スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会 14/01/25 - 03/30

sp00090_topb.jpg

『星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会』

http://www.setabun.or.jp/exhibition/next.html

14/01/25 - 03/30  一般¥700

--
セタガヤの路地裏に「ないもの、あります」 の看板を掲げ、古今東西より仕入れた麗しくも奇妙な品々を世に送り届けてきた、架空のお店にして本づくり工房=クラフト・エヴィング商會。アート、デザイン、文学が融合した「アルコトナイコト」の不思議と、雲をつかむような、とっておきの「月夜のおくりもの」を網羅した商會初の棚おろし的展覧会。
--
概要
クラフト・エヴィング商會(craft ebbing & co.)は吉田浩美と吉田篤弘によるユニット名。著作の執筆と、装幀を中心としたデザイン・ワークを主として活動している。これまでに発表された著作は以下のとおり。
どこかにいってしまったものたち(1997 年 筑摩書房)
クラウド・コレクター / 雲をつかむような話(1998 年 筑摩書房)
すぐそこの遠い場所(1998 年 晶文社)
らくだこぶ書房21世紀古書目録(2000 年 筑摩書房)
ないもの、あります( 2001年 筑摩書房)
じつは、わたくしこういうものです(2002 年 平凡社)
テーブルの上のファーブル(2004 年 筑摩書房)
アナ・トレントの鞄(2005 年 新潮社)
おかしな本棚(2011 年 朝日新聞出版)
注文の多い注文書(2014 年 筑摩書房)*小川洋子との共著
これらの著作のほとんどに、「クラフト・エヴィング商會」は物語の中の二次元的存在として登場するため、ユニット自体が架空の存在と思われがちだが、実際に存在し、これまでにおよそ1000 点を超える書籍・雑誌等の装幀デザインを担当し、2001 年講談社出版文化賞ブックデザイン賞を受賞した。
同時に、自著に登場する架空の品々を「ないもの、あります」の謳い文句のもと、さまざまな手法によって具現化し、自著と展覧会を通して数多く発表している。それらは「作品」ではなく、あくまで「クラフト・エヴィング商會」というセレクト・ショップが仕入れた「商品」として取り扱っている。
また、吉田篤弘は並行して小説家として活動し、以下の作品を発表してきた。
フィンガーボウルの話のつづき(2001 年 新潮社)
つむじ風食堂の夜(2002 年 筑摩書房)
針がとぶ Goodbye Porkpie Hat(2003 年 新潮社)
百鼠(2005 年 筑摩書房)
78 ナナハチ(2005 年 小学館)
十字路のあるところ(2005 年 朝日新聞社)*坂本真典との共著
空ばかり見ていた(2006 年 文藝春秋)
という、はなし(2006 年 筑摩書房)*フジモトマサルとの共著
それからはスープのことばかり考えて暮らした(2006 年 暮しの手帖社)
小さな男*静かな声(2008 年 マガジンハウス)
圏外へ(2009 年 小学館)
パロール・ジュレと紙屑の都(2010 年 角川書店)
モナ・リザの背中(2011 年 中央公論新社)
木挽町月光夜咄(2011 年 筑摩書房)
なにごともなく、晴天。(2013 年 毎日新聞社)
イッタイゼンタイ(2013 年 徳間書店)
つむじ風食堂と僕(2013 年 筑摩書房)
ガリヴァーの帽子(2013 年 文藝春秋)
うかんむりのこども(2013 年 新潮社)
また、吉田浩美の著作に、
a piece of cake(2002 年 筑摩書房)
吉田音名義による著作に、
Think 夜に猫が身をひそめるところ(1999 年 筑摩書房)
Bolero 世界でいちばん幸せな屋上(2000 年 筑摩書房)
がある。
本展はこれまでの活動を総括した商會初の棚卸し的展覧会である。
--
関連企画
2月9日(日) おかしなトークショーその1
出演:岸本佐知子(翻訳家)×古屋美登里(翻訳家)×クラフト・エヴィング商會(吉田浩美・吉田篤弘)
2月22日(土) おかしなトークショーその2
出演:小川洋子(作家)×クラフト・エヴィング商會(吉田浩美・吉田篤弘)
3月8日(土) おかしなトークショーその3
出演:三浦しをん(作家)×クラフト・エヴィング商會(吉田浩美・吉田篤弘)
3月29日(土) おかしなトークショーその4[金曜日の本と未来の本]
出演:出版各社の担当編集者の皆様×クラフト・エヴィング商會(吉田浩美・吉田篤弘)
--

at : 世田谷文学館
東京都世田谷区南烏山1-10-10
tel.03-5374-9111
map

・「星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会」図録 平凡社より刊行
・関連企画詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。