スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いと踊り 14/05/23 - 05/24

140521_1b.png

『老いと踊り』

http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja12673196v.htm

14/05/23 - 05/24  入場無料

--
欧米文化圏においては、「老い」について語ることは社会的タブーであり、とりわけ理想の身体を体現してきた舞踊において「老い」のテーマを設定することは、美学的社会的パラダイムの転換を促すものとなりえます。このシンポジウムは、「老いと踊り」という世界的に見ても未開拓なダンスのテーマを、ドイツ、英国、米国、日本の視点を交差させて問題提起しようとするものです。
シンポジウムでは、高齢になっても踊り続けるダンサーを起用し新たなジャンルを立ち上げたドイツ、タンツテアターの振付家ピナ・バウシュから議論を始め、日本の舞踊の事例と比較しながら、ダンスを越えたアート全般や社会的状況へと考察を進めていきます。
--
2014年5月23日(金)
14:00 オープニング挨拶 司会:貫成人 (専修大学・哲学/舞踊評論)
14:30 ガブリエレ・ブラントシュテッター
基調講演「<〜の制作>、リハーサル、そして伝統の狭間で:ピナ・バウシュ『春の祭典』の遺産」
15:30 休憩
16:00 やなぎみわ レクチャー・パフォーマンス 「老女と少女の物語〜自作を中心に〜」
17:00 ラウンドテーブル「老いる未来と若返る伝統 」花柳寿南海、花柳大日翠 渡辺保
18:00-19:00 質疑応答とディスカッション
--
2014年5月24日(土) 司会: 中島那奈子、外山紀久子
10:00 鎌田東二「日本の神話と儀礼における翁童身体と舞踊」
11:00 レノーラ・シャンペーン レクチャー・パフォーマンス
「身体化されるノスタルジア:『少女教育』再訪、及び他の記憶の痕跡(パフォーマンス)」
12:00 休憩
12:30 ラムゼイ・バート 「ピナ・バウシュ、デボラ・ヘイ、スティーヴ・パクストン:大西洋の両端におけるダンス、老い、対抗文化の目指すもの」
13:30 昼食
15:00 ライムント・ホーゲ レクチャー・パフォーマンス「終わりなきダンス」
16:00 大野慶人 レクチャー・パフォーマンス「命の姿」
17:00 休憩
17:30 対談 「ダンスの<アカルイミライ>」尼ヶ崎彬×中島那奈子
18:30-19:00 質疑応答と全体ディスカッション
(プログラムは予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。)
--

at : 東京ドイツ文化センター
東京都港区赤坂7-5-56
tel.03-3584-3201
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。