スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカッション『傾聴のアナトミー』 15/05/29 18:00 - 19:30

sywuityoip.jpg

『ディスカッション『傾聴のアナトミー』』

http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0067

15/05/29  18:00 - 19:30 (開場17:30)  
嘉章(東京大学総合研究博物館館長)×大澤啓(東京大学総合研究博物館特任研究員)
使用言語 フランス語(通訳付き) 参加費 無料 定員 48名(先着順)

--
 IMTカレッジでは、哲学者・音楽学者のペーター・サンディ氏を迎え、「聴く」ことをテーマにしたディスカッション・イベントを行います。
 音や音楽を「聴く」ことは、録音再生装置の普及とともに、我々にとって日常的かつ直接的な行為になりました。その結果、今日、我々が音楽に接する機会の多くは受動的となっています。しかし、音や音楽を聴くという行為が容易くなるにつれ、その行為の背景に複雑な仕組みがはたらいていることに我々が気づきにくくなっているのも事実です。音楽が作曲されてから実際に人々に受容されるまでには、演奏と編曲、録音と再生、そして鑑賞と解釈という重層的な文化的プロセスが存在しています。また、音声における法律や著作権、音のコピーライトの問題をはじめ、「聴く」行為はあらゆる面で社会的に条件付けられています。
 本イベントでは、「聴く」行為の背景にある仕組みや文化的プロセス、社会的条件付けに光を当て、これらの問題を掘り当てていく作業により、いわば「聴く」行為の考古学を目指し、西洋文化史において「傾聴のアナトミー」と形容すべき新領域を拓いたサンディ氏とともに、これらの問題について議論を行います。また、インターメディアテクが所蔵する貴重なSP盤レコード・コレクションからいくつかを選び出し、同じく当館が所蔵する蓄音機の銘機、ヴィクトローラ社のクレデンザで実際にそれらを再生しながら、サンディ氏に「傾聴」とは何かについて具体的に伺い、その概念を解剖していきます。
--

at : JPタワー学術文化ミュージアム インターメディアテク
東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー2・3階
tel.03-5777-8600
map

・その他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。