スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上芳正展記念イベント「村上芳正&宇野亜喜良 トークショー」 13/09/07 18:00 - 19:00

『村上芳正展記念イベント「村上芳正&宇野亜喜良 トークショー」』

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/info/event.html

13/09/07  18:00 - 19:00
出演:村上芳正 宇野亜喜良 参加費用:1,500円(展覧会鑑賞券つき) 定員:事前申込70名

--
「家畜人ヤプー」(沼正三/著)は、1956年より『奇譚クラブ』に連載され、多くの著名人に注目、賞賛された小説です。1970年に都市出版社より、改訂増補限定版として単行本が刊行され、戦後最大の奇書として話題となりますが、この装幀装画を手掛けたのが村上芳正です。村上はその後も、角川文庫版や角川限定愛蔵版の装幀装画を手掛けています。
 この本が多くの人を惹きつける要因には、奇想にみちた小説の魅力もありますが、そのイメージを決定づけた村上の装画の魅力もありました。
 そして宇野亜喜良も、1991年に「家畜人ヤプー」(スコラ社)の装幀を手掛けています。官能的でアンニュイな宇野の絵は、村上版「ヤプー」とはまた異なる魅力で、現代の人々を虜にしています。
 共に装幀にかかわった二人が、「家畜人ヤプー」にまつわる思い出や、装幀・装画の仕事について縦横無尽に語りつくします。
 トークショーは、「家畜人ヤプー」原画が展示されている会場で行います。原画を前に、お二人からどんなお話が飛び出すでしょうか?
--

at : 弥生美術館 1階展示室
東京都文京区弥生2-4-3
tel.03-3812-0012
map

・申込方法及び詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。