スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の秘密展 東京開催 16/02/19 - 03/13

160131_3.jpg

『魔女の秘密展 東京開催』

http://majo-himitsu.com/top.html

16/02/19 - 03/13  当日一般¥1200

--
ヨーロッパが中世から近代へ移行する頃まで、人々は“魔女”の存在を信じていました。当時、魔女は「悪魔に従属し、超自然的な力で害を為す者」として忌み嫌われていましたから、人々は自分の身を守るため、普段からお守りや呪文などを使っていました。また、錬金術などの近代的知識は当時の人々からすれば、魔法のように思えました。
--
近世になると、それまで“魔女” を嫌っていながらも受け入れていた世界が一変します。この時代は変革と困難の時代でした。飢饉や疫病、戦争などといった不安や苦しみが人々を襲い、その不安のはけ口として次第に魔女が糾弾されるようになったとも言われます。また、印刷技術の進歩により情報が広く流布され、魔女のイメージが固定化されてゆきました。
--
人々の不満や怒りは“魔女狩り” という行為に向けられました。魔女をキリスト教に反する「異端者」として迫害していったのです。彼らは魔女だと自白させるために、拷問にかけられ、最後には魂を浄化させるという名目で火あぶりの刑に処せられたのです。無実の罪を着せられ命を落としていった人々の悲しみは計り知れません。
--
18 世紀に入り、魔女への差別・迫害の時代は終わりを告げます。今や魔女はファンタジーの世界のヒロインとして、多くの作品に登場しています。魔女の持つミステリアスな雰囲気、魔法という未知の能力などがアーテイストたちを魅了し、創作意欲をかきたてるのかもしれません。日本でも多くの作家によって描かれている“魔女” は、数えきれないほどの魅力に富み、時代を越えてテーマとなり続ける、愛すべき存在になっています。
--


at : ラフォーレミュージアム原宿
東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階
tel.03-3475-0411
map

・展示内容/イベント他詳細 上記URL先参照




Very Hungry Cthulhupillar

錬金術の世界

愉しき夜: ヨーロッパ最古の昔話集

虚構の男 (DALKEY ARCHIVE)

激動期のアヴァンギャルド: シュルレアリスムと日本の絵画一九二八-一九五三

クロコダイル路地1

喰譜

寺山修司劇中歌少女詩集

祖父江慎+コズフィッシュ

きのこ漫画名作選 (ele-king books)

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

感覚する服 Sensing Garment

奇異譚とユートピア - 近代日本驚異小説史

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

少女革命ウテナ/わたし革命ファルサリア<<起源譜>>

ユメノユモレスク

道化と笏杖 (高山宏セレクション〈異貌の人文学〉)

土方巽全集 1

土方巽全集 2

けだものと超けだもの (白水Uブックス)










Contact

ヨヨギ

ヨヨギ
oculolinctus@gmail.com

Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。