スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三上鳩広 作品展示販売週間 13/12/02 - 12/08

131130_4.jpg

『三上鳩広 作品展示販売週間』

http://blog.shop.abilletage.com/?eid=589047

13/12/02 - 12/08

--
アビエタージュでも展示販売中の皮造形作家、三上鳩広さんの展示販売会です♪
作家さんにもお話を聞けるチャンスですのでお気軽に遊びにいらしてくださいね*
*作家さん来店デー*
2日(月)13:30~18:00  7日(土)19:00~23:00  8日(日)15:00~19:00
--

at : Abilletage(アビエタージュ)
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6 大西ビル303
tel.03-6380-5587
map

スポンサーサイト

湯沢英治写真展“REAL BONES G” 13/12/02 - 12/14

131130_3.jpg

『湯沢英治写真展“REAL BONES G”』

http://artgallery-m84.com/?page_id=8

13/12/02 - 12/14

--
写真集『REAL BONES 骨格と機能美』の出版記念として実施する個展です。
写真展“REAL BONES G”は、2008年の初となる写真集『BONES-動物の骨格と機能美』(早川書房刊)に新たな大型獣の全身骨格と部位が加わり完全版となった学術的にも世界に向けて価値のある写真集の中から、アートの視点で見ても素晴らしい約20点(予定)のオリジナルプリントを展示致します。
動物の躍動感、筋肉の力強さ、生命の神秘に人は大きな感動を覚えるが、動物に活動を支える骨の存在は、目にする機会が少ないものです。絵画的な手法も取り入れることで、造形美として骨以上の存在感を伝える写真に仕上げています。骨を自然が作り上げた彫刻のように撮っており、生きて活動していた自然の骨格デザインを美しく撮影された写真は、今まで見た事が無く自然界が育んだ骨は、時として驚くような造形美をみせてくれています。動物の中に秘められた骨そのものの魅力を余すところ無く表現し、アートとして骨をとらえた、この上なく美しい骨が、見る者を魅了する彼の作品をご覧ください。
--

at : Art Gallery M84
東京都中央区銀座四丁目11-3 ウインド銀座ビル5階
tel.03-3248-8454
map

カロメル社×minato.Bobコラボ展(仮) 13/12/07 - 14/01/05

131130_1.jpg

『カロメル社×minato.Bobコラボ展(仮)』

http://calomelsha.wix.com/home#!information/c1mya

13/12/07 - 14/01/05

--
イラストレーターのminato.Bobさんと
イラスト×ファッション×少年×北欧をテーマにした展覧会をします。
オリジナルテキスタイルのお洋服も登場です!
--

at : cafe ハナノキ
東京都千代田区外神田3-5-13
tel.非公開
map

人形展・屋根裏の忘れもの 14/02/04 - 02/15

131130_2.png

『人形展・屋根裏の忘れもの』

http://nachizacca.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

14/02/04 - 02/15

矢口了一(人形)・小田夏子(衣装)による球体関節人形展

at : ぎゃらりー遊
東京都北区赤羽西1-35-8レッドウイングビル
tel.03-6808-7575
map

北見隆/建石修志/東逸子 +宇野亜喜良 fig.4 植物學 13/12/02 - 12/07

131129_1.jpg

『北見隆/建石修志/東逸子 +宇野亜喜良 fig.4 植物學』

http://spaceyui.com/schedule/fig_13.html

13/12/02 - 12/07

--
我々は植物学者である。 植物の形態学、心理学、生態学と各々の研究分野は枝分かれしているが、様々な 領域からの蒐集・分類を通して、儚くそして力強い草木の幻影を追い求め、また その根、枝葉が編み上げる「世界樹」をも夢見るのである。 温室の中で薔薇の芳香に噎び、また時にはメスを片手に採集した植物の細胞に分 け入る。机の上には整理されていない植物標本がリンネの分類表とともにある。 寝台の枕元にはオウィディウスの「転身物語」のダフネの頁が開かれたままでも ある。 混沌とした密林、生殖器としての花、地を這う苔類、はたまたアールヌーボーの 渦巻曲線。形態から神話まで、植物はその様相を千変万化させながら我々の内な る空間に広がる。 キャンヴァスと謂う標本箱を手に、「植物のイマージュ」の真相を探る、我々は 「似非植物学者」である。 【建石修志】
--

at : Space Yui
東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F
tel.03-3479-5889
map

ゴシック&ロリータバイブル vol.50 付録:中村明日美子イラスト表紙 2014年ゴスロリ手帳・イラストシール 13/11/25発売 

『ゴシック&ロリータバイブル vol.50 付録:中村明日美子イラスト表紙 2014年ゴスロリ手帳・イラストシール』

ゴシック&ロリータバイブル vol.50  (amazon)

13/11/25発売

・表4 中村明日美子描き下ろしイラストあり

第3回「デジタル・ショック」 -マシンが夢見るとき- 14/02/21 - 03/23

131128_1.jpg

『第3回「デジタル・ショック」 -マシンが夢見るとき-』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/dc2014/

14/02/21 - 03/23

--
デジタル・カルチャー、新映像の分野におけるフランスの創造性にスポットをあてたフェスティバル、第3回「デジタル・ショック」を2014年2月に開催します。今年度は、私達に夢を与え、クリエーションの分野においても次第に多くの部分を占めるようになった”インテリジェント・マシン”をテーマに様々な作品をご紹介します。第3回を迎える今年は、より進化した質の高いフェスティバルを目指し、日本全国のフランス文化機関のネットワークを介し、さらに規模を拡大して開催の予定です。
20世紀の機械の到来は、来たるべき時代への幻想と憧憬と同様に恐れを生み出しました。今日でも人工知能を持つロボットの進化は、様々な分野に画期的な前進をもたらすと考えられている一方で、先代からの恐怖、新しく芽生える不安もぬぐえません。これはある意味現代アートの分野にも言えることで、デジタルを取り入れたアート作品はそれだけである種の警戒心を抱かせるものでしたが、近年になって遅まきながら評価されるようになりました。いずれにせよ、デジタルアートの占める位置と正当性を巡っては常に議論がなされるところです。
マシンはこれまで長い間、“奴隷 ”のように人間に使われる存在でしたが、次第に自律性を高め、場合によっては人間から逃れる能力をも持つようになりました。テクノロジー、エレクトロニック、コンピューターを使ったアート制作の現場においても、マシンの請け負う役割は重要性を増すばかりです。
これまでマシンは私達に夢を与えてくれました。今度はマシン自身が夢を見る日が来るのでしょうか? その夢を、私達は知ることができるのでしょうか? その時マシンは私達に何と言うのでしょうか?
開催期間中、アンスティチュ・フランセ東京の中庭は夢見るマシンを題材としたアート空間へ、ギャラリーは人間と機械が入り混じる幻想的な異空間へと生まれ変わります。その他、ビデオアート展示や多くのアーティストを迎える討論会を通し、未来の私達とマシンとの関係に夢を馳せてみたいと思います。
プログラムの詳細はこちらのサイトにて近日中にご覧いただける予定です。
平成25年度[第17回]文化庁メディア芸術祭協賛事業
--

at : アンスティチュ・フランセ東京
東京都 新宿区市谷船河原町 15
tel.03-5206-2500
map

『定本 何かが空を飛んでいる』(国書刊行会)刊行記念 稲生平太郎×柳下毅一郎トークショー 13/12/21 16:00-

capture-20131127-111841.png

『『定本 何かが空を飛んでいる』(国書刊行会)刊行記念 稲生平太郎×柳下毅一郎トークショー』

http://www.tokyodoshoten.co.jp/blog/?p=5641

13/12/21 16:00- (open 15:30-)  参加費¥800(要予約 ドリンク付き)

--

定本 何かが空を飛んでいる
定本 何かが空を飛んでいる

--
92年に刊行され、円盤現象や神秘体験を明快に論じた名著として絶賛されながら、長らく入手困難になっていた『何が空を飛んでいる』がついに復刊!あわせてオカルト研究家にして英文学者、そして小説家でもある稲生平太郎のオカルティズム・民俗学エッセイを集大成したものが今回の定本版です。この刊行を記念して、著者の稲生氏、そしてオカルティズムにも造詣が深い特殊翻訳家の柳下毅一郎さんをゲストに迎えてトークショーを開催いたします。稲生氏のトークショーは都内ではこれが初、非常に貴重な機会ですので、是非ともお見逃し無く!!*トークショー後はサイン会も開催いたします
--
稲生平太郎
1954年大阪府生まれ。本名、横山茂雄。別名に法水金太郎。京都大学卒、博士(文学)。英文学者、作家、奈良女子大学教授。横山名義の著書に『聖別された肉体―オカルト人種論とナチズム』(書肆風の薔薇)、『異形のテクスト―英国 ロマンティック・ノヴェルの系譜』(国書刊行会)、 訳書にマーヴィン・ピーク『行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙』、ヒレア・ベロック『子供のための教訓詩集』(共に国書刊行会)、 編著に『遠野物語の周辺』(国書刊行会)、『危ない食卓― 十九世紀イギリス文学にみる食と毒』(新人物往来社)など。『日影丈吉全集』(国書刊行会)の編集、全巻解説も手がける。稲生名義の著書に『アクアリウムの夜』(書肆風の薔薇、のちに角川スニーカー文庫)、『アムネジア』(角川書店)、法水名義の訳書にJ・G・バラード『残酷行為展覧会』(工作舎)がある。近刊に『映画の生体解剖』(高橋洋と共著、洋泉社)。
--

at : 東京堂書店神田神保町店6階東京堂ホール
東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
tel.0120-400-361
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

文学とアートの出逢い 13/11/27 - 12/08

bdalhoauiwgp;ao

『文学とアートの出逢い』

http://palette-gallery.jp/wp/wp-content/uploads/2013/11/H.P.用-02.jpg

13/11/27 - 12/08

at : パレットギャラリー
東京都港区麻布十番2-9-4
tel.03‐6435‐2336
map

・12/01 16:00- 宇野亜喜良 ギャラリー・トーク
・via : Twitter/@mitsuami_chan

清水真理 人形展 [メリーゴーランド メリークリスマス展]  13/12/14 - 12/24

131127_1.jpg

『清水真理 人形展 [メリーゴーランド メリークリスマス展] 』

http://shimizumari.jimdo.com/exhibitions-展覧会/メリーゴーランド-メリークリスマス展/

13/12/14 - 12/24

--
pays des fees×清水真理 コラボレーションワンピース発売を記念して、東京・中野のpays des dees店頭にて清水真理個展を開催します。
ワンピースのなかに登場する奇妙な生き物たちや可愛い少女人形がpays des feesにやってきます。
ドールメリーゴーランドワンピース  ¥29,000(税込) サイズ展開 7号・9号・11号
pays des fees店頭、通販、清水真理個展会場にてお買い求めの方全員に、ロゴ入りエコバッグをプレゼント!
--

at : pays des fees ペイデフェ
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ4階464-1
tel.03-5318-9439
map

バルテュス展 早割ペアチケット(2枚1組、2,000円)販売 13/12/12-

『バルテュス展 早割ペアチケット(2枚1組、2,000円)販売』

http://balthus2014.jp/

13/12/12 発売

通常前売券は2014年2月の発売を予定
入手方法他詳細 後日上記URL先参照

森谷勇介個展「Breathe out.」 14/01/14 - 01/19

131125_2.jpg

『森谷勇介個展「Breathe out.」 』

http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT144/moriyayusuke.html

14/01/14 - 01/19

--
毒リンゴに歯が生えたポイズンアップルシリーズや、動物の骨と歯車を組み合わせた標本のような スチームパンク作品の展示/販売を行います。グッズや新作も出品します。
スチームパンク調の作品は、動物の骨格と機械をミックスした標本をイメージして 「自分の好きな物、カッコいいと思うもの」を形にしています。
歯の生えたリンゴは「白雪姫の毒リンゴ」をモチーフに、自分が逆に食べられてしまうような毒の イメージで作っています。またサイズ・色・形などパターンを変えて変化もつけています。
リンゴは自身のマスコットとして定着させるのを意識しています。
素材は主に樹脂や粘土で、その他に木・金属・プラスチックなど様々な素材を組み合わせています。 最終的に塗装で本物のような質感を表現し、実際にはない重さや汚れなどを表現するのが得意です。 「アート作品」としてだけでなく、それを量産したり、派生作品を作り、商品/グッズなどにも 展開出来るような制作の形を目指しています。
--

at : The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

・プロフィール他詳細 上記URL先参照

LOGOS洋書バザール ”13-14”winter 13/12/28 - 14/01/08

131125_1.jpg

『LOGOS洋書バザール ”13-14”winter』

13/12/28 - 14/01/08

--
年末年始恒例!パルコブックセンター渋谷店がよりに選りすぐったビジュアル洋書をスペシャル価格にて放出する、洋書バザール2013-2014ウインターをロゴスギャラリーにて開催。
アート・写真・デザイン・建築・インテリア・ライフスタイル・ファッション・絵本など美しいビジュアルを切り口とした洋書約5,000冊を、通常店頭価格の30-80%OFFの価格にて販売いたします。
更に好評のポストカードも充実のボリュームにて販売、雑貨アイテムも昨年以上にアイテム増の予定です。
--

at : LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコパート1 / B1
tel.03-3496-1287
map

幽霊船 THE GHOST SHIP 14/01/30 - 02/04

131208_2.jpg

『幽霊船 THE GHOST SHIP』

http://www.house-of-zaroff.com/ja/gallery_2nd/20140130/index.html

14/01/30 - 02/04

--
見よ、海上を疾駆する壮麗なる神秘の城

浅野信二 伊豫田晃一 川島朗 Toru Nogawa 渡邊光也
--

at : 画廊珈琲 Zaroff ザロフ
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
tel.03-6322-9032
map

ミヒャエル・エンデナイト 13/12/08 open 17:30 / start 18:00

『ミヒャエル・エンデナイト』

http://www.6jigen.com/

13/12/08  open 17:30 / start 18:00 参加費:¥1500(ドリンク付き)

--
とんぼの本『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと:時間・お金・ファンタジー』編集者の井出幸亮さんをゲストに迎え、エンデの魅力について語り合います。
出演:井出幸亮(編集者)×ナカムラクニオ(6次元)
--

at : 6次元
東京都杉並区上荻1-10-3 2F
tel.03-3393-3539
map

・申し込み方法他詳細 上記URL先参照

ピーピング・トム公演『フォー・レント』 14/02/17 - 02/19

131123_2.jpg

『ピーピング・トム公演『フォー・レント』 』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/peeping-tom/

14/02/17 - 02/19  一般 ¥4800

--
舞台は、かつて栄華を極めた貴族の館、もしくは古い劇場の一角のようでもある。正面には深紅のカーテンが、巨大な広間に流れる時間を封印するかのごとく壁一面を埋め尽くしている。おそらく競売にでもかけられているのであろうか、家具には白い布がかけられ、“その時”が訪れるのを静かに待っているかのようだ。
屋敷の執事が、女主人に来客を告げる。行き交うゲストの波に、懐かしい歌手の姿がフラッシュバックする。その瞬間、途絶していた時間がゆっくりと流れだす。ゆがみながら、未来へ、そして、過去へ…
見るものを現実から引き離す、想像を超える舞台空間。メビウスの輪のように繰り返す、悪夢とファンタジーが織りなす禁断のストーリー。
--

at : 世田谷パブリックシアター
東京都世田谷区太子堂4丁目1番地1号
tel.03-5432-1526(代表)
map

・上演時間他詳細 上記URL先参照

スウェーデン映画祭2013 13/11/30 - 12/06 

131123_1.jpg

『スウェーデン映画祭2013』

http://www.swedenabroad.com/ja-JP/Embassies/Tokyo/4/-sys2/

13/11/30 - 12/06  

--
この画期的な映画祭では、スウェーデンの映画文化を新旧を問わず日本の皆さんへご紹介致します。
先日の東京国際映画祭でスウェーデン人映画監督ルーカス・ムーディソンが、東京サクラグランプリ東京都知事賞を受賞したことは記憶に新しいと思います。最近は北欧のミステリーへの関心も世界的に広がりを見せ、日本でも『ミレニアム』や『催眠』などが大ヒットしました。ミステリーと平行して古典も根強い人気があり、現在では夏から始まった「イングマール・ベルイマン3大傑作選」も全国の劇場で順次公開されています。スウェーデン映画をもっとみたい、という熱いリクエストを受け、渋谷ユーロスペースにて11月30日~12月6日の間、スウェーデン映画祭を開催する運びとなりました。本映画祭では9つの最新作の上映のほか、旧作の回顧上映として、スウェーデン文学をもとに制作された作品をテーマに上映致します。なお、期間中にはノーリング監督のトークショー、柳下美恵さんによるピアノ演奏、女流監督によるシンポジウムが開催されます。
ぜひ東京でスウェーデンを満喫してください。皆様のご来場をお待ちしています。
スウェーデン大使館広報文化担当官 アダム・ベイェ
映画祭ダイレクター ヨハン・ノルドストロム
--

at : ユーロスペースEUROSPACE
東京都渋谷区円山町1‐5
tel. 03-3461-0211
map

上映スケジュール
・その他詳細 上記URL先参照

IMTカレッジ 特別展示『驚異の部屋—京都大学ヴァージョン』関連ディスカッション・イベント 東大×京大 「二人の館長、『驚異の部屋』を大いに語る」 13/11/28 18:00 – 19:30 

131122_2.jpg

『IMTカレッジ 特別展示『驚異の部屋——京都大学ヴァージョン』関連ディスカッション・イベント 東大×京大 「二人の館長、『驚異の部屋』を大いに語る」』

http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0011

13/11/28 18:00 – 19:30(0pen17:30)  

ディスカッサント:西野嘉章(東京大学総合研究博物館館長/博物館工学・美術史学)×大野照文(京都大学総合博物館館長/古生物学)
定員:48名 料金:¥1,000(事前チケット購入制)

--
 IMTカレッジでは、特別展示『驚異の部屋——京都大学ヴァージョン』の開催に合わせ、ディスカッション・イベントを行います。東西の雄として、長い歴史とともにさまざまな研究の蓄積を誇る「東大」と「京大」。インターメディアテクは、東京大学コレクションで構成された常設展示と今回の京都大学コレクションによる特別展示とを通じて、両大学の学術遺産の集積を初めて同時に見ることができる「驚異の部屋」となっています。本イベントでは、特別展示を企画した東京大学総合研究博物館の西野嘉章館長と京都大学総合博物館の大野照文館長が、展示中の学術標本の解説を交え、本展覧会のテーマである「驚異の部屋」について大いに議論をたたかわせる場を創出します。
--

at : JPタワー学術文化ミュージアム インターメディアテク2階「ACADEMIA(レクチャーシアター)」
東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー2・3階
tel.03-5777-8600
map

・申し込み方法他詳細 上記URL先参照

細江英公『薔薇刑』プリント販売展 13/11/25 - 12/25

131122_1.jpg

『細江英公『薔薇刑』プリント販売展』

http://www.book-komiyama.co.jp/blog/?p=6693

13/11/25 - 12/25

--
貴重な『薔薇刑』未掲載品3点を含む、41点のプリントを、展示・販売致します。
開催期間は、2013年11月25日(月)から、12月25日(水)まで。
是非、足をお運び下さい。
--

at : 小宮山書店 4階ショールーム
東京都千代田区神田神保町1-7
tel.03-3291-0495
map

桑原弘明展 scope 13/12/14 - 12/25

131121_4.jpg

『桑原弘明展 scope』

http://www.span-art.co.jp/exibition/201312scope/index.html

13/12/14 - 12/25  [作品公開時間] 13:30/15:30/17:30

at : Span art gallery スパンアートギャラリー
東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
tel.03-5524-3060
map

河内良介”おだやななりし夜空のもと” 13/11/22 - 12/07

131121_1.jpg

『河内良介”おだやななりし夜空のもと”』

http://www.gallery-tsubaki.jp/2013/1122gt/info.htm

13/11/22 - 12/07

at : ギャラリー椿 GT2
東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F
tel.03-3281-7808
map

・上部参考画像 「骨標本のある風景」 鉛筆、 107x20cm

大山龍 「生物化学アート」 13/12/23 - 12/18

131120_2.png

『大山龍 「生物化学アート」』

http://www.peppers-project.com/gallery/jp/12special/02ss/index.htm

13/12/23 - 12/18

--
生物、有機化学などの知識を用いたアートワークス。
この技術への考え方のアプローチ、プロセスは現代美術の理解の領域を拡げていく可能性がある。
Ryu Oyama
大山はアーティストでもあり,薬剤師である。薬学部での経験はその後,制作の基となる化学、有機化学、生物学、毒性学から興味の範囲を広げていった。大山の対象は、アンタゴニズム、コントラスト、矛盾、そしてパララックス(slavoj zizekの定義)視差、ギャップ、それはつまり美と醜、保存と破棄、治療と毒の間に存在する。
昭和薬科大学薬学部(1995-1998),金沢美術工芸大学(2002-2006)卒業後にドイツに留学、国立カールスルーエ美術大学(2006-2013)卒業後(diplom取得)フランクフルトを拠点に活動する。2009年にカールスルーエ市立ギャラリー、2010年ソウル市内での展覧会を企画、展示。他ベルリン、シュツッツガルトなどの都市で展覧会に参加する
--

at : Pepper's Gallery
東京都中央区銀座7-13-2 銀座パインビルB1
tel.03-3544-3240
map

NHK 探検バクモン「奇々怪々?ろう人形の館」 13/11/20 22:55 - 23:20 放送予定

『NHK 探検バクモン「奇々怪々?ろう人形の館」』

http://www.nhk.or.jp/bakumon/nexttime/index.html

13/11/20 22:55 - 23:20 放送予定

--
東京の住宅街に実在する奇妙なろう人形の館に潜入!坂本龍馬からジョン・レノンまで、リアルすぎる世界のスター大集合!本物と見まごうばかりの爪や髪、超絶技術大公開。
歴史上の人物や有名人を、実像そのままに甦らせる「ろう人形」。そのリアルさは見る者を不思議な世界へとトリップさせる。しかし、日本にこの世界の巨匠が存在することはあまり知られていない。その名は松崎覚。東京杉並区にある彼の仕事場「蝋(ろう)プロ」は、閑静な住宅街にたたずむ奇妙なろう人形の館だった。
潜入した爆笑問題は、いきなり坂本龍馬に太宰治、さらにはジョン・レノンにパブロ・ピカソといった世界のセレブに遭遇。毛穴やシワに至るまで精巧を極めた超絶技術に度肝を抜かれる。外見だけでなく精神面まで描くという驚異のリアルさに」、太田はかつて父から聞かされた記憶を呼び覚ます。太田の父と太宰治の以外な関係とは?
続いてはアトリエに特別潜入!通常一般に公開されることのない、ろう人形制作の一部始終を目撃する。そこで、リアルすぎる松崎のろう人形の秘密が明らかに。唇はもちろん爪や血管までろうで作ってしまうという、世界で類を見ない神業の数々。
松崎とのトークでは、ろう人形にまつわる知られざる秘話が明らかに。個人でろう人形を発注する人たち、その心理の奥底のにあるものは?ろう人形の世界から垣間見える人間の心の不思議さに迫る。
--

at : NHK 探検バクモン


忘年会「蝙蝠協會」 13/12/06 12:00 - 18:00

1312006_koumori.jpg
illustration:林アサコ様

『忘年会「蝙蝠協會」』

13/12/06(fri) 12:00 - 18:00

会場費¥1000(お店のスタッフへお渡しください)+ご自身の飲みたいもの・食べたいもの持参

at : 画廊・珈琲 Zaroff 2F(貸切)
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路 (新宿から京王新線で一駅 徒歩数分)
tel.03-6322-9032
map

こんにちは。管理人です。

蝙蝠協會というのは、箱詰人形さんの管理するブログ「蝙蝠と蛞蝓の宴」との合同イベント名でして、zaroff様にての忘年会は昨年度に引き続き2度目となります。

お客様とお酒を飲んだりしながらあれこれ語る忘年会です。途中参加/退出可能な、比較的ゆるい感じなのでどなた様もお気軽にお越しくださいませ(飲食物差し入れ歓迎です)。

今年はとりあえず最初の方にプロジェクターで製作総指揮:コッポラ/ルーカス、主演:緒形拳の、日本未公開映画「ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ」を鑑賞しようかなと考えております。もしご一緒されたい方がいらっしゃいましたらば、ぜひ。

上部の素敵イラストは、林アサコ様にお願いし、今回のために描き下ろししていただいたものです。
林アサコ様は、ご自身の個展の他にも各グループ展や、以前当方企画の絵画展にもご出品いただいたり、またTH(トーキングヘッズ叢書)にもご寄稿・掲載されるなど、多方面にその才能を発揮されていらっしゃる方です。
よろしければ下記URL先より作品やお人柄に触れていただければと思います。
林アサコ’s Portfolio
galerieH プロフィール 林アサコ HAYASHI asako
Twitter / @asakovsky

それでは、12月6日(金)、画廊・珈琲 Zaroff 2Fにて管理人両名お待ちしております。

ヨヨギ 拝


『いまだ知られざる寺山修司―わが時、その始まり』 展 13/11/26 - 14/01/25

131117_3.jpg

『『いまだ知られざる寺山修司―わが時、その始まり』 展』

http://www.waseda.jp/enpaku/special/2013terayama.html

13/11/26 - 14/01/25 

--
戦後の日本を恐るべき勢いで駆け抜けた寺山修司。
短歌、小説、映画、ラジオ、テレビ、演劇…あらゆる表現領域に挑戦した寺山が47歳の若さでこの世を去ってから、今年で30年。
寺山の母校である早稲田大学では、演劇博物館に寺山の膨大な関連資料が寄託されたことを記念し、展覧会を開催します。
幼少期から演劇実験室・天井桟敷旗揚げまで、寺山の創作活動の原点ともいえる若かりし寺山の創作に光を当て、未公開資料を中心に、いまだ知られざる「寺山修司」に迫ります
--

at : 早稲田大学125記念室(大隈記念タワー 26号館10階)
東京都新宿区西早稲田1-6-1
tel.03-3203-4141(総合案内)
map

・関連イベント複数 上記URL先参照

海洋堂「ホネコレ!十二支動物頭骨根付」 13/11/20頃発売

131116_1.jpg

131116_2.jpg

『海洋堂「ホネコレ!十二支動物頭骨根付」』

http://www.capsuleq.in/m/index.htm

発売日:2013年11月20日頃   価格:1回 ¥300

--
リアルで美しい動物骨格標本ミニチュア
不思議な魅力を持つ動物の頭骨を根付にしてみました。動物のチョイスはお馴染みの十二支。身近な動物から想像上の幻獣まで、バラエティ豊かなデザインが揃います。12の動物を6点ずつ上下2シリーズに分けてお届け。
上巻では前半の子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)。
下巻では後半の午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)。
さらに、2014年の干支「午年スペシャル」として、ゴールドーカラーの馬頭骨が少数混入。
--

・取り扱い店/施設他詳細 上記URL先参照

バルテュス展 14/04/19 - 06/22

131115_1.png

『バルテュス展』

http://balthus2014.jp/

14/04/19 - 06/22  前売一般 ¥1300

--
ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめた画家バルテュス(本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ、1908-2001)。時が止まったように静謐な風景画や、バルテュス曰く「この上なく完璧な美の象徴」である少女のいる室内画など、どこか神秘的で緊張感に満ちた独特の世界観は、多くの人々に愛され続けています。
その世界的な人気ゆえ、作品の所蔵先は世界中に広がっており、彼が愛したこの日本で我々の目に触れる機会は極めて限定的でした。日本はバルテュスをもっと知るべきで、知れば知るほど、きっと好きになります。
没後初の大回顧展が、ついに実現します。世界中から集う40点以上の油彩画に加えて、素描や愛用品など100点以上を紹介します。2014年春を、お楽しみに。
--

at : 東京都美術館 企画展示室
東京都台東区上野公園8-36
tel.03-3823-6921
map

・京都会場 2014/07/05 - 09/07 京都市美術館
・via : Twitter/@heibonshatoday

魔夜峰央トークショー 13/12/08 open 12:00 / start 13:00

『魔夜峰央トークショー』

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/19355

13/12/08  open 12:00 / start 13:00  前売¥2,300 / 当日¥2,500(共に飲食代別)

--
【出演】
魔夜峰央
柳家小せん
瀧上伸一郎(流れ星)※予定
毎年恒例!魔夜峰央先生のトークショー!
今年は阿佐ヶ谷ロフトAの6周年記念イベントとして開催します!!
11月5日(火)には『パタリロ!』の91巻(花とゆめコミックス)も発売!
ゲストには毎年お馴染み、落語家の柳家小せんさんに加えて、パタリロ大好き芸人としておなじみの流れ星瀧上さんも出演予定!落語あり、お酒の入った気軽なトークあり、お客様からのアンケートにもどんどん答えて頂きますよ~。
--

at : Asagaya/Loft A 阿佐ヶ谷ロフトA
東京都杉並区阿佐谷南1-36-16-B1
tel.03-5929-3445
map

・1オーダー以上の注文が必要
・チケット情報等上記URL先参照

こやまけんいちのカラクリ仕掛けオルゴール箱展 箱絵本 13/12/13 - 12/28

BaJv7zuCUAIkK9B.jpg

『こやまけんいちのカラクリ仕掛けオルゴール箱展 箱絵本』

http://www.billiken-shokai.co.jp/billiken_files/gallery/gallery_schedule.html

13/12/13 - 12/28

at : ビリケンギャラリー
東京都港区南青山5-17-6-101
tel.03-3400-8814
map

映画「バイロケーション」前売り券特典:三浦悦子人形絵柄クリアファイル 13/11/16 - 発売

131114_3.jpg


『映画「バイロケーション」前売り券特典:三浦悦子人形絵柄クリアファイル』

http://bairoke.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

13/11/16 - 発売

--
「バイロケーション」前売り券として、ムビチケの発売が決定しました。
11月16日(土)より全国の上映劇場で順次発売となります。
インターネットで座席指定までできる便利なシステムです。
劇場窓口でご購入の方は、特典で特製クリアファイルをプレゼント致します。
特製クリアファイルはキャストが勢揃いしたポスタービジュアル(表)とバイロケ人形ビジュアル(裏)!
「バイロケーション」前売り券【ムビチケ】
発売日:11月16日(土)より、全国の上映劇場で順次発売
特典:特製クリアファイル ※数量限定
価格:1,400円(税込)
--

・発売劇場他詳細 上記URL先参照
公式HP




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。