スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧高田邸と国立大学町~85年の物語~ 15/03/08 及び 03/16 - 03/25

150131_1.jpg

『旧高田邸と国立大学町~85年の物語~』

http://takadagiichirou.tumblr.com/

15/03/08 及び 03/16 - 03/25

--
東京都国立市の中1丁目にある通称「旧高田邸」は、昭和4年(1929年)、箱根土地株式会社によって開発された国立大学町において建築された最初期の住宅で、開発当初の街の様子を今に伝える貴重な文化住宅の一つです。
都心からこの町に移転してきた主の医師・高田義一郎氏は、一橋大学(当時は東京商科大学)と滝乃川学園の校医でもあり、多数の書物を著した大正・昭和の文化人でした。
「旧高田邸」は木造2階建てで、ライト風とモダニズムという大正末期から昭和初期の時代性が意匠に色濃く表現されています。また、鉄筋コンクリート蔵の地下室(書庫)、全館スチーム暖房設備が整っていたことなど、建築の構造や住まい手の健康まで配慮されており、医師が建てた住宅という側面も読み取ることができます。しかし非常に残念なことに、この春2015年3月末で解体されることが判明しました。
そこで、国立市内外の有志が集い、国立大学町時代の歴史を振り返りながら、高田義一郎氏の業績もあわせて紹介するイベントを企画。当時の国立の暮らしや人に思いをはせ、今後の国立の文化について考えていこうという試みです。
--
旧高田邸と国立大学町~85年の物語~
◆ 国立市中1−13−30にある通称「旧高田邸」は、昭和4年、箱根土地によって開発された国立大学町において建築、開発当初の街の様子を今に伝える貴重な文化住宅の一つである。
都心からこの町に移転してきた主の医師・高田義一郎氏は、一橋大学(当時は東京商科大学)と滝乃川学園の最初の校医でもあり、多数の書物を著した大正・昭和の文化人であった。
「旧高田邸」は木造2階建てで、ライト風とモダニズムという大正末期から昭和初期の時代性が意匠に色濃く表現されている。また、鉄筋コンクリート蔵の地下室(書庫)、全館スチーム暖房設備が整っていたことなど、建築の構造や住まい手の健康まで配慮されており、医師が建てた住宅という側面も読み取ることができる。しかし非常に残念なことに、この春2015年3月末で解体されることが判明した。
そこで、国立市内外の有志が集い、国立大学町時代の歴史を振り返りながら、高田義一郎氏の業績もあわせて紹介するイベントを企画。当時の国立の暮らしや人に思いをはせ、今後の国立の文化について考えていこうという試みである。旧高田邸にまつわる記録も、建築や文化の側面からできるかぎり残しておきたいと考えている。
--

at : 旧高田邸
東京都国立市中1−13−30
tel.不明
map

・イベント他詳細 上記URL先参照
・via : twitter/@japagajp




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。