スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のぞいてびっくり江戸絵画 ―科学の眼、視覚のふしぎ―」展 14/03/29 - 05/11

140129_4.png

『「のぞいてびっくり江戸絵画 ―科学の眼、視覚のふしぎ―」展』

http://www.suntory.co.jp/news/2014/sma0001.html

14/03/29 - 05/11  前売一般 ¥1100

--
 サントリー美術館(東京・六本木/館長 鳥井信吾)は、2014年3月29日(土)から5月11日(日)まで、「のぞいてびっくり江戸絵画 ―科学の眼、視覚のふしぎ―」展を開催します。

 異国文化に大きな関心をもっていた八代将軍・徳川吉宗は、享保5年(1720)、漢訳洋書の輸入規制を緩和します。その結果、西洋の科学・技術・文化を研究する「蘭学」が盛んになりました。同時に、顕微鏡や望遠鏡など、「視覚」に対する従来の常識を一変させる光学装置もまた、海外からもたらされるようになります。これらの光学装置をのぞいたときの驚きや発見は、江戸時代の人々に大きな衝撃を与え、新しい美術作品が生み出されるきっかけとなりました。たとえば、西洋の遠近法や俯瞰図(ふかんず)の技法は、中国経由ですでに日本に導入されていましたが、より正確で直接的な情報を得られるようになったことで、その技術が飛躍的に向上していきます。遠近法の一種である透視図法(とうしずほう)(線遠近法)を駆使した「浮絵(うきえ)」や、凸レンズの付いた覗き眼鏡を通して見る「眼鏡絵(めがねえ)」は、その最たる例といえます。また、顕微鏡で観察したミクロの世界にも強い興味が寄せられました。加えて、西洋の博物学から得た知見を活かし、対象を自然科学の眼で捉えようとする写生図も多数制作されました。一方、光学的現象への興味は、影絵や鏡・水面などに映る映像への関心へと波及し、その面白さに注目した作品が集中的に描かれるようになります。
 西洋科学の「眼」を知ることにより、江戸人の「見る」ことに対する意識は大きく変わり、江戸絵画は大きな変革の時代を迎えます。この江戸時代後期に花開いた新しい〈視覚文化〉を、小田野直武(おだのなおたけ)、司馬江漢(しばこうかん)、葛飾北斎、歌川広重らの作品や、実物の望遠鏡、顕微鏡、覗き眼鏡などを通してお楽しみください。
--

at : サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンサイド
tel.03-3479-8600
map

・上部参考画像 本草写生帖 坂本浩然 一帖のうち 天保4年(1833)西尾市岩瀬文庫
・その他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。