スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗な花の饗宴 『フローラの神殿』大公開 14/04/05 - 06/15

140327_1.jpg

『華麗な花の饗宴 『フローラの神殿』大公開』

http://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2014-234

14/04/05 - 06/15  観覧料:無料

--
 美しい花々がおさめられた植物図鑑『フローラの神殿』。その編者ロバート・ジョン・ソーントンは、博物学者カール・フォン・リンネの雄しべと雌しべによって植物を分類する方法に感銘をうけ、本書の刊行を決意しました。
 植物図鑑は無地の背景に草花を描くことが一般的です。しかし、ソーントンは花々にそれぞれ趣向をこらした舞台を与え、類例の無い植物図鑑を編み出しました。例えば「夜の女王」では、後方に描かれた時計台や月からその開花時刻をうかがい知ることができます。詩的で物語を感じさせる背景が『フローラの神殿』の魅力のひとつといえるでしょう。
 本書の花々が多色刷りの銅版画であることも忘れてはなりません。画家たちの原画をもとに優れた版刻師たちが作り上げたもので、彼らの巧みな銅版画技法によって華麗な色彩と繊細な表現が生みだされているのです。
 ソーントンの独創的なアイデアと、それを現実のものとした優れた原画家と版刻師たち。彼らの残した華麗な花々は時を越えて私達の目を楽しませてくれます。本展はリンネの肖像と寓意画を含む『フローラの神殿』全30点を一堂に展示します。その祖先である1500年前後に刊行された木版の植物図譜もあわせてご覧ください。
--

at : 町田市立国際版画美術館
東京都町田市原町田4-28-1
tel.042-726-2771
map

・上部参考画像
 R.J.ソーントン編 『フローラの神殿』より 「夜の女王」 1800年 メゾチント(多色)、一部手彩色




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。