スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブル・スケネ「ジュールと思い出のメカニズム」 13/10/09 19:30-

130910_1.jpg

『アンサンブル・スケネ「ジュールと思い出のメカニズム」』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/skene/

13/10/09  19:30-  一般¥3500

--
「ジュールとの思い出のメカニズム」は、作家ジュール・ヴェルヌ自身の幼小の頃の思い出をもとに演出された音楽、音、視覚による旅。インスタント・カメラの映像のように短く正確に切り取られたヴェルヌの言葉。それを詩的な源泉として、タイムマシンのように時間を遡るひととき。
唯一の自伝的な話の中で、作家は自分の子供時代の思い出と水のある景色との密接な関係を語る。ロワール河の自然、ナントの港と三本マストの船、船出の掛け声。
ジュール・ヴェルヌはこの潮水に揺籃され、あの途方もない話の数々を生み出した。大洋、大河、地底深く地球の真ん中にある海に至るまで、水の風景をあちこちにちりばめながら。それらの水は彼自身の幼小時代の思い出を源流として、数々の小説に注がれたのだった。
そしてヴェルヌの影にはオノリーヌ・ヴェルヌが、ヴェルヌにとって暗い時代の避難場所となった、妻の存在があった。そのオノリーヌが、顔を隠すヴェールをそっとあげるように、初めて彼女の秘められた思い出を現実的にしかし繊細に語る。
「ジュールとの思い出のメカニズム」は今回創作された前代未聞のスペクタクルであり、音楽はピアニストであり作曲家でもあるカトリーヌ・ヴェルヘルストが音楽を手掛ける。
このクルージングのために集められたのは数々のアーティストたち。クロエ・ポワザ、ジャンパオロ・パーニ、ピエール・ペロンたちのアート・フィルム、演出、舞台美術にエルヴェ・トゥジュロン、ビデオ製作VERHELSTTOUJERON、そしてエマニュエル・リヴァとフランソワ・マルトゥレの比類のない声。
舞台の上では4人の女性ミュージシャンの共演による演奏が繰り広げられる。
筧明絵(メゾ・ソプラノ)、アンヌ=リーズ・クレマン(クラリネット)、デルフィーヌ・ミルール(ヴィオラ)、カトリーヌ・ヴェルヘルスト(ピアノと声)
今回の日本公演では観客と思い出の「渡し守」となるべく、この作品の中では歌い手であり女優でもある筧明絵が、ヴェルヌとその妻オノリーヌの声を日本語で特別「同時吹き替え」の予定。
--

at : 東京国際フランス学園
東京都北区滝野川5-57-37
tel.03-6823-6580
map

・その他詳細上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。