スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「種村季弘の眼 迷宮の美術家たち」展 関連イベント案内

ex-20140906-01.jpg

『「種村季弘の眼 迷宮の美術家たち」展 関連イベント』

http://www.itabashiartmuseum.jp/main/exhibition/ex140906.html

--
舞踏パフォーマンス&レクチャー
「種村季弘の方へ」
とき:9月13日(土)午後2時より30分程度
出演:大野慶人(おおの・よしと、舞踏家)
1938年、東京都生まれ。59年土方巽の「禁色」で少年役を演ずる。以後、アルトー館、暗黒舞踏派公演に参画。69年初リサイタルのあと舞台活動を中断し、85年「死海」で大野一雄と共演、舞台に復帰した。86年以降大野一雄の全作品を演出。98年、郡司正勝氏の遺稿を基に自身のソロ作品「ドリアン・グレイの最後の肖像」を上演。近作に「たしかな朝」(2010)、「時の風」(2012)、「花と鳥-未来の私への手紙」(2013)など。著書に「大野一雄 魂の糧」(フィルムアート社)。
*2F展示室ロビーにて、申込不要、当日展覧会観覧料のみ必要、先着100名、当日会場へ直接お集りください。
--
記念講演会
鼎談「怪人タネムラスエヒロを語る」
とき:9月20日(土)
講師:秋山祐徳太子(美術家、本展出品作家)、美濃瓢吾(画家、本展出品作家)、種村品麻(種村季弘・子息、スパンアートギャラリー)
<講師紹介>
秋山祐徳太子(あきやま・ゆうとくたいし、美術家、本展出品作家)
1935年、東京都生まれ。武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)彫刻科卒業。卒業後は工業デザインの仕事をしながら、「グリコ・ハプニング」をはじめポップハプニングを展開。1972年にブリキによる彫刻の制作を始め、翌年個展「虚ろな将軍たち」(ガレリア・グラフィカ)。1975年、79年と東京都知事選に立候補。主な展覧会に1994年「秋山祐徳太子の世界展」(池田20世紀美術館)、など。
美濃瓢吾(みの・ひょーご、画家、本展出品作家)
1953年、大分県生まれ。立教大学経済学部経営学科卒業後、画家、平賀敬に師事する。浅草木馬館に住み込み、招き猫や看板画、浅草を描き、1997年に個展「浅草人間絶景論」(トムズボックス)を開く。近年は日本の妖怪をテーマに絵画制作を行う。主な展覧会に2001年「浅草人間絶景論」(中京大学アートギャラリーC・スクエア)、2010年「平賀敬没後十年とその仲間たち展」(平賀敬美術館石の蔵)。
種村品麻(たねむら・しなま、種村季弘・子息、スパンアートギャラリー)
1963年、東京都生まれ。会社員を経て、1996年、妻、幸子の立ち上げた画廊春秋に入る。1999年、銀座一丁目に移転し画廊名をスパンアートギャラリーへ改名する。画廊では、主に耽美、幻想、エロス、異端などを特色とした美術作品を扱っている。
--
「種村季弘のマニエリスム 迷宮としての書物」
とき:10月4日(土)
講師:巖谷國士(いわや・くにお、フランス文学者・美術批評家)
<講師紹介>1943年東京生まれ。東京大学文学部卒・修了。仏文学者、評論家、明治学院大学名誉教授。1960年代からシュルレアリスムの研究と実践を続け、批評、 紀行、メルヘン、美術展監修、写真個展をはじめ、幅広い活動を展開。著書に『〈遊ぶ〉シュルレアリスム』『澁澤龍彦 幻想美術館』『幻想植物園』ほか多数。種村季弘との交友が長く、共著や共訳著もある。
--
*いずれも午後3時より90分程度(午後2時開場予定)
当館1F講義室にて、申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください。
--

・企画展示自体の詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。