スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロル・オルエによる「プレヴェ-ルと映画 -言葉の詩、映像の魔術」 13/05/11 15:30 - 20:30

『キャロル・オルエによる「プレヴェ-ルと映画 -言葉の詩、映像の魔術」』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/litterature20130511/

13/05/11  15:30 - 20:30  一般 ¥ 1200

スケジュール
15:30 上映『天井桟敷の人々』(1945年/190分) 19:00 講演会『プレヴェールと映画 -言葉の詩、映像の魔術』

--
パリ東マルヌ・ラ・ヴァレ大学の准教授であるキャロル・オルエは、20世紀前半の代表的脚本家・詩人ジャック・プレヴェールのスペシャリストです。子どもの本を含め、プレヴェールをテーマに多くの著書を出版しています。「天井桟敷の人々」の上映に続く今回の講演では、プレヴェールと映画の関係を歴史的側面から、また脚本完成に至るプロセスを脚本以外の分野の作品―演劇、詩、映画、コラ-ジュ、交友関係―アーティスト、俳優、作家―の側面から解説しながら、ジャック・プレヴェールの脚本の魔術と詩情について語ります。ジャック・プレヴェールはマルセル・カルネをはじめ、ピカソ、エディット・ピアフ、ボリス・ヴィアンのような時代を代表する芸術家と深い友情で結ばれていました。映画の脚本に見られる「パロール(言葉)」を用いた詩的表現には、さまざまな影響のもとに生まれたプレヴェールの創造の独自性が象徴されています。キャロル・オルエの研究は、シュール・レアリスム、1930年代の共産主義傾向演劇、文学と映画の関係の分野にも及んでいます。

『天井桟敷の人々』(1945年/190分/フランス/35ミリ/日本語字幕付)
監督:マルセル・カルネ 出演:アルレッティ、ジャン=ルイ・バロー、マリア・カザレス、マルセル・エラン、ピエール・ブラッスール
1840年代のパリ。通称犯罪大通りで裸に近い姿で踊る女芸人ガランスに恋をしたパントマイム役者のバティスト。無頼漢のラスネールや俳優のルメートルもまた彼女に夢中だった。一方で「フュナンビュール座」の座長の娘ナタリーはバティストに恋していた…。ラスネールといざこざを起したガランスはバティストのいる「フュナンビュール座」に加わるが、新たな彼女の崇拝者、モントレー伯が現れる…。5年後、バティストはナタリーと、ガランスは伯爵と結婚していたが、お互いを忘れることはできなかった。人気俳優になっていたルメートルのはからいで再会を果たしたバティストとガランスだったが…。
--

at : アンスティチュ・フランセ東京エスパス・イマージュ
東京都新宿区市谷船河原町15
tel.03-5206-2500
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。