スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クトゥルーの子供たち』(エンターブレイン)発売記念「H・P・ラヴクラフト聖誕祭」 14/08/20

140724_1.jpg

『『クトゥルーの子供たち』(エンターブレイン)発売記念「H・P・ラヴクラフト聖誕祭」』

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/25539

14/08/20  OPEN 18:30 / START 19:30
前売¥2,000 / 当日¥2,300(共に飲食代別/当日会場にて特別テキストをお渡し)

--
【出演】
森瀬繚(作家・編集者・クトゥルー神話研究家)@Molice
朱鷺田祐介(作家・ゲームクリエイター)@TokitaSuzakuG
矢野健太郎(漫画家)@yanoja
ハワード・フィリップス・ラヴクラフト124回目の誕生日に合わせ、名状しがたい宴が開かれます。 今年はリン・カーター作品集『クトゥルーの子供たち』発売を記念して、「リン・カーターの神学」と題して、より深くクトゥルー神話の神々を読み解く特別講義を行います。
ゲストは『邪神伝説シリーズ』で少年少女達の心に暗黒の邪神たちへの憧憬を刻みこんだ漫画家・矢野健太郎先生。
もちろんざっくばらんなフリートークもご用意しておりますので、クトゥルー強者も初心者も、こぞって黄金の蜂蜜酒(ミード)を傾けつつ、夜が更けるまで多いに語り合いましょう!
なお、全参加者にコピー小冊子『ラヴクラフト断章2』を配布いたします。収録作品は、ラヴクラフトが大いに助力し、『クトゥルーの子供たち』収録作にも関連のある、ヘンリー・S・ホワイトヘッドの短編「ボソン(仮)」の全訳(訳者・森瀬繚)を掲載します。
特講「リン・カーターの神学」(予定)
1コマ目:「クトゥルー神話の神神」を読み解く。
2コマ目:リン・カーターの神話体系
『クトゥルーの子供たち』『魔道書ネクロノミコン外伝』
『エイボンの書』などに見られるリン・カーター神学の最終形について。
3コマ目:まだまだある、未訳作品
--

at : Asagaya/Loft A 阿佐ヶ谷ロフトA
東京都杉並区阿佐谷南1-36-16-B1
tel.03-5929-3445
map

・チケット予約方法他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。