スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気狂いピエロ」上映 15/01/10 - 01/31隔日

140105_1.jpg

『「気狂いピエロ」上映』

http://www.maisonhermes.jp/ginza/movie/archives/7214/

15/01/10 - 01/31 隔日  (スケジュール要確認)   11:00/14:00/17:00

--
ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2015年は『フラヌール-いつでも、そぞろ歩き』をテーマにお届けいたします。幕開けには、果てなき逃避行、鬼才ジャン=リュック・ゴダールの傑作 『気狂いピエロ』を上映いたします。
--
『気狂いピエロ』Pierrot le fou by Jean-Luc Godard
1965年/フランス、イタリア/110分/カラー/35mm
監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール
製作:ジョルジュ・ド・ボールガール、ディノ・デ・ラウレンティス
音楽:アントワーヌ・デュアメル
撮影:ラウール・クタール
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ
字幕:関美冬
配給:Tamasa Distribution
--
自らの退屈な人生に辟易していたフェルディナンは、昔の恋人マリアンヌと一夜を共にするが、翌朝、その部屋で死体が見つかる。 容疑がかかったふたりは、強盗を繰り返しながら南仏へと逃避行の旅に出る。ギャングに追われながらも充実した生活を送るフェルディナン。一方そんな生活に嫌気がさしたマリアンヌは、兄であるという男とともにいつしかフェルディナンを裏切るが…。 幸福と絶望、自由と愛が、破滅へと向かって疾走してゆく。ランボーの詩をはじめとする引用や修辞を用い、全編シナリオなし、即興演出で撮影された、鬼才ジャン=リュック・ゴダールの傑作かつ ヌーヴェル・ヴァーグを代表する作品。瞬間の美しさの連続からなる映像の中で、若きアンナ・カリーナの役どころが際立っている。
--

at : Maison Hermes Ginza, Tokyo メゾンエルメス10階 ル・ステュディオ
東京都中央区銀座5-4-1
tel.03-3569-3300
map

・予約方法他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。