スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石野竜三・朗読劇「怪談 牡丹灯籠」&東雅夫トークショー 12/11/23 - 11/25

『石野竜三・朗読劇「怪談 牡丹灯籠」&東雅夫トークショー』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/11/ishino_botan.html

12/11/23 - 11/25

--
怪談噺の名作「牡丹灯籠」を朗読劇で!
2012年6月にマンディアルグの「海の百合」を語った浅草橋のギャラリー・parabolica-bisで、
今回は「怪談 牡丹灯籠」を語ります。
演出は今野裕一。脚本は「海の百合」と同じく今野裕一&石野竜三。
朗読劇プロジェクトとparabolica-bisの提携公演です。
初日の11/23には17時より東雅夫氏によるトークショー『江戸怪談文学談義』がございます。
(チケット別:1,500円)
★公演日程★
11/23[祝] 20:00
11/24[土] 15:00/19:00
11/25[日] 15:00
全自由席
前売券:2,500円(消費税、発券手数料込み)当日券:3,000円
石野竜三・朗読劇のチケットはこちらからお求めください
http://www.wazoo.jp/open/roudoku_03/
中国は明の時代に書かれたと言われる怪奇小説集「剪灯新話(せんとうしんわ)」。
そこに収録されていた話を三遊亭圓朝が怪談噺として翻案した「牡丹灯籠」。
名人上手と言われた数多の噺家達によって語り継がれた作品に、声優・石野竜三が朗読劇と言うスタイルで挑みます。
--
『江戸怪談文学談義』
●東雅夫 聞き手/今野裕一
11月23日 午後5時スタ-ト。 限定40名。1500円
京極夏彦『嗤う伊右衛門』の原典になった『四谷雑談集』から『牡丹灯籠』まで自在に語り尽くす。
雑誌『幽』の編集長であり、『幻想文学』の編集長でもあった東雅夫の江戸怪談噺。
--

at : parabolica bis パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。