スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南方熊楠 もうすぐ生誕150年 都築響一編 熊楠は圏外か~生涯、肩書きより好奇心。 16/06/25 18:00 - 20:00

160519_2.jpg

『南方熊楠 もうすぐ生誕150年 都築響一編 熊楠は圏外か~生涯、肩書きより好奇心。』

http://www.aoyamabc.jp/culture/kumagusu3/

16/06/25  18:00 - 20:00  料金¥1944  定員110名

--
南方熊楠が2017年に生誕150年を迎えます。
熊楠の好奇心や研究領域は、変形菌、きのこ、密教、超常現象、妖怪、神社合祀反対運動、セクソロジー・・・と広大で、彼を前にすると立往生してしまいそうになりますが、それは、熊楠に知る入口やきっかけがたくさんあるということではないでしょうか。そこで、青山ブックスクールでは、さまざまなテーマやゲストから、熊楠の魅力に迫るトークやレクチャーを開催します。
--
「出身校も経歴も肩書きも年齢も収入もまったく関係ない、
好奇心と体力と人間性だけが結果に結びつく」
編集者の都築響一さんは著書『圏外編集者』(朝日出版社)の中で、このようにおっしゃっています。生涯、組織に属さず無位無冠、独学を貫き、ただ「知りたいから知る」という純粋な気持ちで研究/調査に没頭する人生を歩んだ南方熊楠は、まさに、肩書きに頼ることなく、溢れんばかりの好奇心と強靭な体力、人々を惹きつける人間性、そして独学で吸収をした知識と知恵をそなえ、菌類の新種発見や『ネイチャー』への歴代最多の寄稿など、多くの結果を出してきました。しかし、そんな熊楠の研究への姿勢や生き方は、時に「アウトサイダー」、都築さんの言葉を借りれば「圏外研究者」と見られていたようです。
--
また、熊楠が興味関心を抱いた、変形菌やきのこなど、なかなか目を向けられないもの、時には下等なものと見なされてしまう、圏外のものが大半でした。都築さんもまた、作られたマジョリティではなく、メディアが目を向けない生活やアート、音楽に寄り添って、そのおもしろさを発信されています。
では、なぜ、熊楠と都築さんは「圏外」に惹かれ、
圏外という生き方にたどりついたのでしょう。
そもそも圏外/アウトサイドって何でしょう。どこにあるのでしょう。
--
今回は、『圏外編集者』の著者で編集者の都築響一さんをゲストにお迎えし、南方熊楠顕彰会の田村義也さんとともに、肩書きを持たない熊楠は果たして圏外と言えるのか、熊楠の生き方と業績をもとに考えるとともに、都築さんのお仕事について、そして、これまで取材をされてきた方々の生き方についてお話いただくことで「圏外/アウトサイダー」の意味と魅力を掘り下げていきます。
都築響一さんと、熊楠の好奇心の海原に飛び込みましょう!
--

at : 青山ブックセンター
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F 青山ブックセンター本店内
tel.03-5485-5513
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

スポンサーサイト

abematv 少女革命ウテナ 無料放送 #1 16/05/19 22:56 - 23:22

『abematv 少女革命ウテナ 無料放送』

https://abema.tv/channels/oldtime-anime/slots/PMW2hHKGRgw

#1 16/05/19 22:56 - 23:22


キャスト
天上ウテナ:川上とも子 姫宮アンシー:渕崎ゆり子 桐生冬芽:子安武人 西園寺莢一:草尾 毅 有栖川樹璃:三石琴乃
スタッフ
企画・原作:ビーパパス(幾原邦彦さいとうちほ榎戸洋司長谷川眞也小黒祐一郎)
原案・監督:幾原邦彦 原案・漫画:さいとうちほ
シリーズ構成:榎戸洋司 キャラクターデザイン:長谷川眞也

Gallery Lucifer presents「ギーガー-陰翳の廻廊-」 16/07/25 - 08/06

160519_1.jpg

『Gallery Lucifer presents「ギーガー-陰翳の廻廊-」』

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2016/20160725b.html

16/07/25 - 08/06  入場料¥500

--
映画「エイリアン」のクリーチャーデザインなどで幅広く知られるH・R・ギーガー(1940‐2014)はサルバトール・ダリやロバート・ヴェノーサなどのシュルレアリストとの交流に影響を受け、エロティシズムとグロテスクが交錯する独自の暗闇の質感を生み出しました。
本展ではシュルレアリズムに深い造詣と敬意を表し、デカダン芸術を蒐集する'Gallery Lucifer'のあるじが厳選したギーガーの貴重なコレクション展を開催します。のちのクリーチャー胎動を感じさせる1960年代後半のギーガーの退廃的かつ未来的なモノクロームの創作や、バイオメカノイドなどの彫刻、版画、限定品など、多岐にわたるコレクションを展示いたします。
2014年に帰らぬ人となりしも、なお、私たちの神経系統を刺激してやまない、ギーガーの白黒の陰翳廻廊をご高覧ください。
--
H・R・ギーガー(ハンス・ルドルフ・ギーガー)
1940年スイスのクールで生まれる。チューリッヒで建築とインダストリアルデザインを学び、1964年に初めての作品を発表。1966年には主にペン画と油彩画の作品で初めての個展を開催。その後、エアブラシ手法を用いユニークなフリーハンドスタイルを確立する。それらは彼の代表作となり、画家でありデザイナーでもあるギーガーはファンタスティックリアリズムの第一人者としての大きな名声を得る結果となる。
1973年エマーソン・レイク&パーマーのレコード「Brain Salad Surgery(恐怖の頭脳改革)」のジャケットデザインで、その名が世界的に広く知られる。現在までに20冊以上の書籍が出版されているが、中でも最も有名な画集「ネクロミノコン(1977年)」は、大ヒット映画「エイリアン」(1979年)でギーガーがクリーチャーデザインを担当し、第52回アカデミー賞(1980年)視覚効果賞受賞に導いた運命的作品集である。『ポルターガイスト2』『エイリアン2』『DUNE』『スピーシーズ 種の起源』『キラー・コンドーム』『帝都物語』にも参加。元X JAPANのhideのソロアルバム「HIDE YOUR FACE」のジャケットの仮面もギーガーによるもの。
1998年6月、スイス西部のグリュイエールに美術館HR Giger Museum を、2003年には同地に Giger Museum Barを設立。館内やBarには1960年代初期にさかのぼるギーガーの絵画、彫刻、家具やフィルム等、見応えのあるギーガー最大のコレクションを所蔵。
晩年の作品はエアブラシから離れ、スケッチや随筆の小作品が多くなった。国内外の主要美術館で回顧展を開催し、パリ18区に位置するアル・サン=ピエール美術館では6ケ月にも及ぶ展覧会を成功させ2004年パリの権威ある賞、パリ市銀賞(LA MEDAILLE DE LA VILLE DE PARIS)を受賞。
2014年5月12日、自宅の階段から転落し搬送先の病院にて死去。享年74歳。
Gallery Luciferコメント
ダダ、シュルレアリズムは1920年代から60年代に至る過程できわめて多様な方法により、あらゆる変革的な源泉へと接触を試みた。それは当時アクティヴなエネルギーを埋蔵していた哲学、心理学、政治、文学などの表現形態との結びつきを生んでいった。それらシュルレアリズム的思想を受け継ぎ、アマルガム状の巨大なエネルギーとして発展を遂げたのがスイスのH・R・ギーガーである。
しかしながら、それらに対する反作用として80年代に入るとすべてのエネルギーは消失し、創造的な動きは商業的で堅実な大衆娯楽である映画のキャラクターに取って替わられた。今回の展示会では80年代における爛熟と退廃、またその源流である60、70年代の勃興を再現している。ぜひ会場に足を運び、真に自覚的な態度で、用心深く綿密にギーガーのエネルギー方法論の蘇生を企画した本展示会の意図を感じとってほしい。(Gallery Lucifer http://www.gallerylucifer.net/)
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
tel.03-5568-1233
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。