スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点滴堂 企画展 「冬のサナトリウム」 15/01/07 - 01/18

141231_1.jpg

『点滴堂 企画展 「冬のサナトリウム」』

http://tentekido.info/sanatorium.html

15/01/07 - 01/18

--
さみしくて清潔な物語の一部のような。
冬の弱い光の中の儚い祈りのような。
静かな作品たちといっしょの空間で♪
つめたいこころの治癒のひとときを、お楽しみください…☆
--
参加アーティスト
江津匡士 金田アツ子 くうそうせかい 高橋千夏 とりかわつくね コトリ花店 なかよしこけし堂
出品予定作品
絵画・イラストレーション・オブジェ・アクセサリー・雑貨・その他
--

at : BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
東京都武蔵野市中町 1-10-3 2F
tel.090-6796-5281
map

スポンサーサイト

井田千秋 初個展 おしろにすんでいる 15/02/03 - 02/08

141230_3.jpg

『井田千秋 初個展 おしろにすんでいる』

http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT154/idachiaki.html

15/02/03 - 02/08

at : The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

エリック・サティとその時代(仮称) 15/07/08 - 08/30

141230_1.jpg

『エリック・サティとその時代(仮称)』

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_satie.html

15/07/08 - 08/30

--
エリック・サティ(1866-1925)は、20 世紀への転換期に活躍したフランスの作曲家です。サティは芸術家たちが集い自由な雰囲気をたたえるモンマルトルで作曲家としての活動を開始し、その後生涯を通じて芸術家との交流を続けました。第一次大戦以降は舞台作品にも関与し、パブロ・ピカソとはバレエ・リュスの公演《パラード》を、フランシス・ピカビアとはスウェーデン・バレエ団の《本日休演》を成功させます。また一方でジョルジュ・ブラック、コンスタンティン・ブランクーシ、マン・レイ、そして数々のダダイストたちがサティとの交流から作品を生み出していきました。
本展ではマン・レイによって「眼を持った唯一の音楽家」と評されたサティの活動を芸術家との交流のなかで捉え、刺激を与え合った芸術家たちの作品を通して、作曲家サティの新たな側面を浮かび上がらせます。
--

at : Bunkamuraザ・ミュージアム
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-5777-8600
map

・上部参考画像
ジュール・グリュン 《「外国人のためのモンマルトル案内」のためのポスター》
1900年 紙、リトグラフ モンマルトル美術館、ル・ヴュー・モンマルトル・コレクション蔵

山本タカト オリジナルポスター 灰の帷のように 

141229_1.jpg

『山本タカト オリジナルポスター 灰の帷のように』

http://www.span-art.co.jp/artists/yamamototakato/poster_ashycurtain.html
(スパンアートギャラリー ショップページ)


B2版, 2014
山本タカトサイン入
JPY 1,000 yen (w/o tax)


津原泰水presents『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』刊行記念パーティ〜筒井康隆さんを囲む夕べ〜 15/01/29 19:00 - 21:00予定 

t.png

『津原泰水presents『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』刊行記念パーティ〜筒井康隆さんを囲む夕べ〜 』

http://www.gei-shin.co.jp/event/index.html#2014-12-24

15/01/29  19:00 - 21:00予定  会費:10,000円   定員:先着35名様

ゲスト:筒井康隆 特別ゲスト:金子國義
司会:澁川祐子(『たんときれいに召し上がれ』所収「コロッケ」著者)

--
監修者の津原泰水さんが、筒井康隆さんをお招きし、
特別ゲストの金子國義さんをまじえて、
お食事やお話を楽しむイベントです。
書籍を購入された方には、もれなく
筒井康隆先生、金子國義先生、津原泰水先生、三氏のサイン入り!
※当日会場で書籍の販売をいたします。
--

at : ロシア料理「スンガリー」新宿東口本店
東京都新宿区歌舞伎町2-45-6 千代田ビルB1
tel.03-3209-4937
map

・申し込み方法他詳細 上記URL先参照

楠本まき「赤白つるばみ」上巻 14/12/25発売

141226_1.jpg

『楠本まき「赤白つるばみ」上巻発売』

http://natalie.mu/comic/news/134785

14/12/25 発売

集英社  ¥823
ISBN-10: 408792002X
ISBN-13: 978-4087920024

魔女の秘密展 東京開催 2016年3月

141224_2.jpg

『魔女の秘密展 東京開催』

http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/43875/
(Art Annual online記事)

2016年3月開催(予定)

現時点会場他詳細不明

公式HP

・詳細後日更新
・上部参考画像
シュパンゲンベルク・グスタフ=アドルフ「ワルプルギスの夜」1862年 ハンブルク市立美術館(ドイツ)
・via : twitter/‏@Kohitsujisha

「Lumiebre」(ルミエーブル)×今井キラ コラボ傘 第3弾『鳥かごの冠』 予約開始 

141224_1.jpg

『「Lumiebre」(ルミエーブル)×今井キラ コラボ傘 第3弾『鳥かごの冠』 予約開始』

http://kira.main.jp/2014/7652/
(今井キラHP)

【予約商品】【今井キラ コラボ】鳥かごの冠 | 傘・レディースパゴダ傘(女性用・雨傘)【雨晴兼用/UVカット/フリル】


全3色(ピンク、ベージュ、ブラック)
発売日 2015年02月05日
価格 7,900円 (税込 8,532 円) 送料別


新文芸座オールナイト 陶酔のセルゲイ・パラジャーノフ 15/02/07

141223_1.jpg

『新文芸座オールナイト 陶酔のセルゲイ・パラジャーノフ』

http://www.shin-bungeiza.com/allnight.html

15/02/07

火の馬〈デジタルリマスター版〉(1964・旧ソ/92分/BD) 23:00-
ざくろの色〈デジタルリマスター版〉(1969・旧ソ/73分/BD)
スラム砦の伝説〈デジタルリマスター版〉(1984・旧ソ/83分/BD)
アシク・ケリブ〈デジタルリマスター版〉(1988・旧ソ/74分/BD) -5:10(予定)

at : 新文芸座
東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
tel.03-3971-9422
map

・前売券:12/26(金)より新文芸座先行発売 その他詳細上記URL先参照

アンコール上映 パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト 15/01/02 - 01/16



『アンコール上映 パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_paganini.html

15/01/02 - 01/16

--
<満員御礼!2014年ル・シネマ大ヒット作アンコール上映>
"聴け、人生と引き換えにした、この音を―。"
音楽史上、これほどスキャンダラスな伝説をまとったヴァイオリニストが存在しただろうか。ニコロ・パガニーニ──聴衆を驚愕の嵐に巻き込み、「悪魔に魂を売り渡して手に入れた」と恐れられた前代未聞の超絶技巧、派手な女性関係、ギャンブル・・・尽きることのない逸話の影には、彼の人生を変えた知られざる二人の人物がいた。一人は、パガニーニを一大スターへと押し上げた敏腕マネージャー。もう一人は、生涯ただ一度の“純愛”の相手──。不世出の才能に恵まれながらも、破滅型の異端児だったパガニーニがいかにしてヨーロッパ随一のアーティストへと上りつめたのか?そのカリスマ性に群がる女性たちと放蕩の限りを尽くしていた男が、なぜ一人の女性に魂を奪われたのか? そして純粋すぎる愛の思いがけない行方とは? いま、パガニーニのドラマティックな生涯に秘められた真実が明かされる──。
パガニーニを演じるのは、欧米で爆発的な人気を誇るスーパースター・ヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレット。8歳ですでに国際的なオーケストラと共演、クラシック界での絶大なる評価に飽き足らず、ロックとのクロスオーバーに挑み、アルバム「ロック・プレリュード」では全米クラシカル・クロスオーバー・チャートで9週にわたって第1位に輝くという驚異的なベストセラーを記録した。音楽界の革命児であり、全世界の女性ファンを虜にするそのヴィジュアルは、まさに21世紀のパガニーニと言えるだろう。息を呑む超絶技巧で奏でる、5億円の名器ストラディヴァリウスの旋律に魂を鷲掴みにされ、切なくも美しい愛の物語に涙する、超本格的音楽エンターテインメントが誕生した!
--

at : Bunkamura ル・シネマ
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

・休映日他詳細 上記URL先参照
・公式サイト http://paganini-movie.com/

北島敬三「ヘンリー・ダーガーの部屋」 15/02/20 - 03/12

141220_4.jpg

『北島敬三「ヘンリー・ダーガーの部屋」』

http://plginrt-project.com/adb/?p=33242&utm_content=buffer730a8&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
(ARTIST DATABASE 記事)

15/02/20 - 03/12

at : エプソンイメージングギャラリー エプサイト
東京都 新宿区 西新宿2-1-1 新宿三井ビル1F
tel.03-3345-9881
map

伊豫田晃一 個展【魔物語の肖像展 ~The Anecdotes in Demonology~】 15/02/17 - 02/28

Iyoda_DM_pic.jpg

『伊豫田晃一 個展【魔物語の肖像展 ~The Anecdotes in Demonology~】』

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201502iyodakoichi.html

15/02/17 - 02/28

at : スパンアートギャラリー SPAN ART GALLERY
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
tel.03-5524-3060
map

伊豫田晃一HP 白色矮星

-「美貌帖」出版記念- 金子國義展 美貌の翼 15/01/31 - 02/11

141220_2.jpg

『-「美貌帖」出版記念- 金子國義展 美貌の翼』

http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/150131kaneko.html

15/01/31 - 02/11

--
煌びやかな時代、絢爛に塗れ求めた美貌―
 可憐にしてスキャンダラスな、少年少女の秘密の世界。独自の美学で表現した聖書の物語や、サドやバタイユなどのエロティシズム文学に描かれた《聖なるもの》への逆説的エロス。美徳と悪徳、聖に邪…、清濁入り混じる狭間にこそ人間本来の美しさを見出し、その衝撃的なデビュー以来一貫して追求してきた作家「金子國義」。
理性と狂気、そして激情が宿るその作品群は、絵画のみならず、写真や着物デザイン、舞台美術など、様々なジャンルを超えて熱狂的な支持を得てきました。
 1960年代、高度経済成長の只中にあった絢爛なる時代。澁澤龍彦、寺山修司、四谷シモンといった、日本の前衛芸術を切り拓いた寵児らと共に、世の中全てが激変していく時代を駆け抜けたその疾走は今なお衰えることなく、前衛という言葉が過去のものとなった今でも、本来の意味での「アヴァンギャルド」であり続けています。
 人は動物としての本能から逃れえず、知性を持つが故に人としての理性からも逃れえない。黒でもなく白でもない、グレーな存在である人間が内包する危ういバランスは、常に人を孤独にし、それゆえ常に人を惹きつけます。相容れない故に危うく、だからこそ魅惑的な美。これこそが作家の真骨頂であり、それを成す徹底した美学は観るものを魅了してやみません。
 Bunkamura Galleryにて7回目となる本展では、待望の新作をはじめ、旧作の油彩、ドローイングやリトグラフなどの諸作品を一堂に展覧・販売致します。また会期に併せ、作家の半生を綴った自叙伝「美貌帖」を出版予定!自身の心の深淵も意識せずにはいられない、金子國義が描く高潔なエロティシズムを、この機会にぜひご高覧下さい!
掲載作品
「The Book」
油彩、キャンバス
--

at : Bunkamura Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

山田 ミノル個展 「GIFT」 14/12/21 - 12/27

141220_1.jpg

『山田 ミノル個展 「GIFT」』

http://azabujuban-gallery.com/wp/?p=2003

14/12/21 - 12/27

at : Azabujuban Gallery
東京都港区麻布十番1-7-2 エスポワール麻布102
tel.03-5411-3900
map

企画展「秘密結社 少女遊会」記念冊子『Grimoire de Fille』  2014/12/5 Release

141218_1.jpg

『企画展「秘密結社 少女遊会」記念冊子『Grimoire de Fille』』

http://selfer.net/shoujo_yukai/?p=41

--
タイトル:『Grimoire de Fille』
企画展「秘密結社 少女遊会」記念冊子
A5・フルカラー・24P
2014/12/5 Release
【執筆者一覧】
タカハシヒロユキ/森夜ユカ/胡子/GENk
村田タマ/UCK/横田沙夜/花籠めうこ
ちょーこ/上野航/リリカルロリカル
見るな/ふせでぃ
【関連イベント】
◆作家交流サロン&冊子・グッズサイン会
日時●2014年12月7日[日] 15:00Start
--

— 小さな宝物 — コレクション オブ アート展 14/12/18 - 12/24

ex350.jpg

『— 小さな宝物 — コレクション オブ アート展』

http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/6f/event_20141218_arts.html

14/12/18 - 12/24

〈出品予定作家〉
網中いづる 宇野亜喜良 ささめやゆき KYOTARO 樋上公実子
寺門孝之 豊永侑希 野村直子 深瀬優子 ヒグチユウコ   
矢吹申彦 山本じん 山本裕子

at : 池袋 東武 6F 美術画廊 絵画サロン
東京都豊島区西池袋1-1-25
tel.03-3981-2211
map

CD「JA SEAZER J・A・シーザー 青少年のためのJ・A・シーザー入門」15/02/04発売 

141217_2.jpg

『CD「JA SEAZER J・A・シーザー 青少年のためのJ・A・シーザー入門」15/02/04発売』

http://diskunion.net/jp/ct/news/article/1/48704
(ディスクユニオン記事)

15/02/04発売  ¥3500(税込)

--
寺山修司との出会いから別れまでの15年間に、各レコード会社でレコーディングされた歌曲をBest studio worksとしてディスク1に、また1972年の初リサイタル『国境巡礼歌』から2013年の『大鳥の来る日』までの全ライブ音源をBest live performanceとしてディスク2にまとめた2枚組。
今なお拡張を続けるシーザーの音楽迷宮を大俯瞰したボーカル曲を中心とした聴きやすい曲で編成した入門編にして決定盤。◎2015年最新リマスタリング
寺山修司33回忌・生誕80年となる2015年。1月には世田谷パブリックシアターでJ・A・シーザー率いる演劇実験室万有引力による『身毒丸』公演もあり今後も目が離せません!
※未発表曲を多数含むJ・A・シーザーのディープな世界を堪能できるカルト編のリリース予定あり。乞う御期待!
--
収録予定曲
disc1 -Best studio works-
・東京巡礼歌
・和讃
・奴隷市場
・民間医療術(「阿片戦争」より未発表)
・こどもぼさつ
・南十字星の背理
・噂のフォークロア
・海のリボン(蘭妖子)
・愛染のテーマ(新高恵子)
disc2 -Best live performance-
・母捨般若経
・母恋しやサンゴ礁
・越後つついし親不知
・山に上りて告げよ
・オルフェ・ヒロシマ
・精霊飛蝗
・絶対運命黙示録
・大鳥の来る日
他2枚組全30曲前後収録予定
--

・via : twitter/@Miyauchi_Y

国立科学博物館・トイミュージックインスタレーションコンサート 14/12/20

141217_1.jpg

『国立科学博物館・トイミュージックインスタレーションコンサート』

http://www.novelcellpoem.com/event2.html

14/12/20  18:30 開場開演  前売り:¥5500 当日:¥6000  チケット購入ページ

--
世界中にマニアックなファンを持ち、日本のリスナーからも絶大な支持を得る、フランスのアヴァンギャルドトイミュージックの大御所、クリンペライ。
その初来日を記念して、東京上野・国立科学博物館、重要文化財にもなっている望遠鏡がシンボルとなる日本館1階南翼展示室にて、トイミュージックインスタレーションコンサートを開催致します。
メインステージの他、いくつかの展示ステージを作り、複数の場でそれぞれのアーティストがインスタレーションとして空間を作り演奏をするスタイルとなる為、同じ場所にずっと座って 観覧するのではなく、移動しながら展示や音楽を楽しんで頂く形となります。
16時半まではコンサートのチケットで、博物館の地球館、日本館ともに入場料無料でご観覧頂けます。(常設展のみ)
こちらの展示室でイベントが開催されるのは初めてとのこと。
夜のミュージアムの不思議な空間の中でのコンサートを是非お楽しみ下さい。
--

at : 国立科学博物館-日本館-1階南翼展示室
東京都台東区上野公園 7-20
tel.03-5777-8600
map

・出演アーティスト他詳細 上記URL先参照

月蝕歌劇団 第81回本公演「田園に死す」 15/03/26 - 03/29

『月蝕歌劇団 第81回本公演「田園に死す」』

http://page.freett.com/gessyoku/

15/03/26 - 03/29

作 寺山修司  構成・演出 高取英  音楽 J・A・シーザー

--
私の少年時代は私の嘘だったのだ!
〈恐山〉〈家出〉〈螢火〉〈母殺し〉
寺山修司の代表作を
高取英と月蝕歌劇団が、初の演劇化!
--

at : 学芸大学・千本桜ホール
東京都目黒区鷹番3-8-11
tel.03-3715-4019
map

・公演日時/料金他詳細 上記URL先参照

大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史- 15/03/10 - 05/06

『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』

http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

15/03/10 - 05/06  一般¥830

--
本展の見どころ!
ニセモノ ゾクゾク!!
・「ニセモノ」の地域性に迫る!
・日本にもミイラがいた!? ペリーの日本来航の日誌に記された真実とミイラの製作法もご紹介!
・奈良県の収集家水木氏のコレクションから、コレクターの世界を垣間見る。
・ジュラ紀から現代までにわたる、「ニセモノ」の数々一挙公開。
・新発見!! 織田信長の「ホンモノ」の書を初公開。
展示趣旨
私たちの日常生活では、お金をもうけるためだけの「食品偽造」や「ニセブランド」など、他人を騙す「ニセモノ」の話題に事欠きません。しかし本来、「ニセモノ」と「ホンモノ」は非常に微妙な関係にあり、「明と暗」「黒と白」といった単純なわけ方ができない場合もたくさんあります。
「ニセモノ」は、暮らしのなかで重要な役割をもち、さまざまな歴史をもっています。また、「ニセモノ」が「ホンモノ」を乗り越え、文化的な創造性を発揮することもあります。さらに、博物館で作られる研究目的の「ニセモノ」は、「ホンモノ」よりもむしろ研究価値が高い場合さえあるのです。
この企画展示では、「ホンモノ」に対する「ニセモノ」を単に展示するのではなく、「ニセモノ」と「ホンモノ」の複雑な関係が、時代や社会背景によって、どのような原理で振幅してきたのかを明らかにしていきます。
--

at : 国立歴史民俗博物館
千葉県佐倉市城内町 117
tel.043-486-0123
map

青山裕企×日本セクシャルマイノリティ協会 「"好き"に変はない展」 15/02/09 - 02/15

141215_1.jpg

『青山裕企×日本セクシャルマイノリティ協会 「"好き"に変はない展」』

http://jlga.or.jp/

15/02/09 - 02/15

--
このプロジェクトは、青山裕企さんの写真と、同性愛者のコトバで、いろいろな“好き”のカタチを世の中に発信していくプロジェクトです。
展覧会の名前からは、レズビアンやゲイ、同性愛などの言葉はあえて外しました。
なぜなら、レズビアンもゲイもバイセクシャルも異性愛者だって、 一人ひとり”好き”のカタチはちがうからです。
一人ひとり好きになる人や性別は違うけれど、その好きの思いに違いはない、ということを伝えたいと思っています。
そんな展覧会を、人が”好き”を意識するバレンタインシーズンに合わせて東京都内のギャラリーで開催することで、より多くの人に知ってもらいたい、 話題を広げていきたいと考えています。
(新宿のギャラリーで、2015日2月9日~15日の開催を想定)
写真は、写真家の青山裕企さんにご協力していただきます。
青山さんは、『ソラリーマン』や『スクールガール・コンプレックス』で有名ですが、同性愛をテーマにした写真や映画も撮っています。青山さんが撮った写真をケータイの待ち受けにしている人がいるくらい、同性愛者からも支持されている方なんです。
そんな青山さんの写真と、同性愛者のコトバを並べて作品を展示していきます。
よろしければ、下記ページよりご支援の程よろしくお願い致します。
https://greenfunding.jp/miraibooks/projects/916
--

at : Place M
東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F
tel.03-3341-6107
map

聖ヴァニラ学園1月講座 標本嗜好講座Ⅱ「だれだってアナトミー」 15/01/18

『聖ヴァニラ学園1月講座 標本嗜好講座Ⅱ「だれだってアナトミー」』

http://www.vanilla-gakuen.com/kouza/1501/1501.html

15/01/18  開校17:30 授業18:00 - 20:30(予定)  終了後は懇親会
15名限定完全予約制  授業料¥6,500(お持ち帰り頭骨代・ワンドリンクつき)

--
聖ヴァニラ学園1月講座は……
あなたの知らないサイエンス!至極の美の結晶!
愛好家のための講義&ワークショップ「標本嗜好講座Ⅱ」
--
【時間割】
1時間目 講義
儚くも消えてしまった命が、骨という完全なまでの造形でとして甦るまでの知られざる過程を大公開!
生活を彩るアクセサリー・インテリア・オブジェなどの「部屋に飾れる骨格標本」を掲げ、 骨に魅せられ十数年、頭骨の可能性を追求し続けるGALVANIC先生による特別授業を行います。
秘蔵映像&写真&裏話とともに、普段わたしたちが知ることのできない骨格の美学に迫りましょう。
2時間目 制作
体のつくりを理解したあとは、Neqro先生も加わり、「頭骨」の仕上げに取りかかります。
複数種の動物よりお好きな頭骨を作成。
どの動物にチャレンジするのは当日までのお楽しみ♪
乳白色の骨片が複雑なパズルのように組み合わせ、ひとつのカタチが形成されるとき、
あなたはオブジェに生命までも吹き込む創造神となる、かもしれない!
※出来上がった標本はお持ち帰りいただけます。
※工具等は聖ヴァニラ学園側で準備いたします。
※手先が器用な方も、そうでない方も、どなたでもお楽しみいただけます
※頭骨骨格標本の仕上げを行います。
--

at : 銀座ブラックハート
東京都中央区銀座6-3-16泰明ビル地下2階
tel.03-5568-7714
map

・予約申し込みフォーム他詳細 上記URL先参照

西牧徹 黒戯画集成『ロカイユの花粉』出版記念展イベント 日本橋茶会 《其の弐》 「黒茶会」 14/12/27 17時頃より呈茶

141214_2.jpg

『西牧徹 黒戯画集成『ロカイユの花粉』出版記念展イベント 日本橋茶会 《其の弐》 「黒茶会」』

http://jiromiuragallery.com/exhibition/past/20141209ToruNishimaki.html

14/12/27  17時頃より呈茶  席料:¥1000(抹茶と和菓子)

--
西牧さんの「黒戯画」にちなみ、年の瀬押し迫った27日ではありますが「黒茶会」と題して立礼の茶会を開催いたします。ドレスコードとして、何か黒のものをお召しください。西牧さんのお話と共にお茶を召し上がっていただきます。終了後、懇親会を予定しております。
参加ご希望の方は、メール、またはお電話でお申し込みください。
--

at : みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
tel.03-6661-7687
map

・申し込み先詳細 上記URL参照

武井裕之個展 BURST THE INNOCENCE 15/01/27 - 02/01

141214_1.jpg

『武井裕之個展 BURST THE INNOCENCE 』

http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT151/takei_hiroyuki.html

15/01/27 - 02/01

--
展覧会コンセプト
少女と純粋に向き合い、被写体への「憧れ」をシンプルに写し撮ることによって、色褪せない普遍的な姿を、記憶の中に刻み込む武井裕之の世界。
制服を着た少女は、今やありふれたモチーフではある。
しかし、過度な装飾をそぎ落とし、そこから透けて見えて来る、彼女たちの 「迷い」「葛藤」「困惑」は、大人になる前に誰もが経験する「心の叫び」だ。
ファンタジィ と 心の闇 そして 無垢なエロティシズム
様々なエネルギーが複雑に絡み合い、凝縮して爆発する瞬間の美しさ・・・
私たちは、そんな不思議な力を放つ、彼女たちの姿に引き寄せられる。
今回は繊細な心の叫びをテーマに、 陶芸作家の「新見麻紗子」とのコラボ作品も展示予定。
--

at : The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

・武井裕之HP http://www.h-takei.com/

片山真理 展 you're mine 14/12/17 - 15/02/15

141213_1.jpg

『片山真理 展 you're mine』

http://traumaris.jp/space/2014/11/1217-youre-mine.html

14/12/17 - 15/02/15

--
『you're mine』
私たちは人のかたちを真似て、世界に紛れ込みます。
私はあなたになります。
—片山真理

TRAUMARIS|SPACEでは、片山真理の初個展を開催します。
片山真理(1987年生まれ)は、9才のとき先天的な理由で両足を切断し、義足で生活をしています。
彼女の作品世界は、その足と義足との関わりなしには存在し得ません。群馬の実家で生きるための技術や資格を身につけていた頃から、日々、内面的・身体的に成長する自分と自身を取り巻く世界との関わりを作品化し続けてきました。

母はとにかく手に職をと願い、商業高校で会計士にもなれるスキルを身につけました。でも最初に東京へ呼んでくれたキュレーターをはじめ、『好きなことをすればいいんだよ』とゆっくり見守ってくれた人たちが、私をいちばん生きやすい場所に導いてくれました。特徴をもって生まれた自分はラッキーとしか言いようがありません」(片山)。

群馬青年ビエンナーレで審査を務めたキュレーターの故・東谷隆司に出会い、制作活動を続けるよう励まされた片山は東京藝術大学大学院に進学。
2010年には東谷氏のキュレーションによる「identity, body it.」(nca)に参加。さらに「アートアワードトーキョー丸の内2012」でグランプリを受賞し、出品作を2012年「自由について2」(TRAUMARIS|SPACE)で再構成して発表しました。2013年には「KISS THE HEART#2」(伊勢丹新宿店)、「あいちトリエンナーレ2013」に最年少で参加しています。
フェミニンな装飾をほどこした少女時代の義足や小さなハイヒールのオブジェなど、親密な品々でびっしりと飾られた居心地のいい部屋を再現するインスタレーション。
制作の合間に煙草をふかす、くつろいだセルフポートレート。
特注したハイヒールの義足を着けて約190cmという迫力のプロポーションを生かしたパフォーマンス。
すべての作品は、生まれもった特別な身体を媒介に、これまでの人生で身につけた生活の知恵と想像力から生まれたクリエイションでした。
私小説的に綴られてきた作品の表現はしだいに広がりを見せます。
「揺れる大地」をテーマに掲げた「あいちトリエンナーレ」で発表した映像作品では、ハイヒールの義足で街を闊歩する自身の姿を「巨女」に喩え、持ち味であるちょっと毒のきいたユーモアで、地上2m近くから、私たちの緩んだ危機意識に警鐘を鳴らしました。

デカすぎて誰とも視線が合わないんです。小さい人も大きい人もみんな同じに見えて、違いがわからない。でもこのフラットな感じ、以前の車椅子から見上げてた視点と同じだったんだなと思い出しました。(片山)

自身を包み込むシェルターのようなインスタレーションをいったん卒業した片山は、本展のために、分身ともいえる1体の人形を制作しました。
新作『you’re mine』は、作家自身の身体と、他人の足を型取りをした石膏像になめし革のパッチワークを施した立体と、それを使用したポートレート写真で構成されます。
足の石膏像とポートレートは、2014年秋、アーツ前橋の滞在制作で行ったワークショップで制作されたものです。様々な人の足を型取りし、その足を装着したセルフポートレートとなっています。

私は今まで自身の身体をなぞる行為、「ポートレート」を制作してきました。
それは自分と他人を知ることであり、社会との繋がりの象徴でした。
群馬は私の故郷であり、初めて人や社会と関わりをもったところです。ここで私は人と自分の違いを知り、その人たちになりたいと思いました。
足首とつま先のターン、踵で踏み込むタイミング、重力、全てが魅力的に見えました。そして、他人の足をよく観察して、歩き方を盗んでいったのです。
おかげで私は杖なしで歩けるようになれましたし、気分やファッションで歩き方を選べることさえ出来るようになりました。そして世界に紛れ込むことができました。
この作品の行き着く先は、自己の消滅か、どこかの誰かとして世界の一員になることか、それともその全てになることか?分からないまま、今日もいつも通り生きて、制作しています。飽きもせず、自分のポートレートであるのは間違いないけれど、何かがちょっとひらけた気がするのは気のせいでしょうか……(片山)

2013年には、フランス・マルセイユでダンスカンパニー「BABY Q」のパフォーマンス公演と仏ブランドのファッションショーに出演。2014年は、NHK『バリバラ!』でのインスタレーション作品発表、同番組制作のドラマ『悪夢』出演と、片山真理の表現活動はさらに領域を広げています。
原点である造形作品とセルフポートレートが、世界との緩急豊かな関わりによってどのように変化したか。
ぜひともご高覧いただき、各種メディア、ブログ、Facebook、Twitterなどで広報周知にご協力をお願い申し上げます。

アートプロデューサー・ライター
TRAUMARIS主宰
住吉智恵
--
12/17(水)18:00-22:00 オープニングパーティ
12/19(金)20:00-late  歳忘れ!80sNIGHT☆
12/24(水)TRAUMARISのクリスマス会queencrab(片山真理・山田岳男)アコースティックライブ
12/25(木)彌彌乎 タロット鑑定
12/27(土)BABY Q バーレスクショウ(予定)
2015年
スペシャルゲストによるライヴ、芸大恩師・小谷元彦氏とのトークセッションなど企画多数!
--

at : TRAUMARIS|SPACE
東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 3F
tel.03-6408-5522
map

ザッヘル=マゾッホに捧ぐ「毛皮を着たヴィーナス」 ― 倒錯されたエロチシズムの光と影 ― 15/01/29 - 02/14

141212_1.jpg

『ザッヘル=マゾッホに捧ぐ「毛皮を着たヴィーナス」 ― 倒錯されたエロチシズムの光と影 ―』

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201501masoch.html

15/01/29 - 02/14

東逸子 榎本由美 佳嶋 金子國義 清水真理  空山基 建石修志  槻城ゆう子
永野のりこ 衣 古川沙織、 緋衣汝香優理 向川晃貴 夢島スイ 他

at : スパンアートギャラリー SPAN ART GALLERY
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
tel.03-5524-3060
map

鳩山郁子「新年(Bonne annee)の薔薇茶会」 15/01/31 15:00-

『鳩山郁子「新年(Bonne annee)の薔薇茶会」』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2014/12/bonne_annee.html

15/01/31  15:00 start  参加費 ¥3,500(お茶、お菓子込み) 前払い  定員 30名

--
新しい年の幕開けに、薔薇のお茶と、天使の羽根のお菓子で美的なひとときを。
薔薇のお茶といえば耽美・少女コミックのマストアイテム。
しかしながら、淹れるのは難しいと聞いていた。
自分でやってみようかと思ったのは、最初の鳩山郁子さんのお茶会の時。
話題は中井英雄の薔薇の庭で僕が困った人になったことと、薔薇の紅茶のことだった。
その時、いつか薔薇のお茶を淹れてみたい、ふとそんな妄想を抱いた。
鳩山さんの笑顔がそう思わせたのかもしれない。
何度かの出会いとレクチャーで、紅茶にのめり込むようになり、
やはり鳩山郁子さんのお茶会のお客さんに、ブレンダーになったらと煽てられた。
それで調子に乗ったわけではないけれど……、
だって、紅茶とかお茶とか、素人のやることではないから……
でも気軽に美味しい薔薇茶を楽しんでもらえたらと思い、トライしてみることにした。
使っているのは、リーフル・ダージリン・ハウスのファーストフラッシュ。
大きい茶葉をゆっくりとむらして、そこにダマスク・ローズを合わせる。
ナイーブな紅茶には、和菓子が似あう。
鳩山郁子さんの描いた絵を元に楳心果(ヒガシヤ)がこのお茶会用に御菓子を創作する。
ぜひ、みなさんでお茶を楽しみながら、鳩山郁子さんとご歓談いただければ幸いです。
(夜想・今野裕一)
--
☆このお茶会の為に作られた和菓子が登場
☆2014年夏に刊行された、「ミカセ[新装版]」刊行記念のミニサイン会
☆鳩山郁子さんへの質問コーナー and more!!!!
--
お茶会で鳩山郁子さんに尋ねたいことも同時に募集しております!
鳩山郁子さんのサイン会に参加したことの無い方、
イベントに初めての方も、是非お申し込みください!!
--
鳩山郁子 鳩の備忘録
鳩山郁子 Official Blog「 鳩小屋通信」
--

at : parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

木村龍個展 発熱金魚 14/12/18 - 12/28

141211_1.jpg

『発熱金魚』

http://www.house-of-zaroff.com/ja/gallery_2nd/20141218/index.html

14/12/18 - 12/28

--
木村龍
1950年 熊本生まれ
1981年 初個展 原宿デイリープラネット
松屋、三越、サンシャイン マリアの心臓等で展示
1985 年 第一回「人形たち展」奨励賞 受賞
・第三回「人形たち展」奨励賞 受賞
ギャラリー仲摩、電通ギャラリー、マリアの心臓、
NHKサウンド・グラフィック、浅草橋パラボリカ・ビス、
東急文化村ギャラリー、初台Zaroffなどに出展、個展を開催
2013年 DVD 作品集「いおぎい国の休日」を発売。
現在、三鷹市にて人形教室「いおぎい国天使商会」を主催、 後進を指導。
--

at : 画廊珈琲 Zaroff ザロフ
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
tel.03-6322-9032
map

ナイトランド・セッション特別編「幻獣たちの夜」 14/12/13

141210_4.jpg

『ナイトランド・セッション特別編「幻獣たちの夜」』

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=83431581

14/12/13  open 19:00 / start 19:30 (約2時間予定)  前売¥1500

--
《ナイトランド・クォータリー》新創刊宣言!
ナイトランド・セッション特別編「幻獣たちの夜」
《ナイトランド》ついに復活!
来たる2015年5月、ホラー&ダークファンタジー専門誌《ナイトランド》は、《ナイトランド・クォータリー》とその名を改め、アトリエサードより新創刊します。
創刊準備号『幻獣』(11月28日頃発売)は、井上雅彦、立原透耶、石神茉莉、間瀬純子の創作、ラヴクラフト作品の新訳+カラーヴィジュアル化、マンタム、太田翔、林美登利の幻獣的オブジェに加え、評論とブックガイドで、幻獣世界への想像力の冒険旅行に誘う一冊になりました。
その『幻獣』の寄稿者たちが、Live Wireに集合。幻獣について、ホラーについて、そして《ナイトランド・クォータリー》について、縦横に語り尽くします。
司会はスーパーバイザー朝松健に代わり、《ナイトランド》《ナイトランド・クォータリー》編集者・植草昌実が務めます。朝松さん、今回はどうぞ客席でお楽しみください。
[出演]
石神茉莉(小説家。著書に『人魚と提琴』『Dream Child』[共著]ほか)
立原透耶(小説家。著書に『ひとり百物語』『チャールズ。ウォードの系譜』[共著]ほか)
間瀬純子(小説家。著作に「揚羽蝶の島」『ユゴスの囁き』[共著]ほか)
藤原ヨウコウ(イラストレーター。書籍装画多数。『幻獣』でラヴクラフトの作品世界をヴィジュアル化)
[ゲスト]
太田翔(画家、オブジェ作家)
マンタム(美術作家、オブジェ作家、骨董商。著書に『鳥の王』ほか)
林美登利(人形作家。著書に『Dream Child』[共著])
--

at : Cafe Live Wire
東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F
tel.03-6273-0430
map

・申し込み方法他詳細 上記URL先参照

Orgel ーオルゴールが奏でる16の物語ー 14/12/15 - 12/23

141210_2.jpg

『Orgel ーオルゴールが奏でる16の物語ー』

http://www.gallery-h-maya.com/schedule/13081/

14/12/15 - 12/23

--
絵本の世界で活躍する作家たちが、クラシックやスタンダード、
童謡や映画音楽など名曲の中から一曲を選び、世界でたった1つのオルゴールを作りました。
壁面には、それぞれの作家の平面作品も一緒に並びます。
多様な音楽が溢れる生活をする現在の私たちにとって、小箱のネジを巻き、繰りかえされる僅か数小節の音楽に耳を傾けるのはささやかだけれども、贅沢な時間のようにも思えます。
街が賑やかになる一年の終わり、16の物語を目で 耳でお愉しみください。
*orgel
オランダ語(オルヘル)やドイツ語(オルゲル)で「オルガン」の意味。
オルゴール(日本語)の由来となる言葉です。
参加作家
東逸子 石川えりこ 軽部武宏 北見葉胡 くまあやこ こみねゆら ささめやゆき 篠崎三朗
野村辰寿 原マスミ 樋上公実子 深瀬優子 町田尚子 松成真理子 山福朱実 吉田尚令
--

at : ギャラリーハウスMAYA
東京都港区北青山2-10-26
tel.03-3402-9849
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。