スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜想「物語の中の少女」展 15/05/23 - 06/22

150508_1.jpg

『夜想「物語の中の少女」展』

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/05/post_889.html

15/05/23 - 06/22  入場料:¥500 (開催中展覧会共通)

--
●Exhibition
今井キラ/Kira Imai
佐久間友香/Yuka Sakuma
櫻井りえこ/Rieko Sakurai
中川多理/Tari Nakagawa
日野まき/Maki Hino
●Performance
松永天馬/Temma Matsunaga
常川博行/Hiroyuki Tsunekawa
米澤一平/Ippei Yonezawa
井上弘久/Hirohisa Inoue

少女たちは物語の中に描かれ続けてきました。日本で言えば古事記の頃から。
物語は物語であるがゆえに少女についての意識形成に大きな影響を与えてきました。
では少女は、少女のある様に描かれてきたのだろうか。ある種のバイアス[偏り]が付加されていないか―。
しかしこの問いは大きすぎてアプローチすら見えないところがあります。
「夜想」が呼びかけたのは、物語の中の少女を描いて下さい、表現して下さいということだけでした。
ここから物語、少女についての夜想の特集を始めたいと考えたのです。
そしてそれぞれの作家たちの少女の表現こそ新しい物語の中で少女でもあります。
夜想「カフカの読みかた」の特集が、作家の身体による共同的読書の試みであり、
パラボリカ・ビスで展覧会やパフォーマンスがその実践でもある様に、
物語と少女へのアプローチもまず作家の表現によって行いたいと思っています。
作家たちの表現は、豊かなそして魅力ある現代的な作品であることが第一で、
夜想は作家たちと作品の展示や製作を通じて少しずつ丁寧に物語の中の少女に向かっていきたいと考えています。
●今野裕一(夜想・編集長)
--
●松永天馬/朗読会
6月13日[土] start 19:00
チケット発売、料金などの詳細は随時更新いたします。
●常川博行/朗読劇「古事記 ふることふみ」
6月19日[金] start 19:30
6月20日[土] start 15:00/start 19:30
6月21日[日] start 17:00
料金:前売・予約 2000円/当日 2500円
作・演出:村上ナッツ/出演:常川博行、由良瓏砂(MONT★SUCHT)、神崎悠雅(MONT★SUCHT)
●米澤一平/Alice Liddell Riddle~狂った御茶会~
6月23日[火] start 19:30
6月24日[水] start 19:30
6月25日[木] start 19:30
料金:前売・予約 2500円/当日 3000円
出演:米澤一平(タップダンス)/映像 : ALi (anttkc)
●井上弘久/ブコウスキー朗読演劇「町でいちばんの美女」
6月27日[土] start 19:00
6月28日[日] start 17:00
料金:前売・予約 2500円/当日 3000円
出演:井上弘久
--

at : parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
tel.03-5835-1180
map

・イベント等詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。