スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 大野一雄2016 「大野一雄 ひとりごとのように」上映 16/06/01 19:00-

160501_10.jpg

『追悼 大野一雄2016 「大野一雄 ひとりごとのように」上映』

http://www.mmjp.or.jp/pole2/

16/06/01  19:00-

--
今年も大野一雄さんの命日に『ひとりごとのように』を上映!
大野慶人さんによる一夜限りのスペシャルステージも開催!
一昨年に逝去された大津幸四郎監督も、毎年この上映会を楽しみにしていました。
皆様にとって、大野一雄の踊りと大津幸四郎の映画に出会うきっかけとなれば嬉しいです。
--
6月1日は、舞踏家・大野一雄さんの命日です。
限りない哀しみと溢れるばかりの愛で、そこにある魂に気付かせてくれる舞踏は、逝去しても尚、言葉にならない感動を多くの人に与え続けます。
人はみな人間である以前に、こころとからだをもつダンサーなのかもしれません。
人生 KEEP ON DANCING!
大野一雄はいつまでも踊り続ける。
--
<スタッフ>
撮影と監督 大津幸四郎 (ドクメンタリ映画/第1回監督作品)
撮影/大津幸四郎 松尾秀一
録音/守屋英一 
音楽デザイン・ピアノ演奏/本田成子
編集/後閑信弥 
MA/データ・アート プロデュース/山口一也 木暮優治
協力/大野一雄舞踏研究所
パークタワー・アートプログラム
飛騨世界文化センター
製作・配給/クエスト
photo C Naoya Ikegami
--
<出演>
大野一雄
大野慶人  溝端俊夫   
ジョアン・ソレル   大野一雄舞踏研究所研究生 
磯崎新(織部賞選考委員)    松岡正剛(織部賞選考委員) 
梶原拓(岐阜県知事)    大倉正之助(鼓)
佐藤陽子(ヴァイオリン)      大野悦子(衣装)
--
<ストーリー>
2000年、大野一雄は腰を打ち、歩行不能におちいる。やむなく、病院で治療を受ける。
数日後、激痛が治まると一雄は舞踏研究所に逃れ、徹底的な身体の鍛え直しから再生の道をスタートさせる。
2001年、一雄の子息、大野慶人の舞踏をめぐる思索とWorkshopから映画は始まる。ワーク・ショップでは一雄も踊る。床に伏し、転がり、全身で舞踏にぶつかっていく。何としても、もう一度自分の踊りを踊りたい、その欲求と生来の強靱な意思とが、一雄を回復に導く。
95才の誕生日を祝う舞台公演の話が持ち上った。公演に向けてのリハーサルが進む。その頃、一雄に言葉の障害が起こりはじめる。日常生活の喜怒哀楽を、舞踏で表現しようとする。インタビューに踊って答える。ひとりごとのように踊る。
公演は、じっと椅子に坐った不動の構えと空間を生き物のように舞い踊る上半身や手指の表情、靜と動の対比の妙味の中で、成功裡に終った。
織部賞受賞のため、六百キロの列車の旅に出る。車椅子の旅の不自由さも意としない。
受賞後のアンコールに応えて、踊る。一雄の高揚はすさまじいばかり。その覇気は舞台に溢れ、客席を圧倒する。賞に対する敬意と授賞の喜び、そして丁寧な返礼の舞踏は、観客の祝福の拍手に包み込まれる。
大野一雄はいつまでも踊り続ける。
--

at : ポレポレ東中野
東京都中野区東中野4-4-1/ポレポレ坐ビル地下
tel.03-3371-0088
map

・上映作品及び上映日程詳細 上記URL先参照

スポンサーサイト

「氷の花火 山口小夜子」上映 16/05/07 - 05/13

160501_9.jpg

『「氷の花火 山口小夜子」上映 』

http://www.wasedashochiku.co.jp/lineup/2016/korinohanabi.html#sayoko

16/05/07 - 05/13

--
彼女は、終わりのないランウェイを歩いた。
世界中の人々に“東洋の神秘”と称賛された伝説のモデル、山口小夜子。 しかし、その人生は多くの謎に包まれていた…。没後8年、彼女が愛した膨大な数の服やアクセサリー等の遺品を開封した。山口小夜子の止まった時間が動き出し、今まで触れることの出来なかった彼女に少しだけ近づいていく。
数々のブランドのミューズとなった
トップモデル・山口小夜子
その謎めいた実像に迫る貴重なドキュメンタリー!
1970年代以降、ファッションモデルとしてパリ、NYコレクションを中心に数多くのコレクションに出演し、山本寛斎、高田賢三、イヴ・サンローラン、ジャンポール・ゴルチエら一流のファッションデザイナーに愛され、セルジュ・スタンス、横須賀功光などトップクリエイターのミューズとなってイマジネーションを与え、ミック・ジャガー、スティーリー・ダンら世界のスターと渡り合い常に時代の先端を走り続けた山口小夜子。
なぜ彼女はモデルの道に進むことになったのか。表現者として大きな存在感を示し、映画・演劇・衣装デザインなど多彩なジャンルに進出し、そのすべてに妥協を許さなかった彼女は、何処を目指していたのだろうか――。親交のあった人々の証言と、遺された貴重な映像に触れながら、「山口小夜子」を探す旅に出る。
--

at : 早稲田松竹
東京都新宿区高田馬場1-5-16
tel.03-3200-8968
map

・料金/上映時間他詳細 上記URL先参照

第7回 東京大学文学部公開講座 「忠臣蔵」と切腹 16/06/11  14:00 - 15:30

160501_8.jpg

『第7回 東京大学文学部公開講座 「忠臣蔵」と切腹』

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/event/4244.html?phpMyAdmin=oNfe8iIKovE07NDvuySfVA3WzB2

16/06/11  14:00 - 15:30  入場無料  事前申込不要
講師 古井戸 秀夫 教授 (文化資源学)

--
歌舞伎の『忠臣蔵』には、「判官切腹」と「勘平腹切り」と、二つの「切腹」がある。
勘平の方を「腹切り」というのは、作法通りの「切腹」ではなかったからである。
正しく腹を切る、とはどのようなことを意味するのか、
歌舞伎の『忠臣蔵』を通して考えてみたい。
--

at : 東京大学 文学部法文2号館2階 1番大教室
東京都文京区本郷7-3-1
tel. 03-3812-2111
map

「江戸の博物学~もっと知りたい!自然の不思議~」展 16/06/25 - 08/07

160501_7.jpg

『「江戸の博物学~もっと知りたい!自然の不思議~」展』

http://www.seikado.or.jp/exhibition/next.html

16/06/25 - 08/07  一般¥1000

--
私たちをとりまく大いなる自然。博物学とは、この自然に存在するモノについて幅広く研究する学問です。東洋では、それらは本草学として特に薬の分野で発達してきました。我が国も古くから中国の本草学を取り入れてきましたが、江戸時代後期の1700年代半ば頃から西洋の博物学がもたらされるようになり、その影響を受けるようになってきました。
本展では本草書の歴史をたどりつつ、それと並行して江戸時代の人々に西洋博物学がどのように受け入れられてきたのかをご紹介します。そこには、現代の私たちと同じ“自然への探求心”を見出すことができるでしょう。「江戸の博物学」の魅力をご堪能ください。
--

at : 静嘉堂文庫美術館
東京都世田谷区岡本2-23-1
tel.03-5777-8600
map

・上部参考画像 『天球全図』司馬江漢撰 寛政8年(1796)頃刊(銅版彩色)
・その他詳細 上部URL先参照

集英社高度教養寄付講座 第5回講演会 スティーヴン・ミルハウザー朗読会 16/05/22

160501_6.jpg

『集英社高度教養寄付講座 第5回講演会 スティーヴン・ミルハウザー朗読会』

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/event/shueisha20160522.html

16/05/22  14:00 - 15:30  入場無料  要事前予約

--
自動人形、書物、遊園地、都市、奇術などをモチーフに、緻密な幻想世界を紡ぎ出しつづける作家スティーヴン・ミルハウザー氏初の来日。作品の朗読を中心に、皆さんからの質問にもお答えいただきます。
--
講演者
スティーヴン・ミルハウザー(作家、スキッドモア大学教授)
司会・通訳
柴田元幸(東京大学文学部特任教授)
--

at :東京大学 文学部法文2号館2階 1番大教室
東京都文京区本郷7-3-1
tel. 03-3812-2111
map

・申込方法等 上記URL先参照

あゝ新宿―スペクタクルとしての都市 展 16/05/28 - 08/07

160501_5.jpg

『あゝ新宿―スペクタクルとしての都市 展』

http://www.waseda.jp/enpaku/ex/4395/

16/05/28 - 08/07

--
展示概要
1960年代、新宿は明らかに若者文化の中心だった。紀伊國屋書店、アートシアター新宿文化、蠍座、新宿ピットイン、DIG、風月堂、花園神社、西口広場……。そこには土方巽、三島由紀夫、大島渚、唐十郎、寺山修司、横尾忠則、山下洋輔らさまざまな芸術文化の担い手たちや若者たちが集結し、猥雑でカオス的なエネルギーが渦を巻いていた。新宿という街自体がハプニングを呼び込む一つの劇場、一つのスペクタクル、あるいは一つの祝祭広場を志向していたのだ。では、現在の新宿はどうか。かつてのようなエネルギーに満ち溢れた新宿独自の文化は失われてしまったのだろうか。
本展では、新たに発見された劇団現代人劇場『想い出の日本一萬年』(作:清水邦夫、演出:蜷川幸雄、アートシアター新宿文化、1970)の貴重な舞台映像や大島渚監督『新宿泥棒日記』(1969)の上映をはじめ、写真やポスターなどさまざまな資料から新宿の文化史を辿り直すとともに、新宿の今を検証する。そして磯崎新による幻の新都庁案で提示されていた祝祭広場の思想を手がかりに、祝祭都市新宿の未来像を構想したい。
--

at : 早稲田大学演劇博物館・2階展示室
東京都新宿区西早稲田1-6-1
tel.03-5286-1829
map

・イベント他詳細 上記URL先参照

トークイベント 「宇野亞喜良の挿絵やイラストレーションについて」 宇野亞喜良 × 名久井直子 × 海野弘 16/05/15 15:30 - 17:00 

160501_4.jpg

『トークイベント 「宇野亞喜良の挿絵やイラストレーションについて」 宇野亞喜良 × 名久井直子 × 海野弘』

http://www.aoyamabc.jp/event/aquirax-fantasy/

16/05/15  15:30 - 17:00  料金¥1080  定員110名

--
リボン・水玉・猫・花・お姫様…。大人になっても忘れることのないキラキラした世界。5月刊行の「宇野亞喜良ファンタジー挿絵の世界」では初期から現在までの絵本挿絵やブックデザインを中心に、「ファンタジー」をテーマに収録しています。宇野氏自ら「自分の作品集なのに、自分のものでないように見え、とても新鮮」と語る作品群。見応えたっぷりで究極に「可愛い」宝石箱のような世界に、新しい宇野亞喜良を発見するかも知れません。
今回はそんな宇野亞喜良の挿絵やイラストレーションについて名久井直子さん、海野弘さんのお二人をお招きし存分に語り合って頂きます。
挿絵とは、イラストレーションとは何か――。どうぞご期待ください。
サイン会
終了後、宇野氏のサイン会も開催いたします。
※「宇野亞喜良ファンタジー挿絵の世界」ご購入者様に限らせて頂きます。
--

at : 青山ブックセンター
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F 青山ブックセンター本店内
tel.03-5485-5513
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

混沌が意味するもの──松本俊夫アヴァンギャルド映像特集上映 16/05/28 - 06/03

160501_3.jpg

『混沌が意味するもの──松本俊夫アヴァンギャルド映像特集上映』

http://www.uplink.co.jp/movie/2016/44015

16/05/28 - 06/03

--
アヴァンギャルドのハードコア!!
実験映像界の生ける伝説・松本俊夫の劇薬、視覚のサイケデリアに刮目せよ!!
日本実験映画のパイオニアにして、理論面でも前衛芸術運動を牽引した映像作家・松本俊夫の著作活動を網羅した集成『松本俊夫著作集成』(阪本裕文=編 全四巻、森話社)の刊行開始を記念して、松本俊夫監督の記録映画・実験映画・ビデオアートを特集上映する。
日本が世界に誇るアヴァンギャルド映像作家・松本俊夫の実験映像作品を全時代にわたって総特集!大阪万博でのパフォーマンス記録『スペース・プロジェクション・アコ』をはじめ、激レア発掘も含めてHDリマスター版で一挙公開!!
トークゲストには、美術作家・石田尚志、松本作品の音楽を多数手がけた作曲家・湯浅譲二ら豪華ゲストが登場!!
アヴァンギャルドとドキュメンタリーの統一を模索した『西陣』(1961)や『石の詩』(1963)などの初期の前衛記録映画をはじめ、3面マルチプロジェクションを使った『つぶれかかった右眼のために』(1968)、ビデオ変換装置「スキャニメイト」を日本で初めて使用したビデオアート『モナリザ』(1973)や、圧倒的な視覚のサイケデリアを展開する『アートマン』(1975)、『色即是空』(1975)などの名作はもちろんのこと、今回は大阪万博「せんい館」でのマルチ・プロジェクション『スペース・プロジェクション・アコ』(1970)、現段階での最新作『蟷螂の斧(第三部 万象無常)』(2012)など、上映機会の少ない8mmフィルム作品や新発見作品も一挙公開。それぞれの時代で4つのプログラムを構成した。オリジナルフォーマットがフィルムの作品は、すべて最新のHDデジタルリマスター版で上映。
--

at : UPLINK
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル 1F
tel.03-6825-5503
map

・料金/スケジュール他詳細 上記URL先参照

声かけ写真展 16/05/04 - 05/08

160501_2b.png

『声かけ写真展』

http://koekakephoto.strikingly.com/

16/05/04 - 05/08  入場料¥1000

--
中年男性が女子小中学生に声をかけて撮影しただけの写真を集めました
それが、声かけ写真展。
--
30年前にあった、ひとつの写真文化
街角に遊ぶ少女は、当時のコンテストでも定番テーマ。
声かけ写真はフィルム式コンパクトカメラが普及した1970年代から数十年にわたりアマチュア写真家に好まれたテーマで、中でも街角に遊ぶ少女は格好の被写体でした。
少し昔のノスタルジーを感じてみたり、普遍的な子供の世界を楽しんでみたり、現在撮影を楽しんでいる人には制作のあり方に驚きと新しいヒントがあることでしょう。
少女写真界隈では十分な知名度のある作家を一同に介し、この規模で合同少女写真展を開催することは過去例がありません。
--

at : IID 世田谷ものづくり学校
東京都世田谷区池尻2-4-5 3階2-A教室
tel.03-5481-9011
map

・その他詳細 上記URL先参照

古屋兎丸 中村明日美子 沙村広明 坂本眞一 山本直樹 丸尾末広 沖渉二「Japan Comic artエロス×フェテシズム」 通販取扱開始

160501_1.jpg

『古屋兎丸 中村明日美子 沙村広明 坂本眞一 山本直樹 丸尾末広 沖渉二「Japan Comic artエロス×フェテシズム」』

http://www.vanilla-gallery.com/shop/books/
(ヴァニラ画廊通販ページ)

--
7名の漫画家が紡ぐ、日本のコミックアートの美しい珠玉の作品画集。各作家の作品が詰まった見ごたえある一冊です。
「エロス」「フェティシズム」に関するインタビューや写真付きの詳しい解説が嬉しいHOW TO DRAWや作家の作業場・書棚の紹介ページなどを掲載。
仕様:282mmx210mm
160ページ
価格:2200円(税別)
--



Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。