スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉祥寺バウスシアター 14/05/31 閉館 ・ 「THE LAST BAUS〜さよならバウスシアター、最後の宴」14/04/26 - 06/10 

140213_4.jpg

『吉祥寺バウスシアター閉館 ・ 「THE LAST BAUS〜さよならバウスシアター、最後の宴」』

http://www.bakuon-bb.net/

14/05/31 閉館
「THE LAST BAUS〜さよならバウスシアター、最後の宴」 14/04/26 - 06/10

--
2004年5月から始まった爆音上映が新しい10年に向けて踏み出す本年、その1年の最初のお知らせを、何とも残念な報告から始めなければなりません。
爆音上映の発祥の地、爆音の聖地でもあるバウスシアターが、この5月末で30年の歴史に幕を閉じることになったのです。
爆音上映はバウスシアターなしにはあり得ませんでした。
バウスシアターという場所と、そこに集うスタッフや多くの人々の力があったからこそ奇蹟的に生まれた、世界にも稀な上映イヴェントだったと言えると思います。
今でこそ日本全国に広まった爆音上映ですが、バウスに戻って爆音上映をするたびに、「ああ、ここから爆音が始まったのだ、この音はほかのどこでも出せない」と実感する、そんな唯一無二の爆音のホームタウンがバウスシアターという場所でした。
そのバウスシアターが閉館してしまう。
2014年5月31日という日付はもはや変えがたいものとなりました。
その最後の日々、4月26日より5月31日の閉館日までの約5週間、爆音をはじめとするこれまでバウスが生み出し、育ててきた様々なイヴェントや上映で、その最後を飾ろうと思います。
題して「THE LAST BAUS」。
バウスシアター1をメイン会場にして、バウスのすべてをここに集約します。
第7回爆音映画祭も、バウス最後の5週間の中のひとつのシーンとして開催することにしました。そしてバウスの最後を多くの方の心に刻み付けることができたらと思っています。
全体のプログラムは下記のように大きく3つに別れます。
Aプログラム バウスを巡る映画たち/4月26日(土)〜5月16日(金)
Bプログラム 第7回爆音映画祭/4月26日(土)〜5月31日(土)
Cプログラム ライヴハウスバウス/6月1日(日)〜10(火)
Aプログラムは会期前半の昼をメインに、バウス縁の映画や吉祥寺を舞台にした映画を中心に映画によるバウスの30年を振り返るイヴェントとなります。
Bプログラムが爆音映画祭。会期前半は夜を中心に、そして最後の2週間は昼夜通しての拡大版爆音映画祭となります。
そしてCプログラムはバウスシアターが映画館としての営業を終了した6月1日(日)からの10日間、かつてのバウスシアターを思い起こさせるライヴ・イヴェントとなる予定。
バウスで映画を観て人生を踏み外したり踏み外さなかったりしたかつての観客の皆様、現在バウスに熱心に通い新たな人生を獲得しつつある現役の皆様、そして、これからバウスに通って思わぬ人生の一歩を踏み出すかもしれなかった将来の観客の皆様、この機会に是非バウスを訪れてみてください。
そしてバウスシアターの歴史と思い出とそして可能性のすべてを、そこで味わってみてください。
かつて、映画ばかりでなく音楽も演劇も落語もと、貪欲にさまざまなジャンルを横断しながら、私たちの人生を実り多きものにしてくれたバウスシアターの豊かな時間が今もなおそこには確実にあるはずです。
バウスシアターがそこに無くなってしまっても、その可能性が確実に何かの形で受け継がれていく、そんな未来とともに「THE LAST BAUS」、そしてバウス最後の爆音映画祭を開催できたらと思っています。
上映スケジュール、上映作品などTHE LAST BAUSの詳細は、爆音映画祭公式HP、FB、バウスシアターHP、boidHPなどで追ってお知らせします。
爆音映画祭実行委員会 樋口泰人
--

at : 吉祥寺バウスシアター
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
tel.0422-22-3555
map

・爆音映画祭上映作品リクエスト/ボランティア募集 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。