スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

版に刻む ― エングレーヴィングと木口木版の小宇宙 15/10/03 - 11/23

150307_1.jpg

『版に刻む ― エングレーヴィングと木口木版の小宇宙』

http://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2015-283

15/10/03 - 11/23  2016年開催へ変更

--
エングレーヴィングと木口版は、ビュランという刃物を使ってじかに金属の板や堅い木板を刻んで作られる版画です。エングレーヴィングは15世紀ヨーロッパで金工品の装飾技術から生まれ、木口木版は同じくヨーロッパで18世紀に書籍の挿絵として発展しました。ともに版面を直接彫り込んでいくため、また主として刻線のみで様々な質感や量感を表わす必要があるため、熟練した職人技ともいうべきものが必要とされます。
.日本には紙幣や新聞・書籍の挿絵の印刷術として明治期に広まりした。
本展では、ビュランの刻線によって生み出された作品とその表現び魅力に、技法と、技法と主題からせまります。例えば、入念かつ多様な刻線は、それだけで見る者を感嘆させる力を持っています。また、これらの技法で作られた版画には、独特の雰囲気をたたえたものが少なくありません。とりわけ注目すべきは日本の現代版画家たちです。習得の難しい技法を自家薬籠中のものとし、想像力あふる世界を生みだしているのです。西洋の先達たちと日本の版画家たち、時空を越えて呼応しあうビュランで刻まれた小宇宙ともいうべき作品群を一堂に会します。
--

at : 町田市立国際版画美術館
東京都町田市原町田4-28-1
tel.042-726-2771
map

・上部参考画像 アルブレヒト・デューラー《ネメシス》 1502年頃 エングレーヴィング




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。