スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「陸軍登戸研究所」上映 15/08/08 - 08/14

150629_1.jpg

『映画「陸軍登戸研究所」上映』

http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=665

15/08/08 - 08/14  一般¥1400

--
今、真実が明かされる!戦中の秘密戦、謀略戦の全貌
戦争を裏で支えた影の兵器開発基地「消された研究所」を関係者がカメラの前で証言する。

誰のために続けられた戦争だったのか?
戦前、極秘に進められていた防諜、謀略、秘密兵器の開発の拠点だった陸軍登戸研究所は、敗戦を迎え「証拠湮滅」の命令が下されて歴史から消えました。しかし、今日、当時の関係者が、そこで何が行われ作られていたかをようやく語り始め、殺人光線、生体実験への道、毒物・爆薬の研究、風船爆弾、生物・化学兵器、ニセ札製造と多岐にわたる研究の実態が明らかになりました。その成果は、陸軍中野学校を通じて果たされたものも多くありました。それぞれに携わった研究員、作業員、風船爆弾の製造の一翼を担わされた当時の女学生たち、陸軍中野学校OB、その他今聞いておかなければ抹消されてしまう歴史を、勇気ある証言者たちがカメラの前に立ち、語った映像を6年以上の歳月をかけて追い続けた渾身のドユメンタリーがこの「陸軍登戸研究所」です。

陸軍登戸研究所とは?
1919年、第一次大戦終結直後、日本は直ちに毒ガス兵器の研究を開始。東京新宿戸山ヶ原に陸軍科学研究所を発足。諜報、防諜、謀略、宣伝的行為および措置に対応できる資材・兵器の発案に励んだ。1937年には陸軍参謀本部第二部八課(謀略課)が生まれ、神奈川県川崎市生田の丘陵地に「登戸実験場」が設立された。資源なきニッポンに勝利をもたらすには独自の知恵と戦術が求められた。この「実験場」は、のちの「陸軍第九技術研究所」となり、秘匿名は「登戸研究所」とされた。やがて、研究分野は広がり次々に研究棟を増やし所員も一千名に及んだ。殺人光線、毒物や爆薬の開発、海洋爆撃の代案としての風船爆弾、中野学校(スパイ養成所)と手を組んでのニセ札製造など、多種多様な秘密兵器、謀略兵器が発案・開発された。また、中国に出張しての生体実験も行い、「登研」は戦場から遠く離れながら、その歴史に血の汚点を残した。
--

at : ユーロスペース2 EUROSPACE2
東京都渋谷区円山町1‐5
tel. 03-3461-0211
map

・公式サイト
http://sturm-und-drang13.net/
・ドキュメンタリー映画「陸軍登戸研究所」動画予告編
https://www.youtube.com/watch?v=gn2fNTiDwGk
スポンサーサイト

山田彩加 -光の扉- 15/06/29 - 07/11

150628_4.jpg

『山田彩加 -光の扉- 』

http://www.gaden.jp/shirota/2015/0629/0629.htm

15/06/29 - 07/11

at : シロタ画廊
東京都中央区銀座7-10-8
tel.03-3572-7971
map

・上部参考画像 「月の光」 リトグラフ 92.5×72㎝ Ed.10 2015年

Next舞台制作塾 オープンセミナーvol.7 「維新派に見る野外劇場のつくり方」 15/07/04

150628_3.jpg

『Next舞台制作塾 オープンセミナーvol.7 「維新派に見る野外劇場のつくり方」 』

http://seisakuplus.com/school/?p=265

15/07/04  参加費¥3000 (税込・上映会込み)

--
舞台芸術が上演される場は、劇場だけではありません。
公園や広場、路上、神社仏閣、森、海岸など、様々な公共空間で舞台芸術は古くから上演されてきました。特に近年は、様々な地域で行われるアートプロジェクトへの注目や、2020年の東京オリンピック文化プログラムの展開など、既存の劇場ではない場所を使用した舞台芸術作品の上演に、益々期待が寄せられております。
一方で、現代の舞台芸術が、劇場という空間を出ることには、覚悟と準備が必要です。上演の場所として整備されている劇場と異なるルールで成立しているため、野外公演には様々な制約がかかります。また基本的なインフラが存在しない場所も多く、思わぬ課題に向かい合う局面も発生します。その場所を借りるため、ステークスホルダーとの関係性を構築する必要もあります。
そのような中で舞台制作者は、上演を公演として成立させるための様々な対策を講じなくてはなりません。

大阪を拠点に世界各地で公演を行っている、日本を代表する劇団の一つ、「維新派」。これまで大阪の南港、瀬戸内海に浮かぶ犬島、東京・池袋の西武百貨店屋上、シンガポールの公園など、野外の様々な場所に劇場を作り出し、観客のイメージを超越する壮大な風景を作り出してきた、野外演劇の雄と呼ぶべき劇団です。
本セミナーでは、このような大規模な公演を成り立たせている維新派の運営体制や、野外での公演を実現させるプロセスについてなど、カンパニーで制作を務める清水翼さんに詳しく話を伺うことで、野外公演の今後の可能性について考える場としたいと思います。
また講義前には参加者に向け、2013年に岡山県・犬島で上演された公演『MAREBITO』の上映会を開催します。海水浴場に野外劇場と屋台村を作り上げた本作を観ることで、これまで維新派の野外公演を観ていない方であっても、その臨場感を知る良い機会となるかと思います。

これから野外公演に携わりたい・実現させたいと考える制作者やアーティストをはじめ、文化に携わる皆様のご参加を、お待ちしております。
--
講師プロフィール
清水 翼(維新派)
1981年宮城県塩竈市生まれ。維新派制作。京都橘大学文化政策学研究科博士前期課程卒業後、2007 年に同劇団所属。
--
【タイムテーブル(予定)】
13:00〜15:00 『MAREBITO』上映会
15:00〜15:20 休憩
15:20〜17:30 清水氏によるセミナー
--

at : 亀戸/Nextミーティングルーム
東京都江東区亀戸7-43-5 小林ビル2F
tel.03-5628-1325
map

MARI.KO EXHIBITION 15/06/30 - 07/05

150628_2.jpg

『MARI.KO EXHIBITION』

http://site-aoyama.air-nifty.com/

15/06/30 - 07/05

--
artist: MARI.KO
media: ペン画
contents:
「命が有るものには水分が有り、それ故に丸みがあり、常に曲線である。その曲線を、感じた儘に繊細な線で表現しています」
--

at : サイト青山
東京都港区南青山 2-7-9
tel.03-3423-2092
map

中村明日美子 初期作品8冊が新装版で連続刊行 2015/8月から

150628_1.jpg

『中村明日美子 初期作品8冊が新装版で連続刊行 2015/8月から』

http://www.ohtabooks.com/eroticsf/blog/2015/06/26170000.shtml
(エフ編集部ブログ)

--
こんにちは。
中村明日美子ファンの皆様に朗報があります!!
明日美子さんが「マンガF(マンガ・エロティクス・エフ)」よりデビューされてから15年。
『コペルニクスの呼吸』から『ウツボラ』まで、弊社より計10冊のコミックスを出版させていただきました。
その中で、A5判(大きいサイズ)で発売された初期作品8冊を、サイズも価格もお求めやすい新装版で刊行いたします!!!!
その名も、"中村明日美子コレクション"!!
2015年8月より2冊ずつ、4ヶ月連続のリリースとなります。
カバーには8冊並べるとつながったひとつの絵になる完全描き下ろしイラストを使用。
さらに、すべての作品に描き下ろし番外編が収録されます!
--
【刊行スケジュール】
2015年8月6日発売
『中村明日美子コレクションⅠ コペルニクスの呼吸1』
『中村明日美子コレクションⅡ コペルニクスの呼吸2』
2015年9月8日発売予定
『中村明日美子コレクションⅢ 鶏肉倶楽部』
『中村明日美子コレクションⅣ Jの総て1』
2015年10月6日発売予定
『中村明日美子コレクションⅤ Jの総て2』
『中村明日美子コレクションⅥ Jの総て3』
2015年11月6日発売予定
『中村明日美子コレクションⅦ ばら色の頬のころ』
『中村明日美子コレクションⅧ 2週間のアバンチュール』
--

中村明日美子15周年フェア - 太田出版×リブレ出版

150年目の新訳版 『不思議の国のアリス』(亜紀書房)に驚け 15/08/15 19:30-

『150年目の新訳版 『不思議の国のアリス』(亜紀書房)に驚け』

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=9501

15/08/15  19:30 -  入場料 ¥1000(ドリンク付) 要予約

高山 宏(批評家・翻訳家/大妻女子大学教授)
巽 孝之(英米文学者・SF批評家/慶應義塾大学教授)

--
ルイス・キャロルの傑作「Alice's Adventures in Wonderland」の初版刊行から、今年はちょうど150周年になります。その記念すべき年に、『アリス狩り』などの著作でも知られる批評家・翻訳家の高山宏さんが『不思議の国のアリス』の新訳版(亜紀書房)を刊行しました。マンガ家・絵本作家の佐々木マキさんが新たにイラストを書き下ろしたこの『アリス』は、「絵もあれば会話もある本」として、大人も子供も楽しめる、まさに150年目にふさわしい「日本語版アリスの傑作」となっています。本書の刊行にあたり、訳者の高山宏さんと、英米文学者・SF批評家の巽孝之さんに、今回の『不思議の国のアリス』の訳業について、そして、なぜ150年にもわたって『アリス』は人々の心を魅了し続けるのかについて語っていただきます。

【講師紹介】
高山宏(たかやま・ひろし)・・・1947年岩手県生まれ。批評家。翻訳家。大妻女子大学比較文化学部教授。著書に『アリス狩り』『近代文化史入門 超英文学講義』『新人文感覚(Ⅰ・Ⅱ)』ほか多数。翻訳書にジョン・フィッシャー『キャロル大魔法館』、エリザベス・シューエル『ノンセンスの領域』ほか多数。

巽孝之(たつみ・たかゆき)・・・1955年東京生まれ。英米文学者。SF批評家。日本英文学会監事。日本アメリカ文学会会長。慶應義塾大学文学部教授。著書に『ニュー・アメリカニズム』『リンカーンの世紀』『モダニズムの惑星』ほか多数。編訳書にダナ・ハラウェイ他『サイボーグ・フェミニズム』ほか多数。
--

at : ジュンク堂書店池袋本店
東京都豊島区南池袋2-15-5
tel.03-5956-6111
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

LIBRAIRIE6/シス書店 第35回企画 ~「水半球のなか」展 15/07/04 - 08/02

d0156273_1742449.jpg

『LIBRAIRIE6/シス書店 第35回企画 ~「水半球のなか」展 』

http://librairie6.exblog.jp/21755649/

15/07/04 - 08/02

--

★赤木仁/宇野亞喜良/梅木英治/大月雄二郎/金子國義/桑原弘明/合田ノブヨ/小林モー子/菅野まり子/陳敬元/ヒグチユウコ/まりの・るうにい/山下陽子 他(50音順)による「海の生物」を題材にした新作展示(旧作数点含む)です。

「水半球」とは、地球を水陸の分布から二分したとき、海の面積ができるだけ広くなるようにとった半球の事。今企画は海洋が一番多く見える海に棲息する生物に焦点を当てた13作家による新作及び旧作展示です。

「水半球のなか」展で、LIBRAIRIE6/シス書店に集まった様々な海の生物を是非ご高覧頂ければ幸いです。
--

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
tel.03-6452-3345
map

藍峯舎 横溝正史『鬼火 オリジナル完全版』予約開始

『藍峯舎 横溝正史『鬼火 オリジナル完全版』予約開始』

http://www.rampousha.co.jp/

15/06/20 -

--
 横溝正史の「鬼火」は雑誌「新青年」の昭和10年(1935)2月号と3月号に、前後篇に分けて掲載されました。当時、横溝は喀血のため作家生活を中断し、信州の上諏訪に転地して療養中。体調を気遣いつつ「一日に三、四枚」というペースで、横溝は再起を期したこの原稿に心血を注ぎ、鬼気迫る怨念の物語160枚を書き上げました。

 ところが2月号に掲載された前篇の「愛欲シーン」が当局の検閲に引っかかり、10頁ほどが削除処分となる不運に見舞われてしまったのです。衝撃を受け落胆した横溝はその後、単行本化にあたってやむなく削除部分を中心に書き直すこととなり、この改訂版の「鬼火」が以来、長らく流布してきました。ところが昭和44年(1969)、桃源社から「鬼火」が再刊される際、たまたま削除を免れた「新青年」の当該号を所持していた作家の中井英夫からの資料提供により、改訂版の末尾に問題となった削除部分が付記される形で、初めて一般の読者の目に触れることになりました。

 さらにその後の刊本では、改訂版の本文に編者が削除部分をはめ込んだ折衷版が登場して主流となっていますが、今回の藍峯舎版の「鬼火」は、本来この形で読者の目に触れることを作者が企図していたにもかかわらず、検閲禍で幻とされてしまった「新青年」掲載のテキストの初の単行本化です。表記も発表時のままの旧字旧かなといたしました。

 また「新青年」で本文に添えられた竹中英太郎の最高傑作といわれる挿画全点を、従来の刊本とは異なり、現存する原画から完全復刻いたしました。さらに「鬼火」前篇掲載号の「新青年」に同時に発表され、中井英夫から「探偵小説の真の魅力をのこらず説いた、色暗い宝石のような輝きを持つ」と評された横溝の探偵随筆の名品「槿槿先生夢物語」も併せて収録いたしました。数多い横溝作品の中でも最も数奇なドラマを背景に秘めたこの名作を、竹中英太郎の妖艶な挿画とともにどうぞお楽しみください。

<内容目次>鬼火 オリジナル完全版  挿画 竹中英太郎探偵随筆 槿槿先生夢物語解説 「鬼火」因縁話 中 相作
250部限定(記番入り) 定価15,000円(税込) 6月20日予約開始

造本仕様
A5判変型 本文152頁 別丁二色刷 挿画8点
背継面取表紙・金箔天金 丸背 貼函
貼函用紙/ビオトープGA-FS(ベリーレッド) 箔押
背継表紙/背・黒色染牛革
表裏布・ワールドクロス特製コート紬(濃赤)
文字・本金箔押
見返用紙/ビオトープGA-FS(ボルトブラック)一色刷
本扉用紙/ヴァンヌーボF-FS(ナチュラル)表裏二色刷
挿画用紙/ヴァンヌーボF-FS(ナチュラル)表裏二色刷
本文紙/アラベール(ナチュラル)一色刷
奥付用紙/レイド紙(ナチュラル)一色刷、藍峯舎朱印押
--

綺想動物園~天使から河童まで 15/07/11 - 07/24

150626_2.jpg

『綺想動物園~天使から河童まで』

http://www.aokigallery.jp/

15/07/11 - 07/24

at : 青木画廊
東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル2F・3F
tel.03-3535-6858
map

少年愛の美学 ~君なくして何の薔薇~ 15/07/30 - 08/08

150626_1.jpg

『少年愛の美学 ~君なくして何の薔薇~』

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201507shounenai.html

15/07/30 - 08/08

東逸子・稲垣征次・上野シゲユキ・カネオヤサチコ・菊地拓史・甲秀樹・古賀郁・神宮字光
内藤ルネ・成田朱希・根橋洋一・衣(hatori)・緋衣汝香優理・古川沙織
森馨・山本タカト・吉田光彦・四谷シモン

at : スパンアートギャラリー SPAN ART GALLERY
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
tel.03-5524-3060
map

お知らせ

150625.jpg








ヴリル協會は9周年を迎えました

明日から10年目の更新となります





「Kowloon’s Gate Archives」発売記念 クーロンズ・ゲート原画展 |  15/06/25 - 07/07

0428kg2015_main_u.jpg

『「Kowloon’s Gate Archives」発売記念 クーロンズ・ゲート原画展 | 』

http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/kg2015/

15/06/25 - 07/07

--
■展覧会詳細
1997年にプレイステーション用に発売された伝説的アドベンチャーゲーム「クーロンズ・ゲート」。
その設定資料集が、ついに6月25日に発売されます!
90年代半ばに解体された、中国のカスバとも史上最大の違法建築とも言われる九龍城塞を題材とした、あまりにもディープで奥深いその世界観、キャラクター、舞台は数多くのプレイヤーを魅了したものの、その資料がまとまった形で発表されることはありませんでした。
しかし、2014年にリリースされた『九龍風水傳原聲音樂專輯~クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクション』製作過程で、当時の資料が大量に発見されたことから、設定資料刊行の企画がスタート。
およそ1年の製作準備期間を経て、ついに「Kowloon’s Gate Archives」刊行へと至りました。
本展では『KOWLOON’S GATE ARCHIVES』に収録された設定画を中心に、複製原画を80点ほど展示するほか、物販では、「Kowloon’s Gate Archives」をはじめ、様々な会場限定オリジナルグッズを販売します。
さらに会期中7月5日(日)14:00より「Kowloon’s Gate Archives」購入者を対象とした、当時のスタッフによるサイン会も実施予定です。
18年の時を経て蘇る「クーロンズ・ゲート」の世界をご堪能ください。
公式サイト http://claricedisc.com/kg2015.html
公式Twitter @kg_sound_offici
■イベント
原画展開催を記念して、下記日程で「クーロンズ・ゲート」の当時のスタッフである木村央志氏(監督・脚本)、井上幸喜氏(キャラクターデザイナー)、武富聖氏(CGデザイナー)、蓜島邦明氏(作曲)、鶴岡泰三氏(サウンドプログラマー)のサイン会を行います。
日程:2015年7月5日(日)14:00~16:00(サイン会列締め切り:15:30)
会場:pixiv Zingaro
参加方法:サイン会当日、会場に「Kowloon’s Gate Archives」をお持ちいただいた方がご参加いただけます。事前に予約販売や他の書店でご購入いただいた方も画集をお持ちいただければサイン会に参加ができます。会場での販売も行っております。
※注意事項
・お一人様一回の参加となります。
・サイン会では画集にサインをさせていただきます。お持込による色紙・私物等へのサインはお断りさせていただきます。
--

at : pixiv Zingaro
東京都中野区中野5−52−15中野ブロードウェイ 2F
tel.03-5345-7313
map


『—ここで二人は制作を始めたー 横田沙夜・吉村眸 「ささやく森」』 15/07/03 - 07/27

1507YY_flyer_omote20yoko20800.jpg

『—ここで二人は制作を始めたー 横田沙夜・吉村眸 「ささやく森」』
http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/07/sasayakumori.html

15/07/03 - 07/27  入場料¥500(開催中の展覧会共通)

--
震える梢 ささやく森 日々の仄かな 心の動きが 線となり色となる
森の交換キャンバス ひとり描いては送りだす 線を引いては送りだす
果てなく はじまりもなく おわりもなく ただただ仄かな森のささやき
今野裕一(夜想・編集長)
--
■オープニングパーティ
7月3日(金)19:00 start

■「森のドローイングコラージュ」 
横田沙夜・吉村眸
7月5日(日)終日
料金:3000円
横田沙夜が吉村眸作品のモチーフをコラージュした画面に似顔絵を描きます。
出来上がった作品はお持ち帰りいただけます。

■ワークショップ「半獣の肖像レリーフ」 
吉村眸
7月18日(土)15:00~18:00
料金:3000円(定員10名・要申込)
作家が用意した粘土の中性的な肖像レリーフに、
参加者が耳や角やヘアスタイルを造形し思い思いの半獣を制作します。
汚れてもよい服装でお越し下さい。
--

at: parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・イベント等予約方法他詳細 上記URL先参照

ephemeral~少女たちの領域 15/07/25 - 08/16

higvfaeonjoigijnews.png

『ephemeral~少女たちの領域』

15/07/25 - 08/16

出品作家:
足立絵美、上田風子、小川香織、加藤美紀、くるはらきみ、黒木こずゑ、桑原聖美、後藤温子、佐久間友香、高田美苗、鳥居椿、中井結美、永見由子、永吉友紀、濱口真央、平野実穂、松本潮里、水野恵理、むらいゆうこ、Jana Brike (ラトビア)、Amy Crehore (アメリカ)、Virginia Mori (イタリア)、Ania Tomicka (イタリア)

オープニングレセプション:2015年7月25日(火) 19時~21時

at : みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
tel.03-6661-7687
map

戦後70年 中井英夫と尾崎左永子展 15/06/27 - 07/23

『戦後70年 中井英夫と尾崎左永子展』

https://twitter.com/barano_tessaku/status/611786472882999296
(twitter/@barano_tessaku)

15/06/27 - 07/23

--
本展覧会と連携して『短歌研究』7月号には、村上芳正「中井英夫さんの想い出」(談話)が掲載されます。
http://www.tankakenkyu.co.jp/tankakenkyu/new.html
--

at : 豊島区立中央図書館
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル4・5階
tel.03-3983-7861
map

寫眞館ゼラチン個展『cut』 15/08/01 - 08/31

CHyoiq5UkAIoYiD.jpg

『寫眞館ゼラチン個展『cut』』

https://twitter.com/gelatin1992/status/611548970846793729
(twitter/@gelatin1992 )

15/08/01 - 08/31

at : バブーシュカ
東京都世田谷区北沢2-1-1ツバサマンション1F
tel.03-3412-7277
map

渡邊安治展 「Tightend Life」 15/09/25 - 10/11

Tightend20Life20hp1.jpg

『渡邊安治展 「Tightend Life」』

http://jinbochogarou.com/index.html

15/09/25 - 10/11

at : 神保町画廊
東京都千代田区神田神保町1-41-7安野ビル1F
tel.03-3295-1160
map

《早稲田松竹クラシックスvol.100 鈴木清順監督「浪漫三部作」一挙上映!》 15/06/20 - 06/26

150612_2.jpg

『《早稲田松竹クラシックスvol.100 鈴木清順監督「浪漫三部作」一挙上映!》』

http://www.cheapculturetokyo.com/index.php?even=movie&id=746
(今日の名画座 記事)

15/06/20 - 06/26

上映作品  「夢二」 「ツィゴイネルワイゼン」 「陽炎座」

at : 早稲田松竹
東京都新宿区高田馬場1-5-16
tel.03-3200-8968
map

・上映日程詳細 上記URL先参照

『井上弘久/ブコウスキー朗読演劇「町でいちばんの美女 2015」 』 15/06/27 - 06/28

150612_1.jpg

『井上弘久/ブコウスキー朗読演劇「町でいちばんの美女 2015」』

http://www.parabolica-bis.com/SHOP/ev_193.html

15/06/27 - 06/28
前売・予約 ¥2500 / 当日 ¥3000

朗読:井上弘久
音楽:金子雄生(ジャズトランペット、民族楽器奏者)
同時公演:朗読「さよならワトソン」

--
2014年、チャールズ・ブコウスキー没後20年特別企画で、
「町でいちばんの美女」「狂った生きもの」「人魚との交尾」などの諸作品を
中原昌也、大谷能生、齋藤ネコらをゲストに招いて10カ月連続公演。
朗読演劇という表現スタイルを確立した。
6月、再び新たな深化を加えた「町でいちばんの美女2015」を演じる。
青野聰の文学でもある日本語訳にブコウスキーと井上弘久の肉体を宿す。
--
進化と深化が止まらない。井上弘久、62歳。
井上は、ブコウスキーを初めて読んだ時に泣いたという。
黙読したら、声に出して読む。そして身体を震わせる。
それが役者の「読み」方なのだろう。
役に「なる」という演技がある。「なる」と名演と言われる。
そうか? 井上弘久は、小説の人物との距離を「無い」位に圧倒的に詰めていく、が、同化はしない。
演技で言えばなりきらないところがどこかに残っている。そこが面白い。
小説を身体演技者が朗読するとは、そういうことだ。曖昧な領域がある。
そこに井上弘久という役者の個性も、作家の特性も活き活きと感じられる。
ブコウスキーの訳にも青野聰という文学者の「なりきらない」言葉があって、
井上がそこにどう挑むのかが楽しみだ。
――今野裕一

●金子 雄生(トランペット、各種民族楽器)
東京生まれ。10代の頃より ジャズトランペット奏者として多くのセッションバンドに参加。各種CMのスタジオ録音などを経験。プロ活動に入る。’95年自己のリーダーバンド「DUNYA FOLI」 を結成。あらゆる第三世界の旋律とリズムを取り入れた”NEW JAZZ AGE”として話題を呼び、トランペット・各種民族楽器を駆使したステージを世界各国のアーティストと繰り広げる。他、ギニア出身のパーカッショニスト、ラミン・ユール・ジャバテ率いるアフリカン・レゲエ・バンド「SABOU」、アフリカン・バンド「Griot」に参加するなど、ジャズの他にも活躍の場を積極的に展開している。また、'13年イタリア、フランス各地で行われたセッションにて、ジャズ、ロック・ミュジシャンやインプロヴァイザーと共演。海外での評価も高い。 現在、ソロ、デュオ等での即興演奏のほか、ジャズバンド「風雲」、有機的音楽ユニット「brew」主催。半年に一度の日本を代表するミュージシャンが集う「Super Session」も今夏で4回目になる。'13年4月にリリースされた、Duoアルバム「ふたつの月」も好評である。
井上が最も信頼を寄せる共演者の一人である。

●チャールズ・ブコウスキー[1920-1994]
カリフォルニアの伝説的カルト作家。
いつもお金がなくて、あれば酒を飲み、女を抱く。
酔っぱらうのが俺の仕事さとほざき、白血病で死ぬまで50冊に及ぶ詩集や小説を発表した。

at : parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・上演時間/予約方法他詳細 上記URL先参照

宮内雅之「東大キャンパス」 15/06/15 - 06/20

miya_1.jpg

『宮内雅之「東大キャンパス」』

http://omotesando-garo.com/museef/MF.html

15/06/15 - 06/20

--
東京・文京区で生まれ育った私にとって、東京大学の本郷・弥生キャンパスは身近な場所である。自転車を手に入れた小学生の頃には格好の遊び場だった。
広大な敷地内にあるゴシック様式の建物群と銀杏並木は幼少の自分にとって、海外の町並みにワープしたようであり、別世界だった。
今では見慣れてしまっている古い建築様式の建造物の外壁は長方形のタイルで、縦に引っ掻いたような跡が刻み込まれている。何ともレトロな感じだ。
1990年代後半以降、「本郷通り」沿いの敷地に時代を取り入れた新しい建築様式の建物が数棟建設され対比を見せている。
また、ここ数年キャンパス内では老朽化した建物の改修工事が相次いでいる。小さな外壁補修に始まり、耐震補強等が行われている。その象徴が「安田講堂」・総合図書館」改修工事なのかもしれない。
今回はブローニー判フィルムを写真機に詰め、子ども時代からの思い出を辿りながら変容する「キャンパス・スケープ」を撮影した。 
--

at : 表参道画廊
東京都渋谷区神宮前4-17-3 アーク・アトリウム B02
tel.03-5775-2469
map

neychi展「少年蒐集」 15/08/17 - 08/22

150610_1.jpg

『neychi展「少年蒐集」』

15/08/17 - 08/22

--
捕われた少年達を愛でる
手に入れたものは少年の心なのか身体なのか
捕われたのは心なのか身体なのか
ベジェ曲線を使用したイラストと写真で贈る少年達との時間をお楽しみください。
プロフィール
無機質で中性的な少年を主体としたイラスト・オブジェなどの他、モルフォ蝶や月や星、そして理科器具、アンティーク小物などをコラージュした青い雑貨を制作しています。
略歴
東京都出身在住
東京都を中心にイラスト個展、グループ展、雑貨企画展等 多数。
清水真理人形作品集「Miracle~奇跡〜」、左ききのゴーシュCD、フライヤーなど、デザイン協力。
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
tel.03-5568-1233
map

デビュー50周年記念 女優 梶芽衣子 15/07/18 - 08/07

150609_1.jpg

『デビュー50周年記念 女優 梶芽衣子』

http://www.timeout.jp/ja/tokyo/event/14224
(タイムアウト東京 記事)

15/07/18 - 08/07  2本立て上映

--
代表作と言える『女囚さそりシリーズ』から、タランティーノ監督が映画『キル・ビル』でオマージュした『修羅雪姫』など人気作が上映される。
--

at : シネマヴェーラ渋谷
東京都渋谷区円山町1−5 Q-AXビル 4F
tel.03-3461-7703
map

・上映料金 / 内容 他 シネマヴェーラ渋谷HP 参照

ウルトラポスターハリスターコレクション展 横尾忠則[1960年代篇] 15/06/06 - 07/12

001.jpg

『ウルトラポスターハリスターコレクション展 横尾忠則[1960年代篇]』

http://posterharis.com/

15/06/06 - 07/12  入場料 一般¥500

--
ポスターハリスカンパニーのポスターコレクションより横尾忠則氏が手がけた1960年代のポスター約30点を展示。
土方巽/終りの美学/状況劇場/演劇実験室◉天井棧敷/雑誌/展覧会/など
--

at : ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル 103号
tel.03-5456-7218
map

吉成行夫写真展「甘い闇~Sweet darkness~」人形写真の章 15/07/27 - 08/01

150608_1.png

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2015/20150727b.html

『吉成行夫写真展「甘い闇~Sweet darkness~」人形写真の章』

15/07/27 - 08/01

--
ダークファンタジーを人形を通して描いたもの。
闇にのみ存在する甘い香りがあります。
展示人形写真作品
清水真理、森馨、衣、木村龍、Noah、泥方陽菜
吉成行夫プロフィール
人物と心象風景をメインとするフォトグラファー。
雑誌や広告の仕事と同時に作家活動としてダークファンタジーや
フェティシズムをテーマにした人物や人形を撮影。
--
at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
tel.03-5568-1233
map

氷の花火 山口小夜子 2015年秋公開

20150605-yamaguchisayoko03_v.jpg

『氷の花火 山口小夜子 2015年秋公開』

http://www.cinra.net/news/20150605-yamaguchisayoko
(CINRA記事)

2015年秋  シアター・イメージフォーラムほか公開

--
ドキュメンタリー映画『氷の花火 山口小夜子』が、今秋に東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほかで公開されることがわかった。
1972年にファッションモデルとして『パリコレクション』に参加した後、資生堂の専属モデルとなった山口小夜子。アメリカの『Newsweek』に「世界の4人のトップモデル」として紹介され、山本寛斎、高田賢三、イヴ・サンローラン、ジャン=ポール・ゴルチェといったファッションデザイナーや、セルジュ・ルタンス、横須賀功光といったクリエイターたちに刺激を与え続けた。また、山口の軌跡を追う展覧会『山口小夜子 未来を着る人』が、6月28日まで東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催中だ。
同作は、山口と親交があった人々の証言と、生前の映像から構成。山口のミステリアスな人生を紐解き、新たな一面に迫った作品になっているという。監督は山口と親交があり、これまでにドキュメンタリー作品『≒草間彌生 ~わたし大好き~』などの監督作品を手掛けている松本貴子。
--

・詳細情報 上記URL先参照
・便宜上10月カテゴリに設置 後日修正予定

「BL進化論」中村明日美子カバー描き下ろし 15/06/06刊

150606.jpg

『「BL進化論」中村明日美子カバー描き下ろし』

http://natalie.mu/comic/news/149633
(コミックナタリー 15/06/05記事)

溝口彰子 (著) 中村明日美子 (イラスト)
太田出版  2015/06/06刊
--
いま、BLに何が起きているのか?
女性たちを虜にする快楽装置=BLの歴史と本質に迫る画期的評論。
男性同士の恋愛を軸にした一大エンタテインメント・ジャンルであるBL(ボーイズラブ)。
BLは、おもに異性愛女性が作り手・読み手であるにもかかわらず、近年、現実よりもホモフォビア(同性愛嫌悪)や異性愛規範、ミソジニー(女性嫌悪)から自由な作品が生まれている。
本書は、BLの歴史をたどりながらその謎に迫り、作品や作り手・受け手の意識、社会との向き合い方がどのように変化してきたかを、作品分析によって明らかにする試みである。
--

Salon d’histoire naturelle 博物蒐集家の応接間 蜜と毒 気配 15/06/06 - 06/09

150605_1.jpg

『Salon d’histoire naturelle 博物蒐集家の応接間 蜜と毒 気配』

http://notoria.jp/news

15/06/06 - 06/09

参加ショップ:
Landschapboek/ メルキュール骨董店/dubhe/鉱物アソビ /Ô BEL INVENTAIRE /antique Salon/notoria.

--
日本各地のアンティークショップ・博物蒐集家たちが選りすぐりのアイテムを持ち寄った販売イベントを開催致します。
--
気になるお取り扱い商品は
剥製・標本・天文・解剖学・宗教学・博物画など。
notoria./notoria.Galleryの1フロア全てを使用して、
普段なかなか見かける事の少ない貴重なアンティークや博物アイテムが所狭しと並びます。
--

at : notoria
東京都渋谷区神南1-10-7 テルス神南4F
tel.03-3780-5570
map

別冊TH ExtrART file.05〜オブジェの愉しみは、ひそやかに 2015/6/17ごろ店頭

392329ee935ff342d6bb4407f54d63cf.jpg

『別冊TH ExtrART file.05〜オブジェの愉しみは、ひそやかに』

http://athird.cart.fc2.com/ca1/135/p-r1-s/

2015/6/17ごろ店頭

--
TH extra issue ExtrART file.05
A5判112頁・ISBN 978-4-88375-204-1
発行=アトリエサード/発売=書苑新社(しょえんしんしゃ)
--
新しい息吹を記録する、
少々異端派なアートマガジン、
別冊TH ExtrART(エクストラート)。

今号も、さまざまなオブジェを作る作家たちや
アンブラス城のヴンダーカンマーなどを始め、
多種多彩なアートをご紹介します!
===================
■主な内容
===================
冨田伊織《標本》〜透明標本のパイオニアが挑む、生物の美学/文・ケロッピー前田
大槻香奈《絵画》〜表現の可能性を試す、実験的ドローイング展
吉成行夫《写真》〜人形を被写体に写す、ダークな幻想とエロス
長谷川友美《絵画》〜寄る辺ない少女たちが、静かに奏でる物語
望月柚花《写真》〜世界の狭間に揺らめく、幻影を写す
マンタム《オブジェ》〜死を受け止め、生命を与える、現代の錬金術師/文・志賀信夫
吉川敏夫《造形》〜自然美を生活の中に溶け込ませる
キジメッカ《絵画》〜鈍く滑稽なものたちの美学
横田沙夜《絵画》〜軽妙なペン画で見せた新境地
SPECIAL REPORT
「SUNABA動物園」〜異種のアーティストたちがひしめき合った公募展
「今日の反核反戦展2014」 〜「直視せよ!」「殺すな!」「生きろ!」/文・石川雷太
ヴンダーカンマーの城、アンブラス城訪問記/文・清水真理
表紙=マンタム
===================

カフカ・カフェ・プレオープン記念企画 山本直彰 森村泰昌 コイケジュンコ 15/06/06 - 06/27

1506yamamoto_ph1-thumb.jpg

『カフカ・カフェ・プレオープン記念企画 山本直彰 森村泰昌 コイケジュンコ』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/06/post_892.html

15/06/06 - 06/27

--
ドゥルーズ/ガタリのカフカ機械__その概念も、装置としてのカフカも依然として有効だ。カフカを読むこと、アプローチすること、テーマとして再創造すること、それは、現在でも発見と進化を含んでいる。
カフカ装置をカフェに置き、創造を続けることで、人、作品が交流し新たな展開が発生するだろう。それを望みたい。
夜想は、パラボリカ・ビスはもともと孵卵器でありカタパルトでもあった。カフカ・カフェは夜想、パラボリカ・ビスの装置としても発展していくだろう。
カフカを起点に、夜想のアーカイブを破壊して、今と未来の表現を模索する場所でもあるカフェ、それがカフカ・カフェだ。
(今野裕一)
--
山本直彰 Yamamoto Naotaka
Katastrophe/KAFKA (カタストロフィー/カフカ)
不連続的に見える連鎖の果てにふと訪れるカフカの終わり。それでいて未完。100枚の「未完のカフカ」作品の後に、山本直彰は、エンドレスのカタストロフィーを描いた。自分の、そしてカフカの。4mの巨大カフカを公開。(2015年新作)

森村泰昌 Morimura Yasumasa
少年カフカ/青年カフカのためのエスキースより

コイケジュンコ Koike junko
となりのカフカくん(新作)
--

at : parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

丸尾末広 薔薇色ノ怪物ポスター 2015年制作・スパンアートギャラリーオリジナル

barairo_01.jpg

『丸尾末広 薔薇色ノ怪物ポスター』

http://www.span-art.co.jp/artists/maruosuehiro/poster_baraironokaibutsu.html
(スパンアートギャラリー ショップページ)

--
size B2
丸尾末広サイン入
MARUO Suehiro autographed
2015年制作・スパンアートギャラリーオリジナルポスター
JPY 1,000 yen (w/o tax)
--



Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。