スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SULEBOX個展 "PARROT PHILOSOPY" 13/05/28 - 06/02

130430_2.jpg

『SULEBOX個展 "PARROT PHILOSOPY"』

http://www11.ocn.ne.jp/~sulebox/blog.html#/detail/2108645988679376895

13/05/28 - 06/02

at : The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

スポンサーサイト

ヴァニラ画廊 13/07/03より新画廊に移転

130430_1.gif

『ヴァニラ画廊 13/07/03より新画廊に移転』

http://www.vanilla-gallery.com/info/moving.html

--
新画廊住所
〒104-0061
東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
03-5568-1233(電話番号、ファックス番号は変わりません。)
--
新店舗・現店舗の展示のご案内
6月中は新画廊・現画廊並行して展示を行います。
7月3日(月)より、新画廊に完全移転致します。
--

・展示情報他詳細 上記URL先参照

寺山修司没後30周年われに五月を~九條今日子×笹目浩之トークイベント 13/05/11  18:00-

『寺山修司没後30周年われに五月を~九條今日子×笹目浩之トークイベント』

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=162

13/05/11  18:00-  入場料 ¥ 1,000(1D付) 定員 40名  要予約

at : MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
東京都渋谷区道玄坂2-24-1東急百貨店7F
tel.03-5456-2111
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

『山海塾新作公演 『歴史いぜんの記憶―うむすな』 『二つの流れ―から・み』 13/05/22 - 06/02

iyfvyjofyvs.jpg

『山海塾新作公演『歴史いぜんの記憶―うむすな』 『二つの流れ―から・み』』

http://www.sankaijuku.com/sankaijuku_j.htm

13/05/22 - 06/02

at : 世田谷パブリックシアター
東京都世田谷区太子堂4丁目1番地1号
tel.03-5432-1526(代表)
map

・天児牛大によるポストパフォーマンストーク
 ゲスト 5月24日(金)=渡辺保(演劇評論家) 5月31日(金)=布施英利(芸術学者)
・日時・チケット取扱他詳細 上記URL先参照

「カフカを読む、カフカを謡う、カフカを想う」 カフカトリビュート —西岡兄妹『カフカ』を中心に— 13/05/22 - 06/17

130425_2.jpg

『「カフカを読む、カフカを謡う、カフカを想う」 カフカトリビュート —西岡兄妹『カフカ』を中心に—』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2013/05/kafka.html

13/05/22 - 06/17  入場料 ¥ 500

--
ブロートによって死後編まれたテクスト____という事実は魅力的な罠(?)になる。
組み換えられるかもしれないという誘惑になるからだ。
しかし、たとえばカフカの身体、そこから溢れ出してきた言葉に立ち向かえば、
仮にカフカの意図とは異なって編まれても、
カフカのテキストとして存在し得る何か__そんなものに出会えるのではないかと思う。
企画を組んで,準備にはいっているアーティストたちを見ているとそんな素敵な予感がする。(今野裕一)
--
★西岡兄妹『カフカ』原画展示
★特別公演:ハチスノイト/羊屋白玉×スカンク/日比谷カタン
いずれも 料金:前売・予約 2000円/当日 2300円
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・ハチスノイト/羊屋白玉×スカンク/日比谷カタン 各特別イベント詳細及び申込方法 上記URL先参照

村田兼一写真集「眠り姫~Another Tale of Princess」 作家サイト予約販売受付開始(特典付)

130425_1.jpg

『村田兼一写真集 作家サイト予約販売受付開始(特典付)』

http://blog.ken-murata.com/?eid=987092
(制作雑記04/23記事)

¥2,940 (税込¥3,087)

--
5月末発売の村田兼一の写真集の予約販売をいたします。
作品集としては国内初です。
--
アマゾンで買うよりも送料160円高くなりますが、
過去の個展DMやサインカードなど同封いたします。
本はすべてサイン本となります。
宜しければご予約ください。ショップ名は仮です。
--
【予約受付開始】村田兼一の国内初の作品集が5月末発売決定!
欧州から4冊の写真集をリリースしていますが、日本では初めての作品集になります。1996年から2012年の作品の中から厳選セレクト。モノクロプリントにすべて、着色を施した作品集です。
【作家サイトの特典】
・作家サイン入り
 ※当店からの本はすべてサイン入りになります。
・出版記念カード(先着100名様限定)
・過去の個展案内DMカードから4枚
発行:アトリエサード/発売:書苑新社
サイズA5判・ハードカヴァー・64ページ
ヤマトメール便にてお届けします。(送料160円別途)
こちらの写真集は【5月末頃発売予定】になりますので【ご予約】にて承ります。
--

・予約・入金方法他詳細 上記URL先参照

哲学の夕べ-物のいのち- 13/05/31 16:00 - 23:30

130422_1.jpg

『哲学の夕べ-物のいのち-』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/nuitphilo/

13/05/31  16:00 - 23:30  入場無料/飲食有料|フランス語/日本語・通訳付

--
アンスティチュ・フランセ東京は、哲学をめぐる新しいイベント、『哲学の夕べ』を開催します。記念すべき第一回は、様々な角度から哲学にアプローチします。旅するスーツケース、消費社会を諷するブティック、再生する自然モルテ、脱線してゆく対話など、多彩なモチーフを通して「哲学」する一夜。パフォーマンス、朗読会、コンサート、上映会など、様々なジャンルの企画が盛りだくさんの催しです。この新感覚の一夜で、「哲学」を(再)発見しましょう!
●対談:廣瀬純×ディディエ・フランク
●パフォーマンス:『ジャパニーズ・スーツケース』
●講演会:星野太
●インスタレーション:西原尚 『ピアノのための習作』
●パフォーマンス:藤田龍平
●ライブ:クリストフ・シャルル 『音楽的彫刻』
●対談:ベンジャマン・エフラティ 「物のいのち」をめぐる対談
●ライブ:リシャール・ピナス×MERZBOW スペシャルライブ
●インスタレーション:小牧栞奈 『グノシエンヌNo.1』
順次、こちらのページで企画をご紹介します。
--

at : アンスティチュ・フランセ東京エスパス・イマージュ
東京都新宿区市谷船河原町15
tel.03-5206-2500
map

日本はこうして日本住血吸虫症を克服した -ミヤイリガイの発見から100年 13/05/15 - 06/16 

130422_2.jpg

『日本はこうして日本住血吸虫症を克服した -ミヤイリガイの発見から100年』

http://www.kahaku.go.jp/event/2013/05kekkyuchu/

13/05/15 - 06/16

--
日本住血吸虫症は、寄生虫の一種である日本住血吸虫が引き起こす病気で、かつて日本では地方病として恐れられていました。日本は日本住血吸虫症を克服し、日本住血吸虫を撲滅した、世界で唯一の国です。この過程で医師、研究者、行政、地方住民が一体となって取り組んだことなどを紹介し、日本の公衆衛生の意義について考えます。
--

at : 国立科学博物館 日本館 地下1階 多目的室
東京都台東区上野公園 7-20
tel.03-5777-8600
map

越智貴雄写真展「切断ヴィーナス ~Ability not Disability~」 開催中 - 13/04/26迄

130420_2.jpg

『越智貴雄写真展「切断ヴィーナス ~Ability not Disability~」』

http://ochitakao.blog.so-net.ne.jp/2013-04-02

開催中 - 13/04/26迄

--
今回の展示は、臼井氏の義足に出会って輝く人生を送っている女性たち(OL、モデル、ミュージシャンなど)を、ハッセルブラッドのデジタルカメラ(H4D)で撮りおろした新作です。
--
〜撮影への想い〜
義足や義手を作る義肢装具士の臼井二美男(うすい・ふみお)氏。彼の作る義足は、「もの」という領域を超えている。
臼井氏が作る義足は、ミニスカートやハイヒールが履ける義足やファッショナブルさを見せる義足、世界最高峰の競技スポーツであるパラリンピックに出場するアスリートの義足であったりと多岐にわたる。あらゆる要望に応え、どんなに難しい義足作りにも挑戦する。「義足をつけることによって、自信がついて前向きになり笑顔になれば」と彼は言う。ユーザーと真正面から向きあい寄り添い続けるとてつもない情熱と信念の結晶が、彼の義足だ。
誰にも信じてもらえないかもしれないが、パラリピックアスリートの競技用義足から浮き立つ血管が僕には見えたことがある。女性の美しく魅力的な義足に興奮しドキドキしたことがある。これらが鉄で作られたものとは到底信じられない。それは、愛に溢れ、美しく、力強く、そしてカッコいい。義足からその人の個性や魅力を強く感じる。
僕はたまらなく臼井氏のカメラになったつもりで撮影してみたくなった。
--

at : ハッセルブラッド・ジャパン
東京都渋谷区神宮前1-10-32ハッセルブラッド・ジャパン
tel.不明
map

揺卵洋品店(ゆうらんようひんてん) 13/07/23 - 07/28

130420_1.jpg

『揺卵洋品店(ゆうらんようひんてん)』

http://yuranyouhinten.blog.fc2.com/?no=1

13/07/23 - 07/28

参加作家
・香凜 ・黒木こずゑ ・Sacherie ・せんのはなかご ・トリッチ・トラッチ ・リルガ

at : ギャラリーKOMPIS
東京都目黒区中根1-9-1-103               
tel.03-3725-3467
map

・イベント特別企画 黒木こずゑ画『夜のお散歩ワンピース』 詳細上記URL先参照

林アサコ展「潮だまり」 13/06/02 - 06/15

130419_1b.jpg

『林アサコ展「潮だまり」』

http://galerie-h.jp/exhibition/1006.html

13/06/02 - 06/15

林アサコ様ご自身より、展示ご紹介文章をいただいております。


潮溜まりとは潮が引いたあとに残る岩礁などの水たまり。タイドプールの意。
 波から取り残された誰も知らない水たまりは秘密の水族館のようです。
 手元に閉じ込めておきたい、独占しておきたいような観賞魚(または人魚)
 を中心とした作品群を展開して行きたく思います。


at : galerieH (ガルリアッシュ)
東京都世田谷区太子堂1-15-12 セントラルビル2F
tel.03-3795-0045
map

・オープニングパーティ 2013年6月2日(日)16:00-

ヴィェルシャリン劇団『マネキン人形論-シュルツ「肉桂色の店」の断片による』 13/04/25 - 04/28



『ヴィェルシャリン劇団『マネキン人形論-シュルツ「肉桂色の店」の断片による』』

http://instytut-polski.org/slide/2945/

2013/04/25-26 19:00 開演  04/27-28 14:00 開演  ポーランド語上演 日本語字幕付 ¥1,000

--
ユダヤ系のポーランド作家ブルーノ・シュルツは、第二次世界大戦中に、悲劇的な死を遂げた。彼は、フランツ・カフカ、マルセル・プルースト、ロベルト・ヴァルザーなどの作家と並ぶ、最も優れた20世紀ヨーロッパ散文作家のひとりである。シュルツの創作は、世界文学における独創的で画期的な傑作と評せるだろう。詩的言語と学術的専門用語を結び付けた文体の力で、作者は、夢のような、超現実的で、恒常的な法則や原則に従わない、論理の諸規則を越えて動く現実をつくる。短編集『肉桂色の店』に収録された、シュルツのテキスト中、最も有名な「マネキン人形論」には、あらゆる物質が人間に似た存在を作る素材となり得ることや、有益性なるものの根底にある原則、すなわち必要な形だけを作るべきであることについて述べた一節があるが、それがピョトル・トマシュクの演劇の出発点になった。
シュルツは生命を持たない物質に魅惑され、「次々と新しい機械を考え出す創造力を持っていたが、20世紀は他ならぬ機械化・ロボット化の時代となった。人間を機械として扱い操作した結果、20世紀は全体主義の時代になってしまった」(トマシュク談)
『肉桂色の店』所収テキストは、人間の思いもかけぬ性質について考察するための出発点である。この演劇は、ブルーノ・シュルツの著名な文学テキストの絵解きにとどまるものではない。
芝居の登場人物――父(ラファウ・ゴンソフスキ演)、彼の聴衆である息子(ミウォシュ・ピェトルスキ)、女中アデラ(ダリウシュ・マティス)。観客は、神秘主義(ミスティシズム)と命を吹き込まれた物質の秘密の世界に引き込まれる。
「シュルツは一般に、現実からまったく捨象された、経験主義(ハシディズム)の伝説・神話世界を散文で綴った詩人として、認識されています。しかし、私の見方はまったく違う。時を隔てて眺めるとき、シュルツの創作の中にいかに多くの『現実』があるかが見えてくるのです」――トマシュクは語る。
『マネキン人形論』には、創造への憧れ、そして物質に命を吹き込むことに対する人間の憧れがある。「完全に意のままになることを許す固体」としての人間をめぐる夢でもある。
「私たちは、人間や社会を機械として組織しようという概念がどのように歪曲し、結果として人間に背を向けてしまうかを見せるのです」――演出家はこう付言する。
登場人物――父(ラファウ・ゴンソフスキ)と彼の聴衆、息子(ミウォシュ・ピェトルスキ)、女中アデラ(ダリウシュ・マティス)。観客は、神秘主義(ミスティシズム)と命を吹き込まれた物質の秘密の世界に引き込まれる。
ユリア・スクラトヴァ(ヴィリニュス美術大学講師)が制作した舞台美術のなかで、仕立屋が変貌を遂げていく――映画館に、次には工場に、またはデモ集会へ。そこに、20世紀前半の世界を変えた様々な事件を現出させる。
エイゼンシュテインの『戦艦ポチョムキン』の衝撃的なシーンなどがマルチメディア上映されて、物語に歴史的文脈を与え、命を吹き込まれた物質が存在する生々しい証拠を示す。そもそも映画とは、命を吹き込まれた物質であり、なおかつ物質でありつづける物質なのだから。
それでは、物質の秘密はどこにあるのか?
トマシュクの舞台において、シュルツの『マネキン人形論』は、歴史と哲学の絡み合いをめぐる考察へのインスピレーション源を成す。ユダヤ神秘主義が強調される。デミウルゴスたる父は、無害な狂人にとどまるのではなく、新しい人間についてのヴィジョンを生み出す詐欺師である。
我が儘な暴君である――20世紀版専制国家の独裁者たちは、そこから生まれたのだった。女中アデラの読解も、まったく新しい。演出家は、彼女を父に轡をはめる女デーモンとしてとらえる、型通りの解釈から離れ、女性の肉体をまとった男性に変貌させる。
--

at : シアターΧカイ
東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア内
tel.03-5624-1181
map

Χカイレパートリー劇場 『ブルーノ・シュルツ 映像の夕べ』
2013年4月21日(日) 劇団ヴィエルシャリンの来日公演に先がけて  入場無料

東雅夫の幻想文学講座『メアリー・シェリーとゴシック幻想』 13/06/01 open 17:30 / start 18:00

130418_1b.jpg

『東雅夫の幻想文学講座『メアリー・シェリーとゴシック幻想』』

http://d.hatena.ne.jp/seirindou_syobou/20130417/1366196633

13/06/01  open 17:30 / start 18:00(20:00 終了予定) 会費:¥1,000 定員:25名 (要予約)

ゲスト
東雅夫(文芸評論家・アンソロジスト 元『幻想文学』編集長/現『幽』編集長)
市川純(メアリー・シェリー、イギリスロマン派文学研究者)

at : 西荻窪 銀盛会館(公式HP不明)
東京都杉並区西荻南2-18-4
tel.03-3334-3449
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照
・イベント後懇親会を予定

第32回 エコール・ド・シモン人形展 13/05/18 - 05/26

130417_1.jpg

『第32回 エコール・ド・シモン人形展』

http://striped-house.com/spaceafter.html

13/05/18 - 05/26

at : 六本木ストライプスペース
東京都港区六本木5-10-33ストライプハウスビル
tel.03-3403-6604
map

「肖像 — 視線の行方」 写大ギャラリー・コレクションより 13/04/15 - 06/09

130414_1.jpg

『「肖像 — 視線の行方」 写大ギャラリー・コレクションより』

http://www.t-kougei.ac.jp/arts/syadai/information/detail.html?n=194

13/04/15 - 06/09

at : 東京工芸大学 写大ギャラリー
東京都中野区本町2-9-5
tel.03-3372-1321
map

・白黒写真オリジナルプリント 約40点
・上部参考画像 フェリックス・ナダール 「サラ・ベルナールの肖像」1859

LIBRAIRIE6/シス書店 第18回企画~宇野亞喜良 「5月の唄」展 13/05/03 - 05/26

130414_6.jpg

『LIBRAIRIE6/シス書店 第18回企画~宇野亞喜良 「5月の唄」展』

http://librairie6.exblog.jp/18508872/

13/05/03 - 05/26

--
★5月11日(土)19時~宇野亞喜良によるトークイヴェントを開催★
定員20名(先着順) 料金¥2.000-(1ドリンク付) 場所:LIBRAIRIE6/シス書店
※要予約( info@librairie6.com又は03-6452-3345までお名前・ご連絡先・電話番号をご記入の上、
お申し込み下さいませ/締め切り4月30日まで)
※11日はイベント開催のため18時半頃に閉廊させて頂きます。
--
今企画では、ジャック・プレヴェールによる詩「5月の唄」を題材に新作20点に加え旧作を含めた展示です。
是非、ご高覧頂ければ幸いです。
※作家在廊日/途中展示替え等は随時LIBRAIRIE6のツイッター@LIBRAIRIE6 にて告知致します。
--

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
tel.03-6452-3345
map

デボラ・パーキン写真展 13/05/07 - 05/26

130414_2.jpg130414_3.jpg130414_4.jpg130414_5.jpg

『デボラ・パーキン写真展』

http://jiromiuragallery.com/index.html

13/05/07 - 05/26

at : みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
tel.03-6661-7687
map

古川沙織個展【獣林譚~少女百態】 特別イベント◆【ピピ嬢の憂鬱~少女愛デッサン会】 13/05/18 open 17:10

『古川沙織個展【獣林譚~少女百態】特別イベント◆【ピピ嬢の憂鬱~少女愛デッサン会】』

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2013/20130513.html

13/05/18  open 17:10 / start 17:30 - 19:00迄  
モデル:七菜乃  参加費¥2,700 1D付  15名限定  完全予約制

--
古川沙織の絵画世界を具現化し、人体デッサン会という形で体感して頂く試みです。
パフォーマンス要素を取り入れた、レスボスムードあふれるコスチュームデッサン会です。
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座 6-10-10 第2蒲田ビル 4階
tel.03-5568-1233
map

・申込方法・デッサン会注意事項等詳細 上記URL先参照

舘野桂子 人形展 『monochromiun』 13/04/15 - 04/20

130411_1.jpg

『舘野桂子 人形展 『monochromiun』』

13/04/15 - 04/20

--
略歴
2002 独学で人形制作を開始。
2008 銀座Pepper's Gallery グループ展 Do android dream?『アンドロイドは夢をみるか』
2010 横濱浪漫館 愛実・亜由美・舘野桂子 創作人形三人展『微睡む午后』
2011 夜想parabolica-bis[パラボリカ・ビス] 赤色メトロ・舘野桂子 二人展『隠世の匣』
2012 initial- ATELIER アンティークショップ店内にてコラボ展『Chromium』
その他イベント、企画展など。
--

at : 森岡書店
東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第2井上ビル305号 森岡書店
tel.03-3249-3456
map

アトリエ白色矮星プロデュース ロクス・ソルス・チョコレート・オンラインショップ 13/04/10 open

130410_1.jpg

『アトリエ白色矮星プロデュース ロクス・ソルス・チョコレート・オンラインショップ open』

http://choco.89490171.com/?pid=54865925

13/04/10 open

--
ロクス・ソルス・チョコレート・アソート
3種類のチョコを3個ずつセットにした合計9個の詰め合わせです
・TERRA SOLIS(大地の太陽)ミルク
・STELLA MARIS(海の星)ホワイト&クッキー
・ANDROGYNUS(アンドロギュヌス)ピーナッツヌガー
・特典 チョコレート博物館ミニカード付き
--

・価格・包装他詳細 上記URL先参照
Twitter/白色矮星

武蔵野美術大学荒俣宏客員教授 講演会 13/04/26 17:00-

130409_2.jpg

『武蔵野美術大学荒俣宏客員教授 講演会』

http://mauml.musabi.ac.jp/

13/04/26 17:00-

--
アプリ「MAU M&L 博物図譜」に関連して講演会を行います。
--

at : applestore ginza
東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館
tel.03-5159-8200
map

・詳細情報上記URL先にて後日改めて告知

「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」復活上映 13/05/25 20:00- 限定400枚チケット

130409_1.jpg


『「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」復活上映』

https://www.dreampass.jp/e300

13/05/25  20:00-

募集期間
2013年4月8日(月) 17:00 ~ 2013年5月17日(金) 17:00
限定400枚チケット  価格 1,500円 (別途ドリパスシステム利用料210円)

at : ユナイテッド・シネマ豊洲
東京都江東区豊洲2丁目4−9 三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲3F
tel.03-6219-3000
map

・購入方法・受付方法他詳細 上記URL先参照

2013年7月 月蝕歌劇団 ザムザ阿佐谷 連続公演 第一弾 百年の孤独 13/07/11 - 07/16

terayama2.jpg

takatori2.jpg

seazer2.jpg

『2013年7月 月蝕歌劇団 ザムザ阿佐谷 連続公演 第一弾 百年の孤独』

http://page.freett.com/gessyoku/

13/07/11 - 07/16

作◎寺山修司 演出◎高取英 音楽◎J・A・シーザー
--
まいまいあがれ、神さまとんぼ。
『百年たてば、その意味わかる!」
取り残された村の、この世で最後の百年!
寺山修司の代表作を
月蝕歌劇団が初の上演
--

at : ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
tel.03-3336-5440
map

・料金・日時等詳細、及び詩劇ライヴ「時には母のない子のように」/豪華特典付きスペシャルチケット情報 上記URL先参照

SPIEL/シュピール・遊戯 出演:笠井叡&エマニュエル・ユイン 13/05/17 - 05/19 

130407_1.jpg

『SPIEL/シュピール・遊戯 出演:笠井叡&エマニュエル・ユイン』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/spiel/

13/05/17 - 05/19  前売 ¥3000 / 当日 ¥3500 | 全席自由

--
2009年の秋、舞踏家の笠井叡は、フランスの現代舞踊を牽引してきた振付家・ダンサーのエマニュエル・ユインに出会いました。二人は、互いの所作の模倣を通し、相手になりきることを試みるダンス遊戯を始めます。一期一会の旅の始まりでした。異なる身体、そして異なる言語を介して繰り広げられる対話が、二人の身体の境界線をかき乱してゆきます。他者の内面にまで入り込こもうとするこの試みは、異文化の中で生きる私たちの心に強く訴えかけてくるでしょう。
--

at : アサヒ・アートスクエア
東京都墨田区吾妻橋1-23-1スーパードライホール4F
tel. 090-9118-5171
map

・公演日時・チケット申込等詳細 上記URL先参照

人魚の夢ー山田勇男幻想画展 13/04/18 - 04/30

130406_1.jpg

『人魚の夢ー山田勇男幻想画展』

http://www.seirinkogeisha.com/event/index.html

13/04/18 - 04/30

--
 寺山修司主宰「天井桟敷」意匠スタッフとして映画「田園に死す」等を手がけた美術家・山田勇男(やまだいさお)さんが偏愛する「人魚」の細密画展が国立のおうちギャラリービブリオで開催されます! 自らメガホンをとった新作映画「シュトルム・ウント・ドランクッ(疾風怒濤)」のクランク・インを記念しての個展。画像の作品「椅子」をはじめとする30点の細密絵画が展示されます。ちなみにその「シュトゥルム・ウント・ドランク(疾風怒濤)」。出演は、中村榮美子、寺十吾、佐野史郎、石川真希、シバ、天野天街、原マスミ、つげ忠男、井村昂、白崎映美、山本亜手子、宍戸康司、うらたじゅん、川瀬陽太、藤野羽衣子、夕沈、広川たけし他、と豪華キャスト!! また期間中にはイベントもありますのでそちらも要チェックです!
--
記念イベント「8ミリフィルム短篇映画上映&トーク会」
日時:4月20日(土)19時より 場所:ギャラリービブリオ(畳敷きの木造家屋で見る8ミリ映画!)
入場料:1500円(当日券あり/予約いただいたほうが安全です) 定員:20名。
--

at : ギャラリービブリオ
東京都国立市中1-10-38
tel.042-511-4368
map

・ギャラリーブログ 詳細情報

二階健 新刊出版記念展【 6 Sixth~超視覚の部屋 】 13/06/09 - 06/10

『二階健 新刊出版記念展【 6 Sixth~超視覚の部屋 】』

http://ameblo.jp/nikaism-blog/entry-11504437219.html

13/06/09 - 06/10

--
ギャラリーNikaism 13時~20時  
展示鑑賞は無料ですが、当日会場にて『6 Sixth~超視覚の部屋』をご購入頂いた方のみとさせて頂きます。ご了承ください。
※ 初日(9日) 15時~ この日限定スタンプ付きのサイン会開催
~展示内容~ ①『童話世界の遺品たち』全15作品の写真ver. ②『ヴンダーカンマー 二階健の驚異の部屋』関東ver. ③『Roentgraphy~皮下の彫刻』書籍には収録されないネガポジ逆ver.
最新刊【 6 Sixth~超視覚の部屋 】に収録される『童話世界の遺品たち』『Roentgraphy~皮下の彫刻』『ヴンダーカンマー 二階健の驚異の部屋』の中から、書籍には収録されない作品も含めて展示いたします。
--

at : ギャラリーNikaism
東京都目黒区中根 2-13-17
tel.不明
map

・関西限定アート展【 THE 6th ROOM 】
 5月29日(水)~6月2日(日) 京都三条 WRIGHT商會 詳細上記URL先参照

三島由紀夫の最後の装幀画家 村上芳正展 -「家畜人ヤプー」原画を中心に・・・・ 幻想耽美の世界- 13/07/05 - 09/29

130404_6.jpg

『三島由紀夫の最後の装幀画家 村上芳正展 -「家畜人ヤプー」原画を中心に・・・・ 幻想耽美の世界-』

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/exhibition/yayoi/next.html

13/07/05 - 09/29  一般 ¥ 900

--
 三島由紀夫「豊饒の海」、沼正三「家畜人ヤプー」、澁澤龍彦/編「暗黒のメルヘン」、連城三紀彦「戻り川心中」、多田智満子「四面道」、ジャン・ジュネ全集。これらは、画家・村上芳正(1922~)が装幀・装画を手掛けた書物です。他にも赤江瀑、倉橋由美子、河野多恵子、曽野綾子、瀬戸内晴美(寂聴)、原田康子、日影丈吉、吉行淳之介、渡辺淳一など、1960~1980年代の様々な個性派作家の著作を、繊細な色彩と眩惑的な線描画で彩りました。その虚無感漂う夢幻の世界は、文学世界をあらわしながらも、独自の芸術世界を作り出しています。
 装幀装画は、大量に印刷される絵であり、印刷されてこそ完成形といえるものです。しかし残念ながら、丁寧に描きこまれた筆致や繊細な彩色が、画家の表現したい意図そのままに印刷物に再現されることはありません。それがわかっていても、村上は自分の技法にこだわりを持って精緻かつ流麗な線描画を描き続け、結果、多くの著者と幾万の読者に愛され続けました。
 そして挿絵画家の宿命で、装幀した書籍が市場から姿を消すとともに、その存在も時代の波に埋もれていきました。
本展では、村上が手放すことなく保管してきた装幀挿絵原画を中心に展観いたします。本来読者が目にすることはない装幀装画の原画から、村上芳正の幻想耽美の世界をご堪能いただきます。
 あわせて、初版本、掲載雑誌、映画ポスター、レコードジャケット、デッサン、写真などの作品資料も展示し、村上の画業の軌跡をご紹介いたします。
--
★ギャラリー・トーク 8月11日(日)14:00よりより行います。
★9月7日(土)午後6時より、宇野亜喜良先生とのトークショーを行います。
 *申込み方法等詳細は、4月下旬頃より当HPに掲載いたします。
★国書刊行会より展覧会にあわせて、初の画集『薔薇の鉄索 村上芳正画集』を刊行予定!
--

at : 弥生美術館
東京都文京区弥生2-4-3
tel.03-3812-0012
map

・上部参考画像「改訂増補限定版 家畜人ヤプー」(沼正三/著 都市出版社 1970年)表紙原画

『Ambrosial Sprinkle〜Love Gothic & Lolita〜』アンブロージオ スプリンクル〜ラブ ゴシック&ロリータ展 13/04/20 - 05/02

130404_5.jpg

『『Ambrosial Sprinkle〜Love Gothic & Lolita〜』アンブロージオ スプリンクル〜ラブ ゴシック&ロリータ展』

http://www.juniemoon.jp/news/2013/03/ambrosial-sprinklelove-gothic-lolita.html

13/04/20 - 05/02

参加作家
椛×Rico*、Hanon、chic☆rin、Ange、*Soleil*、kinokotti、Lhiannan:Shee × みつばち@BabyBee、Momolita x haco、Jodie♥Jevries

--
ゴシック&ロリータファッションは、世界中にファンを持つ、日本発のファッションスタイル♪
今では「サブカルチャー」の一つから飛び出し、ファッションのカテゴリーに安定した地位を獲得してますよね。
ブライスファンの皆さんは、その礎を築いたひとりです♬
今回、淑女のようなゴシックテイストのブライス、愛らしいフリルやレースの中に乙女の夢が詰まったロリータファッションのブライスたちが、新宿マルイワンに大集合します。
このイベントのご案内役は、大人気のネオブライス「アンブロージオ」。
皆さんを魅惑的なゴシック&ロリータの世界へご案内します♪
会場では、人気作家によるゴシック&ロリータテイストのオリジナルドール(カスタムドール)の展示販売や、ネオブライス「アンブロージオ」、
そして、5月に発売予定のハッピー&スウィーツな新ネオブライスの先行予約販売もいたします!
新ドールの情報は後日発表します!
--

at : 新宿マルイワン1F
東京都新宿区新宿3-1-20
tel.03-3354-0105
map

・作家作品販売方法 後日Junie Moonニュースにて告知 http://www.juniemoon.jp/news/

The Exhibition of Blythe and Perfumes 調香師の月下香譚詩}〜Tuberose Ballad〜 「深く香りを紡ぐ、調香師の物語」 13/04/13 - 05/17

130404_3.jpg

『The Exhibition of Blythe and Perfumes
 調香師の月下香譚詩}〜Tuberose Ballad〜 「深く香りを紡ぐ、調香師の物語」』


http://hdhdblog.blog80.fc2.com/blog-entry-1105.html

13/04/13 - 05/17

みつばち@BabyBee × Lhiannan:Shee

*協力アーティスト  ・調香研究家:千代 ・オブジェ作家:菊地拓史

--
目に見えない香りとドールの不思議なコラボレーション。
2人の調香師が紡ぐ、香りの物語をご覧いただきます。
香りをキーワードにしました、ワンオフ・カスタムBlytheの展示販売を行います。
カスタムBlytheの展示販売他、Lhiannan:Sheeのアクセサリー、オリジナルのフレグランスアクセサリー、
菊地様のドール用オブジェ、みつばち@BabyBeeのオリジナルグッズなどの販売予定もございます。
千代様のアトリエにてオリジナルの香りを作るワークショップも開催予定です(4/28,5/12)。
--
Lhiannan:Shee:http://fblg.jp/shee
みつばち@BabyBee:http://honeybee.hacca.jp
--

at : LeLe Junie Moon
東京都新宿区新宿3-1-20 新宿マルイワン4F
tel.03-3355-7670
map


江戸糸あやつり人形結城座旗揚げ380周年プレ公演  三島由紀夫 近代能楽集「葵上(あおいのうえ)」「邯鄲(かんたん)」 13/06/19 - 06/23

130404_2.jpg

『江戸糸あやつり人形結城座旗揚げ380周年プレ公演 三島由紀夫 近代能楽集「葵上(あおいのうえ)」「邯鄲(かんたん)」』

http://www.youkiza.jp/mishima2013/index.html

13/06/19 - 06/23  全席指定 A席 5,500円 B席 4,500円 DM会員割引先行予約あり

作 三島由紀夫 / 演出 松本修(MODE主宰)/ 人形美術  林静一 / 音楽 斎藤ネコ

--
三島夢幻の生死の際(きわ)に妖しの人形が舞う。
幽玄なる三島能と、血通わぬ人形が、糸に乗せて命のやり取り。
380年の伝統を紡ぐ江戸糸あやつり人形芝居の結城座。
演出には現代演劇を代表する松本修
そして林静一による人形美術、斎藤ネコの音楽など、
魅力のコラボレーションでお届けします。
--

at : 東京芸術劇場シアターイースト
東京都豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場B1F
tel. 03-5391-2111(代)
map

・一般前売り発売 4月15日より
・アフタートーク 6月20日(木) 松本修 × 斎藤ネコ × 結城孫三郎 6月21日(金) 林静一 × 結城孫三郎
・その他日程・チケット情報 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。