スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ディオールと私」 2015年3月上映予定 



『「ディオールと私」 2015年3月上映予定』

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_dior.html

2015年3月 ロードショー予定

--
誰もが憧れる老舗ファッション・ブランド、クリスチャン・ディオール。1905年フランスの小さな町グランヴィルで生まれたクリスチャン・ディオールの初めてのコレクション発表は、1947年2月12日。それから65年後の2012年、新しくデザイナーに就任したのはオートクチュール未経験のラフ・シモンズ。ベルギー出身、自身の男性ブランドそしてジル・サンダーで活躍する彼の抜擢はファッション業界を驚かせた。そして、それはパリ・ディオールのアトリエで働く経験豊かなお針子たちにとっても新たな挑戦の始まりとなった。パリ・コレクションまでに与えられた時間は異例の8週間。それは通常4~6ヶ月の準備期間の半分以下で54体ものオートクチュールの発表を求められるという、厳しすぎる試練。ラフが提案する斬新なアイディアとデザインをもとに、寝る間も惜しんで一枚の布にディオールの魂を吹き込むお針子たち。エレガントなドレスに隠された、デザイナーと職人たちの誇りと情熱をかけた戦いは、見るものすべてを魅了する。
パリ、モンテーニュ通り30番地に建つディオール本社。その上階に位置する"メゾン・ディオール"の中枢であるアトリエ。その中に初めてカメラの潜入を許された本作の撮影はラフ・シモンズ就任からの8週間の期間のみ。カメラ嫌いでも知られるラフの緊張、歓喜、彼を支えるチーム・ラフの献身、105人のお針子たちの経験豊かな手が形作っていくオートクチュールの美しさ。貴重な映像の数々とともにブランドに携わる人々の姿を映し出すのはフレデリック・チェン監督。H&M、ジミー チュウ、フェラガモの宣伝エディター、『ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』(2011)の共同監督を務めるなど新鋭の映像作家として注目されている。
--

at : Bunkamura ル・シネマ
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
tel.03-3477-9174
map

・料金他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。