スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ヴィスコンティと美しき男たち~アラン・ドロンとヘルムート・バーガー》 『山猫』 『ルートヴィヒ』上映 16/05/14 - 05/27

160509_3.jpg

『《ヴィスコンティと美しき男たち~アラン・ドロンとヘルムート・バーガー》 『山猫』 『ルートヴィヒ』上映』

http://www.unitedcinemas.jp/yebisu/movie.php?movie=5205

16/05/14 - 05/27

--
永遠の輝き。映像の世界遺産ルキーノ・ヴィスコンティの代表作が新素材で甦る。
イタリアが生んだ巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ監督。その生誕110年&没後40年を記念して、後期の代表作2本『山猫』、『ルートヴィヒ』を、現代最高の技術で甦った圧巻の映像で、スクリーンに蘇る。
ヴィスコンティ作品の中でも高い人気を誇る『山猫』は今回、初の4K素材での上映。またヨーロッパでもっとも美しき王の孤独と狂気を描いた『ルートヴィヒ』は初デジタルリマスター版での上映。ともに、20世紀の映像遺産とされる作品は、ヴィスコンティによって見出されたふたりの俳優、アラン・ドロンとヘルムート・バーガーが、その最も美しい一瞬を映像に刻み付けた作品でもある。2016年、見事に美しく甦った映像で、“ヴィスコンティと美しき男たち”を存分にご堪能ください。
~「山猫 4K修復版」~
シチリアの名門貴族の当主、サリーナ公爵(ランカスター)は、自分たちの時代の終焉が近いことを感じていた。一方、甥のタンクレディ(ドロン)は革命軍に参加し、新興ブルジョワの娘、アンジェリカ(カルディナーレ)と恋に落ちる。そして、新旧交代の大舞踏会が幕を開ける・・・。
クライマックスは映画本編の3分の1を占める舞踏会シーン。撮影には36日間をかけ、メインキャスト20人を含む総勢240人の俳優が撮影に挑んだ。エキストラには本物のシチリア貴族が起用されている。衣装、細部の調度品にいたるまで、全てにヴィスコンティの美学が選定した本物が使用された。2010年、マーティン・スコセッシ設立のザ・フィルム・ファンデーションにより、1万2千時間をかけて褪色したフィルムが復元された。 (提供:クレストインターナショナル)
--

at : 恵比寿ガーデンシネマ
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番2 恵比寿ガーデンプレイス内
tel.0570-783-715
map

・料金他詳細 上記URL先参照

スポンサーサイト

『Creature's Garden 異形モノ達の箱庭 』 第二章 ~箱庭に潜む異形~ 16/06/11 - 06/21

160509_2.jpg

『『Creature's Garden 異形モノ達の箱庭 』 第二章 ~箱庭に潜む異形~』

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201606yamawakitakashi.html

16/06/11 - 06/21

at : スパンアートギャラリー SPAN ART GALLERY
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
tel.03-5524-3060
map

乱歩頌 16/05/13 - 05/30

160509_1.jpg

『乱歩頌』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2016/03/rampo_tribute.html

16/05/13 - 05/30  入場料¥500

--
[Artist]
天野喜孝、駕籠真太郎、多賀新、米澤一平、日野まき
--
[スペシャルイベント]
■遊読夜会「乱歩Ⅱ」
5月21日[土] start 16:00
「遊読夜会」は、四谷茶会記で赤羽卓美がナビゲーターを勤め、
世阿弥、三浦梅園、ユング、高山宏、宮澤賢治、ダンテなどを輪読してきた会です。
今回、場所を変え、パラボリカビスで、今野裕一(夜想編集長)をゲストに、人形と月と乱歩、幻想文学としての乱歩を輪読します。
テキスト:「ろくでなしの恋」「目羅博士の不思議な犯罪」
テキストは用意しますので手ぶらでおいで下さい。
料金:前売・予約2,000円(ドリンク付) ★要予約
■夜想茶会記「人形作家日野まき」
5月21日[土] start 19:00
乱歩を連作してきた日野まき。その新作を愛でながらの茶話会。夜想編集長がお茶を入れます。
料金:前売・予約1,800円(お菓子+お茶付き、展覧会入場料込み)
■多賀新トークショー
5月22日[日] start 17:00〜
料金:前売・予約/当日1,500円(展覧会入場料込み)
■米澤一平「屋根裏の散歩者」
5月29日[日] start 14:00/start 19:00
米澤一平が『屋根裏の散歩者』をタップで迫ります。
足下に拡がる音の迷宮が乱歩世界の曼荼羅と重なりあいます。
出演・演出:米澤一平/タップダンス 
音楽:松本ちはや/パーカッション 
照明:岡野昌代
料金:前売・予約2,500円/当日3,000円(展覧会入場料込み)
--

at : parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・レセプション 05/14  19:00-




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。