スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉を味わう ― 朗読 ― 14/09/27 16:00 - 17:00

140915_3.jpg

『言葉を味わう ― 朗読 ―』

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/lecture-gourmande/

14/09/27  16:00 - 17:00

--
文学において「食」は、今も昔も変わらず作家たちを魅了し続けてきた永遠のテーマです。これまで小説やエッセイなど数多くの作品に取上げられてきまし た。
「食べる」という行為は、ごく日常的なことでありながら、私たちに生の充実と至福を実感させてくれます。「食」のテーマは、作家たちにとっても、時 として作品を最高に美味しく仕上げてくれる「材料」となります。 なにげなく手に取った小説やエッセイの、「食」にまつわる描写の中に、人間の真理を 読み取ることができたり、作家の美意識が垣間見られたり…。文学者たちの「食」に対するまなざしと、そこから紡ぎ出される言葉は、いつも私たちを驚かせ、 新鮮な目で世界を見なおすきっかけを与えてくれます。
アンスティチュ・フランセ東京メディアテークでは、『美食の祭典』のイベントの一環として、「言葉 を味わう」朗読パフォーマンスを開催します。
無意識の記憶を呼び起こす思い出の≪マドレーヌ≫(プルースト『失われた時を求めて』より)から、暗がりの中で瞑想的に浮かび上がる≪羊羹≫ (谷崎潤一郎『陰影礼賛』より)まで、フランスと日本、両国の文学に登場するさまざまな「食」の光景をア・ラ・カルトで楽しみましょう。
「食」をめぐる 言葉の豊かさと、フランス語の響きの美しさに、思わず舌鼓を打ってしまうことでしょう…。
入場無料、予約不要で、どなたでもご参加いただけます。
--

at : アンスティチュ・フランセ東京 メディアテーク
東京都新宿区市谷船河原町15
tel.03-5206-2500
map




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。