スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のデザインを考える 第3回 ウィリアム・モリスと生の感触(Vivid Touch) 13/01/24 19:30-21:00

130117_2.jpg

『日本のデザインを考える 第3回 ウィリアム・モリスと生の感触(Vivid Touch)』

http://www.a-m-u.jp/event/2013/01/jdesign-03.html

13/01/24  19:30-21:00 (Open 19:00)  入場料 ¥ 1000  定員40名

--
日本のデザインの独自性を考えるトークセッション・シリーズの第3回。

19世紀、ユーラシア大陸西端のブリテン島でモダンの入口と格闘したモリスの軌跡は、ユーラシア東端の島でモダンの出口を模索する21世紀の私達に、大きなヒントを与えてくれます。
当時のイギリスを代表する詩人、作家、ファンタジー文学の創始者、批評家、近代デザインの創始者、企業家、マルクス主義労働運動の指導者、といった複雑な顔を持つ巨人、ウィリアム・モリス(1834 - 1896)の仕事に一貫するのは、それらすべてのディテールにある生々しい生命感、生の感触です。
モリスのデザイン的発想の合理的な側面は、バウハウスなどの20世紀のデザイン運動に引き継がれましたが、この「Vivid Touch」という側面は必ずしも引き継がれていません。
また、モリスの「アーツ・アンド・クラフツ」運動が日本の「民芸運動」に与えた影響、またその社会思想が日本の社会運動に与えた影響の中でも、モリスの創作活動と思想の核とも言うべきこの側面は必ずしも十分に評価されていません。
モダンな合理性の追求に限界が見えている現在、モリスの「生々しさ」の持つ意味を改めて考え直します。
--

at : amu
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2
tel.03-5725-0145
map

・申込上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。