スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレヴァー・ブラウン個展 ~女の子戦争~ 13/05/15 - 05/26

130226_1.jpg

『トレヴァー・ブラウン個展 ~女の子戦争~』

http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/130515trevor.html

13/05/15 - 05/26

--
カタルシスへの革命を目撃せよ
 トレヴァー・ブラウン(Trevor Brown)はロンドン出身の画家・イラストレーター。そのスキャンダラスな作風は母国イギリスでは受け入れられなかったため、日本に活動の場を移しました。以後、日本のサブカルチャーにも影響を受け、幻想的な作品を多く発表。現在ではアメリカやヨーロッパにも多くのファンを得ています。
 毒々しさで染め上げられ、強烈なシニカルを持ち合わせる作品の主なモチーフは、「少女たち」。サディスティックに歪められ、エロチシズムで戯画化された彼女たちの姿は、子供と大人の間で相反するものが一体となるメタファーなのです。神聖で、厳かで、天使のような存在と背反する俗悪は、秘密めいた美しさを現わします。また、彼の高い描写技術によって描き出された限りなくリアルな存在感は、一瞬にして非日常の空間へと誘う力を持っています。
 2009年に開催した「アリスの時間」に続き2回目となる今展では、新作の油彩画を多数発表。また、来日20年を記念して待望の新作画集が刊行します。おもちゃの可愛らしい戦車や戦闘機を背景に銃や手榴弾を持ち、武装蜂起した彼女たちは何と戦っているのでしょうか?彼の描き出す妖しい世界は、どこか無機質で虚ろげな表情で訴えかける「少女たち」の心の叫びの代弁者として迎えられ、受容されているのでしょう。閉塞した世界にレジーム・チェンジを突きつける、センセーショナルな解放を体感してみてはいかがでしょうか。そうして、我々はカタルシス(抑圧からの解放・浄化)の境地に辿り着くのです。繊細で苛烈なセンスを奔放に羽ばたかせるトレヴァー・ブラウンの禁断の園が、扉開かれる瞬間…グロテスクで、愛おしく、恐ろしく、いじらしい、「少女たち」の姿に魅了されることでしょう。
--

at : Bunkamura Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

・上部参考画像 「surrender」 油彩 キャンバス 2012年
・サイン会予定 詳細決定次第HPにて告知




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。