幻想耽美 ―現代アートにおけるジャパニーズエロチシズム 15/06/17 - 06/28

150617genso_pic1.jpg

『幻想耽美 ―現代アートにおけるジャパニーズエロチシズム』

http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/150617genso.html

15/06/17 - 06/28

--
36名の美の信奉者達による耽美の饗宴
 耽美主義とは、表現されている事柄の思想や善悪を問うことなく、その美的享受および形態のみに最上の価値を置く19世紀後半に広まったヨーロッパの芸術思潮です。
 文藝の世界でいえばオスカー・ワイルドや江戸川乱歩、夢野久作、澁澤龍彦などが著名で、彼らは反社会的な思潮から異端や闇の表現に享楽を呈し進歩的なアンチテーゼを醸し出してきました。これは、60年代に時代を席巻したアングラ文化にも通じるところがあり、最近ではゴシック=ロリータなどに影響をもたらしています。
 耽美思想から影響を受けた日本の文学者たちの作品は、美術作家の思想にも浸透し、金子國義や宇野亜喜良などを代表する日本特有のアングラ文化の基盤となりました。オーソドックスな風景画や肖像画が日本の美術界を支えていた時代に、今まで見たことのない程の妖艶で挑発的な少女の姿を描いた絵画や、可憐で痛々しく神秘的なドールアート等が登場し、今現在、その表現方法は日本画・油彩・人形作品とバラエティに溢れています。
 本展では、絵画やイラストなどの平面作品に加え、ビスクドールなどの立体作品、関連グッツや書籍も販売致します。刺激的な内容と陶酔を誘うその本質的な美。日本の土壌から生まれた36名の作家による、魅惑的な幻想耽美の世界へと是非お越しください。
掲載作品
清水 真理「禁断の果実」
2012年 40cm
≪出品予定作家≫
(平面)
東學、大友暢子、佳嶋、金子國義、黒木こずゑ、桑原聖美、沙村広明、須川まきこ、空山基、多賀新、たま、成田朱希、根橋洋一、長谷川友美、林アサコ、林由紀子、林良文、古川沙織、町野好昭、丸尾末広、森口裕二、山本タカト、山本じん、吉田光彦
(立体)
上野シゲユキ、オカムラノリコ、恋月姫、甲秀樹、清水真理、神宮字光、Dollhouse Noah、中嶋清八、衣(hatori)、三浦悦子、森馨、矢沢俊吾
≪トークイベント開催≫
ゲスト:谷川渥(美学者)、空山基(イラストレーター)、恋月姫(人形作家)
様々な視点から耽美の世界を追求し続けている御三方。日本独自のロリータファッションや世界中から注目を集めるオタク文化の基盤となった「耽美主義」、そして今回のテーマである「幻想耽美」について語って頂きます。
開催日:6/20(土)
開催時間:16:00~17:00
会場:Bunkamura Gallery
※50名限定。整理券を当日会場にて、10:00より配布いたします。
※無料でご参加いただけます。
※15:30~イベント準備のため会場をCLOSEさせていただきます。
--

at : Bunkamura Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

スポンサーサイト



橋本恵美子写真展 薔薇イズム 15/05/05 - 05/10

oiuygfd.png

『橋本恵美子写真展 薔薇イズム』

http://www.roonee.com/?p=3981

15/05/05 - 05/10

--
バラは咲いてから散るまでの間、凛とした美しさを保ち続ける。大雨などの逆境のあとに立ち枯れ、腐りかけても、カラカラに乾燥した花びらの襞からも色気を放ち、薔薇自身の物語を見せてくれる。バラは自身が「高貴な花」であることを知っているようだ。私はバラ自身の生まれ消えていく運命である自然の美しさを追いながら、絵画のような美しいコンポジションを発見し、人工物のようにも見える隙のない美をとらえたいと思った。
--

at : ルーニィ・247フォトグラフィー
東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F
tel.03-3341-8118
map

美学文芸誌『エステティーク』Vol.2 特集:狂 15/05/01発売

CDw66C4UEAEOuA2.jpg

『美学文芸誌『エステティーク』Vol.2 特集:狂』

http://bigakukenkyujo.jp/blog-entry-128.html

発売日:2015年5月1日
発行:日本美学研究所
仕様:B5判変形/120ページ
本体価格:907円(税抜)

--
――美とは何か。
永遠不変のテーマを問い続ける文芸誌。
「美の標本箱」をコンセプトに、美を多角的に捕え、解剖し、その本質に迫ります。
第2号の特集は「狂」。
各分野で活躍する総勢18名の識者によって縦横無尽に「狂」が語られました。
フランス語で美学を意味する「エステティーク(ESTHÉTIQUE)」。
美を愛し、美を求め、美に狂った全ての人へ。
--
【目次】
・船越保孝 (ファッションデザイナー) 『Fashion Crack‐亀裂としての服飾』巻頭インタビュー
・津原泰水 (作家) 『病の夢の病の』
・藤田博史 (精神分析医) 『美と狂気‐ホログラフィック精神分析の視座』
・大岡淳 (演出家・劇作家・批評家) 『佯狂という狂気‐シェイクスピア「ハムレット」についてのノート』
・中所宣夫 (能楽師) 『能の「狂」』
・田中雅一 (文化人類学者) 『からだを美しく狂わせる方法‐カーヴァディの身体加工について』
・鵺神 蓮 (緊縛師) 『狂美の緊縛術』
・三浦和広 (美学研究者) 『芸術と猥褻‐狂神ディオニュソスの呼び声』
・松岡 友 (美術作家・霊媒師) 『間と魔‐トランスの狂気』
・黒瀬珂瀾 (歌人) 『狂、を思いつつ綴る断章』
・藤田つぐみ (画家) 『植木鉢に挿された腕‐キャンバスを超えた暴力と幻想』
・岩渕竜子 (漫画家) 『大神』
・華藤えれな (ボーイズラブ作家) 『焔の雪‐あるマタドールへの哀悼』
・武田宙也 (美学研究者) 『非人間的なもの‐フーコーによる狂気と美』
・辻 大介 (調香師) 『狂喜と絶望の調香世界』
・磐樹炙弦 (魔術師) 『狂明‐拡張神経系の夢、あるいは現代魔術のオントロジー』
・成瀬信彦 (舞踏家) 『和を成さば乱』
・樋口りの (第一期最優秀新人作品) 『ししるいるい』
【挿絵】
・阿波村奈央
・銀河博覧会
--




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login