スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回「デジタル・ショック」 -マシンが夢見るとき- 14/02/21 - 03/23

131128_1.jpg

『第3回「デジタル・ショック」 -マシンが夢見るとき-』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/dc2014/

14/02/21 - 03/23

--
デジタル・カルチャー、新映像の分野におけるフランスの創造性にスポットをあてたフェスティバル、第3回「デジタル・ショック」を2014年2月に開催します。今年度は、私達に夢を与え、クリエーションの分野においても次第に多くの部分を占めるようになった”インテリジェント・マシン”をテーマに様々な作品をご紹介します。第3回を迎える今年は、より進化した質の高いフェスティバルを目指し、日本全国のフランス文化機関のネットワークを介し、さらに規模を拡大して開催の予定です。
20世紀の機械の到来は、来たるべき時代への幻想と憧憬と同様に恐れを生み出しました。今日でも人工知能を持つロボットの進化は、様々な分野に画期的な前進をもたらすと考えられている一方で、先代からの恐怖、新しく芽生える不安もぬぐえません。これはある意味現代アートの分野にも言えることで、デジタルを取り入れたアート作品はそれだけである種の警戒心を抱かせるものでしたが、近年になって遅まきながら評価されるようになりました。いずれにせよ、デジタルアートの占める位置と正当性を巡っては常に議論がなされるところです。
マシンはこれまで長い間、“奴隷 ”のように人間に使われる存在でしたが、次第に自律性を高め、場合によっては人間から逃れる能力をも持つようになりました。テクノロジー、エレクトロニック、コンピューターを使ったアート制作の現場においても、マシンの請け負う役割は重要性を増すばかりです。
これまでマシンは私達に夢を与えてくれました。今度はマシン自身が夢を見る日が来るのでしょうか? その夢を、私達は知ることができるのでしょうか? その時マシンは私達に何と言うのでしょうか?
開催期間中、アンスティチュ・フランセ東京の中庭は夢見るマシンを題材としたアート空間へ、ギャラリーは人間と機械が入り混じる幻想的な異空間へと生まれ変わります。その他、ビデオアート展示や多くのアーティストを迎える討論会を通し、未来の私達とマシンとの関係に夢を馳せてみたいと思います。
プログラムの詳細はこちらのサイトにて近日中にご覧いただける予定です。
平成25年度[第17回]文化庁メディア芸術祭協賛事業
--

at : アンスティチュ・フランセ東京
東京都 新宿区市谷船河原町 15
tel.03-5206-2500
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。