スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎京子展 15/01/24 - 03/31

141219_1.png

『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』

http://www.setabun.or.jp/document/pressrelease_okazaki_2014.pdf

15/01/24 - 03/31  一般¥800

--
一人の少女=マンガ家が見つめた、あの時代、その行方
『pink』『リバーズ・エッジ』『ヘルタースケルター』などで知られ、1980~90 年代を象徴するマンガ家となった岡崎京子。
下北沢の理髪店に生まれ育ち、短大在学中にデビュー以後、マンガ雑誌にとどまらず「平凡パンチ」「CUTiE」といった週刊誌、ファッション誌などを舞台に次々と作品を発表して脚光を浴びましたが、1996 年、不慮の事故により活動を休止します。
その後も未刊作品の出版や復刊が相次ぎ、2012 年には『ヘルタースケルター』が映画化されるなど、今も新たな読者を獲得し続けています。女の子たちの夢や憧れを紡ぐ少女マンガとは対照的な、都市に生きる少女の日常、変容する家族像、高度資本主義下における女性の欲望や不安といった時代の現実を果敢に描き続けた岡崎京子。本展は、彼女のこれまでの仕事を取り上げる初めての大規模な展覧会です。
彼女が見つめた時代とその行方を、300 点以上の原画をはじめ、学生時代のイラストやスケッチ、80~90 年代の時代を画した掲載誌の数々、映画版『ヘルタースケルター』ほか関連の資料を通して見てゆきます。

いつも一人の女の子のことを書こうと思っている。
いつも。たった一人の。一人ぼっちの。一人の女の子の落ちかたというものを。
――「ノート(ある日の)」より
--

関連イベント
① 『ひなぎく』上映+ミニトーク
② レクチャー「ニッポン戦後サブカル史 岡崎京子特論 」
③ ワークショップ「“90年代” ZINE ジンをつくろう! 」
④ ワークショップ「 あみぐるみをつくろう!」
⑤ ギャラリートーク

展覧会公式カタログ出版
デザイン:祖父江慎+コズフィッシュ 発行:平凡社
価格: 2,300 円(税別 )

at : 世田谷文学館
東京都世田谷区南烏山1-10-10
tel.03-5374-9111
map

・各イベント日時他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。