スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗読とトーク:『エウロペアナ 20世紀史概説』を読む、語る 15/12/14 19:00-

europeana.jpg

『朗読とトーク:『エウロペアナ 20世紀史概説』を読む、語る』

http://tokyo.czechcentres.cz/literarni-vecer-europeana-jp2/

15/12/14  19:00-

篠原琢(東京外国語大学教授・訳者)、阿部賢一(立教大学准教授・訳者)
朗読:唐ひづる(朗読家)、マルケータ・ゲブハルトヴァー(東京外国語大学特任講師)

--
第一回日本翻訳大賞を受賞したパトリク・オウジェドニーク著『エウロペアナ 20世紀史概説』(阿部賢一・篠原琢訳、白水社、2015年)。 同賞の受賞を記念し、翻訳のお二人をお招きして、日本語とチェコ語での朗読を交えながら、様々なキーワードを切り口に『エウロペアナ』の世界を語り合います。
--

at : チェコ大使館 映写室
東京都渋谷区広尾2-16-14
tel.03-3400-8122
map

・申込方法他詳細上記URL先参照

スポンサーサイト

WABP「絵本」特集 「むかしの絵本としかけの世界」 15/12/02 - 16/01/05

『WABP「絵本」特集 「むかしの絵本としかけの世界」』

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=10819

15/12/02 - 16/01/05

--
丸善3階ワールド・アンティーク・ブック・プラザにて、古書の特集展示販売を開催いたします。
おかげさまでプラザは今年で開店5年目をむかえることができました。今月は古書として残りにくい子ども用の絵本、なかでも「しかけ絵本」をご紹介します。いろんな細工をほどこしながらも、子どもたちの日常的な玩具として楽しんで使われ、壊れる宿命にあって、今に残る希少な世界の絵本。ディーン社、メッゲンドルファー、クバシュタなど歴史的なしかけ絵本を取りそろえて展示販売いたします。
販売商品一例
1. (立体のぞき絵)「リージェンツ・パークの風景」(London, 1825)
2. ディーン社「うごくハバードおばさん」初版(London, 1857)
3. ディーン社「人形劇場パンチとジュディ」初版(London, 1870s)
4. ディーン社「ブラインド式しかけ絵本」(London, c1890)
5. メッゲンドルファー「芸術家肌のネコとアトリエ」(Chicago, 1890s)
6. メッゲンドルファー「バラの王女さま」第2版(Esslingen, n.d.)
7. (トイ・シアター)「中国の影絵、万国博覧会」(Paris, c1900)
8. 「近代の乗り物-鉄道・車のしかけ図解書」(Leipzig, c1900)
9. (ガラススライド)カラー影絵 8枚セット(n.p., n.d.)
10. (しかけ絵本)ザイトマン=フロイト「魔法のボート」英語版(Berlin, 1933)
11. (しかけ絵本)ムナーリ「ジジがなくした帽子はどこ?」初版(Verona, 1945)
12. (飛び出す絵本)クバシュタ「マルコ・ポーロの旅」英語版(London, 1962)
「絵本」特集展示会期第一週、12月4日(水)には、武蔵野美術大学 美術館・図書館の本庄美千代氏によるギャラリートークも開催いたします。(参加無料)お気軽にお申込みください。詳細はこちら:www.yushodo.co.jp/pr036
--

at : 丸善 日本橋店 3階WABP
東京都中央区日本橋2-3-10
tel.03-6214-2001
map




清水真理 作品集出版記念個展 「Wachtraum-白昼夢-」 16/01/23 - 02/02

151129_1.jpg

『清水真理 作品集出版記念個展 「Wachtraum-白昼夢-」』

http://www.span-art.co.jp/

16/01/23 - 02/02

at : スパンアートギャラリー SPAN ART GALLERY
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
tel.03-5524-3060
map

アトリエ展 15/12/10 - 12/25

151128_1.jpg

『アトリエ展』

https://www.facebook.com/archeologie.compose

15/12/10 - 12/25

--
芸術家の仕事場=ATELIER(アトリエ)には創造のエッセンスが散りばめられています
今回はATELIERという空間そのものに焦点を当てた展覧会を開催致します
主催:Archèologie/ATELIER
出展作家:静 伊豫田晃一 
--
・Arche'ologie
それぞれの時代においてのArt of Design and Manufacturingの本質を追求し、創造する。
インテリアデザイン/スタイリングやショップディレクション、オリジナル家具・什器製作などのデザイン。
ハイエンドなインダストリアルアンティークからデザイナーズモダンアイテムを取り扱い空間表現として造り上げている。
http://www.archeologie.jp/
・伊豫田晃一
テキスタイル・装飾品のデザインをはじめ書籍の装画や挿絵など多方面で活動中。
銅版画・水彩・油彩・彫金・オブジェなど様々な技法で制作している。
http://koichiiyoda.com/
・静
ミュージシャン、フォトグラファー、ナレーター、モデル。
4歳からクラシックバレエを習い始め、演劇的なジャズバレエではヨーロッパ公演に参加。空間表現、演出の喜びを知る。
ナレーターとして数々のコマーシャルのナレーションを担当(カネボウ、資生堂、東京建物等)
2015年6月"by your side"をリリース。iTunesワールドチャート1位。
同年"seaca"始動。
http://seaca-silent.com/
--

at : Archèologie
東京都中野区弥生町1-20-7
tel.03-6276-5323
map

日本蒸気博覧会 × 『スチームパンカーズJAPAN完全装備読本』 出版記念イベント 15/11/27 - 11/29

151127_1.jpg

『日本蒸気博覧会 × 『スチームパンカーズJAPAN完全装備読本』 出版記念イベント』

http://www.japan-steampunk.com/#!steampunk-anexevent/c1mkb

15/11/27 - 11/29

--
日本のスチーパンクカルチャーシーンをクローズアップした”スチームパンク愛好家必携の 書”がマイナビ出版より発売決定!
新刊『スチームパンカーズJAPAN完全装備読本』(11月28日一般発売)の発売を記念して、 スチームパンク展示即売会『日本蒸奇博覧会』が新宿マルイアネックスで期間限定ショップとして開催します!
関東方面の皆様大変長らくお待たせしました!!
スタッフ一同蒸奇満タンでお届けする3日間、どうぞご期待ください。
--
◆開催概要◆
スチームパンクにゆかりのある作家による期間限定ショップ!
歯車アクセサリーや手作り時計、ガジェット、ゴーグル、レザー装備品
造形作品まで書籍に掲載されたアイテムや新作が登場します。
いつもの装いにワンポイント添えてみたらまた新しい世界が見えるかも…★
--

at : 新宿マルイアネックス 7F イベントスペース「リーフテラス」
東京都新宿区新宿3-1-26
tel.03-3354-0101
map

・その他詳細 上記URL先参照

建築博物教室 第9回 胎仔のアーキテクチャ ――時間と進化をめぐる動物たちの変幻自在な体の組み立て方 16/01/09 13:30 - 15:00

151125_2.png

『建築博物教室 第9回 胎仔のアーキテクチャ ――時間と進化をめぐる動物たちの変幻自在な体の組み立て方』

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/architectonica/kyositsu/20160109c.pdf

16/01/09  13:30 - 15:00  入場:無料(事前申込不要)

小薮 大輔(東京大学総合研究博物館 特任助教/比較形態学、進化発生学)

--
お母さんのお腹の中で時を刻みながら成長する赤ちゃん。受精卵の時はもちろんのこと、ヒトの赤ちゃんは受胎後35 日までは他の動物の赤ちゃんと見た目にほとんど違いはありません。しかし、生まれてくるときにはヒトの赤ちゃんはヒトらしく、ウマの赤ちゃんはウマらしく、ネコの赤ちゃんはネコらしく生まれてきます。初めはほとんど同じ姿なのに、成長とともに段々と「らしい」姿にかわってゆきます。様々な部位の組み立て方を変えたり、組み立てのスピードを早めたり遅らせたりすることが、最終的な動物同士の見た目の違いを作り出すのです。そして、まるで進化の歴史を早送りで繰り返しているかのように胎仔は成長します。そんな時間と進化をめぐる動物たちの変幻自在な体の組み立て方とその意義について考えてみたいと思います。
--

at : 東京大学総合研究博物館小石川分館
東京都文京区白山3-7-1
tel.03-5777-8600(総合研究博物館テレホンサービス)
map

「スーベニア」水落 彩 個展 15/11/28 - 12/06

151125_1.jpg

『「スーベニア」水落 彩 個展』

http://www.g-hana.jp/2015/11/-souvenir.html

15/11/28 - 12/06

at : ギャラリーHANA 下北沢
東京都世田谷区北沢3-26-2
tel.03-6380-5687
map

「メリエスの素晴らしき映画魔術&月世界旅行」上映 15/12/14 - 12/25

jhgfv.png

『「メリエスの素晴らしき映画魔術&月世界旅行」上映』

https://yujiku.wordpress.com/1214%e6%9c%88%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%81%ae%e7%b4%a0%e6%99%b4%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%8d%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%ad%94%e8%a1%93%ef%bc%86%e6%9c%88%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%97%85%e8%a1%8c/

15/12/14 - 12/25

at :ユジク阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐ケ谷北2-12-19-B1
tel.03-5327-3725
map

・日程他詳細 上記URL先参照

セルフポートレイト七菜乃写真展  「裸体というドレス」 Nudity, my dress 15/12/18 - 12/27

151124_2.jpg

『セルフポートレイト七菜乃写真展  「裸体というドレス」 Nudity, my dress』

http://jinbochogarou.com/index.html

15/12/18 - 12/27

--
白くか細いその体躯で既成の美や権威に一人対峙し、七菜乃はアンチテーゼをその耳元に囁く。「そんな馬鹿なことを」と思っていると、「裸は私の衣装のひとつ」だと言い放つ彼女に、いつの間にか私達は狭量な常識を解体されていた。「裸体というドレス」を纏って私達の価値観を前時代的にしてしまったのだ。彼女は「今」のエロスを指し示すのだ。
村田兼一(写真作家)
--

at : 神保町画廊
東京都千代田区神田神保町1-41-7安野ビル1F
tel.03-3295-1160
map

銀座メゾンエルメス 「Dr.パルナサスの鏡」上映 15/12/05 - 12/27 隔日

151124_1.jpg

『銀座メゾンエルメス 「Dr.パルナサスの鏡」上映』

http://www.maisonhermes.jp/ginza/movie/archives/13006/

15/12/05 - 12/27 隔日

--
ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2015年は『フラヌール - いつでも、そぞろ歩き。』をテーマにお届けいたします。
12月は、鬼才、テリー・ギリアム監督が自身の人生を投影したダーク・ファンタジー『Dr.パルナサスの鏡』です。
『Dr.パルナサスの鏡』
The Imaginarium of Doctor Parnassus by Terry Gilliam
不死と引き換えに、最愛の娘を悪魔に差し出す契約を交わしてしまったパルナサス博士。タイムリミットは3日後。博士は記憶喪失の青年トニーとともに、鏡の迷宮で最後の賭けに出るが……。
トニー役のヒース・レジャーが撮影中に急逝。製作の危機を救ったのは、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルら友人たちだった。彼の役を引き継いだ3人の個性が、ギリアムらしいギミックやイマジネーションをいっそう引き立てている。
2009年/イギリス=カナダ/124分/カラー/35mm
監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン
撮影監督:ニコラ・ペコリーニ 
編集:ミック・オーズリー
音楽:マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ 
オリジナルデザイン&アートディレクション:デイヴ・ウォーレン
出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド、ヴァーン・トロイヤー、トム・ウェイツ
配給:ショウゲート
--

at : メゾンエルメス10階 ル・ステュディオ
東京都中央区銀座5-4-1
tel.03-3569-3300
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

LIBRAIRIE6/シス書店 第40回企画~ 山下陽子「未踏の星空」作品集出版記念展 15/12/05 - 12/20

151122_2.jpg

『LIBRAIRIE6/シス書店 第40回企画~ 山下陽子「未踏の星空」作品集出版記念展』

http://librairie6.exblog.jp/22506375/

15/12/05 - 12/20

--
※作家在廊日は5日(土)の初日のみとなります。

◎作品集「未踏の星空」発売
【普及版】山下陽子作品集/未踏の星空2013年‐2014年 限定1.000部 ¥2.700(税別)
    エディション・アクネ刊 2015年12月5日発売
【特装版】山下陽子作品集/未踏の星空2013年‐2014年 限定30部
    オリジナル・コラージュ・フォトプレート・グラヴュール2葉 ¥43.000(税別)

山下陽子は兵庫県生まれ。
1993年、山本六三氏に師事して銅版画を学ぶ。1998年、大阪・加藤京文堂での初個展「イマージュの小部屋」以後毎年作品を発表し続け、現在は東京・LIBRAIRIE6にて定期的に個展を開催。銅版画のほかコラージュ、オブジェ作品を制作、近年はコラージュを写真製版した銅版画(コラージュ・フォトプレート・グラヴュール)、版画・コラージュ・オブジェの混合作品など、手法の境界を越えた独自の創作を展開。本の挿画の仕事も多く、自身のプライベート・プレス Éditions Haquenéeからは、ヴィリエ・ド・リラダン『白鳥殺害者』、ポール・エリュアール『花と果実の紋章』をはじめ、銅版画による挿画収録の限定本などを刊行。

今企画では、作家が2013年より一貫したテーマとしてきた「未踏の星空」作品の集大成として作品集を出版致します。出版記念展として新作コラージュ・新作オブジェを30点ほど展示致します。是非、ご高覧頂ければ幸いです。
--

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
tel.03-6452-3345
map

・その他詳細 上記URL先参照

M!DOR! exhibition「phantasmagoric」 15/11/21 - 11/29

151122_1.jpg

『M!DOR! exhibition「phantasmagoric」 』

http://midoritomita.blogspot.jp/2015/11/mdor-exhibitionphantasmagoric.html

15/11/21 - 11/29

at : 8 (eight)
東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブⅡ 2F
tel.03-6416-3834
map

薬草の博物誌 -森野旧薬園と江戸の植物図譜-展 Museum of Medicinal Herbs 16/03/03 - 05/21

2015_12yakuso_m.jpg

『薬草の博物誌 -森野旧薬園と江戸の植物図譜-展 Museum of Medicinal Herbs』

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003358.html

16/03/03 - 05/21

--
薬草を主とした本草学が中国から渡来し盛んになった江戸時代。それは近代に向かって博物学へと発展していきました。本展では、江戸時代から続く森野旧薬園と当時描かれた薬草を中心とした植物図譜を通して、幅広い本草の世界へとその魅力を紹介します。
--
精緻な観察で描かれた植物の姿
280余年経た薬草園に、面影をみる
私たちにも馴染み深い漢方薬。その元になっているのが江戸時代に発展した本草学です。江戸後期には原料の一種である薬草は幕府により国産化政策がとられるほど貴重なものでした。当時人々の関心も高く、それを裏付けるように多くの本草書や図譜が出版されました。そして薬草から植物全般へと研究、または興味の範囲が広がっていくのもこの時代です。
そのころ薬草への造詣が深い人物として現れたのが森野初代藤助(とうすけ)通貞(みちさだ)(号:賽郭(さいかく))です。先の幕府の政策にも尽力した賽郭は現存する日本最古の私設薬草園「森野旧薬園」を開設します。晩年には約千種の動植物の姿を、自然科学的な観察眼で色鮮やかに描いた『松山本草』を完成させました。この薬草園には今も薬草に関わる温故知新の知恵が息づいています。
森野旧薬園の存在をきっかけとする本展は、「薬草」に焦点を当てながら、賽郭の意思を忠実に受け継ぐ森野旧薬園を紹介するとともに、江戸の初期から後期、そして本草学が近代植物学へ移行する時期までに描かれた主要な植物図譜の変遷を、約90点の実資料の他、写真、映像などで展観します。それらを通して、当時の人々が薬草を含む植物に注いだ熱い眼差しを感じ取っていただければ幸いです。
--

at : LIXILギャラリー ギャラリー1
東京都中央区京橋 3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
tel. 03-5250-6530
map

貳來展 Ziqu Exhibition #5 15/12/15 - 12/24

151121_2.png

『貳來展 Ziqu Exhibition #5』

http://zqill.blogspot.jp/2015/11/ziqu-exhibition-5.html

15/12/15 - 12/24

--
不完全な真空に無限を囲う

開かれた口へ爪先を落とし 煙る聲は甘い夢
緩やかに滴る生命に浸り 閉じる瞼の鍵を飲む
--

at : The Artcomplex Center of Tokyo 2F/ ACT3
東京都新宿区大京町12-9
tel.03-3341-3253
map

Chienoix「ふぃらめんと」 15/11/24 - 11/29

151121_1.png

『Chienoix「ふぃらめんと」』

http://www.galerielemonde.com/#!schedule/c16uv

15/11/24 - 11/29

at : L’illustre Galerie LE MONDE
東京都渋谷区神宮前6-32-5 ドルミ原宿201号
tel.03-6433-5699
map

耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る ~アンティーク着物と挿絵の饗宴~ 16/03/31 - 06/26

『耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る ~アンティーク着物と挿絵の饗宴~』

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/schedule.html

16/03/31 - 06/26

--
 谷崎潤一郎(1886~1965)作の「細雪(ささめゆき)」はアンティーク着物を愛する女性の間ではバイブルのように読まれる作品です。映画や舞台に登場する女優たちの華やかな着物姿に惹かれる人が多いようですが、谷崎本人は蒔岡家の四姉妹の着物を本当はどのように想定していたのでしょうか? ・・・本展では、文章やモデルになった姉妹の写真を元にして、忠実に着物を再現して展示します。
 「細雪」「痴人の愛(ちじんのあい)」「春琴抄(しゅんきんしょう)」「猫と庄造と二人のをんな」「蓼喰う虫(たでくうむし)」「秘密」などの代表作をはじめとして20余りの作品を、挿絵、着物、谷崎潤一郎関係者の写真などを用いて紹介。出品数は着物約30点、挿絵約100点を予定しています。
--

at : 弥生美術館
東京都文京区弥生2-4-3
tel.03-3812-0012
map

桑原弘明展 scope 15/12/14 - 12/26

151116_2.jpg

『桑原弘明展 scope』

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201512kuwabarahiroaki.html

15/12/14 - 12/26  

--
作品公開:13:30 / 15:30 / 17:30
※上記の時間に合わせ、スタッフが作品に付いてご案内いたします。
--

at : スパンアートギャラリー SPAN ART GALLERY
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
tel.03-5524-3060
map

ひらのにこ+ギャラリーコレクション 15/12/18 - 12/27

151116_1.jpg

『ひらのにこ+ギャラリーコレクション』

http://jiromiuragallery.com/

15/12/18 - 12/27

at : みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
tel.03-6661-7687
map

トークショー 篠原勝之(ゲージツ家クマさん)×桑原茂夫(カマル社主宰/アリス研究家) 15/11/25 open 19:15 / start 19:30

151115_3.png

『トークショー 篠原勝之(ゲージツ家クマさん)×桑原茂夫(カマル社主宰/アリス研究家)』

http://posterharis.com/

15/11/25  open 19:15 / start 19:30
料金 ¥2,000  (トークショー料金¥1,500 +展覧会チケット¥500)

--
状況劇場のポスターを数多く手がけた、おなじみ「ゲージツ家のクマさん」こと篠原勝之と、「ジャパン・アヴァンギャルドーアングラ演劇傑作ポスター100」(PARCO出版)の編者でもあるカマル社主宰/アリス研究家の桑原茂夫によるトークショー。制作秘話をはじめとした貴重なお話を伺います。
--

at : ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル 103号
tel.03-5456-7218
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

セミ博士の別室ーー加藤正世博物学コレクション 15/11/14 - 11/30

151115_2.jpg

『セミ博士の別室ーー加藤正世博物学コレクション』

15/11/14 - 11/30

--
 昔、学校の夏休みの宿題に昆虫採集や植物採集をした経験はおありでしょうか。植物を乾かす新聞紙の交換を忘れてカビを生やしたり、せっかく作った昆虫標本をゴキブリに食べられたりといった経験をお持ちの方も多いことと思います。
 加藤正世は、大正から昭和にかけて活躍した「セミ博士」として有名ですが、セミだけではなく、昆虫全般さらには植物についても造詣が深く、一般書や雑誌を通してその知識の普及に努めました。昭和の初期、一大昆虫ブームが起こりましたが、その仕掛け人の一人が加藤正世なのです。
 加藤が残した標本は膨大です。セミ類を含む半翅目はもとより、チョウ類、甲虫類などの昆虫類、クモ類、甲殻類、あるいは鳥類、爬虫類、ほ乳類、貝類の標本も多数収集しています。特筆すべきは植物標本で、幼少期から青年期までを過ごした東京・芝、大正末から昭和初期を過ごした台湾、帰国後に暮らした東京・石神井公園などで数多くの標本を採集しています。
 現在、練馬区立石神井公園ふるさと文化館にて加藤正世の昆虫コレクションに焦点を当てた「蝉類博物館」展が行われています。そこで、東京大学総合研究博物館小石川分館では、本館で実施しているリカレント教育事業「学芸員専修コース」の一環として、加藤の昆虫以外のコレクションを中心とした共同企画展示を同時開催することとなりました。
 身の周りにある自然への好奇心、新しいものを手に入れたときの感動を持ち続けた一人のコレクターによって採集された標本の数々をご覧ください。そして、ともすれば日常の忙しさで忘れかけている、子どもの頃に持っていた好奇心を思い起こしていただければ光栄です。
池田 博(東京大学総合研究博物館・准教授)
矢後 勝也(東京大学総合研究博物館・助教)
--

at : 東京大学総合研究博物館小石川分館
東京都文京区白山3-7-1
tel.03-5777-8600(総合研究博物館テレホンサービス)
map

・その他詳細 上記URL先参照

KYOTARO展「きのこの国のアリス」 15/12/11 - 16/01/11

151115_1.jpg

『KYOTARO展「きのこの国のアリス」』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/10/kyotaro_kinoko.html

15/12/11 - 16/01/11

--
SPECIAL EVENT
■飯沢耕太郎 トークショウ「アリスと芋虫ときのこ」
日時:12月13日[日]start17:00
料金:前売予約 1,500円/当日 2,000円
■紅日毬子 朗読劇
日時:12月19日[土]、12月20日[日] 各日start18:00
料金:前売予約 2,000円/当日 2,500円
□各日上演後、アフターお茶会開催
アフターお茶会料金:1,000円
定員:各日30名
--

at : parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・レセプション 12月11日[金] 19:00〜

高畠華宵 刀剣乱舞展 15/12/25迄

151114_1.jpg

『高畠華宵 刀剣乱舞展』

https://twitter.com/yayoi_yumeji/status/665336425395519488?ref_src=twsrc%5Etfw
(twitter/‏@yayoi_yumeji)

15/12/25迄

at : 弥生美術館 3F
東京都文京区弥生2-4-3
tel.03-3812-0012
map

ブックライブラリーCafe & Bar 十誡 15/11/25オープン

151113_1.jpg

『ブックライブラリーCafe & Bar 十誡 15/11/25オープン』

http://www.zikkai.com/info

15/11/25  open

--
銀座に新たなカルチャースポットが誕生します。
”好事家の書斎”をコンセプトとした、感性を限りなく刺激するブックライブラリースタイルのカフェ・バー空間です。
壁一面に鎮座する書架には、コアな芸術書や写真集から稀覯本、時代を往来する人文書や秀逸なミステリーなどが配架され、曇りがかった貴方の視界を磨く様々な本との出会いをエスコートします。
アナログレコードの温もりのある音域を愉しみながら、午後は珈琲と紅茶で安らかなカフェタイムを、また夜の帳が落ちるころ美酒と粋な逸品で厳かなひとときをお過ごしいただけます。
アンティークのソファに身を沈めて想いに耽り、書物との密談に心躍らせる束の間が、新たな人生の一頁となるように。
十誡が銀座の文化の扉となり、良質で特別な空間と時間を彩ります。
--

at : Bar十誡
東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル地下二階
tel.03-6264-5775
map

・その他詳細上記URL先参照

『nyx』第2号、nyx叢書第1弾『神話・狂気・哄笑‐ドイツ観念論における主体性』刊行記念 ドイツ観念論の現在 15/12/09 19:30 - 

151112_1.jpg

『nyx』第2号、nyx叢書第1弾『神話・狂気・哄笑‐ドイツ観念論における主体性』刊行記念 ドイツ観念論の現在

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=10483

15/12/09  19:30 -  入場料¥1000(ドリンク付)

マルクス・ガブリエル(ボン大学教授)
大河内 泰樹(一橋大学教授)

--
わずか29歳でボン大学哲学科教授となり、その著作『なぜ世界は存在しないのか』がヒットし、ドイツで一躍名をはせた俊英マルクス・ガブリエル。
その思想はなぜ評価されたのか。ガブリエルが専門とする「ドイツ観念論」は、現在、古典再解釈を通じて再度注目が集まっており、世界で活発に研究がすすめられている。
ガブリエルがジジェクとともに記した著書『神話・狂気・哄笑』では、そうしたドイツ観念論の最先端の議論を扱う。その刊行を記念した今回の対談では、来日するガブリエル自身の言葉で、また同じくドイツ観念論を専門とする一橋大学の大河内泰樹教授との対談によって、世界、ドイツ、日本におけるドイツ観念論の新境地、ドイツ観念論から考える現代思想が語られる。
【講師紹介】
マルクス・ガブリエル
1980年旧西ドイツ生まれ。哲学者。2015年現在、ドイツ・ボン大学教授。後期シェリングを専門としつつ、ピュロンら古代懐疑論からウィトゲンシュタイン、ハイデガーに至るまで西洋哲学の広い範囲を対象に精力的に執筆を行っている。近年では新実在論というプロジェクトの旗手として知られる。『なぜ世界は存在しないのか』、『認識理論の限界』、『古代における懐疑論と観念論』など。
大河内泰樹(おおこうち・たいじゅ)
1973年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科准教授。専門は哲学、ドイツ観念論、批判理論。著書に、Ontologie und Reflexionsbestimmungen. Zur Genealogie der Wesenslogik Hegels, Wurzburg, 2008.共著に『労働と思想』(堀之内出版、二〇一五年)など。
--

at : ジュンク堂書店池袋本店
東京都豊島区南池袋2-15-5
tel.03-5956-6111
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

浅野信二 特製缶ケース入り絵ハガキ10枚セット 販売

151111_1.jpg

『浅野信二 特製缶ケース入り絵ハガキ10枚セット』

http://aokigallery.jp/shop/#c175
(青木画廊ショップページ)

価格 ¥2000(税込)  発送の場合別途¥300

at : 青木画廊
東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル2F・3F
tel.03-3535-6858
map

・申込方法上記URL先参照

ポーランド映画祭2015開催記念 ポーランドBOOK(&DVD)フェア 15/11/08 - 終了日不明

11062201_563ca4b8f09bb.jpg

『ポーランド映画祭2015開催記念 ポーランドBOOK(&DVD)フェア』

http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=10649

15/11/08 - 終了日不明

--
ポーランド映画祭2015の開催を記念して、ポーランド映画を楽しむお供におすすめの本や、ポーランド映画作品のDVDソフトなどをご用意いたします。
--

at : ジュンク堂書店池袋本店
東京都豊島区南池袋2-15-5
tel.03-5956-6111
map

中村明日美子原画展 15/11/03 - 11/23

『中村明日美子原画展』

http://natalie.mu/comic/news/165409
(コミックナタリー記事)

15/11/03 - 11/23

at : SHIBUYA TSUTAYA B1コミックフロア展示スペース
東京都渋谷区宇田川町21-6
tel.03-5459-2000
map

世界のブックデザイン2014-15 15/12/05 - 16/02/28

151108_1.jpg

『世界のブックデザイン2014-15』

http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/151205/index.html

15/12/05 - 16/02/28

--
2015年3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール2015」の受賞図書13点をはじめ、日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国と今回初めて紹介するデンマーク、計8カ国のコンクール入選図書、およそ200点を展示します。
P&Pギャラリーで開催する「ブックデザイン」展も14回目を迎えました。造本、印刷、タイポグラフィなど細部にまでこだわりをもって制作された本を手に取り確かめることができる本展は、今後の本のあり方を考える上でも貴重な機会となることでしょう。
*少部数等の理由で入手不可能な本があるため、受賞図書すべての展示ではありません。
--

at : 印刷博物館
東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
tel.03-5840-2300
map

・イベント詳細上記URL先参照

渡邊かおり展 15/11/30 - 12/12

151107_3.jpg

『渡邊かおり展』

http://www.galleriagrafica.com/jp/exhibitions/2015/1512_watanabe.html

15/11/30 - 12/12

at : Galleria Grafica Tokio
東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル2階
tel.03-5550-1335
map

ワークショップ ~三浦悦子とマスクを作る~ 15/11/29 12:00 - 17:00

151107_1.jpg

『ワークショップ ~三浦悦子とマスクを作る~』

http://pygma.exblog.jp/24892789/
(球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION記事)

15/11/29  12:00 - 17:00
定員 8名  11/09より受付(定員になり次第締め切り) 受付締め切り11/25

--
ピグマリオンのワークショップ第一回として三浦悦子ワークショップを開催いたします。
ピグマリオンの会員以外の皆様の参加は大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
革を使ったマスクの制作により三浦悦子の作品作りのテイストをご本人との交流と指導によって
体験していただけたらと思います。
素材・道具は用意いたします、もちろんご自分のデザインでのアレンジも可能です。
会場は三浦悦子が人形制作を学んだピグマリオン人形教室です。
--

at : Doll Space PYGMALION
世田谷区奥沢6-28-14 林コーポ201 
tel.03-3704-3730
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。