スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIBRAIRIE6/シス書店 第40回企画~ 山下陽子「未踏の星空」作品集出版記念展 15/12/05 - 12/20

151122_2.jpg

『LIBRAIRIE6/シス書店 第40回企画~ 山下陽子「未踏の星空」作品集出版記念展』

http://librairie6.exblog.jp/22506375/

15/12/05 - 12/20

--
※作家在廊日は5日(土)の初日のみとなります。

◎作品集「未踏の星空」発売
【普及版】山下陽子作品集/未踏の星空2013年‐2014年 限定1.000部 ¥2.700(税別)
    エディション・アクネ刊 2015年12月5日発売
【特装版】山下陽子作品集/未踏の星空2013年‐2014年 限定30部
    オリジナル・コラージュ・フォトプレート・グラヴュール2葉 ¥43.000(税別)

山下陽子は兵庫県生まれ。
1993年、山本六三氏に師事して銅版画を学ぶ。1998年、大阪・加藤京文堂での初個展「イマージュの小部屋」以後毎年作品を発表し続け、現在は東京・LIBRAIRIE6にて定期的に個展を開催。銅版画のほかコラージュ、オブジェ作品を制作、近年はコラージュを写真製版した銅版画(コラージュ・フォトプレート・グラヴュール)、版画・コラージュ・オブジェの混合作品など、手法の境界を越えた独自の創作を展開。本の挿画の仕事も多く、自身のプライベート・プレス Éditions Haquenéeからは、ヴィリエ・ド・リラダン『白鳥殺害者』、ポール・エリュアール『花と果実の紋章』をはじめ、銅版画による挿画収録の限定本などを刊行。

今企画では、作家が2013年より一貫したテーマとしてきた「未踏の星空」作品の集大成として作品集を出版致します。出版記念展として新作コラージュ・新作オブジェを30点ほど展示致します。是非、ご高覧頂ければ幸いです。
--

at : LIBRAIRIE6/シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
tel.03-6452-3345
map

・その他詳細 上記URL先参照

スポンサーサイト

M!DOR! exhibition「phantasmagoric」 15/11/21 - 11/29

151122_1.jpg

『M!DOR! exhibition「phantasmagoric」 』

http://midoritomita.blogspot.jp/2015/11/mdor-exhibitionphantasmagoric.html

15/11/21 - 11/29

at : 8 (eight)
東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブⅡ 2F
tel.03-6416-3834
map

薬草の博物誌 -森野旧薬園と江戸の植物図譜-展 Museum of Medicinal Herbs 16/03/03 - 05/21

2015_12yakuso_m.jpg

『薬草の博物誌 -森野旧薬園と江戸の植物図譜-展 Museum of Medicinal Herbs』

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003358.html

16/03/03 - 05/21

--
薬草を主とした本草学が中国から渡来し盛んになった江戸時代。それは近代に向かって博物学へと発展していきました。本展では、江戸時代から続く森野旧薬園と当時描かれた薬草を中心とした植物図譜を通して、幅広い本草の世界へとその魅力を紹介します。
--
精緻な観察で描かれた植物の姿
280余年経た薬草園に、面影をみる
私たちにも馴染み深い漢方薬。その元になっているのが江戸時代に発展した本草学です。江戸後期には原料の一種である薬草は幕府により国産化政策がとられるほど貴重なものでした。当時人々の関心も高く、それを裏付けるように多くの本草書や図譜が出版されました。そして薬草から植物全般へと研究、または興味の範囲が広がっていくのもこの時代です。
そのころ薬草への造詣が深い人物として現れたのが森野初代藤助(とうすけ)通貞(みちさだ)(号:賽郭(さいかく))です。先の幕府の政策にも尽力した賽郭は現存する日本最古の私設薬草園「森野旧薬園」を開設します。晩年には約千種の動植物の姿を、自然科学的な観察眼で色鮮やかに描いた『松山本草』を完成させました。この薬草園には今も薬草に関わる温故知新の知恵が息づいています。
森野旧薬園の存在をきっかけとする本展は、「薬草」に焦点を当てながら、賽郭の意思を忠実に受け継ぐ森野旧薬園を紹介するとともに、江戸の初期から後期、そして本草学が近代植物学へ移行する時期までに描かれた主要な植物図譜の変遷を、約90点の実資料の他、写真、映像などで展観します。それらを通して、当時の人々が薬草を含む植物に注いだ熱い眼差しを感じ取っていただければ幸いです。
--

at : LIXILギャラリー ギャラリー1
東京都中央区京橋 3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
tel. 03-5250-6530
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。