつも亡くなったBD(バンド・デシネ)界の巨匠メビウス。1975年に発表された伝説的作品をメビウス自らが映画化した『アルザック・ラプソディー』を上映。上映後には、日本を代表するアニメーション監督りんたろうが登壇し、メビウスの作品世界について語ります。(司会:ダニエル・ピゾリ)
『アルザック・ラプソディー』
フランス/2002年
監督・脚本・デザイン:メビウス
反重力翼手竜に乗って多元世界をさすらう孤高の主人公・アルザックの奇妙な旅を、浮遊感あふれる幻想的なタッチで描いた哲学的アニメーション。アルザックは、近未来SF作品やそれに関わる世界中のクリエイター達に影響を与えたメビウスの象徴的キャラクターといえるだろう。
--

at : アンスティチュ・フランセ東京エスパス・イマージュ
東京都新宿区市谷船河原町15
tel.03-5206-2500
map

・18:00より整理券配布開始
メビウス/アルザック・ラプソディ [DVD]

Blu-ray BOX発売記念 少女革命ウテナ テアトルAN上映会カシラ 12/12/08  22:30 0pen / 23:00 Start / 05:30 終了予定

少女革命ウテナ Blu-ray BOX 上巻【初回限定生産】

『Blu-ray BOX発売記念 少女革命ウテナ テアトルAN上映会カシラ』

http://www.ttcg.jp/theatre_shinjuku/topics/detail/17219

12/12/08  22:30 0pen /23:00 Start /05:30 終了予定

--
「少女革命ウテナ」待望のBlu-ray BOX発売を記念し、オールナイト上映イベントの開催が決定!
HD画質のTV版ウテナを劇場スクリーンで上映します。
幾原邦彦監督によるトークも予定しており、オンエア時からのファンも、「輪るピングドラム」で新しくファンになった方も注目のイベントとなります。
当日の上映話数は幾原監督セレクトによる「川上とも子(天上ウテナ)セレクション」です。
【内容】トークイベント、プレゼント抽選会
「少女革命ウテナ」セレクション上映 上映話数(TV版からのセレクション11話) ※Blu-rayでの上映となります。
【登壇者】幾原邦彦監督ほかを予定 ※その他、詳細は決定次第、告知致します。
--

at : テアトル新宿
東京都新宿区新宿3-14-20 新宿テアトルビルB1
tel.03-3352-1846
map

・専用チケット <チケットぴあ>にて先行販売 
 販売期間:12月1日(土)AM10:00より12月7日(金)18:00迄 料金/1枚:3,000円
 詳細情報上記URL先参照

12月25日のwho 12/11/24 - 12/25

121123_1.jpg

『12月25日のwho』

http://yaplog.jp/daisy_d/archive/1863
(Daisy-D記事)

12/11/24 - 12/25

--
「12月25日のwho」
あるクリスマスの夜、
モミの木の下に捨てられていた少女は、
赤いコートの男たちの監視の元、
14年間、毎年12月25日だけ目隠しを外された。
まるでクリスマスのためだけに生まれて来たかのように。

オリジナルストーリー&ディレクション 二階健
ドールカスタム みつばち@BabyBee
人形服 HIROKO(Daisy-D)
アクセサリー ホアシユウスケ
--

at : 新宿マルイワン4F LeLe Junie Moon
東京都新宿区新宿3-1-20 新宿マルイワン4F
tel.03-3355-7670
map

・販売日他詳細 上記URL先参照

ルキーノ・ヴィスコンティ監督特集上映『ベニスに死す』『熊座の淡き星影』 12/12/01 - 12/07

121122_1.jpg

『ルキーノ・ヴィスコンティ監督特集上映『ベニスに死す』『熊座の淡き星影』』

http://www.ttcg.jp/cineka_omori/comingsoon#i35711

12/12/01 - 12/07  一般 ¥ 1300

at : キネカ大森
東京都品川区南大井6-27-25 西友大森店5階
tel.03-3762-6000
map

・上映時間他詳細 上記URL先参照

森馨個展 hetero gamy/異種婚 PV公開




『森馨個展 hetero gamy/異種婚 PV公開』

人形/ぬいぐるみ製作 森馨
音楽 菊地拓史
映像制作 谷敦志
企画制作 Produce Unit SELECT

hetero gamy/異種婚 12/12/15 - 12/24 展示詳細記事はコチラ

寺山修司没後30年 パルコ劇場開場40周年記念公演 レミング 世界の涯まで連れてって 13/04/21 - 05/12

121117_3.jpg

『寺山修司没後30年 パルコ劇場開場40周年記念公演 レミング 世界の涯まで連れてって』

http://www.parco-play.com/web/play/lemming/

13/04/21 - 05/12

作 寺山修司
上演台本 松本雄吉(維新派) 天野天街(少年王者館)

前売り券発売 2013年2月予定
詳細情報入り次第更新

at : PARCO劇場
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ パート1・9F
tel.03-3477-5858
map

・5月下旬 大阪他 地方公演予定

石塚公昭 人形写真展「夜の夢こそまこと、ふたたび」 12/12/06 - 12/18

121118_2.jpg

『石塚公昭 人形写真展「夜の夢こそまこと、ふたたび」』

http://d.hatena.ne.jp/banka-an/20121114

12/12/06 - 12/18

--
2005年の銀座・青木画廊での乱歩シリーズ初発表に魅せられたギャラリービブリオ廊主の熱望によって7年の歳月を経てふたたび新趣向でよみがえることとなった。
展示内容は江戸川乱歩像がその文学世界で活躍するユニークな写真作品22点に加えて、夢野久作が柱時計に入り込んだ「夢野久作像 『堂廻目眩(ドグラマグラ)--精神科学応用の犯罪とその証跡』」を実物展示する。
照明を抑えた畳敷きのギャラリーで、冬季に入り初稼動する掘り炬燵にあたりながら、乱歩および久作の幻想的で耽美的な文学世界に浸るという趣向。
--

at : ギャラリービブリオ
東京都国立市中1-10-38
tel.042-511-4368
map

お嬢様学校『白昼夢 ―― 教室からの手紙』 12/12/07 - 12/09

121118_1.jpg

『お嬢様学校『白昼夢 ―― 教室からの手紙』』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/12/ojogaku_hakuchumu.html

12月7日[金]:理科・国語 start●19:00
12月8日[土]:音楽・国語’ start●17:00
12月9日[日]:美術・国語” start●17:00

前売・予約:¥ 2000 / 当日:¥ 2500

◆出演◆
鶯 冬子 ほか、お嬢様学校 少女部 生徒たち  今野 裕一/美少女/今井 辰実/胡子
◆スタッフ◆
演出:今野 裕一 脚本:今井 辰実 美術:マンタム 企画:胡子/少女遊会 枠外:美少女

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

写真パネル展示「ムネモシュネ・アトラス──アビ・ヴァールブルクによるイメージの宇宙」 12/12/15 - 12/22

121117_2b.jpg

『写真パネル展示「ムネモシュネ・アトラス──アビ・ヴァールブルクによるイメージの宇宙」』

http://mnemosyne-ut.tumblr.com/aboutme

12/12/15 - 12/22

--
本展では,ロンドン大学ヴァールブルク研究所から提供を受けたデータにもとづき,ヴァールブルク逝去の年1929年に撮影された「ムネモシュネ・アトラス」全63枚の写真を,すでに失われて現存しない実物のパネルに近いサイズで展示します。
--

at : 東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE 地下1階 MMホール
東京都目黒区駒場3丁目8−1
‎tel.03-5454-6306
map

東京 ローズ・セラヴィ——瀧口修造とマルセル・デュシャン 12/12/03 - 12/22

『東京 ローズ・セラヴィ——瀧口修造とマルセル・デュシャン』

http://www.art-c.keio.ac.jp/event/log/348.html

12/12/03 - 12/22  

--
瀧口修造(1903-1979)の1960年代から歿年にいたる活動の根幹をなしていたもの、それは言語とオブジェをめぐるつきせぬ考察であり、とりわけマルセル・デュシャンとの交流がその源泉でありつづけました。
瀧口は現実の企図とも架空ともつかない「オブジェの店」の命名をデュシャンに求め、デュシャン自身の偽名「ローズ・セラヴィ」を与えられます。本展示は『マルセル・デュシャン語録』をはじめ「東京 ローズ・セラヴィ」の名のもとに制作された一連の作品を通覧し、これまで明らかにされることの少なかった1973年の渡米時の資料とあわせて「後期瀧口」の活動の核心に光をあてる試みです。
--

at : 慶應義塾大学アート・スペース
東京都港区三田3-2-5 慶應義塾大学南別館1F
tel.03-5427-1621
map

酒井孝彦写真展「Cocoon」(フォルムへのフェティシズム) 12/11/20 - 12/02

121116_1.jpg

『酒井孝彦写真展「Cocoon」(フォルムへのフェティシズム)』

http://omega-swiez.co.jp/algea-blog/?p=1256

12/11/20 - 12/02

--
昨年開催され反響を呼んだ個展「Crescent flower」(絶対領域へのフェティシズム)に引き続き、酒井孝彦フェティッシュシリーズの第2弾が発表されます。
レースに覆われた彫刻のような人体美とエロスのせめぎ合いをお楽しみください。
なお、最終日12月2日には、同氏の手掛けた写真集「神の汚れた手」の発売記念パーティも開催致します。(全国書店発売は12月中より順次)
--
トークショー:2012年11月25日(日)18時30分〜GUEST榎本由美(漫画家)/1,000円1drink付
新刊発売予定:2012年12月2日(日)18時〜写真集「神の汚れた手」発売記念パーティ/1,000円1drink付
--
会期最終日となる2012年12月2日には、同氏の手掛けた写真集「神の汚れた手」が発売されます。
これにあわせ発売記念パーティを開催致します。 ぜひお手にとってご覧ください。
日時:2012年12月2日(日)18時〜 料金:1,000円1drink付
神の汚れた手
写真・文:酒井孝彦 価格:本体1,800円+税 発行:オメガアルゲア 発売:星雲社
流通:全国書店販売(オメガアルゲア先行販売、書店流通は12月中旬頃)
--

at : OMEGA ALGEA オメガアルゲア
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1
tel.03-6454-0510
map

ヴェルナー・ヘルツォーク「小人の饗宴」「ノスフェラトゥ」他上映 12/12/22 22:30- オールナイト

『ヴェルナー・ヘルツォーク「小人の饗宴」「ノスフェラトゥ」他上映』

http://www.shin-bungeiza.com/allnight.html

12/12/22  22:30- オールナイト上映

--
「世界の映画作家Vol. 137 ヴェルナー・ヘルツォーク 第二夜(予定)」
小人の饗宴(1970・西独/パンドラ)出演:ヘルムート・ドーリンク、ゲルト・ギッケル
ノスフェラトゥ(1978・西独=仏/パンドラ)出演:イザベル・アジャーニ、クラウス・キンスキー
コブラ・ヴェルデ 緑の蛇(1987・西独/パンドラ)出演:クラウス・キンスキー
世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶(2010・米=仏/ビターズ・エンド/2D版・ドキュメンタリー)
--

at : 新文芸坐
東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
tel.03-3971-9422
map

・「世界の映画作家Vol. 137 ヴェルナー・ヘルツォーク 第一夜」は12/15予定
 アギーレ/神の怒り/ヴォイチェック/フィツカラルド/キンスキー、我が最愛の敵
 詳細上記URL先参照

「ホネノカタチ」展』 開催中 - 13/03/02

121114_2.jpg

『「ホネノカタチ」展』

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2012honenokatachi.pdf

開催中 - 13/03/02

at : 文京区教育センター別館1F
東京都文京区春日1-9-21
tel.03-5800-2591
map

・トークイベント(入場無料)
①11/24 14:00-15:00 「ゾウ、アリクイ、イノシシ、シーラカンス 動物たちのふしぎ」
②12/15 14:00-15:00 「パンダのホネからなぞをとく」
講師:①②とも東京大学総合研究博物館教授 遠藤秀紀 ※当日午後1時から整理券配布

中島真弓展「ヨーロッパの鉄柵」 12/11/19 - 11/24

121114_1.jpg

『中島真弓展「ヨーロッパの鉄柵」』

http://www.gg-bis.com/ex/detail/2012/1211_nakajima.html

12/11/19 - 11/24

--
ヨーロッパの鉄柵は、かつての鉄職人たちの確かな技と優れた芸術性によって造られました。
そして永い時の流れを経て、今もなお風景の随所に見ることができます。
一般的に城や宮殿、また教会に訪れる人々の多くは石の建物に注目しますが鉄柵はついつい見落されがちです。
直線と曲線を巧みに組み合わせて造られた鉄の格子装飾は、なによりも鉄本来の強さとラインの美しさを兼ね備えて、Gates、Window grilles、Balconies、Raillingsなど建築のいろいろな部分に取り入れられています。
今回は私が訪れたロンドン・V&A Museumにコレクションされているヨーロッパの鉄柵の数々を中心に、ロンドン市内でみつけた鉄柵など、17世紀~19世紀に造られたものを黒鉛筆で描いております。
--

at : ガレリア・グラフィカbis
東京都中央区銀座6-13-4銀座S2ビル1階
tel.03-5550-1335
map

劇団☆A・P・B-Tokyo公演 「身 毒 丸」 12/11/29 - 12/04

121112_1.jpg

『劇団☆A・P・B-Tokyo公演「身 毒 丸」』

http://www.h3.dion.ne.jp/~apbtokyo/

12/11/29 - 12/04  前売一般 ¥4000

作:寺山修司 演出:高野美由紀 音楽:J・A・シーザー 画:智内兄助

at : ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
tel.03-3336-5440
map

・上演時間等詳細 上記URL先参照
・チケットについてはザムザ阿佐ヶ谷HP参照 詳細

天井桟敷と見世物と。見世物学会総会2012 12/11/17 13:00-

『天井桟敷と見世物と。見世物学会総会2012』

http://mixi.jp/view_event.pl?id=72236618&comment_count=0&comm_id=209495

12/11/17 13:00- 開場

--
伝説の、劇団「天井桟敷」から見世物小屋の現在までを、徹底的に語り尽くす! 2012年度・学会総会のおしらせ
日本で唯一の見世物研究団体「見世物学会」では、今年「天井桟敷」と見世物の復権をテーマに講演会を開催致します。

...□日時 2012年11月17日(土)13時~開場
14時~:第一部 記念講演 武蔵野美術大学芸術文化学科・特別講座 
『天井桟敷と見世物の復権』
講師:九條今日子(テラヤマワールド) コメンテーター:田之倉稔(見世物学会)
15時45分~:第二部 放談会 
『見世物小屋のゆくえ』
ゲスト:藤田昭範((株)ワールドオートバイサーカス)、坂本健二(元・吉本オートバイサーカス)
※映像作家 奥谷洋一郎による見世物興行のドキュメンタリーを上映
--
□懇親会 19時(プログラム終了後)~ 国分寺駅周辺 会費3000円程度
--
記念講演、放談会のみの参加は入場無料。参加ご希望の方は、見世物学会の公式Hp http://misemonogakkai.web.fc2.com/ より事務局へメールをお願い致します。沢山の皆様のご参加をお待ちしています。 なお、見世物学会では今年の総会に先駆け、最新の学会誌第5号『見世物5』を全国書店で大好評発売中です。こちらも是非ご覧下さい。
--

at : 武蔵野美術大学・鷹の台キャンパス 一号館103教室 (第一講義室) 
東京都小平市小川町1-736
042-342-6021(総務部総務課)
map

イリナ・イオネスコ展 12/12/08 - 12/29

121111_1.jpg

『イリナ・イオネスコ展』

http://jiromiuragallery.com/index.html

12/12/08 - 12/29

at : みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
tel.03-6661-7687
map

ギャラリー・コレクション展 12/11/23 - 12/01

『ギャラリー・コレクション展』

http://jiromiuragallery.com/

12/11/23 - 12/01

--
ギャラリーのコレクションから油彩、写真、版画、ドローイングなど16作家22点をご覧いただきます。
出品作家
写真:荒木経惟、植田正治、ジャンルー・シーフ、ハナブサ・リュウ、ベルナール・フォーコン、マン・レイ
絵画:小川信治、勝国彰、合田佐和子、澤田文一、智内兄助、トレヴァー・ブラウン、丸山直文
版画:デヴィッド・サーレ、永瀬義郎、日和崎尊夫
--
初日23日18時より、シンガーソングライター池間史規によるギャラリー・ライブを開催いたします。(入場料1,500円、ドリンク付き、要予約)
--

at : みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
tel.03-6661-7687
map

ファム・ファタール 女優若尾文子ー金子國義スクリーンvol.1 12/12/07  14:00- 「妻は告白する」上映 15:40- 金子國義X若尾文子トークショー

121110_2.jpg

『ファム・ファタール 女優若尾文子ー金子國義スクリーンvol.1』

http://www.prints21.co.jp/event/schedule/

12/12/07  14:00- 「妻は告白する」上映 15:40- 金子國義X若尾文子トークショー
料金:¥3700(整理券番号付き自由席)

--
飛び出すプリンツ21!!3D編集部企画イベント第四弾!!!
今度はなんとあの大女優若尾文子さんと画家の金子國義さんがご登場下さいます。
ご自身若尾さんの大ファンである画家金子國義さんをホストに迎え、ファム・ファタール=運命の女というテーマの元、彼女の魅力に迫る上映会&トークショーです。
上映作品は金子國義さんの数あるお好きな作品のうち、台詞を全て覚えてしまうほど繰り返しご覧になっている一本「妻は告白する」を上映致します。
また、トークショーにはほとんどご出演されないという若尾さんが、女優としての豊富なキャリアから、映画とは女優とは何かを画家金子國義さんとディープに語らいます。素顔の若尾さんを知ることのできる貴重な機会ですので皆様お見逃し無く!!
また、プリンツ21恒例のおみやげとして、冊数限定でサイン入りキネマ旬報「若尾文子特集号」(2800円+税)を来場者全員にプレゼント!!!
キネ旬もらって映画を見て若尾さんと金子さんのトークも聞けちゃうとんでもなく贅沢なイベントです。
ぜひご期待下さい!!!!!
--

at : オーディトリウム渋谷
東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
tel.03-6809-0538
map

・予約方法、イベント詳細 上記URL先参照

松島智里 「Alice dans le Boudoir 私室のアリス」 12/11/23 - 12/02

121110_1.jpg

『松島智里 「Alice dans le Boudoir 私室のアリス」』

http://posterharis.com/2012_11_Alice

12/11/23 - 12/02

--
コラージュ作品ほか、作家がオーナーを務めるアートをお茶とともに愉しむ Cafe gallery CLOUD9の
オリジナル紅茶 (パッケージデザイン : 宇野亜喜良) の新商品を会期中に先行販売いたします。
--

at : ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル 103号
tel.03-5456-7218
map

・オープニングパーティー 11月23日(金・祝)17:00-

『天体の時間』 + 「ジョルジュ・メリエス三作品」上映 12/12/01 - 12/24 (日時限定)

fdrsrtauiiftd.jpg

『『天体の時間』 + 「ジョルジュ・メリエス三作品」上映』

http://www.maisonhermes.jp/cgi-bin/user/film_info.cgi?m=c2012008

12/12/01 - 12/24 (日時限定)

--
『天体の時間』
1999年/フランス/26分/カラー/デジタル・ベータカム
監督:ステファン・ドリュエ 解説:ウンベルト・エーコ 字幕:松岡葉子 製作・配給:Les Films d'Ici
何世紀にもわたり、太陽や月、星の動きを観察する中で、人間はいかに時間の概念を発達させてきたのか? 『天体の時間』は、6つのドキュメンタリーからなる作品集『時よ、早く! LE TEMPS, VITE !』に収録された科学的ドキュメンタリーである。各作品に、哲学者で小説家のウンベルト・エーコによる紹介が付されている。数多くの資料を駆使し、映像を織り交ぜながら、歴史的、科学的、哲学的なアプローチを用いて、芸術や科学、社会における人間と時間との関わりを描く。
『日食』
1907年/フランス/9分/モノクロ/35mm
監督:ジョルジュ・メリエス 音楽:アレグザンダー・ラニー 出演:ジョルジュ・メリエス
『月まで1メートル』
1898年/フランス/3分/モノクロ/35mm
監督:ジョルジュ・メリエス 音楽:ドナルド・ソシン 出演:ジョルジュ・メリエス
『不可能な世界への旅』
1904年/フランス/20分/カラー/35mm
監督・脚本:ジョルジュ・メリエス 原作:ジュール・ヴェルヌ、アドルフ・デネリ 音楽:アレグザンダー・ラニー 出演:ジョルジュ・メリエス

映画創世記、誰よりも映画を愛し、その可能性を追求したジョルジュ・メリエス。『日食』には若い娘に変身した星たちが、『月まで1メートル』では過食症の巨大な月が登場。『不可能な世界への旅』では、人々は空飛ぶ列車に乗って星座を横切り太陽へと向かう。
--

at : Maison Hermes Ginza, Tokyo メゾンエルメス8階フォーラム
東京都中央区銀座5-4-1
tel.03-3569-3300
map

・11月10日予約受付開始
・日時詳細 上記URL先参照

今井キラ作品集「月行少女」2012年12月発売予定/サイン会情報

『今井キラ作品集「月行少女」2012年12月発売予定/サイン会情報』

http://kira.main.jp/2012/6304/
(眼帯天国記事)

--
2011年4月と2012年7月にパラボリカ・ビスで開催された個展「月行少女」を中心とした
初作品集。
大槻ケンヂの書下し散文詩が、今井キラの世界に顕れる。
●展覧会先行発売!
●絵:今井キラ
●散文詩:大槻ケンヂ
●帯:辻村深月
●造本・装幀:ミルキィ・イソベ
●定価:2800円+税 ●発行:ステュディオ・パラボリカ
2012年12月発売予定
--
今井キラ作品集「月行少女」出版記念展
2012年12月1日[土]~2013年1月8日[火]
http://kira.main.jp/2012/6204/
◆Special event◆
今井キラサイン会
12月20日[木]
第一部 17:00〜18:00
第二部 19:00〜20:00
1月5日[土]
第一部 15:00〜16:00
第二部 17:00〜18:00
●定員:各回30名(要予約)
●料金:3300円(作品集+展覧会入場料込み)
※サイン会ご予約はパラボリカ・ビスonline shopのみで承ります。
http://www.parabolica-bis.com/
11月16日  20:00より予約受付開始
--

京橋映画小劇場 No.25 東京国立近代美術館60周年記念 美術館と映画:フィルムセンター以前の上映事業 プログラム18「カリガリ博士」上映 12/11/09 5:00pm , 12/12/02 11:00am

『京橋映画小劇場 No.25 東京国立近代美術館60周年記念 美術館と映画:フィルムセンター以前の上映事業 プログラム18「カリガリ博士」上映』

http://www.momat.go.jp/FC/kyobashi-za25/kaisetsu_18.html

12/11/09 5:00pm  12/12/02 11:00am  一般 ¥ 500

--
カリガリ博士
DAS KABINETT DES DR. CALIGARI
(52分・20fps・35mm・無声・白黒・英語版)日本語字幕付きに訂正いたします 催眠術を用いるカリガリ博士の犯罪を実験的なライティング、セット・デザインで描き、ドイツ映画の芸術性を一躍世界に知らしめた表現主義映画の代表作。第29回「特別鑑賞会」(1957年9月)で上映。
'20(ドイツ)(監)ロベルト・ヴィーネ(脚)カール・マイヤー、ハンス・ヤノヴィッツ(撮)ヴィリー・ハマイスター(美)ヴァルター・レーリッヒ、ヴァルター・ライマン、ヘルマン・ヴァルム(出)ヴェルナー・クラウス、コンラート・ファイト、リル・ダゴファー
--

at : 東京国立近代美術館フィルムセンター 小ホール
東京都中央区京橋3-7-6 
tel.03-5777-8600
map

・日本語字幕付き

点滅プロデュース 『即興舞人 Vol.1』 12/12/03 19:00 open / 19:30 start

121109_1b.jpg

『点滅プロデュース 『即興舞人 Vol.1』』

http://www.temmetsu.com/news.html

12/12/03  19:00 open / 19:30 start
予約 ¥1800+(1D¥700) 当日 ¥2000+(1D¥700)

[即興舞人(そっきょうぶじん)]
音楽家の生演奏を交えた 舞踏家二人による即興公演
出演/点滅(舞踏)・長岡ゆり(舞踏)・高橋祐子(音楽)

at : PerformingGallery&Cafe絵空箱
東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1階
tel.03-6265-0825(当日のみ)
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

森馨個展 hetero gamy/異種婚 12/12/15 - 12/24

121106_2.jpg

『森馨個展 hetero gamy/異種婚』

http://www.please-select.me/blog/2012/11/hetero-gamy.html

12/12/15 - 12/24  入場無料

--
HIROKO(Daisy-D)+森馨 コラボドールの展示も御座います
写真、映像制作:谷敦志
空間演出:菊地拓史
企画制作:Produce Unit SELECT
プロデュース:三島太郎
Produce Unit SELECT公式ブログ
http://www.please-select.me/blog/
森馨オフィシャルサイト Maiden Baroque
http://www.kaorumori.com
--

at : ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル 103号
tel.03-5456-7218
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。