彼方ー理性の彼岸ーユイスマンスの世界v 15/09/17 - 09/29

『彼方ー理性の彼岸ーユイスマンスの世界v』

http://www.house-of-zaroff.com/ja/gallery_2nd/20150917/index.html

15/09/17 - 09/29

監修     大野英士(仏文学者、ユイスマンス研究者)
出展作家  浅野勝美 浅野信二 伊豫田晃一 中嶋清八 三塩佳晴

--
本展監修を御担当頂く大野英士氏による、
ユイスマンスに関するレクチャーを以下の通り、開催致します。
9月19日(土)午後6~8時
※この時間帯はギャラリーでの観覧はできませんので、悪しからず御了承下さい。
テーマ;本展とユイスマンスを絡めた内容の講演会
参加費;1ドリンク付¥1,000  定員15名程度
要御予約 Zaroff まで 03-6322-9032
会場で大野英士氏著「ユイスマンスとオカルティズム」(新評論)を販売致します。
(希望者には大野英士氏がサインを致します。)
--

at : 画廊珈琲 Zaroff ザロフ
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
tel.03-6322-9032
map

・詳細上記URL先参照

連続パフォーマンス講座 第1回 田中泯 「場踊り」 15/10/10 17:00 - 18:00 アフタートーク 田中泯×中沢新一(思想家・人類学者・明治大学特任教授)

150807_1.jpg

『連続パフォーマンス講座 第1回 田中泯 「場踊り」』

http://www.waseda.jp/enpaku/ex/3677/

15/10/10  17:00 - 18:00  定員:館内のみ40名  参加費無料

--
申込方法:館内での公演は会場の都合により入場制限させていただきます。館内の公演をご観覧したい方へは、当日15時より入口にて整理券を配布します。
--
アフタートーク
出演:田中泯×中沢新一(思想家・人類学者・明治大学特任教授)
日時:2015年10月10日(土)19:00~20:00(開場18:30)
場所:早稲田大学小野記念講堂
定員:200名 ※事前申込制/先着順 参加無料
申込方法:9/10よりこのページにて申込み開始!
主催:早稲田大学演劇博物館
--
演劇博物館内外にて舞踊家・田中泯さんの「場踊り」を開催します。
アフタートークは、思想家・人類学者で明治大学特任教授の中沢新一さんをお迎えします。
1970年代から国内外で踊り、世界的に高く評価されてきた舞踊家・田中泯。2004年からは「場所で踊るのではなく、場所を踊る」ことを主題とした「場踊り」を展開。田中自身の生き方や踊りへの原初的な衝動に深く結びついた「場踊り」は、千変万化する状況や居合わせた人々の偶然の反応を身体で受け止め即興的に繰り広げられます。演劇博物館の独特な空間やそれを目撃する観客の反応によって、今、ここでしか成り立ち得ないダンスが踊られることになるでしょう。
--

at : 早稲田大学演劇博物館
東京都新宿区西早稲田1-6-1
tel.03-5286-1829
map

・上部参考画像 田中泯『場踊り』 2010年 ダンス白州 (c) Madada Inc./ Ayako Osanai
・その他詳細 上記URL先参照

森本美由紀ナイト@6次元 15/08/23

『森本美由紀ナイト@6次元』

http://rokujigen.blogspot.jp/

15/08/23  open 17:30 / start 18:00  参加費:¥2000(展覧会チケット/要予約)

--
ファッション・センスと高いデッサン力を備え、スタイリッシュなイラストレーションを描いた森本美由紀(1959-2013)さんの展覧会が弥生美術館で開催されています(~9/27)。
80年代から近年まで、雑誌『mc Sister』『Olive』『25ans』『VOGUE』等で活躍し、トップクラスの人気を誇りました。2013年に54歳の若さで急逝しましたが、筆と墨によるスタイル画を追求し続け、女の子の憧れのファッションを描きました。進化し続けた30年の軌跡をたどるイベントを開催します。
また、森本美由紀さんの師匠であり、セツモードセミナー講師を経て現在水彩画家として活動する星信郎さん、そしてモデルのニッキーさんをお招きして、スペシャルデッサン会を開催します(希望者のみ)。
ゲスト:星信郎(画家/元セツモードセミナー講師)
ニッキー(モデル)
内田静枝(弥生美術館学芸員)
第1部:知られざる森本美由紀/内田静枝(弥生美術館学芸員)
第2部:デッサン会/星信郎&ニッキー
--

at : 6次元
東京都杉並区上荻1-10-3 2F
tel.03-3393-3539
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

清水真理展 2015/8月中

150806_1.png

『清水真理展』

http://ameblo.jp/bluecasket/entry-12058817628.html

2015/8月中

--
東高円寺ブルーキャスケットでは今月中、球体関節人形師「清水真理展」を開催中‼︎新たに増えた清水真理さんの人形を間近で見るチャンスです‼︎もちろん購入も可能です‼︎こぞってお越し下さい☆
--

at : ブルーキャスケット
東京都杉並区高円寺南1丁目6-16
tel.03-6304-9815
map

・その他詳細 上記URL先参照

点滅11月新作ソロ公演『トロル』 15/11/21 - 11/22

150805_2.jpg

『点滅11月新作ソロ公演『トロル』』

http://www.temmetsu.com/news.html

15/11/21 - 11/22
11/21 19:30-
11/22 13:30- ・ 18:30-
料金¥3000(予約)・¥3200(当日)

舞台監督/小田史一 音響・音楽/成田護 オリジナル音楽/舟沢虫雄・落合敏行 照明/三枝淳 舞台美術/門田晃 小道具・舞台美術/池宮城直美 衣装/武田久美子 宣伝写真/池谷友秀 宣伝美術/matt’s work 制作/松好那名・武藤佳乃子 協力/鋤柄拓也

--
私 点滅は、11月21日(土)・22日(日)に、ザムザ阿佐谷にて新作ソロ舞踏公演『トロル』を上演いたします。
年に一度の単独ソロ公演。是非ともお越しください。
--

at : ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
tel.03-3336-5440
map

・チケット料金/開演時間/他詳細 上記URL先参照

”vimoque”写真展 15/08/18 - 08/31

150805_1.jpg

『”vimoque”写真展』

http://blog.shop.abilletage.com/?eid=296

15/08/18 - 08/31

--
”vimoque”
時を越え魅力あるスタイルアーカイブを主に、新しきを作る服飾ブランド
ブランド名のvimoqueは
vintage、modern、antiqueの造語
今回の展示は 現在までに製作した衣装をフォトグラファー 小野 雄司 氏に撮影して頂いた作品です。
(※ブログ掲載写真は展示と異なる場合もございます。)
--
小野雄司 
Yuji Ono
(株)nomadica所属
国内外のコマーシャル、マガジン、アーティスト写真など多岐に渡り活躍。2013年より作家として写真展出品にも力を注いでいる。
Advertising / YAMAHA Roland etc
Magazine / Ollie HAIRMODE etc
Artist / INORAN ONE OK ROCK etc
http://www.yujiono.com
http://www.nomadica.jp
また、9月のピックアップブランドとして一カ月間 店頭にて商品を販売致します。
--

at : Abilletage(アビエタージュ)
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6 大西ビル303
tel.03-6380-5587
map

・その他詳細 上記URL先参照

1986 <1986年生まれ作家のグループ展> 15/11/03 - 11/08

150804_2.jpg

『1986 <1986年生まれ作家のグループ展> 』

http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT155/1986.html

15/11/03 - 11/08

参加作家: 島崎良平|平井さぶ|望月宗生|新田美佳|ベロニカ都登

--
1986年生まれの作家による、グループ展
同じ時代を過ごし、それぞれの生まれ育った土地で見てきたもの、 感じてきたものを、それぞれが作品として画面に投影する。
その個性や生き様は、同じ会場でどう影響しあうのか。
--
オープニングパーティー
11月3日(火・祝) 17:00-20:00
--

at : The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

・その他詳細 上記URL先参照

「悦楽共犯者」発売記念イベント「シュヴァンクマイエル生誕祭」~シュヴァンクマイエルの真実を明かす日 15/09/04  19:00- 

150804_1.png

『「悦楽共犯者」発売記念イベント「シュヴァンクマイエル生誕祭」~シュヴァンクマイエルの真実を明かす日』

https://www.shosen.co.jp/event/19611/

15/09/04  19:00-  定員 50名

--
長い間、廃盤となっておりましたシュヴァンクマイエル監督の代表作の一つ「悦楽共犯者」が監督自らのパッケージデザインにより再発売が決定致しました。
発売を記念致しまして、書泉グランデでは9月4日(金)にイベントを開催致します。
“チェコアニメを最も熱く語る男”と呼ばれるチェコアニメの仕掛け人眞部学(まなべ がく)氏がシュヴァンクマイエルについて語ります。
また、シュヴァンクマイエルの短編『ドン・ファン』(1970年 33分)も上映予定です。
今年5月にチェコに行ってシュヴァンクマイエルに会ったばかりの眞部氏からは最新の情報が聞けます!
参加券配布日(8月22日)より、商品のお渡しが可能です。
また、同日よりシュヴァンクマイエル長編映画のチェコ版のポスター全8種類も特別販売致します!
アリス(チェコ語版)
アリス(英語版)
アリス(ドイツ語版)
ファウスト
オテサーネク
ルナシー
サヴァイヴィングライフ
--
〈参加券配布について〉
8月22日(土)10時より書泉グランデ3階で対象商品をご購入のお客様先着50名に参加券を差し上げます。
★ご購入者特典として、先着50名様に「悦楽共犯者」ステッカーを差し上げます!!
★さらに、9月4日のイベントにご参加の方には、「悦楽共犯者」ポストカードを差し上げます!!
※お電話でのお申込みも承ります。
8月22日(土)12時より
お申込み先:書泉グランデ3階 03-3295-0011
メールでの受付けはございません。
【対象商品情報】
『悦楽共犯者』DVD
アットアームズ (¥3800+税)
発売日 8月22日
--

at : 書泉グランデ7階
東京都千代田区神田神保町1-3-2
tel.tel.03-3295-0011
map

・その他詳細 上記URL先参照

夏の紙祭り『蒐集家 K氏の書斎』 15/08/15 - 08/30

150803_2.png

『夏の紙祭り『蒐集家 K氏の書斎』』

http://hachimakura.com/info/?p=2420

15/08/15 - 08/30  

参加協力店: チャルカ ベビヰドヲル petit musée 古書日月堂 にわとり文庫 夜長堂

--
他人の蒐集貼(しゅうしゅうちょう)を見た事がありますか?
このような店をしていると、骨董市場や買取などで人のコレクションを手にする事がよくあります。
コレクションされたスクラップブックはただの「物」です。
でも蒐集品の種類でその人物の好み、癖、
生きた土地、時代が如実に表れてきます。
会った事もない人の蒐集貼なのに、
集めてみたけど途中で飽きちゃったのね、とか
仲良しの友人たちと年中お芝居や旅に行くご婦人?かなとか
箸袋があったり宝くじがあったり、結局どれを集めたかったのよくかわからない蒐集貼もあります。
好みがどれもピッタリで、その上見たこともないような素晴らしいコレクションに出会うとおもわず興奮します。持ち主に会ってみたい。話せたらこれとこれについて聞こう、と考えるだけでも楽しいです。(会えないのですが)
でもどんなに素晴らしいコレクションでも
みな自分の為だけに蒐集してるので、実はとても閉じた世界なんです。
自分も収集癖があるのでわかりますが
人に見せる為に集めてるのではありません。
そっと引き出しを開けてたまに愛でるだけで幸せな気持ちになれるのです。
今では到底できない凝った印刷や贅沢な木版にうっとりし
調べるにつれ、パラパラと繋がって、広く、深い世界に連れて行ってくれる紙片にため息をつき…
でも今回はその世界を少し紹介してみたくなりました。

『蒐集家 K氏の書斎』
K氏とは
「1940〜60年頃生まれた
紙ものを蒐集する癖がある男性…」
誰でもありませんが、誰にでも当てはまります。
その架空の誰かの書斎を想定し、
同じく古い紙を愛してるお店の方々に
商品を集めてもらいました。
資料性や美術的価値が低いと考えられた印刷物は
蒐集家の手元だけでひっそり残ってるため
日ごろなかなか目にする事がありません。
コレクションファイルごとの販売もあります。
もちろんいつものようにバラの商品も。
今回は全て古い紙ばかりを集めますので
誰かの書斎にお呼ばれした気分で遊びにきてください。
--

at : ハチマクラ店舗
東京都杉並区高円寺南3-59-4
tel.03-3317-7789
map

・その他詳細 上記URL先参照

「The styx」 15/08/03 - 08/15

150803_1.jpg

『「The styx」』

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2015/20150803b.html

15/08/03 - 08/15  入場料¥500(展覧会A室共通)

出品作家
フリィクスサァカス/ガルヴァニック/川口ヱリー/ネクロ/成
トレヴァー・ブラウン
(順不同)

--
フリィクスサァカスの人形作品を中心に、今最もエッジの効いた
ほの暗く甘いテイストの作品が大集合!
現世≠此処≠常世、愛らしくポップでありながら、生と死を行き来する
ダークネスかつエキセントリックなビジョンを持つ作品が一堂に会すことで、
センセーショナルな死生観を浮かび上がらせます。
フリィクスサァカスによる、トレヴァー・ブラウン作品のオマージュドールも
展示いたします。
6組の作家による独自のダーク&ポップな世界を是非お見逃しなく!
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
tel.03-5568-1233
map

点滴堂 企画展 「百物語」  15/08/12 - 08/23

150801_2b.jpg

『点滴堂 企画展 「百物語」 』

http://tentekido.info/hyakumonogatari.html

15/08/12 - 08/23

--
100の怪談を語り終えると本物の怪が現れると古くから伝えられる真夏の風物詩「百物語」にちなんで。
お化け、幽霊、怪異譚。妖怪変化や魑魅魍魎の類をテーマとした企画展を開催いたします…☆
--
参加アーティスト
川北すピ子
青の羊
綺朔ちいこ
恵美留
脳髄博士
香凜
… and more ☆
出品予定作品
絵画・オブジェ・アクセサリー雑貨 その他
--

at : BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
東京都武蔵野市中町 1-10-3 2F
tel.090-6796-5281
map

『本を読むときに何が起きているのか』(フィルムアート社)刊行記念トークショー 高山宏×山本貴光 15/08/21

『『本を読むときに何が起きているのか』(フィルムアート社)刊行記念トークショー 高山宏×山本貴光』

http://www.tokyodoshoten.co.jp/blog/?p=8784

15/08/21  open19:00 / start 19:30  参加費¥800(要予約・ドリンク付き)

--
読書(人間×書物)という不思議の国(ワンダーランド)のめぐり方
「読書すること」に光をあて、読書の際に私たちの頭の中で起きている思考をビジュアルで自在に表現し、人間の認識力の謎と不思議の本質に迫った『本を読むときに何が起きているのか』。
著名な文学作品を、視覚的・現象学的な見地から解読し、文学とデザインのめくるめく世界にいざなう本書は、心理学、図像学、美学、デザイン、記号論、哲学を自在に横断しながら、言語の深淵さやデザインの面白さを「再発見」させてくれます。今回のイベントでは、本書の推薦文をご寄稿いただいた高山宏先生、解説文をご寄稿いただいた山本貴光さんに、かくも謎に満ちた「本を読むこと」という迷宮の道先案内人となっていただき、「読書と視覚文化」について、また読書体験・読書論を語っていただきます。
キミよ、読書の謎に迷え、驚け、楽しめ!
--

at : 東京堂書店神田神保町店6階東京堂ホール
東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
tel.0120-400-361
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

「骨の博物館Ⅱ 頭の骨」遠藤秀紀 監修(辰巳出版刊)刊行記念トーク 15/10/09 19:30-

『「骨の博物館Ⅱ 頭の骨」遠藤秀紀 監修(辰巳出版刊)刊行記念トーク』

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=9837

15/10/09  19:30-  入場料¥1000(ドリンク付)  要予約

遠藤 秀紀(東京大学総合研究博物館教授・獣医学博士)

--
目を丸くしてしまうほど不思議な頭の骨の数々を、自然の中でたくましく生きる動物たちの姿とともに紹介する「骨の博物館」シリーズ第二弾「頭の骨」が刊行されます。この刊行を記念して、本書の監修をいただいた遠藤秀紀教授に骨にまつわる貴重なお話を語っていただきます。
監修者紹介
遠藤秀紀(えんどう ひでき)
1965年東京都生まれ。東京大学農学部卒業。国立科学博物館、京都大学霊長類研究所を経て、現在東京大学総合研究博物館教授。獣医学博士。ジャイアントパンダの「第七の指」の発見者として知られる。著書に「パンダの死体はよみがえる」(筑摩書房)、「人体 失敗の進化史(光文社)などがある。
--

at : ジュンク堂書店池袋本店
東京都豊島区南池袋2-15-5
tel.03-5956-6111
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

第38回企画展 温泉と文芸と鉄道 15/08/04 - 11/23

150801_1.jpg

『第38回企画展 温泉と文芸と鉄道』

http://www.ejrcf.or.jp/shinbashi/exhibition.html

15/08/04 - 11/23

--
130年前、1885(明治18)年に日本初の温泉療養センターといえる医学的施設 が熱海温泉につくられました。小田原~熱海間の交通といえば、1896(明治29)年に、豆相人車鉄道(ずそうじんしゃてつどう)がようやく全通したという時代です。 例えば、明治の大ベストセラー尾崎紅葉の「金色夜叉」は、1897(明治30)年の元旦から讀賣新聞に連載され好評を博しましたが、小説の場面に描かれた熱海の海岸や梅園は、全国的に有名になり一躍人気スポットとなったほか、塩原温泉や箒川(ほうきがわ)の渓谷も「金色夜叉」の舞台として名声を高めていきました。 本展では、“温泉”“文芸” “鉄道”をキーワードとして見えてくる時代や景色を、主に関東周辺や花巻を中心にご紹介してまいります。
--

at : 旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
東京都港区東新橋1-5-3
tel.03-3572-1872
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login