スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vril Society has temporarily suspended..

160625_1.jpg



スポンサーサイト

M!DOR!個展「Voyage of Discovery」 16/06/25 - 07/03

160625_3.png

『M!DOR!個展「Voyage of Discovery」』

http://www.dorimiii.com/#!midoritomitablogspotjp/coor

16/06/25 - 07/03

at : 8(eight)
東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブll 2F
tel.03-6416-3834
map

山口椿氏トークイヴェント 永井荷風からレオナール藤田へ  泪橋〜マルゼルブ大通り 16/07/14 , 07/15

『山口椿氏トークイヴェント 永井荷風からレオナール藤田へ  泪橋〜マルゼルブ大通り』

https://www.facebook.com/events/593243704212003/

16/07/14 , 07/15  料金 : ¥2500-(1D込)  定員 : 各回15名位
--
滞欧二十年を算えた山口椿氏が語られる、ヴィルトゥオーゾ達の身辺
自身の半生の中で関係を持った、文人永井荷風および画家藤田嗣治(レオナール・フジタ)との思い出を中心にお話して頂く予定です。
書斎のニヒリスト石川が、山口椿氏と対談形式で話を進めて参ります。台本通りの予定調和は私の望むところではござませんので、所々脱線する恐れがございますが予めご承知置き下さい。
ちなみに7/14は仏国の巴里祭に当たる日ということで、le petit parisienの巴里祭と銘打って、些かおかしな空間に様変わりするかも知れませんが、その点に関しまして期待せずにお待ちください。
山口椿(やまぐちつばき) 
1931年生まれ。
作家・画家・チェリスト。
初の翻訳「ロベルトは今夜」(トレヴィル刊)で亀井俊介氏の賞賛を受けて登場。キーロフ劇場の専属画家として、マカロワなどの等身像を連作。ベルリン・モスクワなど現代音楽祭で「数列の音楽」自作自演。
著作一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/山口椿
--

at : Le Petit Parisien
東京都墨田区東向島 2-14-12
tel.03-6231-9961
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

怖い浮世絵 16/08/02 - 08/28

capture-20160624-012511.png

『怖い浮世絵』

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/2016-kowai-ukiyoe

16/08/02 - 08/28

--
「怖い」「恐ろしい」-すなわち恐怖は人間の普遍的な感情のひとつです。未知なるもの、危険なもの、不気味なものなどに対して、人間は恐怖を抱き、忌み嫌い、避けようとします。しかし「怖いもの見たさ」という言葉が表すように、それらは多くの場合、同時に強烈な好奇心を呼び起こすものでもあるのです。小説やドラマ、映画などで、ホラーやサスペンスといったジャンルが根強い人気を博すのも、この怖いもの見たさに起因するのでしょう。
江戸の人々も、怖いもの、恐ろしいものへの好奇心は旺盛だったようで、歌舞伎や小説などで怪談物が流行したのをはじめ、浮世絵にも怪異や妖怪が盛んに描かれています。本展は、江戸の人々が抱いた恐怖のイメージを浮世絵から探る展覧会です。累(かさね)、お岩、崇徳院といった生前の恨みをはらす幽霊たち、鬼、海坊主、土蜘蛛などの異形の化け物、凄惨な血みどろ絵まで、「怖い」浮世絵が一堂に集まります。
--

at : 太田記念美術館
東京都渋谷区神宮前1-10-10
tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
map

近藤良平 坂東扇菊 公演 三島由紀夫作 近代能楽集「弱法師」より「縞」 16/06/25

160623_1.jpg

『近藤良平 坂東扇菊 公演 三島由紀夫作 近代能楽集「弱法師」より「縞」』

http://www.nato.jp/sengiku/

16/06/25  開演 19:30 開場 19:00

--
「縞」  台本 構成   坂東扇菊
振付 出演
近藤良平____能舞台で盲目のダンス 俊徳丸を演じる
坂東扇菊____三島文学ならではの登場人物 桜間級子
演奏    四家卯大____チェロ
--

at : 銕仙会能楽研修所
東京都港区南青山4-21-29
tel.03-3401-2285
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

沢田研二生誕祭 16/06/25 - 06/26

160624_1.jpg

『沢田研二生誕祭』

http://hippocampus-mdk.tumblr.com/post/146402924724/%E6%B2%A2%E7%94%B0%E7%A0%94%E4%BA%8C%E7%94%9F%E8%AA%95%E7%A5%AD-%E6%98%8E%E6%97%A5%E6%98%8E%E5%BE%8C%E6%97%A5%E3%81%AF%E6%B2%A2%E7%94%B0%E7%A0%94%E4%BA%8C%E7%94%9F%E8%AA%95%E7%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%99%E6%BA%96%E5%82%99%E3%82%82%E3%81%93%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E6%95%B4%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99
(kaiba's blog記事)

16/06/25 - 06/26

at : まんだらけ海馬
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ4F
tel.03-3228-0007(中野店)
map

幽霊画廊Ⅲ ― 冥界のジャスパー ― 16/08/15 - 08/27

160622_2.jpg

『幽霊画廊Ⅲ ― 冥界のジャスパー ―』

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2016/20160815ab.html

16/08/15 - 08/27   展示室 A&B / 入場料¥500

--
この世から肉体が朽ちてしまったとき、人の魂はどこに行くのでしょうか。
それは答えの出ない問です。
それゆえに古来より現世に残った魂、悲しみ、恨み、嫉妬、羨望等の言葉にならない思いを、
様々な形で幽霊という形に託し、イメージしてきました。
過去二回、ヴァニラ画廊では霊魂や妖しきものを作家各々が描き形作り、
現代の恐怖の系譜に迫る展覧会を開催いたしました。
他界が近くなるこのお盆の時期、更に新たな作家陣も加わり、
さらに広角から幽霊のイメージの深層に迫る3回目の「幽霊画廊」を開廊いたします。
--
イベント
「幽霊画廊怪談夜咄」
語り手:吉田悠軌(とうもろこしの会 会長)
8月20日(土)17:30~19:30
料金2000円(1ドリンクつき) 予約不要
--
東學 愛実 犬木加奈子 GENk 古賀新一 西條冴子 里見有 三代目彫よし 髙木智広 髙橋美貴 高橋葉介
たま 所伸一 猫将軍 花蟲 泥方陽菜 桃桃子 福山フキオ feebee 村田修 森馨 山下昇平 山科理絵 
LINK FACTORY /相蘇敬介 【特別展示:月岡芳年】
--

at : ヴァニラ画廊
東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
tel.03-5568-1233
map

活版TOKYO2016 16/07/01 - 07/03

160622_1.jpg

『活版TOKYO2016』

http://kappan.tokyo/index.html

16/07/01 - 07/03

--
活字屋、印刷屋、作家など活版に携わる人が東西から集まるマーケット
活版印刷の体験ができるワークショップや展示など、
カッパンを知って、見て、触って、好きになるイベントを開催します。
--
開催について
『活版TOKYO』 は多くの人に活版印刷をもっと身近なものとして提案し、
表現の幅を広げることのできるツールとして認識していただき、
より積極的に使っていただくためのアイディアが見つかるイベントとして、
昨年(2015年)を第1回として開催。本年は第2回になります。
活版印刷機を所有し、関東で活動をしている作家や事務所を中心に
活動内容の紹介、活版印刷の情報交換、
活用の提案などの発信をする事で活版印刷の活性化を図るためのイベントです。
今回は誰もが手にし、日々使う「文房具」をテーマとして、
活版印刷での関わり方やこれからの新たな在り方を
提案・発見できるようなイベントになればと考えています。
関東を中心に日本全国の活版印刷に関わる職人や工房、作家による商品の展示販売。
「つくりて」から直接買えるマーケット、印刷相談なども気軽にどうぞ!
--

at : 神保町三井ビルディング テラススクエア
東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
tel.03-3291-3025
map

・出店店舗/イベント他詳細 上記URL先参照

松島智里「Al di la アルディラ ~の向こうに」展 16/07/02 - 07/24

160621_4.jpg

『松島智里「Al di la アルディラ ~の向こうに」展』

https://www.instagram.com/p/BG4Dzw9wtuG/

16/07/02 - 07/24

--
幻想系古本屋・古書ドリスにて、コラージュ作家の松島智里の個展「Al di la アルディラ ~の向こうに」を開催致します。
古書店という場を生かして、松島智里のコラージュと、古書ドリスが選んだ書籍を一緒に並べて、双方の魅力を高めあう試みです。
「人形」「ファムファタール」「バレエ」など当店に縁のあるテーマの他、幻想的なイメージを詰め込んだコラージュと古書の世界です。
--

at : 古書ドリス
東京都江東区森下2丁目10-2 パークロダン 101
tel.03-6666-9865
map

フランス映画祭2016 マスタークラス ルシール・アザリロヴィック X 塚本晋也 16/06/26 14:00-

160621_3.jpg

『フランス映画祭2016 マスタークラス ルシール・アザリロヴィック X 塚本晋也』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1606261400/

16/06/26  14:00-  開場:20分前  入場無料/13hより2Fエスパス・イマージュ前にて整理券を配布

--
新作『エヴォリューション(仮)』がフランス映画祭2016で上映されるルシール・アザリロヴィック監督。カルト的な人気を誇る前作『エコール』(04)の上映と上映後の登壇が緊急決定しました。対談相手にはルシールと親交の深い塚本晋也監督(『野火』)が特別に登場!フランス、日本で異彩を放つ独特なふたりのスタイルと映像美の世界を覗きましょう。司会:市山尚三(東京フィルメックスプログラムディレクター)
--

at : アンスティチュ・フランセ東京エスパス・イマージュ
東京都新宿区市谷船河原町15
tel.03-5206-2500
map

アートブックバザール 16/07/04 - 07/21

160621_1.jpg

『アートブックバザール』

http://www.libro.jp/blog/pbc-kichijoji/event/post_87.php

16/07/04 - 07/21

--
 昨年秋に続き、当店では第2回目のアートブックバザールを
開催致します。5店舗の古書店が数千冊のアート関連書を
持ち寄ります。この機会にぜひご来店くださいませ。
*
~アートブックバザールとは~
 アート、デザイン、建築、工芸、ファッション、映画、写真集、
展覧会図録、絵本、ポスター、ポストカード、版画など
古今東西のアートを気軽に楽しめる古本市です。
*
*
【参加店舗】
リズムアンドブックス 
古本うさぎ書林 
文紀堂書店 
ポラン書房 
にわとり文庫 
--

at : パルコブックセンター吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコB2F
tel.0422-21-8122
map

〜 没 後 10 年 追 悼 展 〜 泉 勝志 遙かなる夢 韃靼のキリストと呼ばれたダンサー・泉勝志へのレクイエムとルネッサンス 16/07/20 - 08/20

160620_1.jpg

『〜 没 後 10 年 追 悼 展 〜 泉 勝志 遙かなる夢 韃靼のキリストと呼ばれたダンサー・泉勝志へのレクイエムとルネッサンス』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2016/04/katsushi_izumi.html

16/07/20 - 08/20

at : parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

【予告】対談・上映会『キネマ博物誌――映像による万有知の構築』 16/07/23 16:00-18:00

160618_2.jpg

『【予告】対談・上映会『キネマ博物誌――映像による万有知の構築』』

http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0111

16/07/23  16:00-18:00 (開場15:30)  参加費 無料  定員 48名(先着順)

--
 世界のあらゆる事象を映像に留め、それを保有する。これはもはや科学的空想ではありません。インターネット上の動画投稿によって、知の参加型構築が世界規模で可能になっているからです。
 早くも1951年に、この大計画を構想した人々がいました。ドイツ・ゲッティンゲン科学映画研究所の主導で、自然界から人間社会に亘るあらゆる「動き」を16ミリフィルムに記録し、そのデータを人類で共有するプロジェクトが、『映像百科事典(エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ)』の名前で始動しました。
 二千本以上に及ぶ短編科学映画アーカイブは、生物学・民族学・技術科学の三分野に区別され、半世紀前の世界の姿を留めています。微生物の反応など肉眼で捉えられない現象を映画技術によって可視化すると同時に、失われていく社会慣習や廃れた技術を記録するという映像人類学的な役割も果たしています。また、フィルムという媒体がもつ複製可能性を活かし、このコレクションのコピーが世界に渡りました。日本でも、「百科事典」の始祖と目される下中弥三郎の功績をたたえるべく創設された公益財団法人下中記念財団によって全巻が保存されています。
 IMTカレッジでは、博物学研究の第一人者である荒俣宏氏を迎え、この貴重な映像コレクションに映された知の世界の上映とそれを巡るディスカッションを行います。オリジナルの16ミリフィルムの上映を楽しみながら、映像による世界構築の可能性について議論します。
<ディスカッサント>
荒俣宏(博物学研究者)
西野嘉章(東京大学総合研究博物館長)
--

at : JPタワー学術文化ミュージアム インターメディアテク 2階「ACADEMIA(レクチャーシアター)」
東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー2・3階
tel.03-5777-8600
map

ミラノ、スカラ座のすべて(仮題) 2016年12月ロードショー予定

160618_1.jpg

『ミラノ、スカラ座のすべて(仮題)』

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/16_scala.html

2016年12月ロードショー予定

--
イタリア・ミラノにある舞台芸術の最高峰スカラ座。過去、現在、未来……偉大な芸術家たちの精神が息づく魅惑の神殿──50年代にヴィスコンティ演出「椿姫」でマリア・カラスという伝説のスターが生まれ、以後オペラ、バレエ、クラシック音楽の光り輝く歴史が刻まれたスカラ座を時空を超えて旅し、その全貌に迫るアート・ドキュメンタリー!
--

at : Bunkamura ル・シネマ
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

清水真理人形個展「Romantic」 16/07/15 - 07/20

160617_1.jpg

『清水真理人形個展「Romantic」』

http://www.mylifeplus.net/event/romantic.html
(myLiFE+記事)

16/07/15 - 07/20

at : 銀座人形館 Angel Dolls
東京都中央区銀座7-9-16 銀座ロータリービル 2F
tel.03-5537-5534
map

Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験 16/06/29 - 07/18

160615_3.jpg

『Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験』

http://www.miraikan.jst.go.jp/info/1606031120041.html

16/06/29 - 07/18  料金¥2500

--
未来館は、2016年6月29日(水)から7月18日(月・祝)までの18日間、「Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験」を、スマッシュコーポレーションと共催します。
「Björk Digital」は、アーティスト・ビョークの音楽と、最先端のテクノロジーの融合により、音楽体験を拡張する実験的なVRの展示プロジェクトです。会場では、世界の映像クリエーターやプログラマーとのコラボレーションにより実現した、ビョークによる新たなVR作品を、5つのエリアを通して体験することができます。
2013年に開催した「Biophilia Tokyo」に続き、音楽と最先端のテクノロジーの融合というコンセプトが未来館の活動と共鳴し、開催が実現。ビョーク本人が来日し、オープニングにあわせて日本科学未来館に滞在します。「Björk Digital」の開催は、今月オーストラリア・シドニーで開催されるフェスティバル「Vivid Sydney」に続く、世界で2回目となります。
展示内容例
・VRコンテンツ
アルバム『Vulnicura(ヴァルニキュラ)』収録曲である『Stonemilker』『Mouthmantra』『Not Get』のVR映像作品3点を、ヘッドセットを装着して体験することができます。
※入場時間指定制
・Biophillia(バイオフィリア)
音楽と自然、テクノロジーの融合を探求した『Biophillia』アプリを通して、アルバム『Biophillia』全曲をインタラクティブに体験することができます。
※入場券をお持ちの方は、当日に限り終日体験可能
・Cinema
本展示プロジェクトにあわせて特別に選曲・リマスタリングされたミュージックビデオを鑑賞することができます。
※入場券をお持ちの方は、当日に限り終日体験可能
詳細は、未来館ウェブサイトで後日公開します。
--
「ビョーク・デジタル・オープニング・パーティー」
「Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験」のオープニングパーティーとしてビョーク本人によるDJ公演が行われます。日本初公開となるビョークのDJにご期待ください。
開催日時:
1) 2016年6月29日(水)開場・開演19:30(23:00終演予定)
※入場券は完売しました
2) 2016年6月30日(木)開場・開演19:30(23:00終演予定)
※入場券は6月18日(土)午前10時よりチケットぴあ(http://w.pia.jp/t/bjork/)にて販売開始
会場: 1階 シンボルゾーン
料金: 9000円(税込、整理券番号付)
※本公演のDJブースはフロアレベルになっています、ステージ等はありません。ビョークの姿が見えないことも生じるかもしれません。予めご了承ください。
※ビョークの出演はDJのみとなります
※未就学児の入場はできません
※「Björk Digital ― 音楽のVR・18日間の実験」の展示鑑賞には別途料金がかかります
主催: スマッシュコーポレーション
共催: 日本科学未来館
協力: 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
ビョーク プロフィール
アイスランド出身のシンガー/ソングライター/プロデューサー/女優。1980年代後半より、ザ・シュガーキューブスのヴォーカルとして活躍し、UK、ヨーロッパを中心にブレイク。1993年にファースト・アルバム『デビュー』でソロ・デビューを果たして以来、2千万枚のアルバム・セールスを誇り、その先鋭的かつ多様なサウンドで世界中の音楽ファンの絶大な支持を受けている。これまで8枚のスタジオ・アルバムに加え、映画サウンドトラック、リミックス盤、ライヴ盤など含め、20作品以上をリリース。これまで、トム・ヨーク、ティンバランド、べック、アレキサンダー・マックイーン、スパイク・ジョーンズなど、音楽にとどまらず多岐にわたるジャンルの著名人とのコラボレーション歴も誇る。2000年にはミュージカル映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に主演し、初出演映画にして、カンヌ国際映画祭<パルムドール>賞と<最優秀女優賞>を獲得。
2015年4月にリリースした8作目アルバム『ヴァルニキュラ』は全世界24カ国のiTunesチャートで1位を記録し、第58回グラミー賞で<最優秀オルタナティヴ・アルバム>にノミネート。2015年3月には、自身のソロ・キャリアを衣装や映像の展示と共に振り返る大回顧展をニューヨーク現代美術館(MoMA)にて開催。2016年4月には、『ヴァルニキュラ』の360°VR映像作品の展示プロジェクト『Björk Digital』をローンチ。
入場券、オープニング・パーティーに関するお問い合わせ先
SMASH
TEL: 03-3444-6751
smash-jpn.com
--

at : 日本科学未来館
東京都江東区 青海2-3-6
tel.03-3570-9151
map

・詳細情報上記URL先参照

谷神健二展〜タマゴ裁判の記憶〜 16/07/02 - 07/14

160615_2.jpg

『谷神健二展〜タマゴ裁判の記憶〜』

http://aokigallery.jp/2011ex/tanigami2016/

16/07/02 - 07/14

at : 青木画廊
東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル2F・3F
tel.03-3535-6858
map

「アート」特集WABP七夕書物対談「三島由紀夫『薔薇刑』制作秘話」開催 16/07/07 18:00-

1000019184_1.jpg

『「アート」特集WABP七夕書物対談「三島由紀夫『薔薇刑』制作秘話」開催』

http://honto.jp/store/news/detail_041000019184.html?shgcd=HB300

16/07/07  18:00-  参加無料 ※予約優先

■対 談
細江英公氏(写真家・東京工芸大学名誉教授)
浅葉克己氏(アートディレクター・ADCアワード2016原弘賞『薔薇刑』受賞)
■司会・進行
松本徹氏(山中湖 文学の森「三島由紀夫文学館」館長・文芸評論家・新刊『三島由紀夫の生と死』著者)

--
丸善3階ワールド・アンティーク・ブック・プラザにて、ギャラリートークを開催します。
7月開催予定のWABP「アート」特集会期中、三島由紀夫『薔薇刑』二十一世紀版サイン会とともに、著者・写真家の細江英公先生と、造本構成家として当作品でADCアワード2016原弘賞を受賞された浅葉克己先生による、『薔薇刑』制作秘話と題して対談トークを行うことになりました。さらに、三島由紀夫文学館館長の松本徹先生に司会・進行をいただきます。写真、デザイン、三島由紀夫にご関心のある方はお気軽にお申込みください。
--
★サイン会記念特典★ 
写真集『薔薇刑』二十一世紀・特別愛蔵版 ☆細江英公先生と浅葉克己先生のWサイン☆
B4変形上製 102頁 初公開写真5枚 函入 ISBN 978-4-908578-00-7 税込64,800円
※当日お買い上げの方に、もれなく細江英公氏・浅葉克己氏両氏による記念Wサイン付き
松本徹『三島由紀夫の生と死』鼎書房2015 ISBN 978-4-907282-22-6 税込単価1,944円
※松本徹先生の新刊書籍もご用意し、当日お買い上げの方にはサインがいただけます。
お申込み: WABP(wabp@maruzen.co.jp)へご氏名とWABP七夕書物対談ご参加の旨を書いてお申込み下さい。(ご希望者多数の際受付を締切させていただく場合がございます。)当日は、会場受付17:30開始、お話は18:00から約1時間ほどを予定しております。
https://myrp.maruzen.co.jp/eventlist/wabp20160707/
☆ 同時開催 ☆
WABP特集展示 「二十世紀劇場」 会期:7月6日(水)~8月2日(火)
三島由紀夫作品の各国語訳版や最新愛蔵版写真集「薔薇刑」はじめ、ルオー、ダリ、クレイグなど、二十世紀の舞台芸術や劇的アートにこだわった書物やアートブックを取り揃えて展示販売いたします。
≪展示予定の商品一例≫
☆ ルオー「気晴らし」15図版 未綴じ 函入 限定1200部(Paris, 1943)
☆ クレイグ舞台「マクベス」上演のための舞台衣装と舞台装置デザイン画(c.1949)
☆ ダリ画/キャロル「不思議の国のアリス」署名入り(NY, 1969)
--

at : 丸善 日本橋店
東京都中央区日本橋2-3-10
tel.03-6214-2001
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照

ふるいチェコのお話を集めて 16/06/14 - 06/26

Old_ceska.jpg

『ふるいチェコのお話を集めて』

http://galeriemalle.jp/archives/5288

16/06/14 - 06/26

宇野亞喜良 岡田千晶 さかたきよこ 珠子 niu   楯川有佳子 野村直子

at : GALERIE Malle
東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
tel.03-5475-5054
map

「和のあかり×百段階段」展 2016 16/07/01 - 08/28

160612_6.jpg

『「和のあかり×百段階段」展 2016』

http://www.megurogajoen.co.jp/event/wanoakari/

16/07/01 - 08/28  当日¥1200

--
東京都の指定有形文化財「百段階段」を舞台に全国から
「祭り」「アート」「職人」「伝統芸能」の4つのジャンルを中心に
30を超える出展者が一堂に会します。
日本各地の出展品が、あかりを落とした文化財をやさしく照らし出す展示は
日本ならではの色彩感覚や、あかりの持つ魅力を再確認させてくれます。
--

at : 目黒雅叙園
東京都目黒区下目黒1-8-1
tel.03-3491-4111(大代表)
map

レインボー・リール東京 ~第25回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~ 16/07/09 - 07/18

160612_4.jpg

『レインボー・リール東京 ~第25回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~』

http://rainbowreeltokyo.com/2016/

16/07/09 - 07/15  @シネマート新宿 ※夜間のみの上映
16/07/15 - 07/18  @スパイラルホール

--
ご挨拶
ようこそ、レインボー・リール東京へ。
これまで『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』としてきた当映画祭の名称を、今年から『レインボー・リール東京』としました。
「レズビアン&ゲイ」という、ある意味わかりやすい名前だったのですが、この25年の歳月の中で、様々なセクシュアリティがあるということ、身近に存在しているということが知られるようになってきました。この名称のままやっていくか、議題に度々挙がっては消え、挙がっては消え…
記念すべき25回目の節目を迎え、ついに新たな一歩を踏み出すこととなりました。
セクシュアリティはグラデーション。
レインボーカラーはそれぞれの色に意味があったりしますが、多様性を示す象徴でもあります。
そしてリールとは映画のフィルムを巻く一巻き。最近はデジタル化が進んで見る機会が減ってきましたが、夢も希望も絶望もつまった映画を象徴する言葉です。
私たちは、多様な映像作品を通してセクシュアリティの多様性を日本中の人たちと共有したいと願っています。レインボー・リール。うん、いい名前ですよね。
これまでも、これからも、セクシュアリティを楽しみ、感じ、考える映画祭を盛り上げていきます。
ぜひ一緒にこの映画祭を愛してください。
よろしくお願いします。
レインボー・リール東京
代表 宮沢英樹
--

at : シネマート新宿
東京都新宿区新宿3丁目13番3号 新宿文化ビル6F
tel.03-5369-2831
map

at : スパイラルホール
東京都港区南青山5-6-23 スパイラル3F
tel.03-3498-1171
map

・上映時間/料金/他詳細 上記URL先参照

「写本」特集WABP「西洋写本と書の道」開催 16/06/08 - 07/06

160612_2.jpg

『「写本」特集WABP「西洋写本と書の道」開催』

http://honto.jp/store/news/detail_041000019182.html?shgcd=HB300

16/06/08 - 07/06

--
丸善3階ワールド・アンティーク・ブック・プラザにて、古書・復刻版の特集展示販売を開催いたします。
現存する写本のなかだけでも100冊近くの写本を所蔵していたとされる、活版印刷以前の稀代の愛書家ベリー公ジャン自身が、そして彼の「美しき時祷書」を完成させたランブール兄弟が、相い次いで没してから、今年600年を迎えます。今回は、この写本の頂点をきわめた時代から、カリグラフィー、タイポグラフィーと続く書体の歴史をたどり、当時の羊皮紙写本零葉、聖歌集リーフ、豪華ファクシミリ版、活字見本帳や書体デザインのリファレンス本などを取り集めて展示販売いたします。
販売商品一例
1. メトロポリタン美術館所蔵「ベリー公の美しき時祷書」豪華ファクシミリ版 980部限定(Luzern, 2003)
2. キュルメ編「日曜の福音と歳の祭日」413多色石版画 全2巻 800部限定(Paris, 1864)
3. アウグスト公図書館所蔵「ローマの測量士の著述」(Leyden, 1970)
4. スコット「シエナ大聖堂・フィレンツェ聖マルコ聖堂の聖歌集から採られた装飾イニシャル」(Florence, 1844)
5. ガストン=フェビュス「狩りの書」ファクシミリ版(Graz, 1976)
6. マルシャン「シャルトルのノートルダムの奇跡」(Chartres, 1885)
7. ハイデルベルク大学図書館所蔵「マネッセ写本」ファクシミリ版 750部限定(Frankfurt, 1975)
8. (オーストリア領)「紋章使用許可証」羊皮紙手稿(Berchtesgaden, 1615)
9. ブッチュ「初期・盛期・後期ルネサンスの書物装飾」全2巻(Leipzig, 1878-81)
10. ローワル「女性のカリグラフィーまたはアメリカ書法」他合本1冊(Paris, 1828)
11. ドゥベルニー活字鋳造所「ヴィニェット見本帳」(Paris, 1889)
12. トランプ「活動的生―挿絵・活字・活字デザイン」(Munich, 1967)
--

at : 丸善 日本橋店
東京都中央区日本橋2-3-10
tel.03-6214-2001
map

香川檀×阿部賢一「ロボットと球体関節人形のルーツへ――ヨーロッパの人形文化を文学・芸術から語る」『人形の文化史』(水声社)刊行記念 16/07/01

160612_1.png

『香川檀×阿部賢一「ロボットと球体関節人形のルーツへ――ヨーロッパの人形文化を文学・芸術から語る」『人形の文化史』(水声社)刊行記念』

http://bookandbeer.com/event/20160701_ningyo/

16/07/01  入場料¥1500 + 1 drink order

--
古来より人間が自らの似姿としてつくりだし、様々な関係を結んできた「人形(ひとがた)」。その意義や魅力について、ヨーロッパ、とくにチェコ・ポーランド・ドイツなど、歴史的に豊かな人形文化の土壌を育んできた地域の文学・芸術から考えていきます。
フィギュアやロボットが溢れる現代文化を理解するためには、まずは西洋の奥深い人形芸術に親しむ必要があります。
中東欧の現代文学・芸術の研究者である阿部賢一さんと、ドイツのモダンアート・前衛芸術の研究者である香川檀さんが、『人形の文化史』をもとに、人形に託して表現された人間の歴史と心理のひだを存分に語りあいます。
--
香川檀(かがわ・まゆみ)
武蔵大学人文学部教授。専門は、表象文化論、20世紀美術史。著書に、『想起のかたち――記憶アートの歴史意識』(水声社、2012年)、編著に『人形の文化史―――ヨーロッパの諸相から』(水声社、2016年)、訳書に、バーン&ボニー・ブーロー『売春の社会史』(共訳、筑摩書房、1991年)など。
阿部賢一(あべ・けんいち)
東京大学准教授。専門は、中欧文化論、表象文化論、比較文学。著書に、『イジー・コラーシュの詩学』(成文社、2006年)、『複数形のプラハ』(人文書院、2012年)、訳書に、ミハル・アイヴァス『黄金時代』(河出書房新社、2014年)、ボフミル・フラバル『剃髪式』(松籟社、2014年)など。
--

at : 本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
tel.03-6450-8272
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照


寫眞館ゼラチン個展『濾 過』 16/07/01 - 07/31

CkheGhNUkAAF85W2.jpg

『寫眞館ゼラチン個展『濾 過』』

https://twitter.com/gelatin1992/status/740945614528094208
(twitter/‏@gelatin1992)

16/07/01 - 07/31

at : 下北沢バブーシュカ
東京都世田谷区北沢2-1-1ツバサマンション1F
tel.03-3412-7277
map

東洋文庫 品切・僅少本復刊フェア 16/06/10 - 07/09

1000019141_1.jpg

『東洋文庫 品切・僅少本復刊フェア』

http://honto.jp/store/news/detail_041000019141.html?shgcd=HB300

16/06/10 - 07/09

--
長らく入手困難だった東洋文庫が、一挙665点、MJオリジナルPOD復刊されます!
これを記念して、丸善ジュンク堂書店主要7店舗でフェアを開催します。
POD復刊書目の中でも、評判の高い名著ばかりを20点を集めてみました。

【フェアタイトル一覧】
南蛮寺荒廃記・邪教大意ほか(海老沢有道)
剪燈新話(瞿佑)
水滸後伝 1~3(陳忱)
日本大王国史(フランソア・カロン)
百済観音(浜田青陵)
耳袋 1~2(根岸鎮衛)
修験道史研究(和歌森太郎)
朝鮮独立運動の血史 1~2(朴殷植)
日本巡察記(アレシャンドゥロ・ヴァリニャーノ)
塵壷(河井継之助)
薩摩反乱記(オーガスタス・マウンジー)
大岡政談 1~2(辻達也・編)
入蜀記(陸游)
大唐西域記 1(玄奘)
ヒンドゥー教の聖典二篇(ジャヤデーヴァ他)

本来はプリントオンデマンド商品ですが、フェア店舗では実物を手に取ってご覧いただけます。
最寄りのフェア開催店舗に是非お立ち寄りください。
フェア対象の20タイトルの他にも、上記7店舗の「東洋文庫」の棚には既存の東洋文庫やMJオリジナルPOD版が多数展示されております。
詳しくは各店担当にお問合せ下さい。
また、日本全国の丸善ジュンク堂書店店頭にて、東洋文庫丸善ジュンク堂書店オリジナルPOD版の御注文を承っております。
全665点の中から、ご希望のタイトルをプリントオンデマンドでご用意致します。
--

at : 丸善ジュンク堂書店主要7店舗
ジュンク堂 三宮店 / ジュンク堂 池袋本店 / ジュンク堂 大阪本店 / ジュンク堂 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具) / ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 / ジュンク堂 立川高島屋店 / 丸善 丸の内本店
tel / map 上記URL先参照

『新編 日本幻想文学集成』(全9巻)刊行記念トークイベント《澁澤龍彦のいる文学史 『新編 日本幻想文学集成』の刊行を記念して》 16/07/16 15:00- 

9784336060266.jpg

『『新編 日本幻想文学集成』(全9巻)刊行記念トークイベント《澁澤龍彦のいる文学史 『新編 日本幻想文学集成』の刊行を記念して》』

http://www.tokyodo-web.co.jp/blog/?p=11628

16/07/16  15:00-  参加費¥800(要予約・ドリンク付き)

出演:諏訪哲史(作家)
スペシャルゲスト:山尾悠子(作家) 
聞き手:礒崎純一(国書刊行会出版局長)

--
『新編 日本幻想文学集成』(全9巻)の刊行を記念し、本叢書の編者である芥川賞作家・諏訪哲史さんを迎えて、東京堂書店神田神保町店にてトークイベントを開催いたします。
澁澤龍彦を軸にして、日本における幻想文学の受容と発展の歴史をたどり、日本の幻想文学がどのようなものか解き明かすとともに、日影丈吉・倉橋由美子をはじめとした『新編 日本幻想文学集成』所収の作家・作品について、縦横無尽に語っていただきます。
また、スペシャルゲストとしてやはり編者の一人である作家・山尾悠子さんも登壇!
またとない貴重な機会ですのでぜひお運びください。
--

at : 東京堂書店神田神保町店6階東京堂ホール
東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
tel.0120-400-361
map

・申込方法他詳細 上記URL先参照

林千絵 木口木版展ーFantasia&Nostalgia 16/06/17 - 06/27

160608_1.jpg

『林千絵 木口木版展ーFantasia&Nostalgia』

http://ftf2000.com/gallery/Gallery_Face_to_Face_gyarari_feisu_to~u_feisu/Next.html

16/06/17 - 06/27

--
林千絵さんがここ10年来続けてきた木口木版の代表作品をまとめてご紹介する初めての展覧会です。
文学作品や夢に題材を求めた幻想性や、 過ぎてしまった時代に想いを馳せた郷愁が林さんの作品の魅力です。 会場を前後に分け、 新作を含めた約40点余の作品でそれぞれの世界をご紹介します。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
http://ftf2000.com/aoneko/
--
林 千絵 (はやし ちえ)
1991年 桑沢デザイン研究所中退  木口木版、 水彩、
鉛筆画、 板絵などを個展、 グループ展で発表している。
--

at : ガレリア青猫
東京都杉並区西荻南2-21-8
tel.03-3247-2236(開廊中のみ)
map

マリアの心臓人形大博覧会 犬神佐兵衛の密かな愉しみ 2016年7月 金土日祝のみ

160606_1.jpg

『マリアの心臓人形大博覧会 犬神佐兵衛の密かな愉しみ』

http://www.mariacuore.jp/exhibition/

2016年7月 金土日祝のみ  入場料¥1000

at : 銀友ビル6F
東京都中央区銀座1丁目13−12 銀友ビル6F
tel.不明
map

伊藤晴雨 幽霊画 16/08/11 - 09/25

『伊藤晴雨 幽霊画』

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/project/11852/%e4%bc%8a%e8%97%a4%e6%99%b4%e9%9b%a8-%e5%b9%bd%e9%9c%8a%e7%94%bb/

16/08/11 - 09/25

at : 江戸東京博物館
東京都墨田区横網1−4−1
tel.03-3626-9974
map

声ノマ 全身詩人、吉増剛造展 16/06/07 - 08/07

160605__1.jpg

『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/yoshimasu-gozo/

16/06/07 - 08/07  一般¥1000

--
本展は日本を代表する詩人、吉増剛造(1939 ‒)の約50 年におよぶ止まらぬ創作活動を美術館で紹介する意欲的な試みです。
東日本大震災以降書き続けられている〈怪物君〉と題されたドローイングのような自筆原稿数百枚のほか、映像、写真、オブジェ、録音した自らの声など様々な作品や資料を一挙公開します。
大友良英(音楽家)とのコラボレーションによるパフォーマンス、ジョナス・メカス(映画監督)作品上映など、イベントも多く開催する本展は、「詩人」の枠を飛び越えた、吉増ならではの多様性あふれる形態で、聴覚・触覚をも刺激する、体感する展覧会です。「言葉」の持つ力、豊かさを体験してください。
--

at : 東京国立近代美術館
東京都千代田区北の丸公園3-1
tel.03-5777-8600
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。